また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2566419 全員に公開 ハイキング 甲斐駒・北岳

75.甲斐駒ヶ岳(前泊&1泊2日で黒戸尾根ピストン)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月13日(日) ~ 2020年09月14日(月)
メンバー
天候1日目:晴→霧→雨→霧
2日目:晴→曇
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
<行>
9/12(土)
高尾18:16着 18:21発(中央線各停 松本行)長坂20:26着
駅前「長坂観光ホテル」素泊5700円
9/13(日)
長坂駅前から北杜タクシー6:00発 尾白川渓谷駐車場6:19頃着(3710円カード払可)
 ※予約時に一番早い時間を伺ったら6時とのこと
「七丈小屋」2食付(朝食はお弁当)8300円
9/14(月)
尾白川渓谷駐車場から北杜タクシー12:20頃発 小淵沢駅12:42着(4520円カード払可)
小淵沢駅12:52発(あずさ26号)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間35分
休憩
8分
合計
4時間43分
S尾白川渓谷駐車場06:3306:39竹宇駒ヶ岳神社08:09笹の平分岐09:15刃渡り09:1709:40刀利天狗09:4210:27五合目小屋跡10:31屏風小屋跡10:3511:16七丈小屋
2日目
山行
6時間41分
休憩
59分
合計
7時間40分
七丈小屋04:3805:25八合目御来迎場06:17駒ヶ岳神社本宮06:1906:26甲斐駒ヶ岳06:4406:46駒ヶ岳神社本宮07:33八合目御来迎場07:3608:01七丈小屋08:2608:59屏風小屋跡09:0809:10五合目小屋跡09:1109:55刀利天狗10:14刃渡り11:05笹の平分岐11:0612:14竹宇駒ヶ岳神社12:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道は濡れていてもぬかるみは2か所ほど。9月に入って午後は毎日のように雨が降っているとのことで、小屋から頂上を目指す道では晴れていても木々や葉に水滴がついていて衣服が結構濡れます。早朝の頂上は寒く手袋があったほうが良いと思います。鎖、梯子はしっかりしています。道もほとんど迷う場所はありませんでしたが、岩場では足掛かりのない本来の登り場ではない所に行ってしまうことも(私だけ?)。こんな場所登れる?って思ったら周囲を見回した方が良いです。腕力がなく岩場に慣れていない私のようなハイカーには下りに登り以上の時間がかかる場合もあると思って計画を立てる必要があります。
小屋泊まりでいつもより重い装備(約10)だったので岩場などで体が振られてしまったり落差のある段差には苦労しました。
七丈小屋のHPで熊情報が紹介されていました。ソロの場合は熊鈴必携です。
その他周辺情報・長坂観光ホテル:0551-32-2273
・小淵沢タクシー TEL0551-36-2525 JR中央線 小淵沢駅前
・北杜タクシー TEL0551-32-2055 JR中央線 長坂駅前
・甲斐駒ヶ岳七丈小屋公式HP
  https://www.kaikoma.info/terms
  予約・問合 TEL090-3226-2967
※尾白川渓谷は観光地でもあるので連休ともなると渋滞が発生するそうです。(タクシーは優先通過できるらしいです。地元タクシー運転手の方からの情報。)

装備

個人装備 Tシャツ マイクロフリース ライトダウンジャケット 長袖カッターシャツ サポートタイツ ズボン 靴下 滑止付指先が出せる作業用手袋 マスク フェイスカバー アームカバー タオルマフラー 背中用汗取りタオル 手拭 雨具上下 折畳傘(50g) 帽子 着替(Tシャツ 下着上下 薄手靴下 七分丈薄手ズボン) アイマスク 耳栓 寝袋 袋型シーツ 歯間ブラシ ザック ザックカバー サブザック サコシュ 昼食(おにぎり2) 行動食・非常食(塩タブレット 栄養ゼリー3 チョコホイップ リンゴチップス 柿の種小袋2 魚肉ソーセージ2 皮むきカットリンゴ2) 飲料(水2.5ℓ) ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘルメット ヘッドランプ モバイルバッテリー 筆記用具 ファーストエイドキット(カットバン2種 靴擦防止テープ 包帯 ミニ鋏) 常備薬(風邪薬 芍薬甘草湯 頭痛薬 下痢止 アレルギー薬 胃薬 ムヒ 入眠剤) 虫よけ 日焼止 ビニールテープ 芯抜ロールペーパー 携帯トイレ ウエットティッシュ テッシュ 保険証(コピー) スマホ 2本ストック アルミシート 熊鈴 ココヘリビーコン
備考 少なくとも刀利天狗まではネットにつながったのですが、七丈小屋に着いた時点ではネットにつながらず。甲斐駒はドコモしかつながらないようです。せっかくヤマテンに契約しているのにリアルタイムの天気予報が入手できなかったのは痛かったです。
先週の茅ヶ岳が炎天下でかなりの水分を消費したので、今回はさらに+1ℓは必要と予測して2.5ℓを携行しましたが、曇天ということと七丈小屋で補給できることを考えれば、それほどは必要なかったのかも。
靴擦れせず歩きやすいローカットのシューズ(最近はこればっかり履いている)と靴擦れしやすいけど安定感のあるハイカットのシューズのどちらにしようかと悩んだ結果、小屋泊まりで荷物がいつもの2倍の重さで岩場もある長丁場ということで、靴擦防止テープで凌げばいいとハイカットを選んだのが仇となり。テープを貼っていたのに靴擦れしてしまい、2日目の下りは辛かった。やっぱり足に合っていないのかな。

写真

<1日目>
早朝、宿の窓から。
2020年09月13日 05:44撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<1日目>
早朝、宿の窓から。
2
甲斐駒は雲で覆われていますが、山頂は晴れているかしら?
2020年09月13日 05:44撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒は雲で覆われていますが、山頂は晴れているかしら?
これが素泊まりさせてもらった長坂駅徒歩1分の昭和の香り漂う和風旅館。土曜泊で当日昼過ぎにネットで予約できて駅至近でしかも格安(素泊り税込5700円!)だったので、どんなお宿かドキドキでしたが。実はグループでほぼ貸し切り状態だったのが近所でコロナ発生したとかでそのグループが全キャンセルだったよし。それで部屋が空いてしまったということで、本来はバス・トイレ共同の6畳だったのを角部屋の8畳バストイレ付にしていただき感謝。従業員の方も物腰柔らかく親切丁寧でとても居心地よく過ごさせていただきました。ちなみにこの写真の2階右角でカーテンが空いてる部屋に泊まりました。部屋名は「桜」。
2020年09月13日 05:58撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが素泊まりさせてもらった長坂駅徒歩1分の昭和の香り漂う和風旅館。土曜泊で当日昼過ぎにネットで予約できて駅至近でしかも格安(素泊り税込5700円!)だったので、どんなお宿かドキドキでしたが。実はグループでほぼ貸し切り状態だったのが近所でコロナ発生したとかでそのグループが全キャンセルだったよし。それで部屋が空いてしまったということで、本来はバス・トイレ共同の6畳だったのを角部屋の8畳バストイレ付にしていただき感謝。従業員の方も物腰柔らかく親切丁寧でとても居心地よく過ごさせていただきました。ちなみにこの写真の2階右角でカーテンが空いてる部屋に泊まりました。部屋名は「桜」。
1
尾白川渓谷駐車場奥にある登山口です。
山梨県警はコンパス(登山届出システム)と締結しており、コンパス登録すれば登山届と同じ効力があると以前権現山に登った時に山梨県警の方に伺っておりコンパス登録はしてありましたが、念のためにここでは紙の登山届も出しました。
2020年09月13日 06:31撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾白川渓谷駐車場奥にある登山口です。
山梨県警はコンパス(登山届出システム)と締結しており、コンパス登録すれば登山届と同じ効力があると以前権現山に登った時に山梨県警の方に伺っておりコンパス登録はしてありましたが、念のためにここでは紙の登山届も出しました。
2
竹宇駒ヶ岳神社の左を通ります。(中を通ってもいけます。)
2020年09月13日 06:40撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹宇駒ヶ岳神社の左を通ります。(中を通ってもいけます。)
2
吊り橋まで来るとこんな張り紙がありました。小屋が予約制であることを知っていないと生死に関わりますからね。
2020年09月13日 06:41撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋まで来るとこんな張り紙がありました。小屋が予約制であることを知っていないと生死に関わりますからね。
1
吊り橋は一度に5名定員。
2020年09月13日 06:41撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋は一度に5名定員。
3
吊り橋の途中から。
2020年09月13日 06:42撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋の途中から。
2
観光エリアから離れて本格的な登山道になります。
2020年09月13日 06:55撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光エリアから離れて本格的な登山道になります。
1
ヤマジノホトトギス?
2020年09月13日 06:56撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマジノホトトギス?
4
登山道真ん中に落ちていたのでかなり踏まれたはずなのに原型をとどめている強靭な繭のスカシダワラ。
2020年09月13日 07:17撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道真ん中に落ちていたのでかなり踏まれたはずなのに原型をとどめている強靭な繭のスカシダワラ。
2
山ではザトウムシは普通に見かけますが、獲物(コオロギ?カマドウマ?の死骸)を抱えているのは初めてだったのでパチリ。ちなみにザトウムシはダニの仲間ですが、刺さないし人に悪さをしない森の掃除屋さんですね。ただし、ザトウムシにダニが寄生していることもあるらしいので触らない方が良いかと。
2020年09月13日 07:41撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ではザトウムシは普通に見かけますが、獲物(コオロギ?カマドウマ?の死骸)を抱えているのは初めてだったのでパチリ。ちなみにザトウムシはダニの仲間ですが、刺さないし人に悪さをしない森の掃除屋さんですね。ただし、ザトウムシにダニが寄生していることもあるらしいので触らない方が良いかと。
2
信仰の山らしくなってきました。
2020年09月13日 07:43撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信仰の山らしくなってきました。
2
クチベニタケ。先週の茅ヶ岳でたくさん見かけたのにうまく撮ることができなかったのですが、今回は少しはマシに撮れました。
2020年09月13日 07:52撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クチベニタケ。先週の茅ヶ岳でたくさん見かけたのにうまく撮ることができなかったのですが、今回は少しはマシに撮れました。
1
ハナビラタケ(キクラゲ)の仲間でしょうか?
2020年09月13日 08:12撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナビラタケ(キクラゲ)の仲間でしょうか?
1
蜘蛛の巣団地?枯れ木に(蜘蛛の巣の)花を咲かせましょうって感じですね。
2020年09月13日 08:47撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蜘蛛の巣団地?枯れ木に(蜘蛛の巣の)花を咲かせましょうって感じですね。
1
周囲が笹原になってきて少しずつですが高度が上がっている実感が出てきます。
2020年09月13日 08:59撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周囲が笹原になってきて少しずつですが高度が上がっている実感が出てきます。
3
少し日が差してきました。
2020年09月13日 09:09撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し日が差してきました。
2
前の日にここを歩かれた方の記録にも載っていました。
2020年09月13日 09:13撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の日にここを歩かれた方の記録にも載っていました。
1
雲間から鳳凰三山が。
2020年09月13日 09:22撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲間から鳳凰三山が。
4
岩っぽくなってきたと思ったら、
2020年09月13日 09:23撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩っぽくなってきたと思ったら、
1
「刃渡り」と呼ばれる鎖場です。ここでストックをしまい、ヘルメットを装着。とにかく軽くて蒸れなさそうなヘルメットを購入し今回初めて使用しましたが意外に気にならずここから先はずっとヘルメットを付けていられました。
2020年09月13日 09:23撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「刃渡り」と呼ばれる鎖場です。ここでストックをしまい、ヘルメットを装着。とにかく軽くて蒸れなさそうなヘルメットを購入し今回初めて使用しましたが意外に気にならずここから先はずっとヘルメットを付けていられました。
3
「刃渡り」からの眺めです。
2020年09月13日 09:32撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「刃渡り」からの眺めです。
2
サルオガセが深山の趣を添えます。
2020年09月13日 09:32撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルオガセが深山の趣を添えます。
4
「刃渡り」の後に梯子を登って「刀利天狗」に着きました。天気予報では昼頃から雨だったのですが、もう降り始めてしまいました。幸いそれほど強いふりではないのでザックカバーをしてレインスーツの上だけ着用。
2020年09月13日 09:50撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「刃渡り」の後に梯子を登って「刀利天狗」に着きました。天気予報では昼頃から雨だったのですが、もう降り始めてしまいました。幸いそれほど強いふりではないのでザックカバーをしてレインスーツの上だけ着用。
3
雨に濡れたキノコたち。
「刃渡り」から先はずっと登り一辺倒な岩場なのかと思っていたら黒戸山を巻く道は割と平坦で気分良く歩いていたら、下りになってしまい。せっかく2200mまで登ったのにちょっとがっかり。明日の帰りはここを登り返すんだろうなと後ろ向きな思いにとらわれていると、テント泊らしい大荷物を背負った若者のグループとすれ違い「負荷をかけてトレーニング…」云々という会話が聞こえ「ああえらいなぁ」と気を取り直し。
2020年09月13日 10:05撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨に濡れたキノコたち。
「刃渡り」から先はずっと登り一辺倒な岩場なのかと思っていたら黒戸山を巻く道は割と平坦で気分良く歩いていたら、下りになってしまい。せっかく2200mまで登ったのにちょっとがっかり。明日の帰りはここを登り返すんだろうなと後ろ向きな思いにとらわれていると、テント泊らしい大荷物を背負った若者のグループとすれ違い「負荷をかけてトレーニング…」云々という会話が聞こえ「ああえらいなぁ」と気を取り直し。
1
ここが「五合目小屋跡」らしいです。ここ少し下るとすぐに、
2020年09月13日 10:28撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが「五合目小屋跡」らしいです。ここ少し下るとすぐに、
3
「屏風小屋跡」です。ここが下りの底になるのかな。
2020年09月13日 10:31撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「屏風小屋跡」です。ここが下りの底になるのかな。
4
祠の横に咲くハンゴンソウ?
2020年09月13日 10:31撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の横に咲くハンゴンソウ?
2
祠の右側にかけられた橋を渡って振り返ってぱちり。ここからが鎖と梯子の連続帯に入るようです。雨は嫌ですがガスっていてくれるのは下が良く見えなくてむしろありがたい。
2020年09月13日 10:32撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の右側にかけられた橋を渡って振り返ってぱちり。ここからが鎖と梯子の連続帯に入るようです。雨は嫌ですがガスっていてくれるのは下が良く見えなくてむしろありがたい。
2
ほぼ垂直な鉄梯子を登ります。怖いですが足場はしっかりしているし横に鎖が取り付けられているのでダイジョウブと自分に言い聞かせ。
2020年09月13日 10:32撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ垂直な鉄梯子を登ります。怖いですが足場はしっかりしているし横に鎖が取り付けられているのでダイジョウブと自分に言い聞かせ。
3
梯子を登り切った目の前にトモエギク?トモエシオガマ?ちょっと違うか。葉がセリの葉みたいだからセリバシオガマ?
2020年09月13日 10:38撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子を登り切った目の前にトモエギク?トモエシオガマ?ちょっと違うか。葉がセリの葉みたいだからセリバシオガマ?
3
咲き終わったイワカガミかしら?
2020年09月13日 10:52撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き終わったイワカガミかしら?
2
ちょっと怖い木の橋。
2020年09月13日 10:58撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと怖い木の橋。
3
枯れ木とキノコとの造形が面白くてパチリ。
2020年09月13日 11:06撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ木とキノコとの造形が面白くてパチリ。
1
もういいかげん勘弁してください〜っと思っていたところに、小屋が。ありがたや〜。
2020年09月13日 11:20撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もういいかげん勘弁してください〜っと思っていたところに、小屋が。ありがたや〜。
2
最初に目につく看板のあるこの階段が入り口ですが、まずはその先の受付に行きます。
天気が良かったら今日のうちに頂上まで行きたいと思っていたのですが、明日に掛けてみることにします。
2020年09月13日 12:18撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に目につく看板のあるこの階段が入り口ですが、まずはその先の受付に行きます。
天気が良かったら今日のうちに頂上まで行きたいと思っていたのですが、明日に掛けてみることにします。
2
貼り紙によると受付開始の12時前でも準備ができていたら入れるようなので、チャイムを鳴らしてみます。すると若い小屋番の方が出ていらして今日は2人しか予約が入っていなくてもう入れるということで一通りの説明をして下さいました。
2020年09月13日 12:18撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貼り紙によると受付開始の12時前でも準備ができていたら入れるようなので、チャイムを鳴らしてみます。すると若い小屋番の方が出ていらして今日は2人しか予約が入っていなくてもう入れるということで一通りの説明をして下さいました。
2
小屋に入って入口を向いてパチリ。玄関で靴を脱ぎ靴下で上がります。1階は真ん中に通路があり左右の小上りが飲食場所になっています。立入不可のところにはロープが張ってあります。除菌が徹底しており、自分の与えられた番号(8)の靴箱&下足、テーブル、寝床以外には立ち入らないように説明があり、各所に除菌ジェルやスプレーが置いてあります。床はほとんどアルミシートやビニールで覆われています。
2020年09月13日 12:06撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に入って入口を向いてパチリ。玄関で靴を脱ぎ靴下で上がります。1階は真ん中に通路があり左右の小上りが飲食場所になっています。立入不可のところにはロープが張ってあります。除菌が徹底しており、自分の与えられた番号(8)の靴箱&下足、テーブル、寝床以外には立ち入らないように説明があり、各所に除菌ジェルやスプレーが置いてあります。床はほとんどアルミシートやビニールで覆われています。
2
わ〜い、ビールが飲めるって、うれしい貼り紙です。でも一人一本なので飲むタイミングと量を迷ってしまいます。
2020年09月13日 12:05撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わ〜い、ビールが飲めるって、うれしい貼り紙です。でも一人一本なので飲むタイミングと量を迷ってしまいます。
3
アクセスの案内があり助かります。
2020年09月13日 12:05撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アクセスの案内があり助かります。
2
2階へ続く階段から1階をパチリ。
2020年09月13日 12:03撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2階へ続く階段から1階をパチリ。
2
2階に上がって左手一番奥が今日の私のお城です。ハンガーも5本あるし寝床の脇や上に荷物の置き場もたっぷり。仕切りもあって気兼ねなく汗で濡れた服を脱ぐことができます。
2020年09月13日 12:03撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2階に上がって左手一番奥が今日の私のお城です。ハンガーも5本あるし寝床の脇や上に荷物の置き場もたっぷり。仕切りもあって気兼ねなく汗で濡れた服を脱ぐことができます。
2
持ってきたシュラフを敷いてザックから荷物を出して散らかしておける贅沢さ。まだもうお一人がいらしてないので、物音も立て放題。汗で濡れている上に気温も結構低く体が冷え切っていましたが、着替えてカッターシャツとマイクロフリースの上着を着こむと暖まってきました。
2020年09月13日 12:02撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持ってきたシュラフを敷いてザックから荷物を出して散らかしておける贅沢さ。まだもうお一人がいらしてないので、物音も立て放題。汗で濡れている上に気温も結構低く体が冷え切っていましたが、着替えてカッターシャツとマイクロフリースの上着を着こむと暖まってきました。
2
トイレは受付のある第一小屋の前を通ってこの橋の先にあります。小屋から離れているのが却って匂いの心配がなくて、このくらいの距離なら全く苦になりません。
2020年09月13日 12:10撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレは受付のある第一小屋の前を通ってこの橋の先にあります。小屋から離れているのが却って匂いの心配がなくて、このくらいの距離なら全く苦になりません。
1
石鹸水が置いてあり水が出しっぱなしになっているので冷たいですがじっくりと手が洗えます。トイレもそれほど臭くなくきれいに清掃されており、個室ごとに除菌スプレーが置いてあります。
2020年09月13日 12:11撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石鹸水が置いてあり水が出しっぱなしになっているので冷たいですがじっくりと手が洗えます。トイレもそれほど臭くなくきれいに清掃されており、個室ごとに除菌スプレーが置いてあります。
1
トイレの先にあるのが第二小屋。この右側の梯子を登って甲斐駒を目指すようです。
2020年09月13日 12:11撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレの先にあるのが第二小屋。この右側の梯子を登って甲斐駒を目指すようです。
1
トイレから戻る橋の上からパチリ。鳳凰三山がバッチリ見えるロケーションが素晴らしい。
2020年09月13日 16:13撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレから戻る橋の上からパチリ。鳳凰三山がバッチリ見えるロケーションが素晴らしい。
6
第一小屋に戻り入口付近の石垣に目をやると可憐な花が。タカネビランジかな?
2020年09月13日 12:09撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一小屋に戻り入口付近の石垣に目をやると可憐な花が。タカネビランジかな?
4
仮眠から覚めて夕食前に外に出てみることに。入口の階段をそのまま上がると展望休憩所のようになっていましたが、この時間は(16:20頃)は四方をガスで囲まれていて残念。
2020年09月13日 16:22撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮眠から覚めて夕食前に外に出てみることに。入口の階段をそのまま上がると展望休憩所のようになっていましたが、この時間は(16:20頃)は四方をガスで囲まれていて残念。
1
結局、もうお一人はキャンセルになったというので小屋は私一人の貸し切り状態!ビールは500㎖のほうがお得ですけど流石に飲み切る自信がなかったので350㎖にしていただきま〜す♪
カレーが美味い!ビールが美味い!旨い旨いと独り言をぶつぶつ。カレーもお代わりしちゃったし。
2020年09月13日 17:02撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、もうお一人はキャンセルになったというので小屋は私一人の貸し切り状態!ビールは500㎖のほうがお得ですけど流石に飲み切る自信がなかったので350㎖にしていただきま〜す♪
カレーが美味い!ビールが美味い!旨い旨いと独り言をぶつぶつ。カレーもお代わりしちゃったし。
6
<2日目>
空には月と星が見える、天気がいいぞ!
ピストンの良いところは頂上に軽装で行けること。サブザック、サコシュ、ヘルメットにヘッドランプを付けてさぁ出発です。
2020年09月14日 04:48撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<2日目>
空には月と星が見える、天気がいいぞ!
ピストンの良いところは頂上に軽装で行けること。サブザック、サコシュ、ヘルメットにヘッドランプを付けてさぁ出発です。
5
ヘッドランプを付けているとはいえ、初めての岩場、慎重に歩きます。
音も聞こえないほどの遠方の雲の中で時折ピカリと光る雷。上から雷の閃光を見下ろすなんて経験は滅多にありません。ちょびっとですが、宇宙から「地球」を見ているような感覚になりました。
2020年09月14日 05:07撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッドランプを付けているとはいえ、初めての岩場、慎重に歩きます。
音も聞こえないほどの遠方の雲の中で時折ピカリと光る雷。上から雷の閃光を見下ろすなんて経験は滅多にありません。ちょびっとですが、宇宙から「地球」を見ているような感覚になりました。
3
え〜っと。あんなに先なの?
2020年09月14日 05:17撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
え〜っと。あんなに先なの?
2
やっと八合目、御来迎場(ゴライゲイバ)。甲斐駒の勇姿に圧倒されます。ここからもっと岩場が厳しくなりそう…。
2020年09月14日 05:21撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと八合目、御来迎場(ゴライゲイバ)。甲斐駒の勇姿に圧倒されます。ここからもっと岩場が厳しくなりそう…。
2
空が赤味を増す中、頭に雲がかかっているとはいえ、鳳凰三山の向こうに富士が!
2020年09月14日 05:26撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が赤味を増す中、頭に雲がかかっているとはいえ、鳳凰三山の向こうに富士が!
4
ナナカマドの実が鮮やか。
2020年09月14日 05:28撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実が鮮やか。
2
雲間からの日の出の一瞬をとらえることができました。ちょっと泣きそう。
2020年09月14日 05:35撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲間からの日の出の一瞬をとらえることができました。ちょっと泣きそう。
10
朝日に照らされた赤石沢奥壁。
2020年09月14日 05:41撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に照らされた赤石沢奥壁。
3
うっひゃ〜もう感動…。
2020年09月14日 05:45撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっひゃ〜もう感動…。
5
かの有名な巨岩の鉄剣と鳳凰三山と富士山。
2020年09月14日 05:50撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かの有名な巨岩の鉄剣と鳳凰三山と富士山。
7
アップ
2020年09月14日 05:50撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップ
3
今度はフレームを縦にしてぱちり。
2020年09月14日 05:53撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度はフレームを縦にしてぱちり。
7
ヤマハハコ?
2020年09月14日 05:51撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ?
2
これも甲斐駒の記録ではお馴染みの岩ですよね。
2020年09月14日 05:57撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも甲斐駒の記録ではお馴染みの岩ですよね。
4
駒ケ岳神社本宮
2020年09月14日 06:16撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ケ岳神社本宮
3
傘雲も取れてすっきりした端麗なお姿を現した富士山。
2020年09月14日 06:17撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傘雲も取れてすっきりした端麗なお姿を現した富士山。
8
本宮越しにやっとやっと頂上の祠がはっきりと見えてきた〜。
2020年09月14日 06:17撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本宮越しにやっとやっと頂上の祠がはっきりと見えてきた〜。
2
北沢峠からの道との合流点。
2020年09月14日 06:19撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢峠からの道との合流点。
3
反対側はこんな感じ。
2020年09月14日 06:20撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側はこんな感じ。
2
つっつっ着いた〜。わ〜い、本日一番乗り(のはず)だぁ〜!
頂上独り占め♪
2020年09月14日 06:22撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つっつっ着いた〜。わ〜い、本日一番乗り(のはず)だぁ〜!
頂上独り占め♪
11
手前に仙丈ケ岳、左後方が北岳?
2020年09月14日 06:23撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に仙丈ケ岳、左後方が北岳?
6
富士山もフレームに入れてもう一度北岳をパチリ。
2020年09月14日 06:23撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もフレームに入れてもう一度北岳をパチリ。
6
登ってきた方を振り返ってみます。
2020年09月14日 06:24撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた方を振り返ってみます。
2
主だった北アルプスや八ヶ岳は残念ながら雲の中と思って目を凝らすとかろうじて見えるのは…
2020年09月14日 06:24撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主だった北アルプスや八ヶ岳は残念ながら雲の中と思って目を凝らすとかろうじて見えるのは…
2
御嶽山?
2020年09月14日 06:25撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山?
4
あれは、鹿島槍?
2020年09月14日 06:25撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれは、鹿島槍?
2
これは普通のハイカーが足を踏み入れてはいけない山、鋸山の稜線。
2020年09月14日 06:26撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは普通のハイカーが足を踏み入れてはいけない山、鋸山の稜線。
2
甲斐駒から見る北岳ってなんて形がいいのかしら、うっとり。
2020年09月14日 06:35撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒から見る北岳ってなんて形がいいのかしら、うっとり。
2
そろそろ下山しようかともう一度北アルプス方向を見やると、雲が取れてきて。
うわっ槍に穂高、大キレットも!
2020年09月14日 06:38撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ下山しようかともう一度北アルプス方向を見やると、雲が取れてきて。
うわっ槍に穂高、大キレットも!
5
これは白馬?
2020年09月14日 06:38撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは白馬?
2
この超ライトなサブザックで山頂に来ました。全然楽さが違いました。
2020年09月14日 06:40撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この超ライトなサブザックで山頂に来ました。全然楽さが違いました。
1
名残惜しいので北沢峠からのルートを入れて最後にしつこくもう一度パチリ。
2020年09月14日 06:42撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいので北沢峠からのルートを入れて最後にしつこくもう一度パチリ。
3
七丈小屋に戻ったら早々とトレランのグループの方々が一休みしていらっしゃる。小屋に置かしていただいたザックを受付で受け取って荷物を詰め直して下山を再開します。
小屋から1時間ほど降りた岩場に咲くダイモンジソウ。
2020年09月14日 09:05撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋に戻ったら早々とトレランのグループの方々が一休みしていらっしゃる。小屋に置かしていただいたザックを受付で受け取って荷物を詰め直して下山を再開します。
小屋から1時間ほど降りた岩場に咲くダイモンジソウ。
2
今日は小屋は予約いっぱいだっただけあって昨日と違って結構な人数とすれ違います。最初はほとんどトレイルランナー、その後に日帰りと思われる方々が、そしてその後に小屋、テント泊まりと続いているような印象。
2020年09月14日 09:08撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は小屋は予約いっぱいだっただけあって昨日と違って結構な人数とすれ違います。最初はほとんどトレイルランナー、その後に日帰りと思われる方々が、そしてその後に小屋、テント泊まりと続いているような印象。
3
シシタケ?
2020年09月14日 09:55撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シシタケ?
1
ガスの合間から麓の景色が見えます。
2020年09月14日 10:00撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの合間から麓の景色が見えます。
2
「刃渡り」まで降りてきました。ここでストックを出しヘルメットをしまい、ついでにlineしてみると、つながった!ようやく家族と知人にlineできました。
心配かけてごめんね。
2020年09月14日 10:04撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「刃渡り」まで降りてきました。ここでストックを出しヘルメットをしまい、ついでにlineしてみると、つながった!ようやく家族と知人にlineできました。
心配かけてごめんね。
2
ここからは長いけど樹林帯の中をひたすら黙々と下るだけです。
2020年09月14日 10:20撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは長いけど樹林帯の中をひたすら黙々と下るだけです。
1
登りにこの道標を見たときは「けっこう登ってきたと思ったのにあと7時間?!いや、小屋までだからあと5時間くらい?どっちにしても長い…」と見なきゃよかったと思って写真を撮らなかったのですけど、下りだかんね。
2020年09月14日 11:05撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りにこの道標を見たときは「けっこう登ってきたと思ったのにあと7時間?!いや、小屋までだからあと5時間くらい?どっちにしても長い…」と見なきゃよかったと思って写真を撮らなかったのですけど、下りだかんね。
2
何を撮ったのか被写体がほとんど分からない写真ですが、赤丸の中にリスがいるんです。動きが速くてこんなのしか撮れなくて。でも、このリス、なんか普通のリスより大きい気がするんです。鎌倉の天園ハイキングコースで見かけた特定外来生物の台湾リスに似ている気がする…。そうだったらヤバイよね、まさかね。
2020年09月15日 12:39撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何を撮ったのか被写体がほとんど分からない写真ですが、赤丸の中にリスがいるんです。動きが速くてこんなのしか撮れなくて。でも、このリス、なんか普通のリスより大きい気がするんです。鎌倉の天園ハイキングコースで見かけた特定外来生物の台湾リスに似ている気がする…。そうだったらヤバイよね、まさかね。
2
吊り橋まで戻ってきました。
2020年09月14日 12:12撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋まで戻ってきました。
1
咲き終わりのツリフネソウ。
2020年09月14日 12:13撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き終わりのツリフネソウ。
1
登山口まで戻ってきました〜。このおざなりなアングルの理由は駐車場入り口に急いでいるから。20分くらいで迎えに来てくれるということを聞いていたので、駐車場まであと15分くらいかなって場所で電話したのですが。昨日のことなのに電話したところから駐車場まで思ったより距離があってかなり慌てているせいなのです。
でも丁度このあと数分でタクシーが来てくれて待たせないでホッとしました。帰りはタクシー代はかかりますが、長坂駅ではなく特急が停まる小淵沢駅へ。
2020年09月14日 12:18撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきました〜。このおざなりなアングルの理由は駐車場入り口に急いでいるから。20分くらいで迎えに来てくれるということを聞いていたので、駐車場まであと15分くらいかなって場所で電話したのですが。昨日のことなのに電話したところから駐車場まで思ったより距離があってかなり慌てているせいなのです。
でも丁度このあと数分でタクシーが来てくれて待たせないでホッとしました。帰りはタクシー代はかかりますが、長坂駅ではなく特急が停まる小淵沢駅へ。
2
小淵沢の駅には12:42頃ついて、12:52発のあずさ26号に乗ることができました。車内販売でビールを買って、七丈小屋謹製の朝食代わりお弁当+行動食の余り(柿の種、皮むきリンゴ、魚肉ソーセージ)で一人酒盛り。
2020年09月14日 12:57撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小淵沢の駅には12:42頃ついて、12:52発のあずさ26号に乗ることができました。車内販売でビールを買って、七丈小屋謹製の朝食代わりお弁当+行動食の余り(柿の種、皮むきリンゴ、魚肉ソーセージ)で一人酒盛り。
3
お弁当の中はこんなです。いや〜しゃーわせ。
2020年09月14日 12:58撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お弁当の中はこんなです。いや〜しゃーわせ。
5
今回の山行の最大の功労者です。以前ある方の記録で手軽に糖分が補給できるとあったのを真似させていただき携行してみました。ザックのウエストベルトポケットに栄養ゼリーとこのチョコホイップを忍ばせて、ちょっとへばったり、モチベーションが下がり気味の時にチューチューすると効果抜群。(ただし蓋はキチンと閉めないとポケットが悲惨なことになるので注意とその方の記録にありました。)
2020年09月15日 11:34撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の山行の最大の功労者です。以前ある方の記録で手軽に糖分が補給できるとあったのを真似させていただき携行してみました。ザックのウエストベルトポケットに栄養ゼリーとこのチョコホイップを忍ばせて、ちょっとへばったり、モチベーションが下がり気味の時にチューチューすると効果抜群。(ただし蓋はキチンと閉めないとポケットが悲惨なことになるので注意とその方の記録にありました。)
3
それとこれも。
昨年の北岳の際も役立ってくれた超軽量サブザック。
2020年09月16日 06:00撮影 by 901SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それとこれも。
昨年の北岳の際も役立ってくれた超軽量サブザック。
1

感想/記録

北岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山は登っていても甲斐駒は未踏でした。いつかは黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳に登ってみたいものだとは思っていましたが、行くにしても下りは北沢峠と考えていました。ですが、今年はコロナ禍で広河原行林道は通行止め、小屋も七丈小屋の他は全て閉館。甲斐駒へは黒戸尾根ピストン一択、七丈小屋は完全予約制。この規制の中での登山は厳しいものがあるものの裏を返せば、予約さえとることができれば小屋は普段味わえないゆったりな空間、混雑とは無縁な山行ができるというもの。岩場でも渋滞のプレッシャーなくマイペースで乗り切れるのではと、天候と小屋の予約状況とをにらめっこして機会をうかがっていました。
先週の茅ヶ岳ハイキングで甲斐駒を見て思いは募り夏休みを使って13(日)14(月)の1泊2日で決行することにしました。ですが、天候が微妙で実はギリギリまで様子見をして、小屋に電話で予約を入れたのは前日12日昼1時過ぎ。それから前泊(つまり当日)の宿を長坂駅前に見つけてネット予約したのが午後2時。
各停の列車に乗りながらつらつらと最近の甲斐駒のヤマレコを拝見するとそのほとんどが日帰り!私ごときが行っていいものか不安がかすめてしまいます。時間の余裕はたっぷりとって天候次第で即撤退を念頭に、無理はしないと自分に言い聞かせます。ですので、七丈小屋に早めに着いたのですが、小雨が降っているので甲斐駒頂上を目指すのは明日にすると決め小屋でのんびり過ごすことにしました。結局13日に泊まったのは私一人だったので早朝出発すればその日一番乗りになると思いいたり。暗い中、ヘッドランプを頼りに出発しました。岩場の連続で神経と体力を使いましたが、それを補っても余りある光景が待っていてくれました。一人静寂の中で感動に浸ることができました。
想定外だったのはネットが全く通じなかったこと。(ネット環境までちゃんと調べておくべきでした。といっても今更スマホを変える訳にもいかないですけど)家族に小屋に無事着いたことを伝えられないのが不安でしたが、ちゃんと行程表と連絡等々をlineと紙に印刷して置いていたので家族が必要以上に心配することはあるまい、と思っていたのですが。娘は単にドコモじゃないからつながらないだけとのんびり構えていたようですが、つれあいが心配して夕方小屋に電話して小屋番の方はドコモで通じていたもののたまたま不通で、不在着信を見てくださって翌朝、連れ合いに電話をかけてくださっていたと下山後に知りました。丁度甲斐駒から下山して小屋を出発した後だったので、その旨を伝えてくださったと伺い恐縮至極。お忙しい中、本当にありがとうございました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:326人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/5
投稿数: 2
2020/9/16 12:19
 タフなコースでしたね
自分達は14日ー15日でしたが天候に恵まれて、やっと行って来られました。
33枚目の五合目小屋跡の大きな石の裏側に二代目さん?のレリーフと記念碑がありました、岩が大きく彫られていて緊急避難場所?もありました。
104枚目🐿姿見ましたが写真撮れませんでした
登録日: 2018/7/30
投稿数: 13
2020/9/17 5:05
 Re: タフなコースでしたね
ara133825さん、コメントをありがとうございます。
五合目小屋跡の石の裏側にレリーフや緊急避難場所のような場所があるなんて全く知りませんでした。貴重な情報をありがとうございます。
ara133825さんもリスをご覧になったのですね、連日出没するって大胆ですね、やっぱり外来種のような気がしてしまいます。
今回の黒戸尾根は、私にとって本当に修行のような山行でございました。
若いころ、つれあいの職場の先輩でバリバリの山オトコさんがいて。その方が「いいぞ〜、〇〇は」と奨めてくれるコースには私たちのようなシロウトが近づいちゃいけない場所、と二人で言い合っていたものですが、その一つがこの黒戸尾根。その山オトコさんは日本酒一升瓶数本を担いで七丈小屋のご主人とお酒を酌み交わしたりしていたらしいです。
当時とは環境や装備も格段に進歩した恩恵を使いまくったへなちょこ登山でしたが、甲斐駒ヶ岳の頂上を踏み無事に帰宅でき感慨はひとしおです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ