また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2277812 全員に公開 ハイキング 霊仙・伊吹・藤原

御池岳・鈴北岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月25日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鞍掛トンネル駐車場・無料
7時半で数台、下山時、11時半では満車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間12分
休憩
41分
合計
3時間53分
S鞍掛トンネル東登山口07:4007:56コグルミ谷登山口07:5708:10コグルミ谷・タテ谷分岐08:1308:20長命水08:2308:45カタクリ峠09:09御池岳・鈴北岳分岐09:31御池岳09:5510:10鈴北岳分岐10:17真の池10:26鈴北岳10:3411:16鞍掛峠11:1711:30鞍掛トンネル東登山口11:3111:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
御池岳山頂手前から残雪あり。数cmの積雪。
雪解けの道は、どろどろで滑りやすい。
ゲイター、トレッキングポールはあった方がいい。

鞍掛峠から鞍掛トンネルへは、ざれ場。
滑ります。鞍掛トンネル手前はつづら折りなので、落石を起こさないように気を付けて下さい。

写真

鞍掛トンネル東口よりスタート。
2020年03月25日 07:40撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍掛トンネル東口よりスタート。
1
コグルミ谷着。
ここには車が1台停まっていました。
2020年03月25日 07:56撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コグルミ谷着。
ここには車が1台停まっていました。
1
谷は日が差さない為、かなり寒い。
2020年03月25日 08:06撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷は日が差さない為、かなり寒い。
1
道もやや不明瞭。慎重にコースを辿りました。
2020年03月25日 08:09撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道もやや不明瞭。慎重にコースを辿りました。
1
谷を抜けるとブナ林。ピンクテープを頼りに進む。
やっとコースが分かりやすくなってきた。
ちょっと前まで積雪があったからか?
ここまで道がやや分かりづらかったな〜。
2020年03月25日 08:26撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を抜けるとブナ林。ピンクテープを頼りに進む。
やっとコースが分かりやすくなってきた。
ちょっと前まで積雪があったからか?
ここまで道がやや分かりづらかったな〜。
五合目?いきなり標識出現。
2020年03月25日 08:34撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目?いきなり標識出現。
1
ここからやや雪が目立ってきた。
2020年03月25日 08:41撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからやや雪が目立ってきた。
1
ブナ林を進み、振り返ると「白山」
思わず、叫んでしまった(笑)
2020年03月25日 08:43撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林を進み、振り返ると「白山」
思わず、叫んでしまった(笑)
1
北ア、御嶽山も望めました。
2020年03月25日 09:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ア、御嶽山も望めました。
2
ブナ林を登りきって再び谷へと下りる。
2020年03月25日 09:08撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林を登りきって再び谷へと下りる。
ここから再び、谷沿いを登って行く。
ここから山頂稜線まで積雪あり。
2020年03月25日 09:10撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから再び、谷沿いを登って行く。
ここから山頂稜線まで積雪あり。
雪は凍っているものの、登りなので滑りはしなかった。
逆に雪解けのどろどろ〜は滑る。滑る。
靴は泥で重くなるは、このシーズンだから仕方がないけれど〜(笑)
2020年03月25日 09:25撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は凍っているものの、登りなので滑りはしなかった。
逆に雪解けのどろどろ〜は滑る。滑る。
靴は泥で重くなるは、このシーズンだから仕方がないけれど〜(笑)
御池岳山頂稜線。山頂へ行く前に、まず、鈴鹿の山々を拝む。
2020年03月25日 09:36撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳山頂稜線。山頂へ行く前に、まず、鈴鹿の山々を拝む。
1
御池岳山頂〜。
風が冷たい。
2020年03月25日 09:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳山頂〜。
風が冷たい。
5
空気が澄んでいて眺望絶好調〜。
2020年03月25日 09:39撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空気が澄んでいて眺望絶好調〜。
北ア、御嶽山。
2020年03月25日 09:39撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ア、御嶽山。
1
そして霊峰白山。
2020年03月25日 09:40撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして霊峰白山。
3
しばし眺めていたいけれど、先へ進みます。
2020年03月25日 09:40撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし眺めていたいけれど、先へ進みます。
鈴北岳への道。ここの辺りは風もなく、日差しがあって暖かかった〜。お昼はここでもよかったな〜。
2020年03月25日 10:12撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴北岳への道。ここの辺りは風もなく、日差しがあって暖かかった〜。お昼はここでもよかったな〜。
1
鈴北岳山頂手前から振り返って御池岳。
2020年03月25日 10:24撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴北岳山頂手前から振り返って御池岳。
1
鈴北岳着〜。
2020年03月25日 10:31撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴北岳着〜。
3
霊仙山、伊吹山。
2020年03月25日 10:31撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山、伊吹山。
北ア・御嶽山。
2020年03月25日 10:31撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ア・御嶽山。
2
眺望が素晴らしい。
しかし風が冷たい。ここでお昼というのは無理〜。
下山します。
2020年03月25日 10:34撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望が素晴らしい。
しかし風が冷たい。ここでお昼というのは無理〜。
下山します。
2
どろどろの登山道。慎重に下山。
振り返って鈴北岳。
2020年03月25日 10:48撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どろどろの登山道。慎重に下山。
振り返って鈴北岳。
2
ここまで、どろどろの道で滑りはしても転倒はしなったのに、ここ、この道。コケました(汗)
鞍掛峠から鞍掛トンネルへのざれ場。
滑ります。怖いです。
2020年03月25日 11:17撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで、どろどろの道で滑りはしても転倒はしなったのに、ここ、この道。コケました(汗)
鞍掛峠から鞍掛トンネルへのざれ場。
滑ります。怖いです。
1
撮影機材:

感想/記録

先週に続き、鈴鹿山脈。
御池岳、鈴北岳。

鞍掛トンネル駐車場は7時半で数台。
下山時には満車、路肩駐車もあり。

天候に恵まれましたが、御池岳山頂付近には残雪あり。
風もかなり冷たく、耳当て帽を持ってくればよかった。
雪解け道は、どろどろで滑ります。泥で靴も重くなる。

御池岳、鈴北岳から眺望良好。
白山、北ア、御嶽山、中ア、南ア、全て望めました。
鈴北岳からは迫力の琵琶湖も見え、歓声を上げてしいました〜。
但し、どちらも強風、冷風の為、ゆっくり留まることは出来ず…。
早々に下山。
鈴北岳からの下山も、どろどろで滑ります。

鞍掛峠から鞍掛トンネルへの登山道ざれ場。
滑ります。派手に転倒しました。
どろどろでも転倒まではしなかったのに、まさかのざれ場で3回も。

先週の綿向山から望んだ鈴鹿の山々。
山各々に癖強めな特徴があり、魅力的な山脈。
今、とても魅せられています。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:192人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/7/30
投稿数: 0
2020/3/27 16:42
 無題
306号ゲート開いたんですね。先々週行ったらゲート閉まってて、仙ヶ岳まで行きました。
登録日: 2016/3/28
投稿数: 4
2020/3/28 22:01
 ゲートは開いてました
開通したからか?平日にもかかわらず、午前中で駐車場は満車でした。
7時台着であれば駐車出来るかと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ブナ 落石 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ