また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2613363 全員に公開 ハイキング 八幡平・岩手山・秋田駒

緑黄紅葉 和賀山塊 薬師岳~小杉山~小鷲倉~和賀岳ピストン

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月01日(木) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
薬師岳登山口(甘露口)
●岩手県からのルート
国道46号を角館方面へ~抱き返り渓谷へも行く県道50号とぶつかる所で左折~みずほの里ロードとぶつかるところで左折~斉内の河川公園がある十字路で左折~小路又キャンプ場方面へ真木渓谷沿いに途中から未舗装道路を進み登山口へ(途中、林道と小路又との二股に分かれる箇所あり。小路又方面へ)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間1分
休憩
1時間23分
合計
8時間24分
S薬師岳登山口公衆トイレ06:1106:21甘露水口06:2106:25曲沢分岐06:2606:39ブナ台06:4307:02滝倉07:0607:11滝倉避難小屋跡07:1107:38倉方07:4508:09薬師分岐08:1008:16薬師岳08:2208:35薬師平08:3508:58小杉山09:0209:33小鷲倉09:3610:14和賀岳10:5811:32小鷲倉11:54小杉山11:5512:18薬師平12:2012:34薬師岳12:3512:43薬師分岐12:4813:04倉方13:33滝倉避難小屋跡13:3513:40滝倉13:4114:06ブナ台14:0914:27甘露水口14:37薬師岳登山口公衆トイレG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
薬師岳登山口までの未舗装道路は、みずほの里ロードから入り真木渓谷沿いに約40分程かかったと思われる。
登山口の駐車場には表示がなく「一般車両通行止」とされているカラーコーンの脇を抜けて徒歩で15分程行くと甘露水登山口に到着する。
樹林帯のコース前半は登山道上に目印のピンクテープが各所にあり、基本的にはわかりやすいが、初めて行った登山者は所々わかりにくい箇所もあるので、標柱やテープをしっかり確認しながら進むのが望ましい。
薬師分岐までは刈払いされているが、そこ以降は大小様々な藪こぎ箇所あり。足元の登山道を確認しながら進んだ。
その他周辺情報県道50号沿いの「秋田芸術村内に温泉ゆぽぽ」があります。
私は行っておりませんので現地に直接詳細ご確認願います。
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

和賀山塊 薬師岳登山口駐車場 写真の小屋内はきれいにされていました。トイレ中は確認していませんが、確か男性(小)、和式、女性用など分かれていたかと思います。(小屋内の写真は下山時に撮影)
2020年10月01日 06:03撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和賀山塊 薬師岳登山口駐車場 写真の小屋内はきれいにされていました。トイレ中は確認していませんが、確か男性(小)、和式、女性用など分かれていたかと思います。(小屋内の写真は下山時に撮影)
登山口はこちら、などの表示もありません。このカラーコーンの奥を15分程歩くと甘露水口に到着
2020年10月01日 06:12撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口はこちら、などの表示もありません。このカラーコーンの奥を15分程歩くと甘露水口に到着
甘露水口。ここから始まり。
2020年10月01日 06:21撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甘露水口。ここから始まり。
進行方向に注意しながら進む
2020年10月01日 06:26撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向に注意しながら進む
ブナ、トチノキ、ミズナラなど広葉樹の樹林帯がここから更に続く
2020年10月01日 06:40撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ、トチノキ、ミズナラなど広葉樹の樹林帯がここから更に続く
水場あり。10/1の時点では沢水豊富。
2020年10月01日 07:05撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場あり。10/1の時点では沢水豊富。
何の実?種?
2020年10月01日 07:17撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の実?種?
倉方を過ぎてしばらくいくと眼前が開ける。天気がよければ鳥海山も見えるようだ。
2020年10月01日 07:52撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉方を過ぎてしばらくいくと眼前が開ける。天気がよければ鳥海山も見えるようだ。
秋田の街かな?
2020年10月01日 08:03撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋田の街かな?
崩落箇所あり。要注意。
2020年10月01日 08:05撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落箇所あり。要注意。
薬師分岐。この辺りまではきれいに刈り払いされていた
2020年10月01日 08:10撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師分岐。この辺りまではきれいに刈り払いされていた
だんだんと藪こぎ箇所が増えてくる。朝露で結構腰から下が濡れた。
2020年10月01日 08:13撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんと藪こぎ箇所が増えてくる。朝露で結構腰から下が濡れた。
薬師岳山頂及び薬師堂の祠
2020年10月01日 08:22撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂及び薬師堂の祠
まだ先は遠い…
2020年10月01日 08:37撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ先は遠い…
枯れたエゾニュウかな?
2020年10月01日 08:38撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れたエゾニュウかな?
最も高いピークが和賀岳。沢の落ち込み方が迫力あり素晴らしい!
2020年10月01日 08:43撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最も高いピークが和賀岳。沢の落ち込み方が迫力あり素晴らしい!
2
何も出てきませんように…
2020年10月01日 08:52撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何も出てきませんように…
緑、黄、紅!
2020年10月01日 08:59撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑、黄、紅!
1
小杉山。山頂へは行けないようで小杉分岐という標柱。
2020年10月01日 09:01撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小杉山。山頂へは行けないようで小杉分岐という標柱。
一点ものがあると目立ちますなあ!後方はたぶん歩いてきた尾根。
2020年10月01日 09:16撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一点ものがあると目立ちますなあ!後方はたぶん歩いてきた尾根。
1
小鷲倉。この地域はなぜか「倉」が付く場所が多いように感じた。
2020年10月01日 09:29撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小鷲倉。この地域はなぜか「倉」が付く場所が多いように感じた。
源流間近の和賀川も見える。草紅葉が進み始め、緑も含めた様々なグラデーションが見える紅葉も大好物!
2020年10月01日 09:43撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源流間近の和賀川も見える。草紅葉が進み始め、緑も含めた様々なグラデーションが見える紅葉も大好物!
3
和賀川源流
2020年10月01日 09:47撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和賀川源流
1
進行方向左手に田沢湖、秋田駒ケ岳、奥の方にこの時は雲でほぼ隠れた岩手山の一部も見えた。
2020年10月01日 09:49撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向左手に田沢湖、秋田駒ケ岳、奥の方にこの時は雲でほぼ隠れた岩手山の一部も見えた。
和賀岳までもう少し。この尾根も緑、黄色、オレンジ、赤のグラデーションが素晴らしかった!
2020年10月01日 09:57撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和賀岳までもう少し。この尾根も緑、黄色、オレンジ、赤のグラデーションが素晴らしかった!
2
また振り返る。帰宅して確認したらば、おんなじような写真がいくつもあった( *´艸)
2020年10月01日 10:03撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また振り返る。帰宅して確認したらば、おんなじような写真がいくつもあった( *´艸)
1
膝辺りの草紅葉を藪こぎ
2020年10月01日 10:04撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
膝辺りの草紅葉を藪こぎ
1
斜面の草紅葉
2020年10月01日 10:09撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面の草紅葉
2
和賀岳山頂手前の草紅葉
2020年10月01日 10:09撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和賀岳山頂手前の草紅葉
3
登り約4時間。コース後半は距離が長いが尾根歩きなので気持ちよかった!
2020年10月01日 10:15撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り約4時間。コース後半は距離が長いが尾根歩きなので気持ちよかった!
2
着いた途端ガスってきた
2020年10月01日 10:19撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた途端ガスってきた
1
登りでも写真を撮っておいてよかった!と思ったが雲がかかりつつある尾根もいいもんだ(^^)d
2020年10月01日 11:09撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りでも写真を撮っておいてよかった!と思ったが雲がかかりつつある尾根もいいもんだ(^^)d
1
下山中。行きに見えた深い沢が全く見えず。
2020年10月01日 11:26撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中。行きに見えた深い沢が全く見えず。
1
下山途中、薬師分岐付近の尾根より。
2020年10月01日 12:40撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中、薬師分岐付近の尾根より。
1
何の実?
2020年10月01日 13:24撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の実?
1
ブナかな。直径50センチはあろうかという巨大なコブ?
2020年10月01日 13:53撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナかな。直径50センチはあろうかという巨大なコブ?
1
避難小屋内部。写真奥に異なるパターンの4つ程トイレあり。2階に就寝スペース。
2020年10月01日 14:38撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋内部。写真奥に異なるパターンの4つ程トイレあり。2階に就寝スペース。
小屋内に設置されていた真木真昼県立自然公園の案内看板。お疲れ様でした!
2020年10月01日 14:39撮影 by SM-A750C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋内に設置されていた真木真昼県立自然公園の案内看板。お疲れ様でした!

感想/記録

今回は確か約3年ぶりの和賀岳。これまでは岩手県西和賀町の高下岳登山口からしか登ったことがなかったため、初めて秋田県側にある薬師岳登山口より山行。うちからは約2時間かかるため、朝4時半に自宅を出発。
もっと天候が良ければ鳥海山、岩手山もすっきり見えただろうがまた次回。
それでもコース後半の尾根から見える雄大な深い山塊の迫力はとても素晴らしかった。
今週は近所の三ッ石山が大混雑だろうから、こちらでまず紅葉を楽しんだが、緑、黄、紅、橙が入り交じったグラデーション、コントラストは素晴らしかった。
来年以降は初夏、ニッコウキスゲの大群落を見てみたい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:584人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ