また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2273899
全員に公開
積雪期ピークハント/縦走
塩見・赤石・聖

塩見岳

2020年03月20日(金) 〜 2020年03月22日(日)
 - 拍手
GPS
49:40
距離
35.3km
上り
2,416m
下り
2,419m

コースタイム

1日目
山行
6:10
休憩
0:10
合計
6:20
10:30
100
13:00
13:00
230
2日目
山行
12:25
休憩
0:55
合計
13:20
6:50
35
7:25
7:25
75
8:40
8:50
205
12:15
12:35
115
14:30
14:35
85
16:00
16:15
125
18:20
18:25
55
19:20
19:20
50
3日目
山行
4:40
休憩
0:20
合計
5:00
7:20
130
9:30
9:40
40
天候 晴れ、強風
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
鳥倉林道冬季閉鎖ゲート付近駐車
(ゲートは12/24から閉鎖、4/29解除予定)
コース状況/
危険箇所等
塩見小屋から山頂まで、特に天狗岩から先はアックス・アイゼンでの登攀経験がない方は厳しいでしょう
その他周辺情報 林道に入る手前にある道の駅『歌舞伎の里大鹿』では物産品以外に日用品・食料も販売されています
https://kabukinosato.com/
鳥倉林道冬季閉鎖ゲートに駐車
長い林道歩きが始まります
林道に積雪はありませんでした
鳥倉林道冬季閉鎖ゲートに駐車
長い林道歩きが始まります
林道に積雪はありませんでした
おしゃべりしながら歩くと
退屈・疲労感が減りますね
1
おしゃべりしながら歩くと
退屈・疲労感が減りますね
冬季閉鎖ゲートが開いていれば
ここまでこれたのに〰️
小休止して後半戦へ
冬季閉鎖ゲートが開いていれば
ここまでこれたのに〰️
小休止して後半戦へ
林道歩き終了!
ここから三伏峠まで緩急の登りです
アイゼンを履いて出発
林道歩き終了!
ここから三伏峠まで緩急の登りです
アイゼンを履いて出発
雪がしまっておらず
谷側は注意!足を持っていかれます
雪崩れたところは1人ずつ通過しました
雪がしまっておらず
谷側は注意!足を持っていかれます
雪崩れたところは1人ずつ通過しました
三伏峠に到着〜!予想以上の積雪
手際よく整地してテント設営
三伏峠に到着〜!予想以上の積雪
手際よく整地してテント設営
空気が済んでいて綺麗
塩見岳の存在感がスゴい!
4
空気が済んでいて綺麗
塩見岳の存在感がスゴい!
翌朝も天気にも恵まれました!
しっかり準備して出発
翌朝も天気にも恵まれました!
しっかり準備して出発
半日かけてピストンします
10時間以上の過酷な!?行程です
1
半日かけてピストンします
10時間以上の過酷な!?行程です
風が穏やかで稜線も歩きやすい
3
風が穏やかで稜線も歩きやすい
本谷山から
なかなか近付けませんね(苦笑)
1
本谷山から
なかなか近付けませんね(苦笑)
権右衛門山はトラバース
その後の急登を上がって稜線に出る
塩見小屋まであと少し
1
権右衛門山はトラバース
その後の急登を上がって稜線に出る
塩見小屋まであと少し
塩見小屋手前で
装備をストック&ワカンから
ピッケル&アイゼンに変えます
1
塩見小屋手前で
装備をストック&ワカンから
ピッケル&アイゼンに変えます
いよいよ塩見岳の頂へ
10
いよいよ塩見岳の頂へ
強風を何度も受けながら進んでいきます
3
強風を何度も受けながら進んでいきます
振り返ると雪に埋まった塩見小屋
2020年03月21日 12:47撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
3/21 12:47
振り返ると雪に埋まった塩見小屋
天狗岩を過ぎたコルから見上げた西峰
ここから先は写真を撮る余裕がなかった〰️
9
天狗岩を過ぎたコルから見上げた西峰
ここから先は写真を撮る余裕がなかった〰️
念願の西峰に到着!大変だった〰️
山頂標柱が埋まっていたのでピッケルで掘り起こしました
10
念願の西峰に到着!大変だった〰️
山頂標柱が埋まっていたのでピッケルで掘り起こしました
絶景が広がります☆
強風に飛ばされないように注意!
5
絶景が広がります☆
強風に飛ばされないように注意!
雪化粧したアルプスの峰々
2020年03月21日 14:35撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
2
3/21 14:35
雪化粧したアルプスの峰々
登り以上に下りも大変!気を引き締めて
クライムダウン多用です
2
登り以上に下りも大変!気を引き締めて
クライムダウン多用です
油断せず一歩一歩慎重に
4
油断せず一歩一歩慎重に
夕陽
疲れきった身体と心が癒されます
5
夕陽
疲れきった身体と心が癒されます
日没後の塩見岳
月明かりもまた綺麗
2
日没後の塩見岳
月明かりもまた綺麗

感想

3月の3連休を使って塩見岳へ。
シーズン初めにチャレンジするも塩見小屋で撤退、今回リベンジとなった。
山頂では暴風で立てなかったが、快晴のため360度絶景。最高のご褒美だった😊

厳しい山行だった。
とにかく行程が長い、長ーい!
そして11月と比べていちいち時間がかかる。
トレースありの状況で、疲労困憊(汗)
ラッセルする気満々だったなんて恥ずかしくて言えない…。
先行の方々、ありがとうございました!
山頂直下では我々が持っている数少ない技術を駆使。アイゼントレーニング、アイスクライミング諸々活かす形となった。

ありがとうございました〜。

昨年11月に1泊2日でチャレンジしたが、
時間切れで塩見小屋にて撤退
今回は2泊3日でのリベンジだったが
塩見岳の様相が前回と全く違っていた

今年は雪不足と言われているが
それでも塩見小屋まではしっかり積もっていた
先行パーティーのおかげでラッセル地獄は免れたが
それでも雪に足を取られて思った以上に体力消耗
コースタイムの1.3倍くらいは想定しておいた方が
良いと思う

また天狗岩から山頂はゆるい雪やアイスバーンが
入り混じって一瞬たりとも気が抜けず
さらに何度も暴風にさらされた
ダブルアックスだったらもう少し安定した
登り下りができたかもしれない

苦労して登った分、感動も大きかった!
次回は塩見岳から北岳への縦走にチャレンジしたい

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:1647人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

この記録に関連する登山ルート

未入力 塩見・赤石・聖 [2日]
塩見岳(鳥倉林道より)
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
3/5
体力レベル
4/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら