また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 249157 全員に公開 雪山ハイキング 近畿

赤谷山  秘境の山にも積雪期到来 〔宍粟50名山05〕(兵庫県宍粟市)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2012年11月28日(水) [日帰り]
メンバー
 yamaya(CL)
 himaya(SL)
, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●乗用車 
・中国自動車道の山崎ICから国道29号線を北上し、波賀町の新戸倉トンネル入口を目差す。

★駐車場
・新戸倉トンネルへ向かう途中にある「新戸倉スキー場」に下山時のデポ車を置き、
 乗合車はトンネル手前の左側にある広い駐車場に向かう。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]


■歩行距離 8.5Km  ●所要時間 4時間20分  ▲総上昇量 650m

 10:30 新戸倉トンネル
 11:15 戸倉峠登山口
 12:30 赤谷山(あかたにやま)「侠ね鄒沺覆ちおり)1216.44m」〜13:05
 14:40 ばんしゅう戸倉スキー場

コース状況/
危険箇所等
●山行概要
・赤谷山の県境尾根を、山仲間と積雪期に周回する。

■コース状況

10:30【新戸倉トンネル前】
 思いがけない積雪で、峠まで車を上げるのを断念し、国道脇の駐車場から旧道を歩き始める。
 舗装道をショートカットしながら戸倉隧道の入口まで来ると、先客の車が1台あった。
 ここから峠へ通ずる地道の林道になり、雪景色を見ながら緩やかな坂を登って行く。

11:15【戸倉峠の登山口】
 赤谷山の登山口標柱から急な山腹を強引に登り、尾根の登山道に出る。
 この先には目印や道標があり、快適な縦走を楽しむ。
 やがて山頂手前の植林帯で先行の男性とすれ違い、ブナ林を抜ける。

12:30【赤谷山】
 360度のパノラマ展望が広がる「赤谷の頭」に到着すると、北の氷ノ山が姿を現し、歓声が上がる。
 周囲の高木が伐採された山頂には、宍粟50名山の標柱が建ち、二等三角点が雪に埋まっていた。
 風が吹き抜けて寒いので、ネマガリ竹の窪地にもぐりこみ、賑やかに弁当を広げる。

13:05【下山開始】
 何度も氷ノ山を振り返りながら山頂を辞し、南に延びる測量の切り開きに踏み込む。

13:10【下山分岐】
 縦走尾根を少し進み、分岐の標識を見つけて東の尾根を下る。
 入口の踏み込みはやや不明瞭だが、ブナ林を下り始めるとしっかりとした踏み跡になる。

14:15【基地局】
 目印や標識を追って、アップダウンの繰り返しに耐えると、やがて「国交省・戸倉基地局」の建物が建つ、
 スキー場の最上部に出る。
 左に振りながら管理道を下ると、ゲレンデにようやく出た。
 ここからはゲレンデを下り、右へ下る舗装林道を見つけて降りて行く。

14:40【ばんしゅう戸倉スキー場】
 戸倉の集落を眼下に、林道をノンビリ下り、デポ車のある駐車場に戻る。
過去天気図(気象庁) 2012年11月の天気図 [pdf]

写真

ルート詳細図(クリック➡元サイズ➡拡大)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート詳細図(クリック➡元サイズ➡拡大)
1
赤谷山 3D
2012年11月30日 04:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷山 3D
1
国道29号線の新戸倉トンネル東から出発
2012年11月28日 10:32撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道29号線の新戸倉トンネル東から出発
トンネル手前の右から旧道に入ります
2012年11月28日 10:34撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル手前の右から旧道に入ります
積雪した道路に、兎の足跡が続いていました。
2012年11月28日 18:42撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪した道路に、兎の足跡が続いていました。
1
廃道の戸倉隧道入口
2012年11月28日 18:42撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃道の戸倉隧道入口
1
戸倉峠の登山口標柱から尾根に取付きます。
2012年11月28日 11:14撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸倉峠の登山口標柱から尾根に取付きます。
植林尾根を進む
2012年11月28日 11:46撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林尾根を進む
ブナの巨樹が点在しています
2012年11月28日 11:52撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの巨樹が点在しています
要所の案内標識
2012年11月28日 12:02撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要所の案内標識
1
赤谷山の山頂が、見えてきました
2012年11月28日 12:21撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷山の山頂が、見えてきました
1
赤谷山山頂に到着
2012年11月28日 22:34撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷山山頂に到着
6
赤谷山山頂(1216.44m)の二等三角点
2012年11月28日 18:52撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷山山頂(1216.44m)の二等三角点
3
山頂から氷ノ山が、間近に見える
2012年11月28日 12:28撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から氷ノ山が、間近に見える
1
下山は、南東の縦走尾根に踏み込みます。
2012年11月28日 12:29撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は、南東の縦走尾根に踏み込みます。
切り開きの分岐標識から戸倉スキー場へ下る
2012年11月28日 22:35撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り開きの分岐標識から戸倉スキー場へ下る
明瞭な登山道が続きます。
2012年11月28日 13:11撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明瞭な登山道が続きます。
ブナ林が開けてきました。
2012年11月28日 13:18撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林が開けてきました。
2
冬の到来を思わせる光景です
2012年11月28日 13:31撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬の到来を思わせる光景です
周回尾根からも氷ノ山がずっと、見えています
2012年11月28日 18:40撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周回尾根からも氷ノ山がずっと、見えています
戸倉基地局(旧建設省工事事務所)
2012年11月28日 18:40撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸倉基地局(旧建設省工事事務所)
何故か基地局の傍に「ほおずき」の群落がありました。
2012年11月28日 14:11撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何故か基地局の傍に「ほおずき」の群落がありました。
リフトの最上部からゲレンデを下ります
2012年11月28日 18:52撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトの最上部からゲレンデを下ります
管理道路を下ると、戸倉の集落が見えてきました
2012年11月28日 18:51撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
管理道路を下ると、戸倉の集落が見えてきました
スキーリフトの整備が進む「振り子沢ゲレンデ」に到着
2012年11月28日 18:51撮影 by COOLPIX P6000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーリフトの整備が進む「振り子沢ゲレンデ」に到着
撮影機材:

感想/記録
by yamaya

【感想・コメント】

・戸倉峠から赤谷山までの鳥取・兵庫県境の尾根に、美しいブナ林が満喫できる素晴らしいコースが整備されています。
・数年前は秘境の山域で、背丈の笹藪を突破するのが大変で山頂もネマガリ竹に覆われていましたが、
 今は登山道を辿れば、容易に展望全開の山頂に到達できます。
・赤谷山の山頂から県境の切開きが南下していますが、分岐から先は藪漕ぎを強いられます。
 ●無積雪期の通過記録(赤谷山〜波佐利山)
 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-126505.html

【地元情報・トピックス】
・下山地の「ばんしゅう戸倉スキー場」は、12月19日のスキー場開きに向けて、準備作業が進んでいました。

【山名:▲赤谷山】
・別名:赤谷の頭(あかたにのかしら)古来の呼び名
・△点名:落折(おちおり)
・鳥取県若桜町落折の名を取って「落折山(おちおりやま)」とも呼ばれている。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1469人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ