また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2605192 全員に公開 ハイキング 日光・那須・筑波

女峰山 霧降高原より。雨に降られました。

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月27日(日) [日帰り]
メンバー
天候午前中高曇り、午後雨・晴れ・大雨・晴れ・雨・晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
霧降高原Pにて車中泊
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
1時間48分
合計
8時間38分
S霧降高原駐車場05:5506:06八平ヶ原分岐06:31小丸山06:34丸山分岐06:3707:29赤薙山07:3908:26奥社跡08:3309:13独標09:2510:28女峰山11:1812:08独標12:1812:48奥社跡13:0013:36赤薙山13:4014:13丸山分岐14:26八平ヶ原分岐14:33霧降高原駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前日は強雨が降ったようで、階段を上り終えたあとの粘土層が滑りやすかった。
山頂手前のガレた岩場は緊張を要した。

写真

朝4時にトイレに起きると、薄雲の中に星が光っていた。6時に陽が昇るとガスガスでした。
2020年09月27日 05:33撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝4時にトイレに起きると、薄雲の中に星が光っていた。6時に陽が昇るとガスガスでした。
1
遠目に見るとこんな感じ。
2020年09月27日 05:44撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠目に見るとこんな感じ。
1
さて、行きますよ〜。
2020年09月27日 06:02撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、行きますよ〜。
1
階段を上りつつ振り返ると、雲海が広がっていた。
2020年09月27日 06:20撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を上りつつ振り返ると、雲海が広がっていた。
4
南側もご覧の通り
2020年09月27日 06:30撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側もご覧の通り
2
赤薙山に到着。初心者ならばここまででも十分満足が得られますよ。
ここから先は自身未踏です。ワクワク
2020年09月27日 07:41撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤薙山に到着。初心者ならばここまででも十分満足が得られますよ。
ここから先は自身未踏です。ワクワク
1
黒岩尾根、行ってみたいとか気軽に言えない。
2020年09月27日 07:42撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岩尾根、行ってみたいとか気軽に言えない。
1
奥社跡に到着。右に折れ曲がります。
2020年09月27日 08:33撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥社跡に到着。右に折れ曲がります。
1
南側にはまだ雲海が広がっていた。
2020年09月27日 08:37撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側にはまだ雲海が広がっていた。
1
山頂が見えてきたけど、迂回&登り返しがあるのです。
2020年09月27日 08:55撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきたけど、迂回&登り返しがあるのです。
1
えげつない黒岩尾根
2020年09月27日 08:55撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えげつない黒岩尾根
1
地図にない風穴に寄り道。
2020年09月27日 09:00撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図にない風穴に寄り道。
1
こういう荒々しい姿の樹が大好きです。
2020年09月27日 09:19撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう荒々しい姿の樹が大好きです。
2
こんなところに変質者が。
この写真の本題は背景の積み重なっている岩です。
2020年09月27日 09:26撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところに変質者が。
この写真の本題は背景の積み重なっている岩です。
3
歩いてきた稜線を振り返る。
2020年09月27日 09:26撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線を振り返る。
2
赤薙バットレス、激しい崩落地だ。
2020年09月27日 09:26撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤薙バットレス、激しい崩落地だ。
2
一里ヶ曽根(独標)
2020年09月27日 09:27撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一里ヶ曽根(独標)
2
逞しい佇まいだ
2020年09月27日 10:05撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逞しい佇まいだ
2
ガレ場出現
2020年09月27日 10:16撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場出現
1
これもカッコいい
2020年09月27日 10:21撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもカッコいい
2
三角点通過、ラストスパート
2020年09月27日 10:29撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点通過、ラストスパート
1
やっと、山頂到着。4時間半もかかってしまったよ。
2020年09月27日 10:35撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、山頂到着。4時間半もかかってしまったよ。
10
晴れそうで、晴れない。
でも戦場ヶ原は一瞬見えました。
2020年09月27日 11:00撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れそうで、晴れない。
でも戦場ヶ原は一瞬見えました。
1
気持ちよさそうな稜線
2020年09月27日 11:01撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちよさそうな稜線
4
黒岩尾根の爆裂火口縁、かっこいい
2020年09月27日 11:01撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岩尾根の爆裂火口縁、かっこいい
1
歩いてきた稜線
2020年09月27日 11:01撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線
1
山頂直下を整備してみた。
右奥にバーナー台も作りましたのでビバークできますよ。
2020年09月27日 11:21撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下を整備してみた。
右奥にバーナー台も作りましたのでビバークできますよ。
2
以下、相棒の写真。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以下、相棒の写真。
脳天が気になる年頃。まだ大丈夫だな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脳天が気になる年頃。まだ大丈夫だな
1

感想/記録

前から行ってみたかった女峰山。
地味に距離あって、天気が変わりやすい日光だから
更に女峰山は入山者数もそんなに多くない秘境。
本格的な登山は1年以上空いてしまっているので、
余計一人で踏み込む勇気がなかった。

今回、女峰山大好きの相棒と休日が合いまして
同行してもらえることになった。
心強かったけど、天気予報は芳しくない。
聞けば、午前中は持つだろうと、午後は怪しいから
前泊して6時から登山開始する計画とした。

夜11時に浦和を出て、12時半に霧降高原に到着。
ガスガスの山道、走っていると、路肩に鹿が8頭もいて
ナイトサファリ状態でした。

女峰山は前からの印象通り、メンタルにダメージが蓄積するコースでした。
登り返しもそうだが、なんと言っても長い道のり。
今回はさらに雨が降って、歩きにくい状況になり、
足首、膝に疲労がたまり、
留目は地獄階段、自棄になっていた。
雨はたまに強かったけれど、風はないから、
いつものようにレインウエアを着ないでも
私は平気さ〜、って歩いていたが、
靴の中まで浸水しては悲しいので着てみたが、
晴れたら脱ぎ、雨なら着て、を何度繰り返したことか。
が、満足感は十分に得られて、しばらくは山要らないなと思った。

紅葉は木によっては始まっていたが、
全体的には山頂でもまだまだって感じでした。
因みに、当日の霧降ルートでの女峰山入山者は
10人でした、やっぱり少ないですね。
黒岩ルートにも歩いている人が見えました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:325人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ