また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2676348 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 富士・御坂

御坂山地

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴 北風冷たい
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き 青梅・中央線 大月駅 1:10 最終
帰り 富士急行バス 西湖いやしの里根場ー河口湖駅 20分遅延。富士急行・中央・青梅線
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.4~0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間48分
休憩
1時間45分
合計
10時間33分
S大月駅01:3601:40上大月駅02:08源氏橋02:19初狩駅02:2603:00吉久保入口バス停03:06笹一酒造03:09笹子駅03:2803:40追分バス停03:45追分トンネル04:07変電所04:25清八山、本社ヶ丸登山口04:2705:04清八山05:1805:28八丁山分岐05:39八丁峠(プレート)05:4105:43藤野木八丁峠06:40旧御坂峠07:05黒岳07:10黒岳展望台07:1507:17黒岳07:25すずらん峠07:32破風山07:41新道峠07:55中藤山07:5708:18不逢山08:23大石峠08:2908:43金堀山09:02節刀ヶ岳分岐09:04節刀ヶ岳09:1909:20節刀ヶ岳分岐09:2109:26金山09:2709:42鬼ヶ岳09:4510:14鍵掛峠10:2110:30鍵掛10:58王岳11:1511:43王岳登山口12:00いやしの里根場登山者用駐車場12:05いやしの里バス停12:0912:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的には良好。
アプローチ…稜線で夜明けにしたいので大月最終列車からスタート。笹子から清八峠登山口へ。林道最終地点からいきなり渡渉地点が崩れているのでビビるけれど普通の登山道。
清八峠ー黒岳…清八山直下で手書きの分岐標識。道は穏やかでよく整備されている。
黒岳ー節刀ヶ岳…新道峠まではおだやか。そこから節刀ヶ岳まではやたらと長く感じた。特に厳しい道ではないのだけれど。
ー鬼ケ岳ー王岳…露岩がそこらにあって一番眺望のいい尾根道。小さいアップダウンも多い。登山者も多いので少しすれ違いに注意が必要。
ー根場…予定では女坂峠から精進湖へ落ちるつもりだったけれど。王岳から五湖山方面の道がよく分からず。怪しいのでそのまま根場へ降りることに。最初は笹まみれで歩きにくい。そのあとは急だけれど良く整備された道。最後は治山用の林道(あれている)で降りる。
その他周辺情報稜線からは水場がない。根場に売店アリ。

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 着替え ザック 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル

写真

久しぶりの快晴予報で山登り。富士山を見に三坂山地へ。取り付きは一番楽そうな清八峠から。
国道の温度計で七度。寒い。お腹の調子が悪い。
2020年10月25日 03:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの快晴予報で山登り。富士山を見に三坂山地へ。取り付きは一番楽そうな清八峠から。
国道の温度計で七度。寒い。お腹の調子が悪い。
夜明け一時間前に稜線到着。ここが一番寒かった。
2020年10月25日 05:08撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け一時間前に稜線到着。ここが一番寒かった。
分岐点。手書きの小さな指導標。ただ道はとても良い。
2020年10月25日 05:20撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点。手書きの小さな指導標。ただ道はとても良い。
八丁峠の鉄塔から。
2020年10月25日 05:39撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠の鉄塔から。
1
紅葉も見ごろ。
2020年10月25日 05:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉も見ごろ。
1
御坂山。地味。ここだけは以前来たことがあった。
2020年10月25日 06:20撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御坂山。地味。ここだけは以前来たことがあった。
旧峠の茶屋跡。
2020年10月25日 06:40撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧峠の茶屋跡。
1
黒岳展望地から河口湖と富士山。文句なしの快晴。
2020年10月25日 07:07撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳展望地から河口湖と富士山。文句なしの快晴。
1
進行方向と南アルプス。
2020年10月25日 07:34撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向と南アルプス。
新道峠には展望台の取付工事中。ただ稜線の登山道で予告なしに通行禁止の張り紙はとても困る。
2020年10月25日 07:41撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道峠には展望台の取付工事中。ただ稜線の登山道で予告なしに通行禁止の張り紙はとても困る。
大石峠。薄越しに。
2020年10月25日 08:29撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石峠。薄越しに。
節刀ヶ岳から。ここもとても眺めがよい。
2020年10月25日 09:04撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
節刀ヶ岳から。ここもとても眺めがよい。
一番登山者が多かったところ鬼ヶ岳から進行方向。
2020年10月25日 09:42撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番登山者が多かったところ鬼ヶ岳から進行方向。
1
甲府盆地と八ヶ岳。
2020年10月25日 09:44撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲府盆地と八ヶ岳。
白峰・鳳凰山と甲斐駒であってるかな。
2020年10月25日 09:44撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白峰・鳳凰山と甲斐駒であってるかな。
王岳直下の分岐点。精進湖方面の踏み跡が分からず不安になって西湖へ逃げる。どうもこの先の急坂をひたすら下りればいいみたい。
2020年10月25日 11:15撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
王岳直下の分岐点。精進湖方面の踏み跡が分からず不安になって西湖へ逃げる。どうもこの先の急坂をひたすら下りればいいみたい。
根場いやしの里から。
2020年10月25日 12:41撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根場いやしの里から。
2

感想/記録

完璧な快晴。楽しかったけれど寒かった。そろそろ本格的に冬服にしないときついかも。あと御坂山地はよく整備されているけれど、ひたすら長いので体力勝負。水場もないのでそのあたりも考えてやらないと後半で苦労する。鬼ヶ岳〜王岳以外は登山者も少ないので静かに楽しめる。ただし車がないとアクセスが大変。特に今はバス・電車両方とも減便しているので注意が必要。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:205人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アプローチ 林道 渡渉 水場 紅葉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ