また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2401123 全員に公開 ハイキング 近畿

鶏鳴の滝から笹ヶ岳へ

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年06月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鶏鳴の滝駐車場へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間10分
休憩
9分
合計
3時間19分
Sスタート地点14:0415:29笹ヶ岳登山口(諏訪)15:3015:34雨乞岩15:4115:46笹ヶ岳登山口(諏訪)16:11笹ヶ岳16:1217:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道から県境尾根のルートは完全にバリルート
笹ヶ岳からの復路は国土地理院の地図の破線を辿るも道は途中で消失
鶏鳴の滝の東の谷は沢沿いに明瞭な踏み跡あり
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

鶏鳴八滝の二つ目の滝
垂尾(しだりお)の滝
2020年06月20日 13:54撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏鳴八滝の二つ目の滝
垂尾(しだりお)の滝
6
木洩れ陽の落ちる沢の奥に三番目の滝
白神(しらがみ)の滝が見える
2020年06月20日 13:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木洩れ陽の落ちる沢の奥に三番目の滝
白神(しらがみ)の滝が見える
6
白神の滝は倒木が眺望を遮る
2020年06月20日 13:57撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白神の滝は倒木が眺望を遮る
4
白神の滝の左の滝に下降してみる
2020年06月20日 14:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白神の滝の左の滝に下降してみる
4
そのすぐ上流には五番目の滝となる白蛇(びゃくじゃ)の滝
2020年06月20日 14:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのすぐ上流には五番目の滝となる白蛇(びゃくじゃ)の滝
4
狭いゴルジュに近づいて
2020年06月20日 14:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭いゴルジュに近づいて
6
遊歩道から滝の長い流心を眺めて
2020年06月20日 14:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道から滝の長い流心を眺めて
3
神山発電所跡の堰堤
堰堤の前にも小さな滝が
2020年06月20日 14:13撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神山発電所跡の堰堤
堰堤の前にも小さな滝が
3
六番目の滝 白布(はくふ)の滝
2020年06月20日 14:22撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六番目の滝 白布(はくふ)の滝
4
七番目の滝 岩しだれの滝
2020年06月20日 14:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七番目の滝 岩しだれの滝
7
岩しだれの滝の上段
2020年06月20日 14:25撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩しだれの滝の上段
5
八番目 神明(かみあり)の滝
2020年06月20日 14:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八番目 神明(かみあり)の滝
4
さらに上流に辿り、左手の植林の谷に入る
2020年06月20日 14:33撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに上流に辿り、左手の植林の谷に入る
道は消失するが代わりに林道が現れる
林道の終点と辿ってきた谷を振り返る
2020年06月20日 14:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は消失するが代わりに林道が現れる
林道の終点と辿ってきた谷を振り返る
林道を辿る
林道の奥からこちらを見つめる瞳
2020年06月20日 15:05撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を辿る
林道の奥からこちらを見つめる瞳
1
林道の展望地よりすぐ左手に笹ヶ峰を望む
2020年06月20日 15:09撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の展望地よりすぐ左手に笹ヶ峰を望む
林道を離れて植林の谷に入る
2020年06月20日 15:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を離れて植林の谷に入る
県境尾根に出ると雨乞岩を目指す
2020年06月20日 15:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境尾根に出ると雨乞岩を目指す
2
南にはなだらかな青山高原
2020年06月20日 15:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南にはなだらかな青山高原
3
雨乞岳(左)から高畑山へと続く南鈴鹿の稜線
中央に鎌ヶ岳の鋭鋒が目立つ
2020年06月20日 15:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞岳(左)から高畑山へと続く南鈴鹿の稜線
中央に鎌ヶ岳の鋭鋒が目立つ
5
すぐ目の前に那須ヶ原岳(左)と油日岳(右)
2020年06月20日 15:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ目の前に那須ヶ原岳(左)と油日岳(右)
3
笹原の中でポツンと咲いていた一輪の笹百合
2020年06月20日 15:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原の中でポツンと咲いていた一輪の笹百合
8
笹原の県境尾根を辿って
2020年06月20日 15:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原の県境尾根を辿って
1
木洩れ陽のさす尾根
2020年06月20日 16:04撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木洩れ陽のさす尾根
3
笹ヶ岳山頂へ
2020年06月20日 16:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹ヶ岳山頂へ
7
三角点の柱石の陰には
2020年06月20日 16:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点の柱石の陰には
1
植林の谷を下降・・・
2020年06月20日 16:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の谷を下降・・・
鶏鳴の滝から東にのびる谷に入る
2020年06月20日 17:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏鳴の滝から東にのびる谷に入る
谷の本流と合流
2020年06月20日 17:07撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷の本流と合流
1
小滝を期待して本流を少し遡ってみる
2020年06月20日 17:09撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝を期待して本流を少し遡ってみる
3
鶏鳴の滝の駐車場に帰り着く
最後は最初の滝 初音の滝
2020年06月20日 17:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏鳴の滝の駐車場に帰り着く
最後は最初の滝 初音の滝
4

感想/記録

笹ヶ岳に登るのは鶏鳴の滝からアプローチするルートを辿ってみたいと前々から思っていたが、笹百合に咲くこの時期を待っていたのだった。先週は雨の予報だったので見送ったのだが、この日は空には雲が多いものの気温はそれほど上がらず、低山を登るのにも悪くない天気に思われれる。朝にヤマレコを見ると日記で様々な滋賀県の滝をご紹介されておられるHB1214さんが鶏鳴八滝の記事をアップされたところであった。

午前中に家内の用事があったので昼過ぎに出発することになってしまうが、信楽までは新名神のおかげで京都からはかなり近く感じられる。信楽の市街は渋滞気味でかなりの観光客が訪れているようだ。前日までの雨のせいだろう、信楽の中心を流れる河は明らかに増水し、土砂の色に混濁している。

鶏鳴の滝の駐車場にたどり着くと駐車場はほぼ満車に近い。まずは最下流の初音の滝を訪れようと駐車場から歩き始めるが、これが意外にも遠い。しばらく歩いたが辿り着かないので、諦めて帰路に立ち寄ることにする。鶏鳴の滝に戻る途中にも離合の困難な細い道には次々と車が往来する。

駐車場に戻り、鶏鳴八滝の二つ目の滝、垂尾(しだりお)の滝を訪ねる。滝のそばには信楽焼の狸の焼き物が目印となり、狸の大きなお腹に滝の名称が記されている。沢沿いの遊歩道を歩き始めると上流の薄暗い谷奥に次の白神の滝が奥に見えるが、滝に近づくとその手前の倒木が眺望が邪魔をする。この白神の滝で川は二筋に分かれており、遊歩道から左手の流心の滝壺に下降してみる。雨で水量が増しているせいか、この小滝もそれなりの滝に見えるのは先ほどの垂尾の滝の落差が少ないからかもしれない。

遊歩道を先へ進むと忽然と幅の広い大きな滝が現れる。鶏鳴の滝だ。滝の前で大きく切れ落ちた滝壺からは水飛沫が上がり、冷気が漂う。滝の手前が程よい展望台になって、この大きな滝をすぐ眼前に望むことが出来るというのもこの滝の魅力だろう。

鶏鳴の滝には次から次へと人が訪れるが、鶏鳴の滝から先に足を伸ばす物好きな人はいないようだ。すぐ上流には白蛇の滝が現れる。狭いゴルジュ状の岩の間を細い流心が流れ落ちる様は白蛇と形容するのが合点が行く。

大きな堰堤が現れる。かつて神山発電所が設けられていたらしい。堰堤を越えると、貯水池のほとりの一面の笹の中を行くようになる。笹の中にはわずかにササユリの花が数株、咲いている。

貯水池の上流で滝が狭くなると、白布の滝、岩しだれの滝、神有の滝と小瀧が連続して現れる。いずれの滝にも登山道から滝に降りる明瞭な踏み跡がある。この鶏鳴八滝の古風な名前が付けられてはいるが、鶏鳴の滝以外は滝の名称は公募により2010年に決められたもので、その歴史は新しい。

笹が繁茂する谷沿いの道を上流へと進む。左手の広々とした植林の谷に入ってゆく踏み跡が現れる。国土地理院の地図でも破線で記されている道だ。

谷を上流に向かうと倒木が道を塞ぎ、踏み跡も不明瞭となるが、すぐ上の右岸の斜面に林道の終点が現れる。斜面を登って林道へ出る。林道はすでに荒廃しているが、蜘蛛の巣の糸のようにあたりの山林には地図にはないいく筋もの林道が張り巡らされている。


このあたりはいくつものなだらかな丘陵が寄り集まって、複雑な地形を形成している。いずれの丘陵にも林床には竹の低い笹が繁茂する広々とした植林が広がっている。いずれの林道も地図には記載されていないので、まるで迷路を彷徨うような感覚であるが、丘陵地の東側に進む林道を選んで辿ってみると、目当ての東の谷に下降することが出来る。

GPSで場所を確認すると笹ヶ岳の南を東西に走る林道の入り口であった。林道はすぐにも尾根に上がり、小さななピークが複雑に連なる尾根を縫うように進むので、随所に展望が開ける。照りつける陽射しが強いと暑さが堪え難いところであろうが、幸いにも間断なく涼しい風が吹いている。

地図に記された林道の終点からも真新しい林道が南は続いているが、林道は谷に沿って下降してていくので、笹ヶ峰から南に延びる県境尾根から派生する東側の谷に入ることにする。谷に入るとそれまでの明るい林道からは一転、薄暗い檜の植林が広がる。沢沿いの微かな踏み跡は谷の突き当りですぐに不明瞭となるが、すぐ右手の尾根の容易に上がることが出来る。後はわずかに尾根筋を辿り、県境尾根に乗る。

丈の低い笹が繁茂する尾根上には一条の明瞭な道が続いている。アップダウンの少ない尾根を快適に辿るうちにすぐに東屋がある諏訪方面への登山路の分岐に到着する。

雨乞岩に到着すると正面に雨乞岳、綿向山、御在所岳から油日岳に至る南鈴鹿の山並みの展望が大きく広がる。さらに南には数多くの風力発電の風車が立ち並ぶ青山高原が見える。何よりもこの山々の眺望を際立たせているのは眼下に大きく広がる伊賀の里だろう。雨乞岩からのパノラマを眺めながら携行したキウイフルーツとブドウで小休止をとる。

雨乞岩への往路では気がつかなかったが、近くの笹原の中で慎ましやかにひっそりと花を咲かせている一輪のササユリがあることに気がつく。県境尾根に戻るといよいよ笹ヶ岳を目指して尾根を北上する。小さな鞍部を過ぎて尾根上の小ピークca720mは県境尾根の分岐となる。東へと続いてゆく県境尾根にはピンクテープとかすかな踏み跡が続いているようだ。県境尾根と分かれると尾根を北西へ辿り笹ヶ岳の山頂を目指す。山頂が近くなると熊笹の丈が高くなる。山頂近くでも笹百合にお目にかかれることを期待していたが、この丈の高い熊笹の中では笹百合は期待できそうもない。

笹ヶ岳の山頂では果たしてどうやってここまで運んだのだろうかと思うほどに大きな狸の焼き物が出迎えてくれる。三等三角点の柱石の傍には可愛らしい蛙の親子の焼き物もあるのだった。山頂の東側には再び南鈴鹿の山々の展望が開ける。

山頂からは西に延びる尾根を辿る。笹ヶ岳西登山口へのルートを見送ると、尾根上の踏み跡は薄くなるが、頻繁に現れるピンクテープが誘導してくれる。国土地理院の地図の破線のルートに沿って急下降の尾根を下る。破線ルートは一度谷に下降したあと、地図上の標高点p632の北西のピークを越えることになる。しかし、このピークの登り差し掛かったところでそれまでは頻繁に現れたピンクテープがなくなり、踏み跡も消える。

地図の破線は谷沿いを登るようだが、左手の尾根が登りやすそうなので尾根に上がるとすぐにも再びピンクテープが現れる。しかし尾根を越えて反対側の斜面にたどり着いても依然、尾根上の踏み跡は不明瞭のままだ。間伐材が散乱する植林の中を歩きやすいところを選んで下降すると、やがてなだらかな谷間の向こう側に林道が目に入る。GPSを確認すると、地図上の破線ルートからほとんど外れてはいない筈だが、どうやら道は消失してしまっているらしい。先ほどの谷に下降せずに笹ヶ岳の西尾根から尾根伝いにp634まで歩いて、そのまま尾根を下降する方が歩きやすいのかもしれない。

林道にたどり着くとすぐにも鶏鳴の滝から東に延びる谷の源頭部にたどり着く。薄い踏み跡を辿って檜の植林の広がる源頭に降りる。谷沿いには踏み跡があることを期待してはいたが、谷を下降するうちに一般登山道と呼んでも差し支えないほどの明瞭な道が現れた。

左手から谷の本流が現れる。下からは小さな段瀑があるように見えたので谷に入ってみるが、近づいてみると岩の間を流れがそのように見えただけであった。

幾度か谷を渡渉しながら、歩きやすい道を下るとすぐに車を停めた鶏鳴の滝の駐車場のすぐ裏手に出るのだった。駐車場には我々の車以外には車は見当たらず、すっかり静まり返っている。

車に乗り込むと鶏鳴八滝の最初の初音の滝に向かう。この初音の滝はやはり駐車場からはかなり離れている。狸の焼き物がなければ見過ごして通り過ぎてしまうようなところだろう。滝の周囲の道路は離合が困難であり、道路に車を停めて落ち着いて滝を見ることが出来るのもこの時間帯ならではのことだ。

初音の滝の周囲はすっかり薄暗くなってしまっているのだが、微かに空から明るい光が差し込むような気がした。後ろを振り返ってみると、樹間からは空に浮かぶ雲が西陽を反射して金色に輝いているのが目に入るのだった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:192人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

no2
登録日: 2012/6/14
投稿数: 1681
2020/6/24 0:56
 山猫さん、yamaizuさん、こんばんは。
 山猫さんのレコとしては、意外な場所?を歩かれた感じです。正月には、ここよりマイナーな多羅尾エリアを歩いておられましたね。
そう感じてしまったのは、この辺りは馴染み深い地域でして鶏鳴の滝辺りは子供の水遊び場的なところもありましたものでして。

つい先日、ヤマレコの質問箱で笹ヶ岳へ登るときに車を何処へ停めたらいいと質問されていたのに目が留まり、鶏鳴の滝から上がると面白いんじゃ?なんて、丁度このルートを地形図で見ていたところなんです。駐車場もありますしね。
鶏鳴の滝からのルートは、やはり歩かれる人も少なく廃道に近いような感じでしょうか。

駐車場が満車だったんですか? まあ5、6台ぐらい止められるところだったかと思いますが、信楽観光のついでに来られた方もおられるのかな。
登録日: 2017/10/26
投稿数: 607
2020/6/24 5:45
 Re: 山猫さん、yamaizuさん、こんばんは。
ののさん コメント有難うございます。
多羅尾もそうですが、このあたりは如何様にでもルートを考えることが出来るという魅了があると思います。いくつか鶏鳴の滝から笹ヶ岳に行かれたレコが他にもありますが、どれひとつとして同じルートを歩いていないようですね。勿論、私たちが辿ったルートも完全に同じものは過去には無いように思います。
途中、何度も古い道標があったので、過去には鶏鳴の滝から笹ヶ岳に登るルートがあったのだと思いますが、笹ヶ岳の西尾根からのルートも途中で道が消失しますし、往路で辿った林道から笹ヶ岳か県境尾根に上がるルートはありませんので、独自にルートを考える必要があると思います。
地図に何も記載されていないルートを辿るという楽しみが出来るところなので、ここは何度でも訪れてみたいと思うところです。ののさんが行かれるとしたらどのようなルートを辿られるか、楽しみです。
そう、信楽は大勢の人で賑わっており、私たちが到着した時も駐車場には入れ替わり立ち替わりで車が到来していました。一般の観光客が訪れることが出来る滋賀県の滝としてはこの鶏鳴の滝はやはりかなりメジャーなところなのでしょうね。
登録日: 2017/2/18
投稿数: 259
2020/6/24 8:50
 ササユリは意外と
行ってこられたのですね。
鶏鳴の滝は水量多くて迫力満点ですね。水が濁っていなければもっとよかったかもしれませんが。
この滝の上流域には人も住み、水田もあり、ゴルフ場もあるので、雨の後で濁っていない時でも清流とは言えないでしょうけど。

ササユリ、意外と少ないのですね。他のルートを辿ればもっとあるのでしょうかね。

来週案内してきます!
登録日: 2017/10/26
投稿数: 607
2020/6/24 15:20
 Re: ササユリは意外と
コメント有難うございます。
笹が岳に登る他のルートは山の北側の南新田からのルートになると思いますが、ここでも多くのササユリは期待出来ないのではないでしょうか。

いよいよテレビ出演ですね。放映が決まったら是非、ご紹介下さい。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ