また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2637132 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

燕岳・大天井岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月03日(土) ~ 2020年10月04日(日)
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
AM3:00時点で中房暗線付近の駐車場が満車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間37分
休憩
2時間9分
合計
9時間46分
S中房温泉登山口05:1605:44第1ベンチ05:4906:06第2ベンチ06:1106:35第3ベンチ06:4207:03富士見ベンチ07:1107:31合戦小屋07:3607:52合戦山07:5308:17ベンチ08:1808:25燕山荘09:1309:38蛙岩09:52大下りの頭11:02小林喜作レリーフ11:0611:11槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐11:1311:33大天荘11:44大天井岳12:0012:08大天荘12:2712:47槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐12:5112:53小林喜作レリーフ12:5414:09大下りの頭14:25蛙岩14:2815:02燕山荘
2日目
山行
3時間1分
休憩
1時間10分
合計
4時間11分
燕山荘05:0005:32燕岳05:4705:50めがね岩05:5306:04いるか岩06:09燕山荘06:3006:35ベンチ06:46合戦山06:52合戦小屋06:5407:06富士見ベンチ07:3107:47合戦小屋07:4807:59富士見ベンチ08:15第3ベンチ08:30第2ベンチ08:46第1ベンチ09:04中房温泉登山口09:0709:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

大天井への最後の登り。長い…
2020年10月03日 10:45撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井への最後の登り。長い…
モノクロの迫力
2020年10月03日 15:47撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノクロの迫力
夕焼けに染まる燕岳
2020年10月03日 17:10撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕焼けに染まる燕岳
1
燕岳と染まる雲
2020年10月03日 17:28撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳と染まる雲
1
ライチョウ発見
2020年10月04日 05:31撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウ発見

感想/記録

初燕岳。
想定外に混んでいたらしく有明山神社駐車場に駐車。始発のバスが7時以降らしく予定が崩れそうになったが、運よく乗り合いのタクシーに乗れて、予定より前に登山口についたため、そのまま登頂開始。
道中は特に危険個所はなく、写真撮影しつつ燕山荘まで到着。
付け焼刃の構図を考えながら歩いていたら、それなりに早く着いた。
いい被写体はあるのにS字構図やリーディングラインが使えないから勉強したい。
燕山荘ついてからは、受付をすまし、撤収する人の邪魔にならないようにしながら、
テント設営。テント泊組としては早いほうだったらしく小屋から近い好立地を確保。
設営後は不要な荷物をテントにデポし、大天井へ。
大天井への道のりはかっこいい槍を見ながら、気持ちのいい稜線を歩けて最高。
天気が良ければもっと最高だったのに。
道中特筆すべき点はなし。無事に大天井の頂上まで行き、写真撮影。
槍がかっこよかった。
大天荘で水とカルピスを補給し、帰路へ。カルピスうまい。
帰路は終盤バテかけたので秘密兵器のウォークマンを片耳だけ装着。
好きな音楽聞きながらだと足が進みました。
燕山荘に帰ってきたら、調理用と明日の飲料水を準備。ついでに燕山荘のTシャツを購入。
いろいろ整理してたら雲間からどんどん光がさしてきたので、夕焼けを期待し、早めに夕食を取り、そのあとはじっくりと夕日を堪能しました。
夕日に染まる燕岳はきれいだし、夕日をバックに見る槍はかっこ(以下略)
日が落ちた後は曇ってきたので早々に寝ました。
途中おきて星を確認したが雲が広がっていたのと、月が明るかったため、星撮りは断念。
夜は結構寒かった…3シーズン用とシュラフカバー装着したが若干寒い。
着こんではなかったのでまだ余裕はありましたが。
翌日は日の出前に起床し、朝飯を取り、朝明けを期待…したが雲しか見えませんでした。
しかし、そこへライチョウが現れそんな朝焼け待ちで凍えてた人を癒してくれました。
テン場に帰ってきたら、テント片し、帰路へ。
昨日と比べて行程が短いため、調子に乗って飛ばしておりましたら、途中の合戦小屋でカメラを置き忘れ…
400m下ったとこでふと気づき、荷物を邪魔にならない路肩へ安置し、降りてきた道を登り返し…
下りで抜いてきた人たちとしゃべりながら登っていたところ、合戦小屋でカメラが置き忘れていたため、小屋番に預けたよと言われ一安心。
合戦小屋で無事にカメラを回収し、再度下山へ。途中でカメラを預けてくれた人にお礼もできました。
駐車場へのバスの始発に乗りたかったが、トラブルのため間に合わず。しかし、臨時便が出ていたため、そこまで待たずに車までたどり着き、無事に帰宅できました。
教訓:置き忘れ注意。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:35人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ