また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2329793 全員に公開 ハイキング 奥秩父

尾ノ内沢、西岳、志賀坂諏訪山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年05月04日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
(行き)秩父駅バス停7:07、(小鹿野町役場乗り換え)、尾の内渓谷入口バス停8:11
(帰り)中里総合庁舎前バス停15:36(4分遅れ)、群馬銀行・東和銀行前バス停17:14
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間59分
休憩
59分
合計
6時間58分
S尾ノ内渓谷入口08:1208:22尾ノ内ふれあい館08:2308:58山の神08:5910:26油滝10:3711:44龍頭神社奥宮12:1112:23西岳12:2312:32行蔵峠12:4113:02八丁峠13:0413:41八丁トンネル登山口13:4514:08諏訪山14:1415:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(尾の内道)不明瞭箇所多数ですが蛍光ピンクテープを追えば正解。
(志賀坂諏訪山)林道から尾根づたい、境界杭が目印。
その他周辺情報登山後、藤岡第一ホテル(宿泊)
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

写真

スタートのバス停
2020年05月04日 08:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートのバス停
車道を1kmチョイ進み尾の内入口
2020年05月04日 08:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を1kmチョイ進み尾の内入口
遊歩道最初の吊り橋
2020年05月04日 08:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道最初の吊り橋
序盤は遊歩道で滝を見ながら
2020年05月04日 08:51撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤は遊歩道で滝を見ながら
1
次第に厳しくなってきて小鹿野山岳会の古い案内が。
この後、幾つか出てきます。
2020年05月04日 09:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次第に厳しくなってきて小鹿野山岳会の古い案内が。
この後、幾つか出てきます。
この看板過ぎてしばらくすると、
2020年05月04日 09:51撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板過ぎてしばらくすると、
最初の鎖が現れます。
2020年05月04日 09:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の鎖が現れます。
1
涸れた右股と別れ、しばらくすると
2020年05月04日 10:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸れた右股と別れ、しばらくすると
ようやく油滝です。
ここまで遊歩道ということですが、スズの沢からは蛍光ピンクテープを探しながら不明瞭箇所や徒渉が多数あり一般的でありません。
2020年05月04日 10:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく油滝です。
ここまで遊歩道ということですが、スズの沢からは蛍光ピンクテープを探しながら不明瞭箇所や徒渉が多数あり一般的でありません。
1
対岸の大岩に穴がいくつかあります。
2020年05月04日 10:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の大岩に穴がいくつかあります。
これが油滝
2020年05月04日 10:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが油滝
1
油滝からは九十九折の登り
2020年05月04日 10:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
油滝からは九十九折の登り
1
しばらくすると地獄穴、入れるみたいですが先を急ぎます。
2020年05月04日 10:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくすると地獄穴、入れるみたいですが先を急ぎます。
1
コース途中の出っ張り箇所、行ってみましたが切れ落ちてるだけでした。
2020年05月04日 10:55撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース途中の出っ張り箇所、行ってみましたが切れ落ちてるだけでした。
ようかみさんみち
2020年05月04日 10:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようかみさんみち
比較的新しいです。
2020年05月04日 10:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比較的新しいです。
ようかみさんみち過ぎると道細の危ういトラバースが続きます。
2020年05月04日 11:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようかみさんみち過ぎると道細の危ういトラバースが続きます。
一旦、尾根を急登し
2020年05月04日 11:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、尾根を急登し
狭い尾根上を少し進むと
2020年05月04日 11:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い尾根上を少し進むと
再び危ういトラバース
2020年05月04日 11:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び危ういトラバース
ここが一番危ういトラバースでした。
足を置く岩が苔で滑ります。雨降った後でなおさらでした。(一旦靴脱ぎました。)
2020年05月04日 11:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが一番危ういトラバースでした。
足を置く岩が苔で滑ります。雨降った後でなおさらでした。(一旦靴脱ぎました。)
1
上から鎖がぶら下がるといよいよ終盤です。
2020年05月04日 11:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から鎖がぶら下がるといよいよ終盤です。
急登の鎖が長く続きます。
2020年05月04日 11:55撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の鎖が長く続きます。
1
上がりきると、こんな簡易的な案内が。
むやみに下らない方が良いと思います。
2020年05月04日 11:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上がりきると、こんな簡易的な案内が。
むやみに下らない方が良いと思います。
上からは、警告看板と通行防止ロープ
2020年05月04日 11:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上からは、警告看板と通行防止ロープ
竜頭神社奥宮です。
無事着いたので一礼しました。
2020年05月04日 12:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜頭神社奥宮です。
無事着いたので一礼しました。
1
八丁尾根に入り西岳到着
2020年05月04日 12:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁尾根に入り西岳到着
1
八丁尾根から見る赤岩尾根はカッコいい!
2020年05月04日 12:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁尾根から見る赤岩尾根はカッコいい!
2
行蔵坊から下りの鎖は垂直で足の置き場難しい所ありました。(意外でした。)
2020年05月04日 12:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行蔵坊から下りの鎖は垂直で足の置き場難しい所ありました。(意外でした。)
秩父鉱山で使われてた索道中継ケーブルの遺構
(以前歩いた西岳新道には多数あります。)
2020年05月04日 13:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父鉱山で使われてた索道中継ケーブルの遺構
(以前歩いた西岳新道には多数あります。)
1
八丁峠、ここから隧道へ降ります。
2020年05月04日 13:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠、ここから隧道へ降ります。
隧道途中にも鎖トラバースあり、尾の内ほど危うくありません。
2020年05月04日 13:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隧道途中にも鎖トラバースあり、尾の内ほど危うくありません。
しかし滑落事故があったようです。
2020年05月04日 13:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし滑落事故があったようです。
隧道登山口に降りました。
2020年05月04日 13:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隧道登山口に降りました。
その通り、すぐ隧道ありました。
2020年05月04日 13:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その通り、すぐ隧道ありました。
林道を少し下り、尾根との合流点にこの看板あります。尾根を右へ諏訪山向かいます。
2020年05月04日 13:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を少し下り、尾根との合流点にこの看板あります。尾根を右へ諏訪山向かいます。
特に難しい箇所無く、最後だけ急な斜面を上がると諏訪山頂上
2020年05月04日 14:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に難しい箇所無く、最後だけ急な斜面を上がると諏訪山頂上
1
祠と三角点ありました。
ここで間物集落へ下山します。
2020年05月04日 14:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠と三角点ありました。
ここで間物集落へ下山します。
1
花は詳しくありませんが、綺麗なので撮りました。
2020年05月04日 14:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花は詳しくありませんが、綺麗なので撮りました。
橋の崩壊箇所、徒渉しました。
2020年05月04日 14:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の崩壊箇所、徒渉しました。
だいぶ下って、吊り橋現れると
2020年05月04日 14:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ下って、吊り橋現れると
諏訪山間物沢登山口に着きました。
ここから走ります。
2020年05月04日 14:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪山間物沢登山口に着きました。
ここから走ります。
国道299号出て恐竜の足跡がありました。
2020年05月04日 14:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道299号出て恐竜の足跡がありました。
1
恐竜の足跡、こんなに大きい。
2020年05月04日 14:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐竜の足跡、こんなに大きい。
1
ここでゴールしました。
バス待ちちょうど20分でした。
2020年05月04日 15:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでゴールしました。
バス待ちちょうど20分でした。

感想/記録

久々のバリエーションで慎重にゆっくり登りました。尾の内道は終始蛍光ピンクの案内を拾えば大丈夫ですが、危うい箇所、不明瞭箇所多数で特に広い沢では案内を見失いがちですので常に周囲を見渡し注意を払うことが必要です。
尾の内、八丁尾根にプラスして諏訪山も訪れましたが思ったよりコースが良く追加して良かったです。最後は恐竜の足跡を見ながら299号走り奥多野線のバスに上手く間に合いました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:202人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 三角点 滑落 トラバース
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ