また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2430266 全員に公開 ハイキング 中国

津黒山 4個花ツルアリドオシ

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年07月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り 日が差す
アクセス
利用交通機関
車・バイク
真庭市の通行止め協力依頼標示付近のゲレンデに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間6分
休憩
9分
合計
2時間15分
S駐車地点スタート地点11:4012:11津黒山中央登山口12:1312:48津黒山12:5113:16津黒山中央登山口13:2013:55駐車地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
広域基幹林道美作北2号線は津黒山登山口手前で土砂崩れ
自己責任で通過
中央登山口からはササ刈り実施済み
東登山口からはササがかぶる

写真

真庭市の通行止め協力依頼標示
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真庭市の通行止め協力依頼標示
津黒泉水
水質検査成績書を掲示し、水質基準に適合していることを明示している
冷たい
下山時、汗を流しのどを潤した
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
津黒泉水
水質検査成績書を掲示し、水質基準に適合していることを明示している
冷たい
下山時、汗を流しのどを潤した
カゲロウを捕食するアサヒナカワトンボ♀
縁紋にかかる横脈で同定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カゲロウを捕食するアサヒナカワトンボ♀
縁紋にかかる横脈で同定
2
斜面崩壊地
下方から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面崩壊地
下方から
斜面崩壊地
上方から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面崩壊地
上方から
ヨツバヒヨドリを吸蜜するテングチョウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバヒヨドリを吸蜜するテングチョウ
1
頭が隠れた三瓶山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭が隠れた三瓶山
ツルアリドオシ
初めてみる4個花
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルアリドオシ
初めてみる4個花
4
コバノフユイチゴ
蕾のものが多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバノフユイチゴ
蕾のものが多い
アザミを吸蜜するヒメキマダラセセリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミを吸蜜するヒメキマダラセセリ
1
津黒山山頂
本日眺望なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
津黒山山頂
本日眺望なし
1
津黒山二等三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
津黒山二等三角点
ヤマジノホトトギス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマジノホトトギス
1
ゲレンデ
駐車地点が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデ
駐車地点が見える
オカトラノオを吸蜜するミドリヒョウモン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オカトラノオを吸蜜するミドリヒョウモン
1
特定外来生物オオキンケイギクを吸蜜するベニシジミ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特定外来生物オオキンケイギクを吸蜜するベニシジミ
2

感想/記録
by 4038

広域基幹林道美作北2号線は津黒山登山口手前で土砂崩れのため、3月2日から通行止め。ゲレンデに車を駐車して出発。舗装路を歩く。ゲレンデには多くの花が咲き、蝶が乱舞している。黄色スズメバチも偵察に来ている。
土砂崩壊地は完全に道路を塞いでいる。昨日の雨や最近の雨で新規の崩壊はなく安定していることを確認して自己責任で通過。大木と大岩を乗り越えた。
復旧までにはかなりの時間がかかりそうだ。
写真には収められなかったがオオルリも観ることができた。
中央登山口に到着。東屋からの展望はあるが高山の頭は雲がかかっている。
登山口から樹林帯を登る。
ツルアリドオシが咲いている。特にこの時期珍しくはない。しかし、通常2個の花が4個花である。初めて見る。白い花はピントが合わせずらい。失敗しないように慎重に撮影する。
赤のヤマツツジを過ぎ、緩やかなササ原をしばらく歩くと山頂に到着。人形山方向は明るかったが、写真を撮ろうと思ったら、すぐにガスで覆われてしまった。残念。
下山は東口に周回する予定で歩き始めたが、ヤブコギを強いられたので、すぐに引き返し、中央口往復とすることにした。
津黒泉水で汗を流し、のどを潤し生き返った。
帰りも花と蝶・蜻蛉を楽しみながら下山した。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:61人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ