また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2673130 全員に公開 雪山ハイキング 槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳(新穂高温泉)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月24日(土) ~ 2020年10月25日(日)
メンバー , その他メンバー3人
天候1日目 曇りのち吹雪(上の方強風)
2日目 晴れ(上の方強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高ロープウェイ駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間6分
休憩
31分
合計
7時間37分
Sスタート地点06:0906:18小鍋谷ゲート06:1906:53穂高平小屋07:0507:39白出沢出合07:3908:58滝谷避難小屋08:5809:03藤木レリーフ09:0409:45槍平小屋10:0112:08飛騨沢千丈乗越分岐12:0913:33飛騨乗越13:3513:46槍ヶ岳山荘
2日目
山行
5時間13分
休憩
54分
合計
6時間7分
槍ヶ岳山荘07:2007:45槍ヶ岳08:1208:23槍ヶ岳山荘08:3208:39飛騨乗越08:4009:17飛騨沢千丈乗越分岐09:1710:15槍平小屋10:3211:12藤木レリーフ11:1211:17滝谷避難小屋11:1712:26白出沢出合12:2612:55穂高平小屋12:5513:19小鍋谷ゲート13:1913:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前半なだらか後半雪
その他周辺情報ひがくの湯700円

写真

隊長は半袖でゆく
2020年10月24日 08:59撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隊長は半袖でゆく
1
下の方は紅葉が綺麗
奥に雲行きのあやしい険しい山が
2020年10月24日 09:02撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方は紅葉が綺麗
奥に雲行きのあやしい険しい山が
1
雪?霜?が見られるように
2020年10月24日 10:36撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪?霜?が見られるように
先行する隊長からのメッセージ
2020年10月24日 11:06撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行する隊長からのメッセージ
2
ここが引くか引かないかの瀬戸際だった。既に風はやや出始め、上の方は雪が降ってそう。
2020年10月24日 12:08撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが引くか引かないかの瀬戸際だった。既に風はやや出始め、上の方は雪が降ってそう。
2
結果行くことにし、吹き付ける氷の粒と強風と戦いながら小屋を目指す。
2020年10月24日 12:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結果行くことにし、吹き付ける氷の粒と強風と戦いながら小屋を目指す。
2
何が書いてあるのかよめまてん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何が書いてあるのかよめまてん
2
山荘ごはんはハンバーグ
おかずいっぱいで美味!
2020年10月24日 17:01撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘ごはんはハンバーグ
おかずいっぱいで美味!
6
強風極寒の中見たご来光
2020年10月25日 06:10撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風極寒の中見たご来光
8
山頂アタックするぞ!
2020年10月25日 07:21撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂アタックするぞ!
9
山頂到着!!一面雪景色で圧巻の一言
2020年10月25日 07:51撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着!!一面雪景色で圧巻の一言
7
影のとんがってるところに私は今いる
2020年10月25日 07:51撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影のとんがってるところに私は今いる
6
槍ヶ岳山荘
2020年10月25日 08:06撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘
5
一夜にして雪山となった
2020年10月25日 09:15撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一夜にして雪山となった
3
下の方は風がなくていい感じ
お疲れさまでした
2020年10月25日 10:01撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方は風がなくていい感じ
お疲れさまでした
1

感想/記録
by Yaneo

山友は県境を越えてPart2
長野県と岐阜県から1年ぶりにメンバーが集結。前回燕岳から見て行きたいねと言っていたまさかの槍ヶ岳に挑戦することに。
思いついたのが若干遅く、コロナの人数制限もあり、もう閉ざされてるかと思いきや、山小屋営業最終日に滑り込むことができた。天気予報は2日とも山頂付近は20mを超える強風で、特に初日の天気が危ぶまれた。

序盤はとてもなだらかな道のりで、本当に槍ヶ岳に向かっているのか不思議になるようだった。
しかし、槍平小屋から徐々に傾斜が急になり、樹木に雪が付着するなど冬山らしい景色に変わっていった。そして千丈沢乗越分岐に至るまでに2人強風ゆえに引き返してきた人とすれ違った。私たちは行く気満々でいたのでちょっと「えっ?」と動揺するも、時間・服・食料にゆとりがあったのと、隊長の「今から4時間かけて下るより2時間頑張る方を選ぶわー」の一言で小屋を目指してそのまま進む。
千丈沢乗越分岐以降、ここからが試練の始まりで、吹きつける風が冷たいのはもとより、氷の粒がビシビシと顔に当たって痛いし、容赦なくフードの中に吹き込んでくる。始めはあまりの強風に進めず立ち止まり、少し和らいだ合間にそれっと歩き進んでいたが、それではいつまで経っても着かないと、途中から向かい風でもムーンウォークやらカニ歩きで一刻も早く山荘に着きたい思いで歩みを進めた。
うっすらと見える前を行く人を心のよりどころにして、なんとかついて行こうと、必死に風と戦う。
飛騨乗越は前後左右からの風の通り道で、もう何がなんだかわからんくらい吹き荒れていた。標識も付着した氷で読めず、マップを確認して左だ!と小屋へまっしぐら。
なんとか全員無事小屋に転がり込むことができ、互いに口々にやばかったねと、初日の山行を振り返る。この日は一晩中吹雪いていたので、星を見ることはできなかった。

翌日、ご来光を見に外へ出るとまたもや強風!晴れていたのは幸いだったが、風が巻き上げる雪がビシビシ顔に当たって超寒い🥶昨日は見えなかった槍が姿を現し、その勇姿に一同興奮。槍とご来光と渦巻く雲という、タイムラプスで早送りを見ているかのような光景だった。
一段落して風も少し?穏やかになったところでいざ山頂へ。切り立つ斜面が超怖い。三点支持に鎖とハシゴを使ってたどり着いた山頂は圧巻の一言!相変わらず風は強かったが、360度いろんな山々が一度に見渡せる絶好のスポットだった。ここに来れた喜びを一同分かち合う。
下りはより慎重に、無事山荘まで戻った後は満足して下山に向かった。
道は一夜にして雪山に豹変し、膝下くらいまでふかふかの雪が積もっていた。昨日の苦労は何だったんだろうと思うほどに下りはふかふかズンズン進んでいった。そして槍平小屋を越してからの平たい道の長いこと😅

今回は多少強行突破型ではあったが、念願の槍ヶ岳に登って、無事下山することができて本当に良かった。
皆口を揃えて「もう二度と来ねえ笑」と言っていたが、どうだろう?笑 その分心に残るとても濃い山行となった。来年はどこに行こうかね!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:468人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ