また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2472096 全員に公開 ハイキング 谷川・武尊

谷川岳 (天神尾根→西黒尾根)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月03日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴のち曇り。時々にわか雨。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
谷川岳ベースプラザ駐車場利用。

駐車場は屋内駐車場で、快適です。
8月の平日ですが、とても空いていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天神尾根、完全整備です。

西黒尾根、日本三大急登の1つです。
岩のマーカ等、高い整備状況ですが、下山利用は、谷川岳登山指導センターで、おすすめしていません。
岩場の斜度、鎖場の高度感から、本日のように雨に濡れると、滑落の危険高まります。

標高2000m以下の、偽高山帯なので、直射日光遮る木々なくなく、水分持参等の熱中症対策が大切です。

高山植物咲き、ハチ等、虫の活動活発です。
虫除けや薬の持参が、おすすめです。

写真

天神平まで、ロープウェイです。
2020年08月03日 09:44撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平まで、ロープウェイです。
天神平リフト駅。
山頂は、雲がかかってますので、展望台行くリフトは乗りませんでした。
2020年08月03日 09:44撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平リフト駅。
山頂は、雲がかかってますので、展望台行くリフトは乗りませんでした。
天神平駅から、朝日岳。
天気に恵まれました。
2020年08月03日 09:45撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平駅から、朝日岳。
天気に恵まれました。
登りはじめの木道。
歩きやすいですが、少し滑ります。
2020年08月03日 10:01撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りはじめの木道。
歩きやすいですが、少し滑ります。
天狗の留まり場への登り道。
森林限界越え、岩場の急登が連続します。
2020年08月03日 10:50撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の留まり場への登り道。
森林限界越え、岩場の急登が連続します。
高山植物の花畑を、ぐんぐん登ります。
2020年08月03日 11:33撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山植物の花畑を、ぐんぐん登ります。
肩の小屋。
昼時とあり、混雑していましたので、休まず先に進みました。
2020年08月03日 11:46撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋。
昼時とあり、混雑していましたので、休まず先に進みました。
トマの耳、山頂直下。
花とトンボが、いっぱいです。
2020年08月03日 11:51撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳、山頂直下。
花とトンボが、いっぱいです。
トマの耳、山頂。
ガスに覆われ、景観なく残念です。
2020年08月03日 11:53撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳、山頂。
ガスに覆われ、景観なく残念です。
トマの耳、三角点。
大きいです。
2020年08月03日 11:53撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳、三角点。
大きいです。
オキの耳、山頂直下。
山頂は、ガスガスです。
2020年08月03日 11:59撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳、山頂直下。
山頂は、ガスガスです。
オキの耳、山頂。
こちらも、ガスで景観はありません。
2020年08月03日 12:11撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳、山頂。
こちらも、ガスで景観はありません。
トマの耳直下の西黒尾根ルート分岐。
肩の小屋に寄らないで、西黒尾根へ直接下山しました。
2020年08月03日 12:41撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳直下の西黒尾根ルート分岐。
肩の小屋に寄らないで、西黒尾根へ直接下山しました。
肩の小屋の道標。
積雪考慮してか、とても大きく、目立ちます。
2020年08月03日 12:43撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋の道標。
積雪考慮してか、とても大きく、目立ちます。
氷河の爪痕。
一枚岩の滑り台で、掴み所少なく、滑ります。
2020年08月03日 13:04撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷河の爪痕。
一枚岩の滑り台で、掴み所少なく、滑ります。
第2展望で、小休憩。
オキの耳とトマの耳、ほんの一瞬、雲がとれました。
2020年08月03日 13:33撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2展望で、小休憩。
オキの耳とトマの耳、ほんの一瞬、雲がとれました。
トマの耳と、オキの耳拡大。
肉眼では、山頂の方がわずかに見えました。
2020年08月03日 13:33撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳と、オキの耳拡大。
肉眼では、山頂の方がわずかに見えました。
高度感ある、垂直鎖場。
手がかり少なく、滑って大変です。
2020年08月03日 13:48撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感ある、垂直鎖場。
手がかり少なく、滑って大変です。
最後の鎖場。
手がかり多いのですが、雨足強まり、とにかく、滑ります。
2020年08月03日 14:14撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の鎖場。
手がかり多いのですが、雨足強まり、とにかく、滑ります。
樹林帯を延々と下山。
1時間以上、同じような景色続きます。
2020年08月03日 14:38撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を延々と下山。
1時間以上、同じような景色続きます。
最後に水場。
おいしくて、冷たくて、最高です。
2020年08月03日 15:22撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に水場。
おいしくて、冷たくて、最高です。
谷川岳ベースプラザに戻りました。
2020年08月03日 15:39撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳ベースプラザに戻りました。

感想/記録

谷川岳を、天神尾根→西黒尾根で巡りました。

天神尾根は、美しい高山植物眺めつつ、虫に囲まれ、追われながら、岩場の急登を登りました。

オキの耳、トマの耳ともに、雲で景観無く残念ですが、数々の花が咲き乱れ、美しい山頂でした。

西黒尾根の下山は、鎖場エリアのにわか雨と雷鳴が、心の余裕を奪いました。
濡れた岩がとても滑り、難易度が上がりました。

今回は、天気が晴の猛暑から、曇り、にわか雨と、目まぐるしく変わりました。
真夏の14時以降は、天気変わりやすいことからも、後1時間早く出発していたら、もっと余裕ある登山だった点が、反省ですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:246人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ