また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2546818 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 東海

南アルプス深南部

情報量の目安: C
-拍手
日程 2020年08月31日(月) ~ 2020年09月01日(火)
メンバー
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間4分
休憩
1時間54分
合計
9時間58分
S田代登山口06:0007:00雷段09:00小無間小屋09:1010:00P310:10P211:00P112:0011:24小無間山11:3011:30唐松谷の頭11:30中無間山13:12大無間山13:5013:12三隅峰13:12三方峰14:44幕営地
2日目
山行
6時間29分
休憩
13分
合計
6時間42分
幕営地05:3005:30アザミ沢ノコル05:30大根沢山07:54田代沢の頭08:0712:12白樺荘12:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小無間山頂直下の急斜面崩壊地は思っていた以上に崩れていて危険だと思いました。トラロープ2本(1本は繊維が剥き出し)と、新しめのフィックスロープが1本あります。
三方窪から北上するルートは踏み跡、赤テープあり。時折踏み跡不明瞭です。稜線西側は崩壊箇所が多数あるので、踏み跡通りというより安全な道を自分で確保したほうが良いです。
大根沢山以降は気持ちいい尾根歩きです。
その他周辺情報赤石温泉白樺荘510円
井川オートキャンプ場田代温泉300円
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ テントマット シェラフ

写真

所々崩壊地あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々崩壊地あり。
2
小無間山頂直下。崩壊は酷い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小無間山頂直下。崩壊は酷い。
3
2000m以上は晴天。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2000m以上は晴天。
6
雲海向こうに見える山はどこだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海向こうに見える山はどこだろう。
3

感想/記録
by nega

事前に2万5千分の1の地形図から、自分のコースタイムを予想しましたが、コロナ自粛で落ちた体力のことは想定できておらず、大幅な予想ズレでした。しかし、山と高原のコースタイムよりは余裕をもって行動できました。おかげで両日ともに午後の雨に降られることなく行動できました。小無間山頂直下の崩壊地は思った以上に崩壊していて下降路に使うのは危険です。新しめのフィックスロープをありがたく使わせていただきました。落石と落石の誘発注意です。
三方峰から北上はバリエーションルートとなっていますが、トレースも赤テープもあるので稜線を外さなければ迷うことはありません。 田代沢の頭から明神林道に出るまでの尾根もトレース、赤テープあり。尾根の分岐点を見誤らないように注意。獣道も多数あるのでトレース頼みで歩くより、地形と地図を見たほうが良いです。
白樺荘に事前に自転車をデポしておいたので、帰りは田代まで気持ちよく下りました。 大根沢山からの尾根は、眺望こそないものの、気持ちの良い尾根歩きができました。山行中にヒルはいませんでしたが、白樺荘の周りにヒルがいるので足元注意です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:570人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ