また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2369003 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 大峰山脈

トップリ尾 草原歩き 満喫でした

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年05月28日(木) 〜 2020年05月29日(金)
メンバー
天候2日間 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
七面山登山口の駐車地まで落石多数あり、拾いながら行きました。
篠原林道の崩壊地は以前より悪路になっています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間54分
休憩
53分
合計
7時間47分
S駐車可09:1310:57七面山登山口11:1111:47七面尾の鞍部11:5613:25七面山 西峰13:4014:58楊枝ノ森15:22楊子ノ宿15:3416:20仏生ヶ岳16:2317:00楊子ノ宿
2日目
山行
8時間5分
休憩
25分
合計
8時間30分
楊子ノ宿06:2107:14舟ノ垰08:09五鈷峰08:1308:53禅師ノ森09:28明星ヶ岳09:3009:49大峰山09:5310:57日裏山11:08トップリ尾境界入口11:15ランチ場所11:3011:36三角点13:23トップリ尾下降点14:16湯ノ又14:51駐車可G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
七面山登山口まで1か所崩壊地あり、高巻で通過。ロープが張ってあります。
登山口から七面尾の鞍部 急坂ですがフカフカ道で歩きやすい。
七面尾の鞍部から七面山西峰 木の根の階段が続き、シャクナゲとシロヤシオが続く。抜けると笹原、倒木があり、踏み跡を失い適当に登る。
七面山西峰から楊枝の森 岩場に鎖場過ぎると笹原と倒木を乗り越えて行きます。たまにテープがあります。
楊枝の宿小屋から奥駈道で八経ヶ岳 危険ゾーンは五鈷峰の岩場周辺
日裏山からトップリ尾 境界線上を行きます。入り口にピンクリボンあり、GPSで尾根芯を探しながら三角点に行き、そこからは草原が1Km続きます。植林地に入るとピンクリボンがあり、やせ尾根もあります。
尾根から湯ノ又に下りる地点は派手なリボンがたくさんあり、分かりやすかったが激下りが続きます。林道に着地するもしばらくすると、崩壊して無くなりそこを通過する時は緊張しました。
その他周辺情報金剛の湯 700円 アルカリ泉でいい湯
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

写真

篠原林道 木材の積み込み中でしばらく待ちました
2020年05月28日 08:19撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篠原林道 木材の積み込み中でしばらく待ちました
2
駐車地からすぐ裸足で渡渉
直ぐにストック忘れてUターン
2020年05月28日 08:48撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地からすぐ裸足で渡渉
直ぐにストック忘れてUターン
6
崩壊地で高巻
2020年05月28日 09:23撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地で高巻
1
この後私のカメラをなくしたのに気づき
2020年05月28日 09:25撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後私のカメラをなくしたのに気づき
3
Chokusenさんカメラを探しに戻ります。
私はここで待っていましたが、結局見つからなかったので翌日探すことにしました。
2020年05月28日 09:45撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Chokusenさんカメラを探しに戻ります。
私はここで待っていましたが、結局見つからなかったので翌日探すことにしました。
3
意気消沈しながら崩壊林道
2020年05月28日 10:33撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意気消沈しながら崩壊林道
2
ショートカット地点
2020年05月28日 10:37撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショートカット地点
1
明星ガ岳かな
2020年05月28日 10:47撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明星ガ岳かな
3
七面山登山口
ここで昼食
2020年05月28日 10:58撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七面山登山口
ここで昼食
1
登山口から出発
2020年05月28日 11:08撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から出発
1
ギンリョウソウ
2020年05月28日 12:06撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
3
七面尾の木の根の階段
2020年05月28日 12:21撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七面尾の木の根の階段
1
シロヤシオ
2020年05月28日 12:37撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオ
2
シャクナゲ
2020年05月28日 12:57撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ
4
中尾かトップリ尾か?
2020年05月28日 13:00撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾かトップリ尾か?
1
トップリ尾だね
2020年05月28日 13:26撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トップリ尾だね
2
七面山西峰
2020年05月28日 13:28撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七面山西峰
4
Chokusenさん上り中
2020年05月28日 13:30撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Chokusenさん上り中
2
この後Chokusenさんばてていたので、一人で仏生ガ岳に行くことになりました。
2020年05月28日 13:49撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後Chokusenさんばてていたので、一人で仏生ガ岳に行くことになりました。
2
あら追いついてきた
くだりは早い
2020年05月28日 13:53撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あら追いついてきた
くだりは早い
2
今日は七面山行きません
2020年05月28日 13:58撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は七面山行きません
3
仏生ガ岳
2020年05月28日 14:09撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏生ガ岳
4
倒木地帯
2020年05月28日 14:35撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木地帯
1
楊枝の森 1693m
2020年05月28日 14:57撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楊枝の森 1693m
3
大台ケ原
2020年05月28日 14:57撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大台ケ原
4
明星ガ岳、八経ガ岳、弥山 遠くに大普賢岳
2020年05月28日 14:57撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明星ガ岳、八経ガ岳、弥山 遠くに大普賢岳
4
楊枝の宿小屋到着
ザックをデポして一人で
2020年05月28日 15:23撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楊枝の宿小屋到着
ザックをデポして一人で
3
仏生ガ岳へ
2020年05月28日 15:47撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏生ガ岳へ
2
仏生ガ岳 三角点
2020年05月28日 16:21撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏生ガ岳 三角点
5
翌朝 朝日です
2020年05月29日 04:53撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝 朝日です
3
朝日が当たる楊枝の宿小屋
2020年05月29日 05:04撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が当たる楊枝の宿小屋
4
楊枝の森
2020年05月29日 06:25撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楊枝の森
4
楊枝の森を巻きます
2020年05月29日 06:30撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楊枝の森を巻きます
2
ワチガイソウ
2020年05月29日 06:53撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワチガイソウ
1
大峰テンナンショウ
2020年05月29日 07:10撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰テンナンショウ
2
アップダウンあります。
2020年05月29日 08:13撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンあります。
2
岩場のロープ
2020年05月29日 08:20撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場のロープ
2
オオミネコザクラ見っけ
2020年05月29日 08:22撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオミネコザクラ見っけ
2
岩場にたくさん
2020年05月29日 08:23撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場にたくさん
6
また見れました。
2020年05月29日 08:23撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また見れました。
13
私は足元の終わりかけ
2020年05月29日 08:25撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私は足元の終わりかけ
1
神仙平が見えます
2020年05月29日 08:29撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神仙平が見えます
3
前に行かれる方は深仙小屋から帰って来られた方
2020年05月29日 09:05撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前に行かれる方は深仙小屋から帰って来られた方
1
大きな岩が見えます
2020年05月29日 09:20撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな岩が見えます
1
ここから中尾を下りて湯ノ又まで8km
2020年05月29日 09:27撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから中尾を下りて湯ノ又まで8km
3
八経ヶ岳
弥山小屋のご主人、整備されるそうです
2020年05月29日 09:51撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳
弥山小屋のご主人、整備されるそうです
9
看板は立てられていました。
2020年05月29日 09:52撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板は立てられていました。
17
日裏山と頂仙岳
2020年05月29日 10:06撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日裏山と頂仙岳
2
お二人写させてもらいました。
登山道整備ありがとうございます。
2020年05月29日 10:10撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お二人写させてもらいました。
登山道整備ありがとうございます。
9
レンゲ道
2020年05月29日 10:58撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レンゲ道
1
このテープからトップリ尾へ境界線
2020年05月29日 11:08撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このテープからトップリ尾へ境界線
2
テープあり
この先で昼食
2020年05月29日 11:08撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープあり
この先で昼食
1
倒木を避けながら
2020年05月29日 11:49撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木を避けながら
1
トップリ尾の中心
通称トップリ平
2020年05月29日 11:59撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トップリ尾の中心
通称トップリ平
11
いいところです
2020年05月29日 11:59撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいところです
5
シンボルツリー
2020年05月29日 12:07撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シンボルツリー
4
振り返り
2020年05月29日 12:10撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返り
3
隣の尾根の平
2020年05月29日 12:10撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣の尾根の平
2
ジシバリ
2020年05月29日 12:30撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジシバリ
2
植林地に突入 ピンクリボン
2020年05月29日 12:38撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林地に突入 ピンクリボン
1
ここで尾根からおります13:23
派手なピンクリボン
2020年05月29日 13:23撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで尾根からおります13:23
派手なピンクリボン
3
14:08林道着地
2020年05月29日 14:08撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:08林道着地
4
林道 崩壊地
ここ渡るのに勇気要ります
2020年05月29日 14:11撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道 崩壊地
ここ渡るのに勇気要ります
3
湯ノ又
ここから駐車地まで落石を拾いながら戻りました
2020年05月29日 14:16撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ又
ここから駐車地まで落石を拾いながら戻りました
4
カメラを探しにかわをわたり30分で見つかりました
良かったー
2020年05月29日 14:18撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラを探しにかわをわたり30分で見つかりました
良かったー
10

感想/記録

トップリ尾 行けました。(^^♪
1日目は川を渡渉してからストックを取りに戻り、カメラをなくして30分探し、スタートからトラブル続き、鳥の水まで行く予定でしたが、この時点で諦めました。今まで経験したことのない重いザックで、動きが鈍く、暑さで、ばててしまいました。Chokusenさんと相談して、仏生ガ岳はゲットしようと私一人で行くことになりこの後別行動。
楊枝の森から未踏ルート、バイケイソウが伸びて道が分かりにくいが、仏生ガ岳は行けました。
楊枝の小屋では私たちだけと思っていたら、18:00過ぎに吉野から15時間かけて来られた、つわものが来られてこの日は3名でした。
2日目は、奥駈道なので、はっきりしたルート、楽しみながら、八経ヶ岳へ。尾根道なので、景色は抜群です。オオミネコザクラ見れましたし。
八経ヶ岳で弥山小屋のご主人さん3人で登山道整備をされていました。感謝です。
待望のトップリ尾は期待以上のけしきでした。
新緑と芝原と笹原で1kmに渡る草原360度見渡せる解放感は最高でした。
駐車地に戻り、一人カメラを探しに行きこの日は靴を履いて渡れました。
30分歩いてカメラが見つかりました。安堵です。昨日からの重荷が一気におりました。終わりよければデス

感想/記録

初めての避難小屋泊で何やかや12kgほど背負ったのですが登りはバテバテなりました。
テントを担いで縦走する人はすごいなとあらためて思いました。
七面山から小屋まではとにかく必死でした。
2日目は3kg ぐらい軽くなり、ぐっと楽になりました。 
おかげで、楊子の宿小屋から八経ヶ岳、そしてとっぷり尾、天気もよく最高の大峰を楽しむことが出来ました。よかった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:507人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/1/12
投稿数: 106
2020/6/2 17:46
 参考になりました〜
naoandmiさん、chokusenさんはじめまして。
トップリ尾およびトップリ平は以前からずっと気になっておりましたので、レコ非常に参考になりました。
噂に聞いていたとおり、開放的で素晴らしい景色ですね!
これだけたくさんの写真を見せられると、もう行ってきたかのような錯覚をしてしまいそうです^^;

カメラ、無事に見つかって良かったですね。
本格的に暑くなる前にチャレンジしてみたいと思います。
登録日: 2017/7/5
投稿数: 97
2020/6/2 19:53
 Re: 参考になりました〜
こんばんは。
ドップリ尾は前々から思っていたところで、今回大峰赤線繋ぎをかねて、大きく回りました。
皆さん、中尾を登りドップリ尾を降りています。
ドップリ尾は解放感あり、素晴らしいところです。ぜひ行って下さい。
登録日: 2015/1/4
投稿数: 361
2020/6/2 20:16
 Re: 参考になりました〜
mizui800さんこんばんは!
私たちはwingletさんのレコを参考にしました。当時よりリボンがたくさんあるかと思います。新しかったので。。
歩くスピードもゆっくりなので、もっと休憩できるかと思います。
篠原林道は落石多いのですが大分のけたので行きやすいかと思います。
カメラは歩いて10分ぐらいの間違って進もうとした道に落ちていました。
前日の歩いたところを2度じっくりと探すと、道から外れた所にありました。
また新しいのを買うかと考えてガックリしていたのですが気分は一気に晴れました。
mizuiさん最近は大峰が多いですね。ぜひぜひ
登録日: 2011/10/15
投稿数: 4297
2020/6/7 14:04
 アドベンチャーですね
コメントいただいていて気になってました。
お二人さん揃って、タフですね。
今回は避難小屋泊でしたか。
日裏山は八経ヶ岳からの下山時に何度か通りましたが、そこからトップリ尾が始まるんですね。
熊が出そうな山奥、よくご無事で帰還されましたね。
猫の耳、七面山は9年前に行ったことありますが、登山口まで車が入れず長い距離歩きました。
誰一人合わず寂しい所でした。
登録日: 2015/1/4
投稿数: 361
2020/6/7 20:28
 Re: アドベンチャーですね
そうです。七面山は誰もいない所でした。篠原林道二度と通らないと思っていた所、またいきました。通行できないと書いてありますが以前もそうだったので、行けると判断し、崩壊現場もゆっくり進めました。クマサンはいませんでした!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ