また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2659770 全員に公開 トレイルラン 奥多摩・高尾

三峰神社〜雲取山〜鷹ノ巣山〜倉戸口

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:西武秩父駅ー三峯神社(バス)
帰り:倉戸ー奥多摩駅(バス)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鷹巣山から倉戸へのルートは踏み跡が不明瞭な森林帯となるので、道迷いに注意。
途中ロープでコースをガイドしてあるところはあるが、木に着けられたマーカーは途切れ途切れであまり役に立たず、暗くなるとルートを見極めるのは難しいかも。
その他周辺情報倉戸バス停からトンネルを抜けた先に「日帰り温泉 鶴の湯」がある。
奥多摩駅まで戻れば、「もえぎの湯」など数件の日帰り入浴ができる温泉あり

装備

個人装備 ファーストエイドキット テーピングテープ 保険証 JIRO会員書 ココヘリ モンベルメンバーズカード JTBカード 免許証 雨具(上着のみ) 地図 コンパス ヘッドランプ 予備電池(ヘッドライト用) 熊鈴 ライター ポケットティッシュ ボディーシート スマホ 充電用バッテリー 充電用コード WiFi 時計 サングラス グローブ タオル 着替え 行動食

写真

ここを登って登山道に向かいます
2020年10月18日 09:51撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登って登山道に向かいます
妙法ヶ岳分岐です。手前に行くと妙法ヶ岳方面です。
2020年10月18日 10:04撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙法ヶ岳分岐です。手前に行くと妙法ヶ岳方面です。
フラットでかなりスピードが出せる箇所が幾つかありました。
もちろん、他の登山者の迷惑にはならないようにです。
2020年10月18日 10:10撮影 by Osmo Pocket, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フラットでかなりスピードが出せる箇所が幾つかありました。
もちろん、他の登山者の迷惑にはならないようにです。
地蔵峠への登り、上がったところが地蔵峠です。
2020年10月18日 10:38撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠への登り、上がったところが地蔵峠です。
霧藻ヶ峰から甲武信ヶ岳?方面
2020年10月18日 10:42撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧藻ヶ峰から甲武信ヶ岳?方面
霧藻ヶ峰休憩舎です。
2020年10月18日 10:47撮影 by Osmo Pocket, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧藻ヶ峰休憩舎です。
霧藻ヶ峰休憩舎から一旦下って一つピークを越えるとお清平です
2020年10月18日 10:53撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧藻ヶ峰休憩舎から一旦下って一つピークを越えるとお清平です
お清平からの登り
2020年10月18日 10:53撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お清平からの登り
お清平からの登りの途中に一寸した鎖場がありました。
実はこの後にも沢山あるのですが・・・
2020年10月18日 11:01撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お清平からの登りの途中に一寸した鎖場がありました。
実はこの後にも沢山あるのですが・・・
苔むした岩場が茶庭のようです。
雲取山周辺は苔の種類も豊富で趣がある景色が沢山ありますね。
2020年10月18日 11:09撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした岩場が茶庭のようです。
雲取山周辺は苔の種類も豊富で趣がある景色が沢山ありますね。
2
前白岩山の肩から前白岩山まで一寸急な登りです。
2020年10月18日 11:19撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前白岩山の肩から前白岩山まで一寸急な登りです。
前白岩山を超えると白岩小屋があります。小屋は閉鎖されています。
水場は使えるそうです。
2020年10月18日 11:39撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前白岩山を超えると白岩小屋があります。小屋は閉鎖されています。
水場は使えるそうです。
1
読めないですが白岩山のピークです。
2020年10月18日 11:55撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
読めないですが白岩山のピークです。
大ダワです。ここから雲取山への登りです。
2020年10月18日 12:19撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワです。ここから雲取山への登りです。
1
一旦小屋経由ルートに入ったのですが、距離が短い男坂のコースに変更しました。
2020年10月18日 12:19撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦小屋経由ルートに入ったのですが、距離が短い男坂のコースに変更しました。
小屋から少し上がったところに田部重治氏のレリーフがあります。
2020年10月18日 12:37撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋から少し上がったところに田部重治氏のレリーフがあります。
レリーフのところから雲取山荘を入れて来た方を撮ってみました
2020年10月18日 12:38撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レリーフのところから雲取山荘を入れて来た方を撮ってみました
1
雲取山山頂です。
思ったより人は少なかったです。
登山者が3パーティ、トレイルランナーが2パーティといったところでした。
2020年10月18日 13:02撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山山頂です。
思ったより人は少なかったです。
登山者が3パーティ、トレイルランナーが2パーティといったところでした。
2
山頂からの景色はあいにくのガスで殆ど見えませんでした。
2020年10月18日 13:08撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの景色はあいにくのガスで殆ど見えませんでした。
雲取山からの急な下りが終わると、しばらくは軽い下りの気持ちがいい走りができます。
2020年10月18日 13:08撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山からの急な下りが終わると、しばらくは軽い下りの気持ちがいい走りができます。
1
七ッ石山のピーク
2020年10月18日 14:00撮影 by Osmo Pocket, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ッ石山のピーク
七ツ石山を超えるとしばらくフラットなコースが続くので、高丸山の登りがきつく感じられます。
2020年10月18日 14:27撮影 by Osmo Pocket, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山を超えるとしばらくフラットなコースが続くので、高丸山の登りがきつく感じられます。
振り返るとこんな感じの急登です。
2020年10月18日 14:29撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな感じの急登です。
1
あと一寸で高丸山のピークです。
2020年10月18日 14:29撮影 by Osmo Pocket, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと一寸で高丸山のピークです。
高丸山を登り着ると今度は急降下。自分が走れる斜度ではないです。
遠くに奥多摩湖が見えます。
2020年10月18日 14:31撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高丸山を登り着ると今度は急降下。自分が走れる斜度ではないです。
遠くに奥多摩湖が見えます。
日蔭名栗山のピーク標識はあんまりはっきりしません。
2020年10月18日 14:47撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日蔭名栗山のピーク標識はあんまりはっきりしません。
鷹ノ巣山下の避難小屋。
避難小屋の中にはどなたか居るようで、話し声が聞こえました。
外には天幕もあったのですが、幕営してもいいの?
2020年10月18日 15:01撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山下の避難小屋。
避難小屋の中にはどなたか居るようで、話し声が聞こえました。
外には天幕もあったのですが、幕営してもいいの?
鷹ノ巣山への登りはかなり長い登りです。
2020年10月18日 15:13撮影 by Osmo Pocket, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山への登りはかなり長い登りです。
もう少しで鷹ノ巣山ピーク
2020年10月18日 15:20撮影 by Osmo Pocket, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで鷹ノ巣山ピーク
鷹ノ巣山ピーク。疲れた。
2020年10月18日 15:22撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山ピーク。疲れた。
1
曇ってはいましたが、手前に三頭山、土俵山、奥には丹沢の大室山、檜洞丸、蛭が岳、丹沢山、大山等が見えました。
2020年10月18日 15:22撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇ってはいましたが、手前に三頭山、土俵山、奥には丹沢の大室山、檜洞丸、蛭が岳、丹沢山、大山等が見えました。
鷹ノ巣山からの下りです。
2020年10月18日 15:22撮影 by Osmo Pocket, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山からの下りです。
榧ノ木山を過ぎた樹林帯。
16時を廻りました、ここからは日没との勝負。
2020年10月18日 16:07撮影 by Osmo Pocket, DJI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榧ノ木山を過ぎた樹林帯。
16時を廻りました、ここからは日没との勝負。
1

感想/記録

お天気が持ちそうなので、雲取山へ走りに行ってきました。

バスの都合上、三峯神社を10時近くの遅い出発。
紅葉シーズに入ったので、登山客が多いかと思ったのですが
前日までの悪天と紅葉がまだ一寸早かったからなのか
ポツポツと会う程度で静かな山を楽しめました。

鹿の鳴き声がしきりに聞こえていたので、会えるかなと
思っていたら3回ほど遭遇。一回は子鹿を連れての親子に会いました。
鷹の巣山からの下りでは、猿たちにも遭遇しました。
まあ、最近は何処に登っても猿に会っているようなきはしますが・・・。

コース全体としてはフラットな箇所も多くあり、それなりに走った感はあります。
三峯神社から雲取山まではあまりきつい登り降りはありませんが、雲取山から倉戸までは奥多摩特有の急登急降下が続き、かなり足を使わされます。
逆ルートの方が足が残っている分、楽かもしれません。

雲取山から鷹巣山に向かう間を一寸ダラダラと走ってしまったので鷹巣山に15時半近くの到着。

鷹巣山から下り初めて直ぐに気がついたのですが、倉戸までは尾根筋ではなく森林帯の中がメインルートになります
このルートは踏み跡が不明瞭なうえにルートガイドのテープも所々にある程度なのでで、途中何回かコースを見失ってしまいました。

そう、メインコースではないルートは踏み跡が殆どないというのを何度も経験しているはずなのに、全く学習能力が無い・・・。

曇り空のうえに森林帯は暗くなるのも早いはずで、森林他の中で暗くなるとヘッデンだけではルートを見つけるのが困難になることは必至だったので、途中から日没との競争で爆走。
無事日没前には倉戸についたのですが、足が完全になくなってしまっていてバス停までの舗装道路が本日一番きつい区間となりました。

バスの時刻までにまだ余裕があると思っていたら、時刻表と全く違う時間に来た(10分以上早かった)のですが、遅れてたってことですかね?
乗れなかったら次のバスはちゃんと来たんだろうか・・・。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:216人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ