また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2282543 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 近畿

【湖北】七々頭ヶ岳(693m)新谷山(662m)柳ヶ瀬山(439m)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月30日(月) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間9分
休憩
59分
合計
7時間8分
S七七頭ヶ岳上丹生登山口06:4908:17西林寺観音堂08:1808:19七七頭ヶ岳09:0009:04瑠璃池11:55新谷山12:1213:57七七頭ヶ岳上丹生登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<今回の山は・・・>
通いなれた高時川の流域エリアですが、登らず大切に取っておいた山がいくつかあります(笑)。その一つが七々頭ヶ岳です。

お隣の妙理山や大黒山、安蔵山や谷山、そして美濃国境の山々には散々登っているので、これはちょっとヘソ曲りですね。

さて七々頭ヶ岳です。菅並からのルートを裏参道とするなら、上丹生からの登路が表参道かな。山頂の観音堂が南向きだし、上丹生から眺める山姿は、まさに「丹生富士」の名にふさわしいと思う。

でも、山頂の観音堂に観音さまはご不在。昭和58年に建立された山頂の西林寺も、残念ながら廃寺です。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

寝ぼけ眼で登山口
o(´∇`*o)
2020年03月30日 06:46撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝ぼけ眼で登山口
o(´∇`*o)
るり池サマ
貴女に恋い焦がれて
幾星霜
2020年03月30日 06:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
るり池サマ
貴女に恋い焦がれて
幾星霜
とかいいつつ
寄り道
浮気っぽいんだよなー♪
イウチワのピンクに心奪われる
2020年03月30日 07:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とかいいつつ
寄り道
浮気っぽいんだよなー♪
イウチワのピンクに心奪われる
西林寺
観音さまは
ご不在です
2020年03月30日 08:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西林寺
観音さまは
ご不在です
賤ヶ岳と山本山
強者どもが夢の跡
2020年03月30日 08:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賤ヶ岳と山本山
強者どもが夢の跡
こちら
己高山
クリンソウにはまだ早い
2020年03月30日 08:25撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら
己高山
クリンソウにはまだ早い
切り拓かれた山頂に憩う
2020年03月30日 08:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り拓かれた山頂に憩う
山頂の北に広がるブナの純林
小ぶりだけど美しい
2020年03月30日 09:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の北に広がるブナの純林
小ぶりだけど美しい
デカいね
横山岳
2020年03月30日 09:01撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デカいね
横山岳
上谷山・安蔵山・三周ヶ岳・三国岳・左千方
2020年03月30日 10:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上谷山・安蔵山・三周ヶ岳・三国岳・左千方
安蔵山から左千方まで
2020年03月30日 10:52撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安蔵山から左千方まで
これは・・・
2020年03月30日 10:54撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは・・・
ヤマガラさん
2020年03月30日 10:54撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマガラさん
紙地図引っ張り出して
作戦会議
2020年03月30日 11:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紙地図引っ張り出して
作戦会議
金糞岳・墓谷山・七々頭ヶ岳
右端は己高山・伊吹山
2020年03月30日 11:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞岳・墓谷山・七々頭ヶ岳
右端は己高山・伊吹山
伊吹山に抱かれるような己高山と
小谷山・呉枯ノ峰
2020年03月30日 11:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山に抱かれるような己高山と
小谷山・呉枯ノ峰
ズームしてみると
手元に摺墨の田園地帯が
2020年03月30日 11:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームしてみると
手元に摺墨の田園地帯が
赤でコーデされてるのは何故?
2020年03月30日 11:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤でコーデされてるのは何故?
峠越えの道路脇には祠
2020年03月30日 12:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠越えの道路脇には祠
摺墨の集落
素敵すぎる過疎の村
頼朝伝説に根ざした名馬にちなむ地名は全国区なんです
2020年03月30日 13:23撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摺墨の集落
素敵すぎる過疎の村
頼朝伝説に根ざした名馬にちなむ地名は全国区なんです
場所を変えて
玄蕃尾城跡をめざします
2020年03月30日 14:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
場所を変えて
玄蕃尾城跡をめざします
ヤブツバキの小道
2020年03月30日 15:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブツバキの小道
こちらが主郭(本丸)
2020年03月30日 15:24撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが主郭(本丸)
ダンコウバイ?
アブラチャン??
2020年03月30日 15:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンコウバイ?
アブラチャン??
ムシカリの白花に和んでから
家路につきます
2020年03月30日 15:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムシカリの白花に和んでから
家路につきます
撮影機材:

感想/記録

 磴い供⊆掘稿ヶ岳>

春告げ花が美しい。イワウチワの飾らぬ美しさ。ヤマザクラの素朴さ。樹間から上丹生や摺墨(するすみ)の集落が見えます。墓谷山・賤ヶ岳・山本山・行市山・呉枯ノ峰・小谷山・己高山の展望に心が洗われます。

観音堂にお辞儀して、心おだやかに合掌です。倒木が目立ちますが、山頂の北面のブナの純林は立派だ。

七々頭ヶ岳林道に向かう途中、ご詠歌に歌われる伝説の「瑠璃池」を通ります。林道のヤブに気を取られ、さしたる感傷もなく通り過ぎたことが悔やまれます。

そのヤブが小ヤブになる頃、林道を外して760m最高点に寄り道します。さらに北に寄せると、雑木の向こうに、横山岳・左千方・三国岳・三周ヶ岳・安蔵山・上谷山・・・胸が弾みます。


◆秧恵山へ>

ヤマガラやヒガラの遊ぶ林を後に、新谷山をめざします。山頂は、山名が真っ赤なかまぼこ板に、ぞんざいに刻まれていて、思わず凍りつきました(笑)。行市山・赤坂山・乗鞍岳などの湖北の山々がちらりとのぞきます。

ここからの下山ルートのそこかしこに、お楽しみの展望があります。七々頭ヶ岳と墓谷山の共演、伊吹山が優しく己高山を包み込む様子、遠景の鈴鹿の山並みもおぼろげでナイスです。

摺墨の集落はひっそり静まりかえっています。バス停があっても、これは予約しないと乗れません。前日の午後三時までに予約が必要で、しかも土・日・祝日は運休。

こんなに素敵な村里なのに、人は田舎を捨てて生活の便利さを追い求めてしまうんだ・・・かえるの合唱に包まれて歩きました。


<柳ヶ瀬山へ>

駐車地にはすでにNSNナンバーさん。車内には奥さんが人待ち顔。その旦那さんとは久々坂峠ですれ違いましたが、お一人で城址を歴史散歩だったようです。

ヤブツバキの咲き乱れる小径から玄蕃尾城跡へ。ここは、賤ヶ岳の戦いの際の、柴田勝家の本陣とされています。

目の前には、新谷山から妙理山にかけての稜線が横たわっています。この城址の素朴な遺構は、人の好みを分けそうです。けど、観光地化していないところにこそ、味わい深さもあると思う。

戦国の世の喧騒が幻だったかのような静けさ・・・しかし、「平和」な現代が「戦乱」と無縁というわけではなさそうですね。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:154人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ