また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2663294 全員に公開 ハイキング 奥秩父

紅葉狙いで大菩薩嶺へ

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月20日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間34分
休憩
7分
合計
3時間41分
S上日川峠06:2406:48福ちゃん荘06:5206:52福ちゃん荘テント場06:5308:08雷岩08:16大菩薩嶺08:1708:25雷岩08:2608:33神部岩08:49賽ノ河原08:54親不知ノ頭09:06大菩薩峠09:39勝縁荘09:42富士見山荘09:47福ちゃん荘テント場10:04上日川峠10:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

早朝、中央高速「大月IC」を降りると残距離は38km。 国道20を西進し、笹子トンネル先の「景徳院入口」交差点を右折して県道218を19kmほど北進して上日川峠の路肩Pに駐車。
2020年10月20日 06:23撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝、中央高速「大月IC」を降りると残距離は38km。 国道20を西進し、笹子トンネル先の「景徳院入口」交差点を右折して県道218を19kmほど北進して上日川峠の路肩Pに駐車。
1
6時22分、「ロッジ長兵衛」横の「大菩薩嶺→」標識に従い林道へ出発し、次の標識で車道沿いの山道に入って先ずは「福ちゃん荘」を目指す。
2020年10月20日 06:24撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時22分、「ロッジ長兵衛」横の「大菩薩嶺→」標識に従い林道へ出発し、次の標識で車道沿いの山道に入って先ずは「福ちゃん荘」を目指す。
1
黄葉に色づいた森の道脇に「オオワライタケ」が群生していたのでカメラに収める。
2020年10月20日 06:33撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄葉に色づいた森の道脇に「オオワライタケ」が群生していたのでカメラに収める。
6時50分、「福ちゃん荘」に着くと店頭の気温計が4度を表示。「唐松尾根→」標識に従い「雷岩」を目指す。
2020年10月20日 06:51撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時50分、「福ちゃん荘」に着くと店頭の気温計が4度を表示。「唐松尾根→」標識に従い「雷岩」を目指す。
自然林は既に黄葉状態だが紅葉は僅か。東の薄雲越しに朝日が差し込み始めた。
2020年10月20日 07:30撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然林は既に黄葉状態だが紅葉は僅か。東の薄雲越しに朝日が差し込み始めた。
出発地点から約300m高度を上げると風が通る裸地には早くも一面の霜柱。
2020年10月20日 07:43撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発地点から約300m高度を上げると風が通る裸地には早くも一面の霜柱。
この辺りから南に大きく視界が開け始め・・・
2020年10月20日 07:48撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから南に大きく視界が開け始め・・・
色づいた自然林先に大菩薩湖、その先には雪を纏った富士山がすっきり。
2020年10月20日 16:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色づいた自然林先に大菩薩湖、その先には雪を纏った富士山がすっきり。
2
8時9分、「雷岩」へ上り着き、北300m先の「大菩薩嶺」を目指す。
2020年10月20日 08:09撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時9分、「雷岩」へ上り着き、北300m先の「大菩薩嶺」を目指す。
8時18分、展望の利かない「大菩薩嶺2057m」で記録写真を残し、往路を戻る。
2020年10月20日 08:18撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時18分、展望の利かない「大菩薩嶺2057m」で記録写真を残し、往路を戻る。
1
「雷岩」へ戻り、南の大展望を楽しみながら1.4km先の「大菩薩峠」を目指し
2020年10月20日 08:25撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「雷岩」へ戻り、南の大展望を楽しみながら1.4km先の「大菩薩峠」を目指し
3
大菩薩連嶺の尾根筋を南へ緩く下っていく。
2020年10月20日 08:29撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩連嶺の尾根筋を南へ緩く下っていく。
岩塊帯を乗り越す箇所もあった。
2020年10月20日 08:42撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩塊帯を乗り越す箇所もあった。
8時50分、峠地形に下ると「賽の河原」標柱、その先のピークに上ると「親不知の頭」標柱が立てられていた。
2020年10月20日 08:50撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時50分、峠地形に下ると「賽の河原」標柱、その先のピークに上ると「親不知の頭」標柱が立てられていた。
この寒さの中、笹原に2輪の「リンドウの花」を見つけカメラに収める。
2020年10月20日 16:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この寒さの中、笹原に2輪の「リンドウの花」を見つけカメラに収める。
9時5分、「大菩薩峠」に建つ「介山荘」先の分岐を右折し、砂利林道で西へ下る。
2020年10月20日 09:05撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時5分、「大菩薩峠」に建つ「介山荘」先の分岐を右折し、砂利林道で西へ下る。
標高1700m辺りまで下って「勝緑荘」横を通過、この辺りの黄葉が綺麗。その先で「冨士見山荘」前を通過。
2020年10月20日 09:38撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1700m辺りまで下って「勝緑荘」横を通過、この辺りの黄葉が綺麗。その先で「冨士見山荘」前を通過。
9時46分、休憩登山者の多い「福ちゃん荘」前を通過。
2020年10月20日 09:47撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時46分、休憩登山者の多い「福ちゃん荘」前を通過。
1
その先は車道で下山続行して 10時3分、車に戻って帰路に就き、12時20分には無事帰宅。
2020年10月20日 09:53撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先は車道で下山続行して 10時3分、車に戻って帰路に就き、12時20分には無事帰宅。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1439人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ