また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2350318 全員に公開 ハイキング 甲斐駒・北岳

鳳凰三山(2019年11月)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年11月03日(日) 〜 2019年11月04日(月)
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
甲府駅に前泊して始発のバスで夜叉神峠へアクセス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間45分
休憩
0分
合計
6時間45分
S夜叉神峠06:0012:45鳳凰小屋
2日目
山行
5時間50分
休憩
0分
合計
5時間50分
鳳凰小屋06:4012:30広河原インフォメーションセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
いつものコメント。
今回も数人、ストックのキャップをつけずに歩いている人を見た。
砂地や土が多く、特に風雨に弱い稜線なので、穴をあけたり木の根にダメージを与えて欲しくはないので、悲しくなる。
Amazon等でポチれば簡単に数百円で購入できるのに、残念でなりません。
コース状況/
危険箇所等
全般に問題ないが砂地の特性上、台風19号の影響で崩落個所多数ある。
しかし十分に気を付けて通行すれば問題は無い。
その他周辺情報林道もかなりのダメージを受けているが、工事の人達の努力でかなり復旧されていた。
いくら感謝しても足りない。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ
共同装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

登り初めに見えた富士山。
どうしても撮ってしまう。
2019年11月03日 07:42撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り初めに見えた富士山。
どうしても撮ってしまう。
1
最高の稜線
2019年11月03日 12:13撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の稜線
1
2日目、鳳凰小屋を出発してオベリスクに向かう。
気持ち良い快晴!!
2019年11月04日 07:43撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目、鳳凰小屋を出発してオベリスクに向かう。
気持ち良い快晴!!
オベリスクから見えた富士山。。どうしても撮ってしまう(笑)
2019年11月04日 07:49撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オベリスクから見えた富士山。。どうしても撮ってしまう(笑)
オベリスクも撮っちゃう。
2019年11月04日 08:08撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オベリスクも撮っちゃう。
1
北岳はうっすら雪化粧。
本当はこっちに登りたかったのですが、19号の影響でルートのダメージがデカいと聞き断念。
いつか行ってみたいな〜。
2019年11月04日 08:29撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳はうっすら雪化粧。
本当はこっちに登りたかったのですが、19号の影響でルートのダメージがデカいと聞き断念。
いつか行ってみたいな〜。
1

感想/記録

自分の寝相・いびきが他人への迷惑にならないか。また他人の同様のモノで、自分が寝れないのではないか。。と大部屋で雑魚寝が苦手なわたくし。
台風19号の影響で通行止めになっていた林道も開通し、バスも走っている。
また小屋締めのタイミングが空いているのではないかと、電話したところ「多分余裕があるよ」との事だったので、一念発起して決行。
前日は甲府駅前の安いビジネスホテルに宿泊し、朝一のバスで夜叉神峠入り。
バスはほぼ満員(大丈夫かな?)
幾分寒い歩き出しだが、会長に高度を上げ稜線へ。
360度とは言わないが、息をのむような眺望が終始見えたので、満足な山行になりました。
ただ、久しぶりの6時間越えの行動に、身体の疲れはピークに。
初日は地蔵ヶ岳はパスして鳳凰小屋に。
しかし、心配していた通り、ギリギリ満員じゃないか!(涙
隣が近くて他人へ迷惑をかけないか気になり、熟睡できず。。
(自己都合なので、誰も責められません)
ギリギリ睡眠はとれたが、翌日は重い体で歩く羽目に。
高嶺から先は、南アルプスらしい樹林帯とゴーロの連続で、楽しさと大変さの連続(笑)
ただ2日目も眺望は良く、終始気分の良いものだったのでほぼ満足です。
しかし温暖化の影響か、年々台風の威力が増していくので、登山道やアプローチする林道が心配でなりませんね。
及ばずながらも省エネに努め、少しでも地球への影響が少なくなるようにしたいと、再認識しました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:89人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ