また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2656491 全員に公開 ハイキング 日光・那須・筑波

甲子山・旭岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大黒屋の手前に登山者用の駐車スペースが有ります。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間6分
休憩
1時間33分
合計
6時間39分
S甲子温泉06:2606:33白水沢06:3908:06甲子峠分岐08:0708:26甲子山08:4210:00旭岳10:4511:39甲子山11:5912:06甲子峠分岐12:55白水沢13:0013:04甲子温泉13:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
紅葉は甲子温泉辺りが始まりで、甲子山頂迄が最盛期でした。
1500m以上は殆ど紅葉が終わりあとは冬を待つばかりです。
コース状況/
危険箇所等
登山届は大黒屋駐車場の入り口に設置されています。
登山口は大黒屋の敷地を通った先に有るので解りずらいです。

甲子山までは整備されていて、多くの登山者が往来しています。
旭岳迄は一応通行禁止で、荒れた古い山道を辿って登れますが2〜3か所崩落している箇所が有るので注意を要します。
山頂付近は急斜面で赤土が滑り、笹やロープを使って登ります。
下りも同じように四つん這いになって下ります。

その他周辺情報甲子温泉「大黒屋」で日帰り入浴(700円)

まずは内風呂の有る恵比寿の湯で体を綺麗に洗い、着替えてさらに奥にある大岩風呂に向かいます。
大岩風呂は混浴で体を洗うことは出来ませんが、結構ぬるく何時までも入っていることが出来ます。
しかし、帰りの車の中では体が火照り温まっている感じでした。
これで、今日の疲れは取れたでしょう。

過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

甲子温泉「大黒屋」から登ります。
駐車場右側に登山届のポストがあります。
天気と紅葉もいい感じです。
2020年10月18日 06:22撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲子温泉「大黒屋」から登ります。
駐車場右側に登山届のポストがあります。
天気と紅葉もいい感じです。
8
堰堤の滝の脇を通ります。
2020年10月18日 06:28撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の滝の脇を通ります。
4
猿ヶ鼻辺りから紅葉が見頃です。
2020年10月18日 07:27撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿ヶ鼻辺りから紅葉が見頃です。
2
紅葉が日差しに映えます。
2020年10月18日 07:30撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が日差しに映えます。
5
この山道にはドングリが沢山落ちています。
2020年10月18日 07:46撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山道にはドングリが沢山落ちています。
6
途中リスを見かけましたが、これが目的だったのでしょうか。
2020年10月18日 07:53撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中リスを見かけましたが、これが目的だったのでしょうか。
8
紅葉の奥に大白森山が見えます。
2020年10月18日 07:55撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の奥に大白森山が見えます。
11
甲子峠分岐。
紅葉もいい感じです。
2020年10月18日 07:59撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲子峠分岐。
紅葉もいい感じです。
5
目指す旭岳の雄姿が見えました。
2020年10月18日 08:29撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す旭岳の雄姿が見えました。
11
雲海が見えます
2020年10月18日 08:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が見えます
9
甲子山よりの旭岳
2020年10月18日 08:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲子山よりの旭岳
12
旭岳の奥には三本槍岳が見えます。
紅葉は殆ど終わっています。
2020年10月18日 08:42撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳の奥には三本槍岳が見えます。
紅葉は殆ど終わっています。
8
旭岳からのガレ場
2020年10月18日 09:26撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳からのガレ場
2
奥から二股山、小白森山、大白森山、甲子山と続いています。
2020年10月18日 09:27撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥から二股山、小白森山、大白森山、甲子山と続いています。
12
山頂直下。
凄い急坂で足を取られ笹とロープを掴みながら登ります。
2020年10月18日 09:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下。
凄い急坂で足を取られ笹とロープを掴みながら登ります。
8
須立山、三本槍岳が綺麗に見えます。
2020年10月18日 09:34撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須立山、三本槍岳が綺麗に見えます。
7
坊主沼と避難小屋が見えました。
2020年10月18日 09:49撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊主沼と避難小屋が見えました。
7
観音沼への稜線
2020年10月18日 10:23撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音沼への稜線
5
三倉・大倉・流石山も綺麗に見えます。
2020年10月18日 10:25撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三倉・大倉・流石山も綺麗に見えます。
11
那須連山を一望することが出来ます。
2020年10月18日 10:25撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那須連山を一望することが出来ます。
8
旭岳山頂。
綺麗な標識が置いてありました。
2020年10月18日 10:30撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳山頂。
綺麗な標識が置いてありました。
10
甲子トンネルに入る橋が見えます。
この近くから登ってきました。
2020年10月18日 10:32撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲子トンネルに入る橋が見えます。
この近くから登ってきました。
3
今は使われていない甲子峠の林道が見えます。
2020年10月18日 10:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今は使われていない甲子峠の林道が見えます。
11
奥に磐梯山、雲の下に猪苗代湖、手前に布引山の風力発電が見えます。
2020年10月18日 10:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に磐梯山、雲の下に猪苗代湖、手前に布引山の風力発電が見えます。
2
今年これで最後と思われる紅葉の中をのんびりと帰ります。
2020年10月18日 12:08撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年これで最後と思われる紅葉の中をのんびりと帰ります。
11

感想/記録
by one928

茶臼岳方面は紅葉が目的の登山者が多く、駐車出来ない情報が多く有ったので比較的登山者が少ないと思われる奥甲子より旭岳を目指すことにしました。

旭岳は基本通行止めなので、天気の良い時でなければ中々登ることは出来ませんでした。この為、強風や曇りの時は諦めこの数年間は登ることは出来ませんでした。
この日は天気良好、風も殆どなく絶好のアタック日和でした。
登山道は形跡とピンクリボンがあり迷うことなく登れますが、所々崩落個所があり注意が必要でした。
しかし、一番の難所は山頂近くの急坂で滑り落ち笹や設置されているロープを掴みながら何とか登ることが出来ました。

帰りは反対側の坊主沼へ下る予定でしたが、探しても道は無く廃道となっていたようなので、また同じルートを戻りました。
しかし、これもまたしんどかったです。

ただ、好天に恵まれ旭岳から周辺の山々と紅葉を満喫し、時間も有ったので温泉でゆっくり過ごすことが出来満足な一日でした。







お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:523人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ