また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2598206 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

甲斐百山「坪山」+関東百名山2019「多峯主山+堂平山+蓑山」

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月26日(土) [日帰り]
メンバー
天候小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
-坪山-
目標地点:びりゅう館
住所: 〒409-0141 山梨県上野原市西原6931
電話: 0554-68-2100
http://biryukan.com/

道路状況:舗装路

駐車場:びりゅう館第二駐車場を利用

トイレ:びりゅう館にあるが10時の開館以降利用可

コンビニ:周辺にはありません

-多峯主山-
目標地点:飯能市中央公園
住所: 飯能市飯能223-1
電話: 042-973-2111
http://saipo.net/11209026.html

道路状況:舗装路

駐車場:中央公園に無料駐車場あり

トイレ:中央公園に無料駐車場あり

コンビニ:周辺に多数あり

-堂平山-
目標地点:観光農園村キャンプ場
住所: 〒355-0377埼玉県東秩父村大字白石398
電話: 0493-82-0750

道路状況:舗装路

駐車場:白石峠林道入口に駐車
    ※キャンプ場の駐車場は施設利用者以外は遠慮下さいとありました

トイレ:周辺には無かったと思いますが……。

コンビニ:周辺にはありません

-蓑山-
目標地点:美の山公園
住所: 〒369-1412 埼玉県秩父市黒谷2372 美の山公園
https://www.pref.saitama.lg.jp/b0504/minoyamakouen-top/

道路状況:舗装路

駐車場:美の山公園にあり

トイレ:公園内にあり

コンビニ:国道沿いに多数あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間26分
休憩
9分
合計
10時間35分
Sびりゅう館05:2406:58坪山07:0008:18びりゅう館09:57飯能中央公園10:05天覧山中段10:0610:09天覧山10:35多峯主山11:00天覧山中段11:07飯能中央公園12:49白石峠林道入口13:18白石峠13:33剣ケ峰13:3613:56堂平山14:07剣ケ峰14:0814:22白石峠14:44白石峠林道入口15:43駐車場15:51蓑山15:5315:59駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
-坪山-
総歩行時間=2時間55分(ヤマプラ標準時間=2時間25分+α/3.1km+一般道戻り)
歩行距離=6.77km
標高差=565m
平均速度=2.32km/H

平面距離: 6.44km
沿面距離: 6.77km
最高点の標高: 1101m
最低点の標高: 536m
累積標高 (上り): 806m
累積標高 (下り): 806m

-多峯主山-
総歩行時間=1時間12分(ヤマプラ標準時間=1時間52分/5.1km)
歩行距離=4.32km
標高差=154m
平均速度=3.60km/H

平面距離: 4.25km
沿面距離: 4.32km
最高点の標高: 271m
最低点の標高: 115m
累積標高 (上り): 280m
累積標高 (下り): 280m

-堂平山-
総歩行時間=1時間54分(ヤマプラ標準時間=2時間12分/6.5km)
歩行距離=6.15km
標高差=388m
平均速度=3.24km/H

平面距離: 5.98km
沿面距離: 6.15km
最高点の標高: 876m
最低点の標高: 486m
累積標高 (上り): 554m
累積標高 (下り): 554m

-蓑山-
総歩行時間=0時間15分(ヤマプラ標準時間=不明)
歩行距離=0.87km
標高差=41m
平均速度=3.48km/H

平面距離: 0.87km
沿面距離: 0.87km
最高点の標高: 582m
最低点の標高: 541m
累積標高 (上り): 41m
累積標高 (下り): 41m

※全てGPSログ(山旅ロガーで記録)より
 GPSログは歩いたルートを記録しています。
 直線距離より長めに記録されていますので参考程度として下さい。
コース状況/
危険箇所等
-坪山-
1.ザレ気味の足元、石と木の根が滑ります
2.登山道全体に蜘蛛の巣が多い
3.花の季節であれば色々と群生している模様です
4.今回のルートと逆回りの方が下りは安全だと思います

-多峯主山-
1.整備されたハイキングコースで危険個所なし
2.部分的にぬかるみあり
3.水分補給量≒250mL

-堂平山-
1.白石峠林道入口から暫く舗装路
 ※車で入る事は出来ません
2.舗装路が終わると、一般的な登山道になりますが標高差はありません
3.白石峠以降、登山道を歩いても舗装路を歩いても同じ場所に出ます
4.堂平天文台まで車で行く事が可能です
https://www.town.tokigawa.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=11574
5.なので、山頂まで数分で行く事が可能です
6.水分補給量≒250mL

-蓑山-
1.公園内の散歩コース
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ウィックロン長袖シャツ フリーライドパンツ 靴下 手袋 夏帽 ストームクールーザージャケット 雨具(ストームクルーザーパンツ) 着替え ザック ザックカバー 行動食(ゼリー飲料×1+パン×2) 非常食(ビタミン剤+栄養機能食品1箱) 飲料(スポーツドリンク×4) 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) スマホ タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) ホッカイロ(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備) ストック スパッツ

写真

-坪山-
びりゅう館
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-坪山-
びりゅう館
1
-坪山-
登山道の一部。石や木の根がかなり滑ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-坪山-
登山道の一部。石や木の根がかなり滑ります。
1
-坪山-
伝わらない標高差加減。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-坪山-
伝わらない標高差加減。
1
-坪山-
坪山山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-坪山-
坪山山頂。
2
-坪山-
辛うじて景色が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-坪山-
辛うじて景色が見える。
1
-坪山-
何ちゅうか細い橋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-坪山-
何ちゅうか細い橋。
1
-坪山-
下山はここに出ました。橋の向こうに水道があるので泥んこを洗う事が出来ました。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-坪山-
下山はここに出ました。橋の向こうに水道があるので泥んこを洗う事が出来ました。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
1
-多峯主山-
中央公園から道路を渡ってここを目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-多峯主山-
中央公園から道路を渡ってここを目指す。
-多峯主山-
ぬかるみはあるが整備されたハイキングコースです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-多峯主山-
ぬかるみはあるが整備されたハイキングコースです。
-多峯主山-
天覧山山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-多峯主山-
天覧山山頂。
-多峯主山-
多峯主山直下の階段。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-多峯主山-
多峯主山直下の階段。
-多峯主山-
多峯主山山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-多峯主山-
多峯主山山頂。
1
-多峯主山-
眺望はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-多峯主山-
眺望はありません。
-多峯主山-
晴れていればこんな景色が見える模様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-多峯主山-
晴れていればこんな景色が見える模様です。
-多峯主山-
スカイツリーも見えるとか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-多峯主山-
スカイツリーも見えるとか。
-堂平山-
白石峠林道入口。ここに車を停めてピストンです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-堂平山-
白石峠林道入口。ここに車を停めてピストンです。
-堂平山-
白石峠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-堂平山-
白石峠。
-堂平山-
ここを左手に入りますが、舗装路を進んでも同じ場所に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-堂平山-
ここを左手に入りますが、舗装路を進んでも同じ場所に出ます。
-堂平山-
堂平山三角点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-堂平山-
堂平山三角点。
-堂平山-
堂平山山頂。直近に展望台がありました……。(T^T)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-堂平山-
堂平山山頂。直近に展望台がありました……。(T^T)
1
-蓑山-
第二駐車場からスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-蓑山-
第二駐車場からスタート。
-蓑山-
公園案内図。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-蓑山-
公園案内図。
-蓑山-
蓑山山頂。但し地図上だともう少し奥が山頂の模様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-蓑山-
蓑山山頂。但し地図上だともう少し奥が山頂の模様。
1

感想/記録
by drunk

2020年9月26日(土)

9月25日、天気予報の梯子をして
やっと見付けた降雨無しの時間帯。
今回は「甲斐百山」1座+
「関東百名2019」3座の計4座の登頂を計画した。
そして9月26日、早朝に家を出た。

が、現地に近づく程に降雨が激しくなる。
やはり基本的に降水確立の高さは変わらず
と言う事なのだ。
ここまで来たのだからもう諦めよう。
そして覚悟を決めて現地に向かった。

最初は甲斐百山「坪山」である。
びりゅう館の第2駐車場に車を停めると、
びりゅう館の真横に登山口がある。
看板には、下山口ってあるけど無問題。
そのまま突入である。

標高差≒500m、歩行距離≒6km+α
単純に考えれば2時間台で下山と言う所だが、
降雨が思い切り響いた!
足下の石、及び木の根がやたら滑るのだ。
又、道中「蜘蛛の巣」が
あちこちに張り巡らしてある。
足下に注意していれば、顔面に蜘蛛の巣。
気を抜けば足下が滑って転倒。
※久し振りに2度派手にコケました。

やっつけるつもりでいたのだが、
返り討ちにあった感じである。

ちなみに「坪山」は、イワカガミ、イワウチワ他
かなり群生している模様です。
花の季節には楽しめると思います。

-車移動-

続いて関東百山2019「多峯主山」。
飯能市中央公園に車を停めてスタートである。
「多峯主山」は、標高差≒100m、歩行距離≒5km
完全にやっつけである。
お散歩している人や、ハイカーが多数居ました。
尚「天覧山」に行かない方が、
アップダウンは少なくなったと思った。

-車移動-

次は「堂平山」。
当初予定していた駐車場は、
施設利用者に限定している模様であり、
急遽「白石峠」林道入口に車を停め
ピストンとする事にした。

今回のスケジュールは移動時間がズレると
全体工程の見直しが必要になる。
現時点まで多少遅れがあったので、
ここで短縮コースに変更出来た事で
予定の4座全てを登頂する事が出来ると確信した。

登りは全工程登山道を歩いたが、
下山は基本的に舗道を優先した。
どちらを歩いても同じ場所に出る事が理由だが、
舗道を歩いた方が時間短縮になるからである。

ちなみに「堂平展望台」まで車で行く事が出来ます。
で「堂平展望台」から「堂平山」までは数分です。

-車移動-

最後は「簑山」。
簑山公園まで車で移動したので、
山頂は目の前でした。

で、本日は道の駅「白沢」で車中泊です。
http://www.boukyou.com/

2020年09月27日 関東百名山2019「鹿俣山」
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2601450.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:186人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/9
投稿数: 89
2020/9/27 20:51
 コメント失礼します。
坪山は春から初夏の季節に歩いてみて下さい。
都留の二十六夜山と同じく、花の名山です。
登録日: 2012/3/4
投稿数: 523
2020/9/27 20:55
 Re: コメント失礼します。
omata1971 さん、今晩は。
現地の看板でも花盛りの雰囲気は感じました。
過去、花を目指して山巡りした年もありましたが、
最近はいつも時期外れに訪れています。
また落ち着いた頃に行ってみたいと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ