また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2426812 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

和名倉山(白石山)将監登山口よりピストン

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年07月05日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
民宿みはらしに停めさせていただきました(500円)。
R411からの林道は、奥多摩湖側から来た場合は手前の林道入り口は道路崩落のため通行止めになっています(一ノ瀬キャンプ場側から入るルート)。そのため、少し先(大菩薩方面に向かって)まで行ってから林道に入ります。舗装路でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間19分
休憩
55分
合計
10時間14分
Sスタート地点04:4004:55牛王院下05:0005:54将監小屋06:0006:10将監峠06:21牛王院平06:30山ノ神土07:15リンノ峰07:38西仙波07:53東仙波07:5608:24吹上ノ頭09:04川又分岐09:0509:17二瀬分岐09:1809:34和名倉山09:4710:00二瀬分岐10:10川又分岐10:21八百平10:42吹上ノ頭11:14東仙波11:1611:45西仙波11:4612:04リンノ峰12:0612:52山ノ神土12:5413:00牛王院平13:12将監峠13:16将監小屋14:07牛王院下14:1214:31将監登山道入口14:3614:42民宿みはらし14:5114:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■ログが途中で止まったり、民宿みはらしについた際に止めるの忘れたりとゴチャゴチャになってるので参考程度
■復路は牛王院平から牛王院下に下りるつもりがうっかり通過してしまい、ほぼピストンに。
花はほとんどなく、苔やきのこが全盛な感じでした。
道中何度か鹿に出会いました。
コース状況/
危険箇所等
■将監登山口から山の神土までは歩きやすいです。
将監小屋、将監峠を経ていきましたが危険箇所はありません。(小屋への荷物運搬用林道は崩落箇所が数ヶ所あるので車は通れませんが人が通る分には影響ありません)
■山ノ神土から約1kmはトラバースぎみに斜めった笹藪生い茂る中を進みます。
前日の雨もあり、笹を掻き分けるためズボン、靴下、靴はグチョグチョに濡れました、、、
笹藪は時々鹿の通り路と間違えそうになりますが樹木に青や黄色、ピンクなどのリボンやテープがつけてあるのでそれを確認しながら進みます。
■西仙波、東仙波のあたりは小さなアップダウンがありますが淡々と進みます。
所々で視界がありますがこの日は曇天のためいまいちでした。
■東仙波からさきも小さなアップダウンが続きます。
所々で石楠花トンネル(屈んで通る)や、ツガ?の幼木が密集した中を抜けるところ(再びびしょ濡れに)がありました。
樹林帯では倒木多数で小さな迂回になりますが、大概はリボンやテープがあるので直ぐにルート復帰できます。
■川又分岐、二瀬分岐を越えると山頂まであと少し。最後まで倒木と苔むした道を進むと和名倉山山頂です。山頂展望はありません。
その他周辺情報道の駅たばやまの向かいにある、のめこいの湯(コロナ影響でサウナ&水風呂使えず、その分お値引きしており3時間以内700円、15時以降はさらに100円引き)
※本来価格は値上がりして900円のようです。
過去天気図(気象庁) 2020年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 携帯 サングラス ストック

写真

薄暗いですが早朝出発します。
お代は帰りに払うことにして、駐車させていただきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄暗いですが早朝出発します。
お代は帰りに払うことにして、駐車させていただきました。
1
民宿から50mくらい下がったところに登山口
まずは林道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民宿から50mくらい下がったところに登山口
まずは林道を進みます。
1
砂地のためあちこちで崩落や土砂が流れてました。写真の場所は林道を覆って流れる沢水。手前の木板のあたりで渡ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂地のためあちこちで崩落や土砂が流れてました。写真の場所は林道を覆って流れる沢水。手前の木板のあたりで渡ります
牛王院下の分岐地点
往路は小屋経由、復路は左側から下りてくるつもりでしたがウッカリ往路と同じルートを歩いてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛王院下の分岐地点
往路は小屋経由、復路は左側から下りてくるつもりでしたがウッカリ往路と同じルートを歩いてしまいました。
崩れたり倒木ありますが、歩きならちゃんと通れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れたり倒木ありますが、歩きならちゃんと通れます
1
将監小屋に到着です。今年は林道崩落のうえにコロナもあり、営業しないとのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将監小屋に到着です。今年は林道崩落のうえにコロナもあり、営業しないとのこと。
2
バイオトイレです。こちらは使えます。
真ん中二つは男性の立ち専用、両脇は女性も使えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイオトイレです。こちらは使えます。
真ん中二つは男性の立ち専用、両脇は女性も使えます。
小屋からスキー場のような防火帯を登ると将監峠の分岐です。左へ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋からスキー場のような防火帯を登ると将監峠の分岐です。左へ進みます。
山ノ神土へ着きました。標識に従い右手の白石山方面に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ神土へ着きました。標識に従い右手の白石山方面に進みます。
が、いきなり笹藪が生い茂り不明瞭に、、、
リボンやテープを探しながら進みますが前日の雨雫を蓄えた笹の葉により下半身はずぶ濡れに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、いきなり笹藪が生い茂り不明瞭に、、、
リボンやテープを探しながら進みますが前日の雨雫を蓄えた笹の葉により下半身はずぶ濡れに
1
抜けると少し開けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜けると少し開けます
数少ない展望箇所も曇天、ガスです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数少ない展望箇所も曇天、ガスです
2
苔だけはどこも立派で見事でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔だけはどこも立派で見事でした。
1
小さなアップダウンをら繰り返しながら(結局ほぼフラットに)進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなアップダウンをら繰り返しながら(結局ほぼフラットに)進みます。
1
お花もほとんどないので、苔やきのこの写真が増えます、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花もほとんどないので、苔やきのこの写真が増えます、、、
石楠花が所々に残ってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石楠花が所々に残ってました
1
石楠花の残り花
少しでも見られて良かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石楠花の残り花
少しでも見られて良かった
4
標識ないですが東仙波に到着です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識ないですが東仙波に到着です
2
ちょっと高原風な景色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと高原風な景色
3
この時季が旬のギンリョウソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時季が旬のギンリョウソウ
3
メラメラ火炎のよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メラメラ火炎のよう
4
黙々と歩き川又分岐まで来ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黙々と歩き川又分岐まで来ました
1
樹林帯を進みます。林業で使っていたと思われるワイヤーがずっと、あちこちに延びてました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を進みます。林業で使っていたと思われるワイヤーがずっと、あちこちに延びてました
2
二股分岐
左に行けば秩父湖からのルートなので、右へ進みます。帰りに落ちてしまっていた看板を見つけたので、樹にかけておきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股分岐
左に行けば秩父湖からのルートなので、右へ進みます。帰りに落ちてしまっていた看板を見つけたので、樹にかけておきました。
2
山頂直前、周囲は荒れまくりです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直前、周囲は荒れまくりです
3
和名倉山山頂到着!
広くもない、展望もない、虫飛んでる、なので早々に離れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和名倉山山頂到着!
広くもない、展望もない、虫飛んでる、なので早々に離れました。
8
またまたぎんちゃん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまたぎんちゃん
4
笹藪に鹿の角、と思って良く見ると頭蓋骨ごとでした。怪我して動けなくなったとかでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹藪に鹿の角、と思って良く見ると頭蓋骨ごとでした。怪我して動けなくなったとかでしょうか。
壊れかけのお花
これでも貴重でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壊れかけのお花
これでも貴重でした。
この山の象徴
緑の絨毯にポツンときのこ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山の象徴
緑の絨毯にポツンときのこ
4
こちらは若干気持ち悪い、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは若干気持ち悪い、、、
さらにグロい系に進みヒキガエルくん
逃げようとしてフリーズしたので右足伸びちゃってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにグロい系に進みヒキガエルくん
逃げようとしてフリーズしたので右足伸びちゃってます
登山口まで戻ると道端にお花が
ハードさはないですが地味に疲れるお山でした。
この後民宿でお茶をご馳走になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ると道端にお花が
ハードさはないですが地味に疲れるお山でした。
この後民宿でお茶をご馳走になりました。
2

感想/記録

コロナ自粛後初の20km超え
天気も近県はどこも期待できないため、敢えて眺望なくてもガッカリしないお山へ。
全般には想定どおりではありましたが、想像以上に笹藪漕ぎで濡れました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:620人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ