また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2289341 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

北高尾山稜〜南高尾山稜

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年04月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間5分
休憩
37分
合計
8時間42分
S宮の前バス停05:1605:19霊園前八王子城跡入口バス停05:2005:25八王子霊園南門05:2605:31八王子城跡バス停05:59八王子城山06:17八王子城天守閣跡06:31富士見台06:3306:35杉沢ノ頭06:3606:48高ドッケ06:4907:00板当山07:0107:05板当峠07:11狐塚峠07:30杉ノ丸07:3107:36黒ドッケ07:3707:40湯ノ花山07:4107:52大嵐山07:5307:5874番鉄塔08:08三本松山08:12関場峠08:37堂所山08:3808:5472番鉄塔08:5509:14景信山09:1909:41小仏峠09:59城山10:03五十丁峠10:0510:30大垂水峠10:3210:51赤馬分岐10:59大洞山11:0011:06コンピラ山11:0711:14中沢峠11:1611:19中沢山11:2011:36入沢山11:3711:44西山峠11:4511:50泰光寺山12:02三沢峠12:05榎窪山12:21草戸山12:2212:24境川源流12:29草戸峠12:40拓殖大西尾根分岐13:12四辻13:26高尾山口駅13:3213:35Mt.TAKAO BASE CAMP13:3613:43高尾山ちか道入口13:58高尾駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はない。

写真

感想/記録

2か月前に同じコースを歩いた。今回は陣馬山ピストンを追加しようと予定していたが天気予報が微妙なので堂所山で判断することしてスタート!

前回よりも約30分前に出発(本当はもっと早く出る予定だった)。
2か月前と違って日の出が早いのでライトは使わず。
八王子城址への入り口はまだ迂回して。
工事はすすんでいるみたいでもう少し経てば迂回せずに行けるかも。
いつもの道をいつもの通り歩いていく。
桜はもう終わりの方だけどまだまだ楽しめる。
時々道の上や脇からガサゴソと何かが動く音にビビりながら山頂到着。
行動食を1口頬張り出発。

まずは富士見台へ!
いつもの通りアップダウンの繰り返し(笑)
それにしても人がいない!
元々メジャーなコースではないし、時間も早いし、○○ナだし。
おかげで独りでのんびり歩くことができる。
わかっていてもアップダウンには何度も笑わせられる。
新芽が出かかっている緑と桜と空の青と木の色がキレイ。
ただし!朝一なので蜘蛛の巣にやられる(笑)
ありそうな所はストックで前を払いながら進む。
富士見台に着く頃にはちょっと青空から春霞という感じになってきた。

富士見台から堂所山へ!
進むべきコースがチラチラ見えたり、目標物があるのでコースタイムが
分かりやすい。で、相変わらずのアップダウン(笑)
でも、この前の黒岳の急登があったのでちょっとマヒしてる(笑)
同じく人がいない!
所々に桜が咲いている。新芽もキレイ。
前回よりもコース上が歩きやすくなった、というか見通しが良くなった気がする。
堂所山で天気予報と空の具合を確認。
やはり14:00〜15:00頃に雨マーク!
降雨量はそれ程ではないようだが、歩き始めよりも気温が下がり風が強くなているのが気になる。降られたら辛いなと考え、陣馬山ピストンは次回にする。

堂所山から小仏城山へ!
北高尾山稜に比べるとホントに気持ちよく歩ける!
泥濘もなく、足元に咲いている花や木々の新芽を見ながら気持ちよく歩く。
ただ、空の具合が気になる。ホントに少しずつだが暗い雲が迫ってきている。
気温は上がらず、風は弱くなる気配なし。
南高尾山稜に行くかどうかの最終判断をどこにするか考えながら歩いた。
小仏城山か高尾山手前か。
小仏城山直下の階段を上りながら空を確認し、一応小仏城山から下る事を決める。
そして、分岐で最後の確認。コースタイムと予報の時間を照らし合わせ、
ぎりぎり降られる前に高尾まで戻ってこれそうなので、予定通り小仏城山から大垂水峠へ下る。

大垂水峠から大洞山へ!
今まで橋が通れず、迂回していたが今日は通れるので橋を渡って進む。
崩壊地はなかなかだった。道を造ってくれた方々に感謝です!
林道との分岐から急登が。ここで男性グループに出会う。
高尾山までケーブルで上がり、帰りはこちらを回って帰るそうだ。

大洞山から草戸山へ!
大洞山への登りが終わるとアップダウンはあるものの快適な道が続く。
この辺りになると人が多くなりトレランの人達が軽やかに駆け抜けていく!
空はさらに低くなってきた感じ。予報は変わらず。
順調にいけば間に合いそうなので焦らず進む。
草戸山に近づくにつれて人が多くなっていく。
草戸山手前の例の階段地獄もここまで来ると中々堪える。
草戸山まで来ると先が見えてくる。

草戸山から四辻へ!
ここからは最後の約1時間ちょっとのコースタイム。
ただ、まだまだアップダウンは続くので気が抜けない。
が、ここまで来ると平らに見えてくる(笑)
まるで肉眼で見ているのと写真に撮るのの違いみたいに(笑)
四辻に近づくにつれて人工物が見えるようになり、電車・車の音が聞こえてくるようになる。ゴールが近づく。

四辻から高尾へ!
もうここまでくれば雨の心配はいらない!
高尾山口の駅前で靴を洗い、高尾駅へ。
途中のコンビニで自分へのご褒美を購入!
グッと飲み干しいい感じで高尾駅へ到着。

やはり○○ナの影響はあるが、山は「三密」ではないから
感染予防に気をつけて山行すれば身体的にも精神的にもいいのかな
と今は考えてる(山でマスク姿はやっぱり違和感があるけどしょうがないのかな)。
確かに不要不急ではないのだけれど、健康だからこその山だし、身体的・精神的な健康を維持する為にも良いとは思うのだが……
しばらくは単独行になってしまうのかな……
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:295人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ