また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2278416 全員に公開 アルパインクライミング 八ヶ岳・蓼科

念願の阿弥陀岳南陵

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月26日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴天、風無し、
アクセス
利用交通機関
車・バイク
舟山十字路へ駐車。駐車場まで雪は全く無し。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間2分
休憩
44分
合計
7時間46分
S舟山十字路03:5704:25南稜広河原取付06:28立場岳06:3706:58青ナギ06:5907:32無名峰07:3308:49阿弥陀岳09:1909:23西の肩(岩場)09:28西ノ肩09:2910:07不動清水10:0810:41御小屋山10:4210:54美濃戸口・舟山十字路分岐11:43舟山十字路11:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今年は暖冬で山全体の積雪は少ないが、ルートの登山道上はまだまだ積雪、氷結がしっかり残っています。核心部のP3ルンゼ上は雪と氷がしっかり着いているので慎重に。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

舟山十字路の駐車場に前日着。今夜は車中泊。道路は積雪無し。
2020年03月25日 18:01撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舟山十字路の駐車場に前日着。今夜は車中泊。道路は積雪無し。
早朝4時に出発。最初に取り付く急登の道は凍っているのでアイゼン必須。
2020年03月26日 05:40撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝4時に出発。最初に取り付く急登の道は凍っているのでアイゼン必須。
立場山までの積雪の状況です。
2020年03月26日 06:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立場山までの積雪の状況です。
立場山に到着。ここまで2時間半でした。
2020年03月26日 06:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立場山に到着。ここまで2時間半でした。
阿弥陀岳がようやく見えるところまで来ました。
2020年03月26日 06:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳がようやく見えるところまで来ました。
これから挑む阿弥陀岳南陵が良く見えるようになりました。
2020年03月26日 06:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから挑む阿弥陀岳南陵が良く見えるようになりました。
1
今日は日本全国を高気圧が覆い、北アルプス含め全ての山々の展望が効きます。諏訪湖も。
2020年03月26日 06:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は日本全国を高気圧が覆い、北アルプス含め全ての山々の展望が効きます。諏訪湖も。
権現岳も見えてきました。
2020年03月26日 07:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳も見えてきました。
2
阿弥陀岳が段々と近づきます。雪は少ないように見えるがコース上はしっかりと着いてます。
2020年03月26日 07:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳が段々と近づきます。雪は少ないように見えるがコース上はしっかりと着いてます。
赤岳も見えて来ました。
2020年03月26日 07:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳も見えて来ました。
阿弥陀岳と赤岳。
2020年03月26日 07:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳と赤岳。
1
澄み切った青い空に北アルプスの山々の景色が疲れを癒やしてくれます。
2020年03月26日 07:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
澄み切った青い空に北アルプスの山々の景色が疲れを癒やしてくれます。
2
これが南陵です。これから行く核心部にわくわくしながら。
2020年03月26日 07:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが南陵です。これから行く核心部にわくわくしながら。
2
赤岳と中岳、素晴らしい景色なの同じ写真を何枚も撮ってしまいます。
2020年03月26日 07:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳と中岳、素晴らしい景色なの同じ写真を何枚も撮ってしまいます。
2
先行する2人のパーティが見えました。
2020年03月26日 07:51撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行する2人のパーティが見えました。
1
雪が多いときは緊張するというP3手前のトラバース箇所。この時期になると雪は殆ど消えています。
2020年03月26日 08:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が多いときは緊張するというP3手前のトラバース箇所。この時期になると雪は殆ど消えています。
P3手前のトラバース箇所を近くで見るとこんな感じでした。
2020年03月26日 08:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3手前のトラバース箇所を近くで見るとこんな感じでした。
1
P3に取り付くすぐ手前のトラバース部。先行パーティに追いつき、先に行かせて貰います。
2020年03月26日 08:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3に取り付くすぐ手前のトラバース部。先行パーティに追いつき、先に行かせて貰います。
事故も多い核心部P3のルンゼ。雪と氷で、ここはまだしっかりと残っています。アックスを駆使しサック!サックと!今日のメイン核心部。期待通りで楽しく登れました。
2020年03月26日 08:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
事故も多い核心部P3のルンゼ。雪と氷で、ここはまだしっかりと残っています。アックスを駆使しサック!サックと!今日のメイン核心部。期待通りで楽しく登れました。
2
P3ルンゼ取付から10〜20mくらいのところの中間部にアンカーがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3ルンゼ取付から10〜20mくらいのところの中間部にアンカーがありました。
こんな感じの斜面となります。
2020年03月26日 08:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの斜面となります。
3Pルンゼを二人パーティも登って来ました。
2020年03月26日 08:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3Pルンゼを二人パーティも登って来ました。
P4も間近に。
2020年03月26日 08:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P4も間近に。
赤岳もさらに身近に。
2020年03月26日 08:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳もさらに身近に。
2
登って来たP3ルンゼ上部と背景には権現岳。
2020年03月26日 08:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って来たP3ルンゼ上部と背景には権現岳。
P4。この大きな岩場の左にコースをとります。
2020年03月26日 08:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P4。この大きな岩場の左にコースをとります。
1
左のコースはトラバースとなります。積雪多い時期は緊張するかも。
2020年03月26日 08:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左のコースはトラバースとなります。積雪多い時期は緊張するかも。
阿弥陀の岩場の向こうに中央アルプスの山々。
2020年03月26日 08:40撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀の岩場の向こうに中央アルプスの山々。
2
南陵を振り返ります。
2020年03月26日 08:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南陵を振り返ります。
2
頂上手前で右にトラバース気味に巻いて、雪面を登れば頂上です。
2020年03月26日 08:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上手前で右にトラバース気味に巻いて、雪面を登れば頂上です。
単独で南陵を無事に制覇。
2020年03月26日 08:50撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
単独で南陵を無事に制覇。
2
記念写真です。
2020年03月26日 08:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念写真です。
2
南陵を振り返ります。
2020年03月26日 08:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南陵を振り返ります。
1
南陵アップ。この右斜面がP3ルンゼとなります。
2020年03月26日 08:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南陵アップ。この右斜面がP3ルンゼとなります。
1
頂上からの快晴の硫黄と横岳
2020年03月26日 08:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの快晴の硫黄と横岳
頂上からの晴天下の北アルプス
2020年03月26日 08:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの晴天下の北アルプス
頂上からの晴天下の富士山と南アルプス。
2020年03月26日 08:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの晴天下の富士山と南アルプス。
頂上からの晴天下の権現岳と南アルプス。
2020年03月26日 08:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの晴天下の権現岳と南アルプス。
阿弥陀岳南陵、無事登頂記念写真。
2020年03月26日 08:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳南陵、無事登頂記念写真。
1
堂々としている赤岳。
2020年03月26日 09:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂々としている赤岳。
1
文三郎尾根から登って来られた方に撮って貰いました。
2020年03月26日 09:13撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根から登って来られた方に撮って貰いました。
3
帰りは御小屋山から。
2020年03月26日 09:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは御小屋山から。

感想/記録
by masacs

2年前に登ってみたかった阿弥陀岳南陵。2年前、計画直前に大きな事故があり断念。昨年は都合が着かず断念。今年、雪が溶けて消える前にギリギリでやっと単独での登攀で念願叶いました。P3ルンゼをアックス駆使して登るのがこの南陵の醍醐味と思っていたので、ルンゼはしっかりと雪と氷に覆われていて、たっぷり楽しみながら登れました。雪の状態によっては緊張度はもっと違うのだろう。今シーズンはアイスクライミングをたっぷりやっていたので、これくらいの傾斜の面では自信をもって望む事が出来ました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:542人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ