また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2551622 全員に公開 ハイキング 白山

白山 チャリ瀬からワリ谷とマンダムなご来光

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月06日(日) [日帰り]
メンバー
天候概ね曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
平瀬ゲートからチャリ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間37分
休憩
24分
合計
8時間1分
Sスタート地点01:2301:30東面台地取付点01:34大白川登山口01:3702:55大倉山02:5603:00大倉山避難小屋03:0303:31カンクラ雪渓03:3403:59平瀬道・展望歩道分岐04:27白山04:3605:00翠ヶ池05:08お池めぐり分岐05:11大汝峰南・中宮道分岐05:59お花松原06:0006:32北弥陀ヶ原06:3609:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ワリ谷は危険個所は無い。
その他周辺情報しらみずの湯

写真

今日の月は高かった
2020年09月06日 03:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の月は高かった
1
9月のお参り
2020年09月06日 04:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月のお参り
4
ご来光は見れるのでしょうか
2020年09月06日 04:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光は見れるのでしょうか
2
明るくなるとガスだった
2020年09月06日 05:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなるとガスだった
3
スポットから山頂は見えなかった
2020年09月06日 05:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スポットから山頂は見えなかった
4
先週登った大汝峰
2020年09月06日 05:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週登った大汝峰
2
夜明け前の雲はきれい
2020年09月06日 05:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前の雲はきれい
6
日の出と共にガスが晴れる法則
2020年09月06日 05:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出と共にガスが晴れる法則
8
記念写真を撮るころには雲の中
2020年09月06日 05:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念写真を撮るころには雲の中
8
中宮道に行く
2020年09月06日 06:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中宮道に行く
1
花に時期に来たかった
2020年09月06日 06:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花に時期に来たかった
1
秋の始まり
2020年09月06日 06:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の始まり
6
壮絶な地獄尾根
2020年09月06日 06:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壮絶な地獄尾根
8
藪をかき分けてワリ谷へ
2020年09月06日 06:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪をかき分けてワリ谷へ
3
やっと快適になる
2020年09月06日 07:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと快適になる
1
本日の核心みたい
2020年09月06日 07:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の核心みたい
4
水風呂もある
2020年09月06日 07:50撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水風呂もある
17
でっかい倒木
2020年09月06日 07:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でっかい倒木
2
さらばじゃ
2020年09月06日 08:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらばじゃ
5
堰堤が現れれば終了
2020年09月06日 08:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤が現れれば終了
2
25mプールもあるで
2020年09月06日 08:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25mプールもあるで
4

感想/記録

平瀬ゲート0:15〜キャンプ場入口1:20〜登山口1:33〜大倉山避難小屋2:58〜3:05〜白山山頂4:28〜ご来光スポット5:22〜5:35〜ワリ谷源頭6:47〜下降終了堰堤8:26〜キャンプ場入口8:57〜平瀬ゲート9:24</p>
<p><br>
今日は9月のお参りに白山に行ってきた。人の多い砂防からは行く気がしないので貸し切りの平瀬から行こう。昨夜は夕方寝て夜起きた、2時間寝れれば大丈夫。深夜0:15に平瀬からチャリを漕いで行く。ここ2週間は湯のチャリで拷問を受けていたから久しぶりのロードは快適だった。ガシガシ漕いで1時間5分でキャンプ場入口に着いた、ビンディングシューズでガチ漕ぎなら1時間は切れるだろう。<br>
<br>
今日はワリ谷下降なのでここでチャリをデポする。テクテク歩いて登山口の小屋で届けを出したら出発、汗をかかないようにゆっくり登った。湿気が多く蒸し暑い夜、夜露が冷たくて気持ちよかった。空は月がきれいに見え雲は無かったが遠くの南の空は雷が光っていた。台風の影響なんだろう。<br>
<br>
サックと避難小屋に到着、相変わらず中に入れないので軒先で休憩した。シャツが露で濡れて寒いからカッパを着て登りだす、しかしすぐに暑くなるから濡れたまま行こう。標高が上がると露も無く乾燥しているのでシャツは乾いた。<br>
稜線に上がると山頂に向かう人のライトが見えた、果たして今日はご来光を見れるんだろうか。<br>
<br>
サックっと山頂に着き9月のお参りをした。日の出まで1時間はあるから先に進むしかない。誰も知らないご来光スポットで見れたらラッキーですな。暗闇のお池めぐりは睡魔が襲ってきた、いつものゾンビ歩きになるが時間調整でちょうど良いだろう。<br>
周囲が明るくなると山頂部はガスが流れていた。しかしガスの隙間からは茜色の雲と北アルプスの稜線が見えた。一気に目が覚めスポットに急ぐ。この時期雲海でなく稜線から昇るご来光は貴重だろう。<br>
<br>
待つ事10分、見事なご来光が見れた。ごちそうさまでした…。山頂部はガスの中なので今日はお池周辺しか見れなかっただろうと思う。<br>
さあ夜が明けたので元気が出る、中宮道を駆け下りてワリ谷下降点まで行こう。人がほとんど行かない中宮道、あるのは熊の糞でした、新しいので近くにいるな。お花松原を過ぎて登り返すと辺りはガスに包まれた。ここからの剣が峰は迫力があるんだが…。<br>
<br>
標高が下がって行くとガスから抜け藪の隙間から火の御子さんが見えた。やっぱ中宮道から見る地獄尾根はすさまじい。更に高度を下げ北弥陀ヶ原の草原は草紅葉が始まっていた。<br>
さて下降点に着いた、藪の3級程度なので問題はないけど足元が滑ってコケまくる。虫も出てきて不快、そして藪はブッシュになってきた。聞いてないっす、100m高度を下げた所でやっとブッシュから解放された。後は涸沢を下降していくだけだ。いったい水はいつ出てくるんだろう、水筒は空っぽでした。<br>
<br>
さあ核心みたいな所にやってきた、段差もあるし草木もあるので問題は無かった。ワリ谷は初心者でも行ける安全な沢です。しかし水が出ない。標高1700m辺りでやっと水が出てきた、がぶ飲みして水分補給だ。この先は水が流れて沢になる、積極的に水に入り足を冷やした、超気持ちがいい。楽しい水遊びはあっという間に終わる、堰堤が出たら林道をテクテク歩いて行く。<br>
ダラダラと長いので走る、気温が低いので走れるんです。<br>
<br>
キャンプ場はひっそりとして営業はしていない、最近は開かずのゲートになっているから営業は出来ないんだろう。キャンプ場も疾走しチャリに合流した。さあ楽しみのチャリ、ぶっ飛ばしてあっという間にゲートに到着。今日も楽しい朝活でした。。。</p>
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2030人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ