また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2431212 全員に公開 ハイキング 丹沢

ずぶ濡れヘロヘロの塔ノ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年07月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候雲のち雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
秦野駅7:44→ヤビツ峠8:32(土日祝のみ)満員でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間21分
休憩
1時間52分
合計
9時間13分
Sヤビツ峠08:3408:54富士見橋08:58護摩屋敷の水09:0009:04富士見橋09:0510:18二ノ塔10:2010:32三ノ塔10:4810:52三ノ塔地蔵菩薩11:12烏尾山荘11:1511:17烏尾山11:1811:34行者ヶ岳11:4212:03政次郎ノ頭12:0412:13書策新道分岐12:32新大日茶屋12:32新大日12:46木ノ又小屋12:4812:50木ノ又大日13:15塔ノ岳14:1914:20尊仏山荘14:24塔ノ岳14:2514:42金冷シ14:48花立14:59花立山荘15:0015:23天神尾根分岐15:45堀山の家15:5016:00堀山16:11駒止茶屋16:1616:34一本松16:54見晴茶屋16:59雑事場ノ平17:14観音茶屋17:39丹沢クリステル17:43大倉山の家17:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
途中、道間違えがあったり、足がつってのペースダウンがあったり、土砂降りで雨宿りがあったりしてます。
コース状況/
危険箇所等
午後から土砂降りになり、大倉尾根の道は川状態。

写真

ヤビツ峠スタート。最初は舗装道路。
2020年07月12日 08:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠スタート。最初は舗装道路。
護摩屋敷の水の水場。
水は冷たくて美味しい。たくさん汲んで行きました。
2020年07月12日 08:56撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
護摩屋敷の水の水場。
水は冷たくて美味しい。たくさん汲んで行きました。
表尾根スタート!
この後、みちを間違えました。
2020年07月12日 09:02撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根スタート!
この後、みちを間違えました。
間違いに気づき、引き返して登山道復帰。
2020年07月12日 09:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違いに気づき、引き返して登山道復帰。
二の塔到着。小休憩のみ。
2020年07月12日 10:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の塔到着。小休憩のみ。
三ノ塔到着!
ここまでが結構きつかった。大休憩。
2020年07月12日 10:34撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔到着!
ここまでが結構きつかった。大休憩。
眺望…。
2020年07月12日 10:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望…。
尾根がちょっと見えてきました。
2020年07月12日 10:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根がちょっと見えてきました。
1
三ノ塔からの下りは鎖場多数。
この辺りから足がつりはじめました。
2020年07月12日 11:03撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔からの下りは鎖場多数。
この辺りから足がつりはじめました。
烏尾山荘。
2020年07月12日 11:12撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏尾山荘。
行者ガ岳登頂。
足がつるので、必死に塩タブレット食べたり、水分補給したりを繰り返してます。
2020年07月12日 11:36撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者ガ岳登頂。
足がつるので、必死に塩タブレット食べたり、水分補給したりを繰り返してます。
1
最も急な鎖場。足の置き場をしっかりとらえれば難しくない
2020年07月12日 11:51撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最も急な鎖場。足の置き場をしっかりとらえれば難しくない
1
崩落部。スリルあり。
2020年07月12日 11:57撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落部。スリルあり。
2
新大日岳到着。
2020年07月12日 12:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新大日岳到着。
1
新大日小屋を過ぎると、森の中を木道で進みます。
この時は、もう、足がつりまくってたいへんでした。
2020年07月12日 12:49撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新大日小屋を過ぎると、森の中を木道で進みます。
この時は、もう、足がつりまくってたいへんでした。
遅れに遅れてやっとこさ塔ノ岳登頂!
昼食タイムです。
しっかり休んで、しっかり栄養補給し、大倉尾根へ。
2020年07月12日 13:15撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅れに遅れてやっとこさ塔ノ岳登頂!
昼食タイムです。
しっかり休んで、しっかり栄養補給し、大倉尾根へ。
5
大山と三ノ塔かな。
美しい。
2020年07月12日 14:49撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山と三ノ塔かな。
美しい。
3
絶景です。
2020年07月12日 15:05撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景です。
木の間から見える、今日歩いてきた山々。

この後、土砂降りの雨となり、大倉尾根は大変な思い出として、頭に刻み込まれました。
2020年07月12日 16:13撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間から見える、今日歩いてきた山々。

この後、土砂降りの雨となり、大倉尾根は大変な思い出として、頭に刻み込まれました。
土砂降りで、登山道が川に。

びしょ濡れのまま、大倉バス停に到着。
しかも会いたかった丹沢クリステルは不在で会えず…。

いや〜、今日はマジできつかった…。
2020年07月12日 17:24撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土砂降りで、登山道が川に。

びしょ濡れのまま、大倉バス停に到着。
しかも会いたかった丹沢クリステルは不在で会えず…。

いや〜、今日はマジできつかった…。
2

感想/記録
by ikeboo

丹沢では良く知られた表尾根→大倉尾根コース。
Oshitsugun君と行きました。

天気が今一つで絶景を拝むことはできませんでしたが、表尾根コースは鎖場あり、程よいアップダウンありで、とても楽しいコースでした。

しかし、大倉尾根は単調な道が続き、雨が土砂降りだったこともありますが辛い下り道になりました。
まさにバケツをひっくり返したような土砂降りで、登山道が川状態に。

また、天候は良くなかったのに思ったより暑く、やや脱水傾向となり足がつってしまいました。
山頂へは必至の思いで登りました。

色々と反省点の多い山行でしたが、次に活かせそうです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:211人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鎖場 水場 崩落 山行 クリ 木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ