また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2484963 全員に公開 ハイキング 八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳で花旅(舟山十字路発着 中央稜〜御小屋尾根)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候ガス、風は強め。午後から日射し戻る
アクセス
利用交通機関
車・バイク
舟山十字路駐車場発着。午前6時半頃で最後の1台に滑り込み。恐らく別荘地の人が早朝散歩から帰ったスペースかと。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間21分
休憩
50分
合計
9時間11分
Sスタート地点06:3306:57南稜広河原取付07:47中央稜取付11:14西ノ肩11:1511:20西の肩(岩場)11:31阿弥陀岳11:5712:00西の肩(岩場)12:05西ノ肩12:2113:40不動清水13:4114:32御小屋山14:46美濃戸口・舟山十字路分岐14:5215:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
★中央稜はVRで道標無し。急登だが特別な技術・装備は不要。
★二股まで行けば左・右のどちらからでも取り付けるようです。今回は右股側の『四区』のマーキングがされた樹の場所から取り付きました。山奥ですが意外と踏み跡が多いので注意。
★御小屋尾根の下りも結構な急斜面で、礫が多くて足場は悪く、ところどころにロープが張ってあります。山頂から不動清水までの標準CTが1時間というのはかなりアグレッシブかと。この時間で下りられますか?私…そんなにサボったとは思わないし、小休憩もいれましたが1時間40分かかりました。
★諏訪大社奥社との分岐の後、舟山十字路へは踏み跡が錯綜しておりどれが正しいのか分からないです。大まかな方向が合っていれば大丈夫で、結局同じ道に合流するようです。
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ショートパンツ アームカバー ゲイター レッグカバー 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPSと地図 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ レインポンチョ レスキューシート

写真

駐車場は殆ど埋まっていて、運よく滑り込む事ができた。恐らく、下の別荘地の人が早朝散歩に来て、帰った後だったんだろうと思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は殆ど埋まっていて、運よく滑り込む事ができた。恐らく、下の別荘地の人が早朝散歩に来て、帰った後だったんだろうと思う。
1
南稜に向かう方々。出発時に声をかけて頂いた。私がソロだったので気になったのだろう。ありがたい事だと思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南稜に向かう方々。出発時に声をかけて頂いた。私がソロだったので気になったのだろう。ありがたい事だと思う。
キバナノヤマオダマキ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナノヤマオダマキ
1
コバノギボウシ。花を正面から見たら意外と綺麗みたい。今度見てみよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバノギボウシ。花を正面から見たら意外と綺麗みたい。今度見てみよう。
ここは迷ったけど、左上から行って堰堤の上にでられた(のだと思う)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは迷ったけど、左上から行って堰堤の上にでられた(のだと思う)。
水は流れてないけど左岸に渡渉する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水は流れてないけど左岸に渡渉する。
1
左岸の小径を行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸の小径を行く。
ツバメオモトは青い実をつけている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバメオモトは青い実をつけている。
1
ホザキイチヨウラン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホザキイチヨウラン
1
ケナツノタムラソウ(ミヤマタムラソウ)。アキノタムラソウと比べると明らかに毛が多いし、蕊がはっきりと長い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケナツノタムラソウ(ミヤマタムラソウ)。アキノタムラソウと比べると明らかに毛が多いし、蕊がはっきりと長い。
まだ綺麗なサワギクが見られて嬉しい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ綺麗なサワギクが見られて嬉しい!
2
どうしてもピントが合わず放棄。アオスズランのようだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうしてもピントが合わず放棄。アオスズランのようだった。
二股に着いたら左岸を離れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股に着いたら左岸を離れる。
マルバダケブキ。咲いたばかりはきれいですね。奥に広場が見えて、そこにもたくさん咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバダケブキ。咲いたばかりはきれいですね。奥に広場が見えて、そこにもたくさん咲いていました。
1
取り付きを示す道標は無いが、『↑左上ガリ』とマークされた木があった。それはスルーして本来(だと思う)の取り付きを求め右股の方にまわり込む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きを示す道標は無いが、『↑左上ガリ』とマークされた木があった。それはスルーして本来(だと思う)の取り付きを求め右股の方にまわり込む。
恐らく正しい取り付きに着いた。ここから激急登になるので一休み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐らく正しい取り付きに着いた。ここから激急登になるので一休み。
尾根に乗りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗りました。
1
シャクジョウソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクジョウソウ
1
財産区(?)の杭が沢山ある。何だか卒塔婆が立ってるようで…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
財産区(?)の杭が沢山ある。何だか卒塔婆が立ってるようで…
ミヤマフタバラン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマフタバラン
1
カラマツ林を登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツ林を登っていきます。
アイタケ。緑のキノコ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイタケ。緑のキノコ。
初めてのルート、休憩適地が良く分からないので300mほど登ったら小休止するようにしました。ダケカンバ林に入ったくらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めてのルート、休憩適地が良く分からないので300mほど登ったら小休止するようにしました。ダケカンバ林に入ったくらい。
えらく急です。ガスってて良かったと思う。直射日光にさらされたらきっとバテバテになるよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えらく急です。ガスってて良かったと思う。直射日光にさらされたらきっとバテバテになるよ。
ここは見晴らしが良さそうでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは見晴らしが良さそうでした。
予習していた岩壁の下に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予習していた岩壁の下に出ました。
コゴメグサが沢山咲いています。八ヶ岳にはコバノコゴメグサが多いそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コゴメグサが沢山咲いています。八ヶ岳にはコバノコゴメグサが多いそう。
1
タカネグンナイフウロ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネグンナイフウロ
1
岩壁は20m強ってところか。色々な植物がはり付いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩壁は20m強ってところか。色々な植物がはり付いています。
ウメバチソウのつぼみ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメバチソウのつぼみ
1
ミヤマダイモンジソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマダイモンジソウ
1
ヒメシャジンのつぼみ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメシャジンのつぼみ
ムカゴトラノオかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムカゴトラノオかな?
1
岩壁の基部を巻きながら登ると切れ目に出て、そこを登っていく。ここもお花畑に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩壁の基部を巻きながら登ると切れ目に出て、そこを登っていく。ここもお花畑に。
ミヤマミミナグサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマミミナグサ
1
ミヤママンネングサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤママンネングサ
2
咲いてました^^ ウメバチソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲いてました^^ ウメバチソウ。
1
コバノコゴメグサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバノコゴメグサ
1
イブキジャコウソウとか、コゴメグサとか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウとか、コゴメグサとか。
クロクモソウも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロクモソウも。
尾根道に復帰。下山時はここをまっすぐ行くと今さっき巻いてきた岩壁の上に出てしまう。とうせんぼがしてあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道に復帰。下山時はここをまっすぐ行くと今さっき巻いてきた岩壁の上に出てしまう。とうせんぼがしてあります。
根性で頑張ってくれてるダケカンバ。この樹が抜けると登山道が持って行かれてしまいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根性で頑張ってくれてるダケカンバ。この樹が抜けると登山道が持って行かれてしまいます。
1
ガスで良く分からないけど多分ガケの上。南稜の方から時折声が聞こえます。一休みしました。晴れてたら見晴らしがよいのだと思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスで良く分からないけど多分ガケの上。南稜の方から時折声が聞こえます。一休みしました。晴れてたら見晴らしがよいのだと思う。
ムカゴトラノオとか、チシマギキョウとか、コゴメグサとか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムカゴトラノオとか、チシマギキョウとか、コゴメグサとか。
ミヤマダイコンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ
トウヤクリンドウのつぼみ。もう高山植物の季節も終わりに近づいてますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウのつぼみ。もう高山植物の季節も終わりに近づいてますね。
そろそろ高山帯ですが、先が見えないな〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ高山帯ですが、先が見えないな〜。
ウラシマツツジが沢山なので紅葉時にはきれいでしょうね〜^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラシマツツジが沢山なので紅葉時にはきれいでしょうね〜^^
1
ガスの中に時折ゴツゴツの岩が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中に時折ゴツゴツの岩が見えます。
チョウジコメツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョウジコメツツジ
1
タカネサギソウ、草地の中にいました^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネサギソウ、草地の中にいました^^
1
情報があったので期待していた花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
情報があったので期待していた花。
1
登山道のすぐわきにも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道のすぐわきにも。
珍しく大きく開いたチシマギキョウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珍しく大きく開いたチシマギキョウ。
タカネツメクサとムカゴトラノオ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネツメクサとムカゴトラノオ。
1
御小屋尾根はまだかいな・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋尾根はまだかいな・・・
ようやく御小屋尾根に合流。黒いザイルが張ってある急下りの場所です。キツい登りでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく御小屋尾根に合流。黒いザイルが張ってある急下りの場所です。キツい登りでした。
道標は少し山頂側にあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標は少し山頂側にあります。
平たくなって一安心と思ったら・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平たくなって一安心と思ったら・・・
鎖を伝って岩を乗り越える。梯子に乗り移る場所はガスが無ければ高度感がありそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖を伝って岩を乗り越える。梯子に乗り移る場所はガスが無ければ高度感がありそう。
雰囲気的に、山頂は近そう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気的に、山頂は近そう!
コバノイチヤクソウはこれから咲くんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバノイチヤクソウはこれから咲くんですね。
1
着きました〜\(^o^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました〜\(^o^)/
1
イブキジャコウソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウ
1
くたびれたバイケイソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くたびれたバイケイソウ
ガスの山頂でお昼ごはん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの山頂でお昼ごはん。
今日は何も見えないですね。。また来ましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は何も見えないですね。。また来ましょう。
1
ヨツバシオガマも最後の一輪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマも最後の一輪
ミネウスユキソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミネウスユキソウ
山頂でゆっくりしましたがガスが取れる気配なし。下山します。さっき越えてきた尾根上の岩(摩利支天と呼んでるそうです)。梯子見えます?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でゆっくりしましたがガスが取れる気配なし。下山します。さっき越えてきた尾根上の岩(摩利支天と呼んでるそうです)。梯子見えます?
1
裏側には鎖付き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏側には鎖付き。
未練がましく山頂を振り返るが、やっぱり何も見えませんね。。中央稜分岐あたりから急な下りが始まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未練がましく山頂を振り返るが、やっぱり何も見えませんね。。中央稜分岐あたりから急な下りが始まる。
セリ科は良く分かりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セリ科は良く分かりません。
1
タカネヒゴタイかな。よく似たクロトウヒレンというのもあるそうで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネヒゴタイかな。よく似たクロトウヒレンというのもあるそうで。
1
下の方のガスが抜けてきました。御小屋尾根…長いですね。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方のガスが抜けてきました。御小屋尾根…長いですね。。
やっぱり見えた方が爽快ですねぇ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり見えた方が爽快ですねぇ。
振り返ってみたけど、どこが山頂か分からない。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってみたけど、どこが山頂か分からない。。
とにかく可愛いコゴメグサがたくさん咲いてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく可愛いコゴメグサがたくさん咲いてます。
1
あそこまで行くと登ってきた中央稜を俯瞰できそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこまで行くと登ってきた中央稜を俯瞰できそう。
足場は礫が多く滑りやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足場は礫が多く滑りやすい。
ここにもミヤマフタバランがちらほら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもミヤマフタバランがちらほら。
2
すぐ隣にメチャクチャ急な中央稜が見えます。よくあんなとこ登ってこれたな…道があるというのはありがたい事です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ隣にメチャクチャ急な中央稜が見えます。よくあんなとこ登ってこれたな…道があるというのはありがたい事です。
急下りはまだまだ続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急下りはまだまだ続く。
草地にはウメバチソウがたくさん見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草地にはウメバチソウがたくさん見えます。
1
アキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
まだ続く急下り。ちょっと一休み〜〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ続く急下り。ちょっと一休み〜〜。
不動清水への分岐。急下りはこの少し下まででした。山頂からこの辺りまでの標準CTが1時間らしいけど、1時間で下りれます??(^^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動清水への分岐。急下りはこの少し下まででした。山頂からこの辺りまでの標準CTが1時間らしいけど、1時間で下りれます??(^^;)
ようやく平らになりました!!
テント張れそうな場所ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく平らになりました!!
テント張れそうな場所ですね。
リンネソウがぽつんと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンネソウがぽつんと。
1
ヒメミヤマウズラ…開花直前でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメミヤマウズラ…開花直前でした。
1
お馴染みのキソチドリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お馴染みのキソチドリ。
1
権現岳が見える。ようやくガスがとれたみたいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳が見える。ようやくガスがとれたみたいですね。
1
一時間前の急下りが嘘のような平穏で快適な道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時間前の急下りが嘘のような平穏で快適な道が続きます。
御小屋山で最後の休憩をしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋山で最後の休憩をしました。
アオスズランのようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオスズランのようです。
1
周りはカラマツの植林になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りはカラマツの植林になりました。
ホザキイチヨウラン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホザキイチヨウラン
1
イブキジャコウソウは上で見るより丈が高いし色も薄いですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウは上で見るより丈が高いし色も薄いですね。
あなたはどなた?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あなたはどなた?
この辺踏み跡が錯綜していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺踏み跡が錯綜していました。
葉が二枚なのでオオバノトンボソウかな。

訂正)多分ミヤマモジズリです。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉が二枚なのでオオバノトンボソウかな。

訂正)多分ミヤマモジズリです。。
1
こちらは古い祠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは古い祠。
一枚ペロンと。何の葉だろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一枚ペロンと。何の葉だろう?
花期は過ぎてますがベニバナイチヤクソウもいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花期は過ぎてますがベニバナイチヤクソウもいました。
1
林道に出ました。西日に向かうので暑い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ました。西日に向かうので暑い!
トリアシショウマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリアシショウマ
今日も無事帰着しました。おつかれやまでした^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も無事帰着しました。おつかれやまでした^^
1

感想/記録

6月に未踏だった横岳にツクモグサを見に行ったので、今年の夏山は同じく八ヶ岳未踏の西岳と阿弥陀岳に決めました。前週に西岳〜編笠山を歩いて、山の日の前日にメジャーピークでは最後の大物になった阿弥陀岳に登ってきました。

行者小屋側からは人が多そうでパス。美濃戸口から御小屋尾根ピストンも駐車場にあぶれそうなのでパス。よって、舟山十字路から中央稜登り、御小屋尾根下山としました。中央稜はVRですが、急登だが特別な技術を必要とする場所は無いという情報と、色々な植生の場所を通るという魅力からチャレンジしてみる事にしました。

6時半スタートは遅かったようで、舟山十字路の駐車場にはなんとか滑り込めました。ほぼ同時刻に出発した2人パーティの方と挨拶、ソロで軽装の私が気になったようすで、中央稜を登ると伝えると納得されたようでした。

中央稜ルートは林道、沢沿いの径路、岩稜地、カラマツ林、ダケカンバ林、コメツガ林、ハイマツ帯から高山帯まで様々な場所・植生が凝縮されています。取り付きから西の肩(摩利支天?)まで2Km強の間に800m以上の標高差があるスペック通りの急登ですが、とても楽しいルートでした。けれども下りたくはないです。

御小屋尾根は山頂から標高差6〜700mは急斜面で、下りるのはなかなか大変でした。登るのもきついと思います。急斜面区間が終わると快適そのもののクルージングが続いて、ギャップが凄いなと感じました。登る時は前半があまりにも快適なのでショックを受けるかも。

ガスが取れず、山頂含めて見晴らしは下山途中まで全くダメでしたが、期待通り色々な花が見られて大満足の山行になりました。

このルート、また歩きたいです。
おつかれやまでした^^
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:144人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ