また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2674176 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

紅葉谷・石切道・住吉道・東おたふく山・保久良神社

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
神戸電鉄:有馬温泉駅、阪急:岡本駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
紅葉谷:倒木一か所、住吉道は七曲り通行止めのため六甲最高峰は迂回路利用です。

写真

長く通行止めだった崩落場所、コンクリートで固められています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長く通行止めだった崩落場所、コンクリートで固められています
2
迂回路の先に名瀑(七曲、竈)があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路の先に名瀑(七曲、竈)があります
2
紅葉にはまだ早い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉にはまだ早い
1
紅葉谷は「太陽と緑の道」です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉谷は「太陽と緑の道」です。
トイレもある休憩所(有難い)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレもある休憩所(有難い)
1
石切道と住吉道の出会い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石切道と住吉道の出会い
住吉道の石畳、昔は全面石畳だったと想像してしまう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住吉道の石畳、昔は全面石畳だったと想像してしまう
住吉川の両岸に道があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住吉川の両岸に道があります
この分岐で最高峰への道に悩むハイカーが多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐で最高峰への道に悩むハイカーが多い
東おたふく山頂からの眺め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東おたふく山頂からの眺め
1
お目当ての1つ目 センブリ 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お目当ての1つ目 センブリ 
2
お目当ての2つ目 リンドウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お目当ての2つ目 リンドウ
2
お目当ての3つ目 ススキ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お目当ての3つ目 ススキ
風吹岩 一部崩落している
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風吹岩 一部崩落している
お目当ての4つ目 保久良神社の磐座 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お目当ての4つ目 保久良神社の磐座 
1
お目当ての5つ目 ”灘の一ツ火”
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お目当ての5つ目 ”灘の一ツ火”
1

感想/記録

アルプス遠征が天候不順で中止になったので「太陽と緑の道」コース6,7,8,9を歩いてみた。住吉道は白鶴美術館から前半部、七曲りは通行止めのため割愛すると、上手く周回できる。石切道を歩いたことが無かったので名前の由来となった「石切り場」を探してみたが、よく分からなかった。
六甲最高峰に通じる「七曲り」通行止めで迂回路を探す姿が目立った。地図やGPSを活用できるようになってほしいが、道案内の整備もしておかないと不味いと思う。
裏六甲と違ってすれ違うハイカーの多さにビックリした。
100名以上に挨拶したと思う。やっぱり日の当たる表は違う。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:127人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ