また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2643768 全員に公開 ハイキング 剱・立山

黒部峡谷下の廊下

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月11日(日) ~ 2020年10月12日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ・曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間58分
休憩
16分
合計
5時間14分
S黒部ダム駅09:2509:39ダム下09:4011:00新越沢二股11:32黒部別山谷11:57白竜峡12:30十字峡12:3513:12半月峡13:1313:40東谷吊橋13:4814:00仙人谷ダム14:02仙人谷駅14:04関西電力人見平宿舎14:24権現峠14:2514:39阿曽原温泉小屋
2日目
山行
3時間46分
休憩
1分
合計
3時間47分
阿曽原温泉小屋07:2808:36折尾ノ大滝08:3708:41オリオ谷09:06大太鼓10:04蜆谷10:40水平歩道始・終点11:15欅平駅11:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<交通機関(往路)>
5:30立山駅着。5:40にチケット販売の列に並ぶも美女平行きのケーブルカー始発(特別便)6:40には乗れず、7:00のケーブルカーに乗車。
その後、アルペンルートバス、室堂トロリーバス、大観峰ロープウェイ、黒部平ケーブルカーと四つの乗り物を乗り継いで、黒部ダムに到着したのは9:25。紅葉のピークは大観峰から黒部平。

<GPS精度の>
峡谷内の行動であったため欠測が多く、精度はかなり低い。

<交通機関(復路)>
欅平からは、12:28トロッコ(約1時間45分)、14:47私鉄 宇奈月→寺田、16:26寺田→立山17:10
コース状況/
危険箇所等
基本的に右側が黒部川で、転落しないように最新の注意が必要。
黒部ダムから河畔に降りる道、仙人ダムから隧道を抜けるまでは迷いやすいので注意が必要。

写真

立山駅(ケーブルカー乗り場)。始発は混雑していました。
2020年10月11日 06:51撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山駅(ケーブルカー乗り場)。始発は混雑していました。
1
アルペンルートバスの車窓から、白山がうっすら見えました。
2020年10月11日 07:57撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルペンルートバスの車窓から、白山がうっすら見えました。
4
トロリーバスに乗ります。
2020年10月11日 08:15撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロリーバスに乗ります。
大観峰の景色。美しい。
2020年10月11日 08:31撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大観峰の景色。美しい。
8
黒部平から雄山方面を望む。紅葉がピークでした。
2020年10月11日 08:47撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部平から雄山方面を望む。紅葉がピークでした。
5
黒部湖に到着
2020年10月11日 09:05撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖に到着
右岸(長野側)のトンネル内が通路となっています。
2020年10月11日 09:21撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸(長野側)のトンネル内が通路となっています。
1
外に出る。ここまでの経路はちょっと分かりにくい。初めての場合は迷いやすいので注意が必要です。
2020年10月11日 09:29撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外に出る。ここまでの経路はちょっと分かりにくい。初めての場合は迷いやすいので注意が必要です。
1
黒部川を渡って
2020年10月11日 09:44撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部川を渡って
2
下流側から黒部ダムを望む
2020年10月11日 09:45撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下流側から黒部ダムを望む
2
下の廊下(旧日電歩道)が始まる。
2020年10月11日 09:56撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の廊下(旧日電歩道)が始まる。
4
残雪もありました。
2020年10月11日 11:09撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪もありました。
2
緊張感のある木製通路
2020年10月11日 11:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緊張感のある木製通路
2
写真撮影も三点支持で
2020年10月11日 11:26撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真撮影も三点支持で
5
番線を握りしめて通過する。頭上も注意が必要です。
2020年10月11日 11:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
番線を握りしめて通過する。頭上も注意が必要です。
2
チンサム
2020年10月11日 11:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チンサム
3
黒部峡谷の迫力を感じます
2020年10月11日 11:53撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部峡谷の迫力を感じます
3
綺麗にトラバースしている道。全部人の手で作られている。
2020年10月11日 13:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗にトラバースしている道。全部人の手で作られている。
4
電力ケーブル
2020年10月11日 13:35撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電力ケーブル
3
仙人ダム。ここか・・・
2020年10月11日 14:05撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人ダム。ここか・・・
この看板の指示通りに進む。迷いやすいので注意が必要。
2020年10月11日 14:06撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板の指示通りに進む。迷いやすいので注意が必要。
1
仙人ダムの落差はすごい。上に映るのは関西電力専用鉄道。
2020年10月11日 14:07撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人ダムの落差はすごい。上に映るのは関西電力専用鉄道。
2
仙人ダムから、一部、トンネル内部を通過する。地熱で暑い。
2020年10月11日 14:09撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人ダムから、一部、トンネル内部を通過する。地熱で暑い。
2
阿曽原温泉の入浴情報。20:30〜朝はフリー
2020年10月11日 14:49撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿曽原温泉の入浴情報。20:30〜朝はフリー
1
ゆっくりと過ごす。(風呂代含み1500円)
2020年10月11日 15:19撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくりと過ごす。(風呂代含み1500円)
3
最高です。温泉は地熱で暖められた真水というような感じ?
2020年10月11日 15:43撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高です。温泉は地熱で暖められた真水というような感じ?
2
高熱隧道/吉村昭著(新潮社)を読む。
2020年10月11日 17:25撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高熱隧道/吉村昭著(新潮社)を読む。
4
おはようございます。快晴なり。
2020年10月12日 05:39撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。快晴なり。
3
阿曽原温泉テント場。右側がトイレと水場。水はうまい。
2020年10月12日 07:22撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿曽原温泉テント場。右側がトイレと水場。水はうまい。
2
記念写真。二日目(水平歩道)スタート。
2020年10月12日 07:23撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念写真。二日目(水平歩道)スタート。
1
ブナ林もありました。
2020年10月12日 08:03撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林もありました。
2
あれが奥鐘山か・・・
2020年10月12日 08:27撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが奥鐘山か・・・
なが〜いトラバース。飽きて来ますが、集中力は切らさない。
2020年10月12日 08:35撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なが〜いトラバース。飽きて来ますが、集中力は切らさない。
4
コの字にくり抜かれた岩壁をゆく
2020年10月12日 09:11撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コの字にくり抜かれた岩壁をゆく
3
志合谷のトンネル。ヘッドライトが必要。
2020年10月12日 09:43撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志合谷のトンネル。ヘッドライトが必要。
2
岩壁とマッハさん
2020年10月12日 09:56撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩壁とマッハさん
1
欅平駅に到着。現実に戻って来てしまった。
2020年10月12日 11:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
欅平駅に到着。現実に戻って来てしまった。
3
猿飛温泉に浸からせていただきました(500円)
2020年10月12日 11:40撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿飛温泉に浸からせていただきました(500円)
2
さぁ帰ろう。
2020年10月12日 12:12撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ帰ろう。
1
トロッコ電車。
2020年10月12日 12:31撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロッコ電車。
3

感想/記録

以前から行ってみたかった黒部峡谷下の廊下(旧日電歩道+水平歩道)に行ってきました。経験者のマッハさんに誘っていただきまして、さらにテントを貸していただきました。まずはお礼を、ありがとうございました!

<備忘録>
ダム堤頂から河畔まで降ります。ここから旧日電歩道スタートです。
天気に恵まれ快調に足を進めます。次第に黒部川と通路との高度差が広がりチンサム、緊張しながら進みます。危険な箇所は番線に捕まりながら三点指示で。危険な箇所と言っても、うっかり落ちたらヤバイというだけで、技術的には高いレベルではないと思いますが、油断大敵です。ヘルメットと手袋は必携だと思います。
 先行者が19名いるとの情報があり、テント場が埋まるのではという潜在意識が働いてか、マッハさんの足取りはなかなかのはペースでした。
宿泊地の阿曽原温泉に到着。いい場所をゲットしてテント設営できました。そのあと早速露天風呂に浸からせていただきます。最高。テントに戻り乾杯。スマホも圏外。ゆったりとした時間を過ごしました。これがテント泊の魅力なのですね。
寝る前のお風呂もちゃっかりいただきました。ヘッドライトをつけて入浴は乙です。贅沢してすみません!

放射冷却で冷え冷えの朝でした。
4:45みなさんテント撤収で賑やか。目が覚めました。
空を見ると下弦の月が綺麗。では月見朝風呂をいただきましょう。一番風呂あざす。「朝はぬるいかもしれない」と管理人さんから聞いていたけれど、ちょっと熱めがちょうどよく、有難い限りでした、、、申し訳ない!

7:30、二日目の工程、水平歩道スタート。
旧日電歩道よりは歩きやすいけれど、黒部川との高度差がさらに大きくなって、万が一落ちたら命はないレベル。最後まで集中が必要です。紅葉も楽しめ、後立山連峰の景色も楽しめました。
行動中は阿曽原で汲んだ水をゴクゴク飲んでましたが、これがうまい!

11:15欅平到着。観光客に混じって巨大なザックが目立ちます。中学生の修学旅行(?)とバッティング。現実世界に引き戻されやれやれ残念な感覚と、やっと着いたという嬉しさ。
〆に猿飛温泉で汗を流してさっぱり。有難いです。

マッハさん二日間お世話になりありがとうございました!

<補足>
感覚的に工程のほぼ9割がトラバースのこの旅の面白い点は何なのか。
黒部峡谷を体感するのもマル。紅葉や秘境の阿曽原温泉を楽しむのもマル。
自分とそては、上にプラスしてなぜこんなところに道が作られているのか、考えながら歩きました。仙人ダム〜欅平の区間は「高熱隧道」の舞台です。是非この本を読んで欲しい(あとがきや解説まで)。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:455人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ