また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2677550 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

鳳凰三山(冠雪の北岳・間ノ岳と燃えるカラマツ_ドンドコ沢↑中道↓)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候ほぼ快晴。鳳凰ブルーを堪能しました😊
気温は、最低2℃、最高9℃。
地蔵ヶ岳〜薬師ヶ岳の稜線上は、風速10数m。冷たい風に体力を奪われました😫
アクセス
利用交通機関
車・バイク
青木鉱泉の登山者用駐車場。青木鉱泉は今年は21日に営業終了したので、駐車場料金の徴収は無し。
南諏訪インターで降りて行った(北側ルート?)ので、ダートは少なかった。
深夜着の際は鹿、帰りに出る際は狸が数頭 車の側を通り過ぎて行ったので、注意して走行する必要あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間29分
休憩
1時間13分
合計
13時間42分
S青木鉱泉04:4707:08南精進ヶ滝07:1608:45白糸の滝08:5509:28五色の滝09:3110:19鳳凰小屋10:3111:30地蔵ヶ岳11:4112:03アカヌケ沢の頭12:0412:48鳳凰小屋分岐13:19鳳凰山13:3013:57薬師岳14:0715:03御座石15:0617:09林道出合17:1217:49中道ルート登山口17:5018:29青木鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2020-10-25 04:43:55
合計時間: 13時間45分
平面距離: 18.86km
沿面距離: 20.10km
最高点の標高: 2846m
最低点の標高: 1061m
コース状況/
危険箇所等
登りのドンドコ沢ルートでは、ヘッデン点けながらのルートファインディングに苦労しました。ルートロスト3回。また、足2つ分しかない道幅のトラバースが長く、注意が必要です。
下りの中道ルートは、非常に整備されており、危険箇所はほとんどありません
その他周辺情報下山後は、青木鉱泉が営業終了していたので、むかわの湯へ。830円がJAF割引で630円。内湯3、露天1、サウナ2。感染対策しっかりしてます

装備

個人装備 軽アイゼン(使用せず) 水色ヘルメット
備考 普通の魔法瓶の水筒は重かった

写真

名前がついていない滝ですが、十分に見ごたえがあります
2020年10月25日 06:33撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前がついていない滝ですが、十分に見ごたえがあります
山の端から朝日が顔を出す
2020年10月25日 06:43撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の端から朝日が顔を出す
1
南精進ノ滝。左上のカラマツが黄金色に輝いて、滝への拍手喝采のようw
2020年10月25日 07:09撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南精進ノ滝。左上のカラマツが黄金色に輝いて、滝への拍手喝采のようw
1
空に黄色と黄緑色が輝く
2020年10月25日 07:21撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空に黄色と黄緑色が輝く
2
やっぱり太陽に透けると、綺麗ですね
2020年10月25日 07:34撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり太陽に透けると、綺麗ですね
1
カラマツが山肌を彩っています
2020年10月25日 07:46撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツが山肌を彩っています
3
赤い斑点のある山肌。
奥の山々は何?
2020年10月25日 07:56撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い斑点のある山肌。
奥の山々は何?
1
ドウダンツツジの赤色は、本当に綺麗です。大好き
2020年10月25日 08:05撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドウダンツツジの赤色は、本当に綺麗です。大好き
1
五色ノ滝。滝壺まで行けるので、行ってみます
2020年10月25日 09:18撮影 by ASUS_X01AD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色ノ滝。滝壺まで行けるので、行ってみます
1
迫力あり!
滝壺には虹が二重に出てました!
2020年10月25日 09:23撮影 by ASUS_X01AD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力あり!
滝壺には虹が二重に出てました!
2
辺りには、しぶきが霧となって舞っていました。
この後、ザックデポ地点に戻ったところで、気さくな方に、大福を頂戴しました。ご馳走様でした(^Q^)
2020年10月25日 09:26撮影 by ASUS_X01AD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辺りには、しぶきが霧となって舞っていました。
この後、ザックデポ地点に戻ったところで、気さくな方に、大福を頂戴しました。ご馳走様でした(^Q^)
地蔵ヶ岳が見えた!
2020年10月25日 10:02撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵ヶ岳が見えた!
1
カラマツの黄金色が空の青色によく映える。ロイヤルカラーですねw
2020年10月25日 10:20撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツの黄金色が空の青色によく映える。ロイヤルカラーですねw
3
これが、あの賽の河原かぁ!
2020年10月25日 10:58撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが、あの賽の河原かぁ!
1
賽の河原は、雨と雪でしまってましたが、それでも意外と距離があるので、しんどかった(>_<)
2020年10月25日 11:07撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原は、雨と雪でしまってましたが、それでも意外と距離があるので、しんどかった(>_<)
振り返ると、この展望!
2020年10月25日 11:13撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、この展望!
地蔵仏の先端。
左で見上げている方は、足元まで行かれたそうです
2020年10月25日 11:31撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵仏の先端。
左で見上げている方は、足元まで行かれたそうです
甲斐駒ヶ岳。雪は融けたようですね
2020年10月25日 11:44撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳。雪は融けたようですね
4
地蔵仏。屹立する姿は異形。
左のお二人は大福を下さった方です(*^_^*)
2020年10月25日 11:47撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵仏。屹立する姿は異形。
左のお二人は大福を下さった方です(*^_^*)
1
蓼科山〜八ヶ岳
2020年10月25日 11:59撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山〜八ヶ岳
第2位と第3位
2020年10月25日 12:02撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2位と第3位
1
黄葉のカラマツと白雪の北岳・間ノ岳
2020年10月25日 12:17撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄葉のカラマツと白雪の北岳・間ノ岳
1
悪沢岳。左からが千枚からの稜線のようです。3年前の夏に上がりました
2020年10月25日 12:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳。左からが千枚からの稜線のようです。3年前の夏に上がりました
1
北岳。雪をまとった姿が凛々しくて、完全に惚れました!
2020年10月25日 12:22撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳。雪をまとった姿が凛々しくて、完全に惚れました!
4
仙丈ヶ岳。
女王も薄化粧
2020年10月25日 12:40撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳。
女王も薄化粧
1
瑞牆山から金峰山。
稜線、けっこう長いな…
2020年10月25日 12:48撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山から金峰山。
稜線、けっこう長いな…
観音ヶ岳への稜線。軽アイゼンの重みが肩に喰い込みます…(T T)
2020年10月25日 13:11撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音ヶ岳への稜線。軽アイゼンの重みが肩に喰い込みます…(T T)
薬師ヶ岳と雄大な富士。雲も富士山を避けてたなびいている
2020年10月25日 13:14撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師ヶ岳と雄大な富士。雲も富士山を避けてたなびいている
アップ。少し冠雪してますね
2020年10月25日 13:15撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップ。少し冠雪してますね
4年前の夏に千丈に初めて登ったのが、初の南アルプスでした。その際、地蔵ヶ岳が見えた。ようやく鳳凰三山に来れたんだなぁと感慨に浸りました
2020年10月25日 13:16撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4年前の夏に千丈に初めて登ったのが、初の南アルプスでした。その際、地蔵ヶ岳が見えた。ようやく鳳凰三山に来れたんだなぁと感慨に浸りました
1
観音ヶ岳。二等三角点。
ちょっと赤く染まったようになっているのは、アーベントロートなどではなく、着ていたソフトシェルの色が写ったものです(^^;)
2020年10月25日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音ヶ岳。二等三角点。
ちょっと赤く染まったようになっているのは、アーベントロートなどではなく、着ていたソフトシェルの色が写ったものです(^^;)
1
薬師ヶ岳への白砂の天空漫歩
2020年10月25日 13:37撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師ヶ岳への白砂の天空漫歩
もう一度、間ノ岳。稜線を歩くに従って、日の光の当たり方が良くなり、白い雪が青い空に映えてます
2020年10月25日 13:39撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度、間ノ岳。稜線を歩くに従って、日の光の当たり方が良くなり、白い雪が青い空に映えてます
1
ミニ地蔵仏
2020年10月25日 13:40撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニ地蔵仏
1
カラマツが燃える!!
2020年10月25日 13:41撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツが燃える!!
5
悪沢岳〜赤石避難小屋は雷雨でした
2020年10月25日 13:46撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳〜赤石避難小屋は雷雨でした
1
中道を下って1時間で、御座石。孝謙法皇が登られた時の名残だという
2020年10月25日 15:02撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道を下って1時間で、御座石。孝謙法皇が登られた時の名残だという
1
中道には、鮮やかな紅葉がまだまだ残っていました
2020年10月25日 16:52撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道には、鮮やかな紅葉がまだまだ残っていました
1

感想/記録

4年前の夏に千丈ヶ岳に初めて登ったのが、初の南アルプス。その際、樹林帯で休憩中に、近くにいた方から、あれが地蔵ヶ岳のオベリスクだと教えてもらった。その時の千丈は、慎重になって、馬の背ヒュッテで泊まる一泊二日のプランとした。
今回、満を持して?ガイドブック一泊二日のコースを日帰りで挑戦。

一週間前に積雪数10cmの情報に接し、諦めかけた(雨飾山の紅葉に浮気w)が、鳳凰小屋のブログで雪は融けていると分かり、軽アイゼン持参とする。

結果は、素晴らしい山行となった。
鳳凰ブルーに屹立する地蔵仏、我関せずと雪を振り払った甲斐駒ヶ岳、白く薄化粧した千丈ヶ岳、肩を並べる凛々しき北岳・間ノ岳、そして全てを従える裾野を有する富士。
大絶景を眺めながらの稜線縦走は、(雪山に登れない自分にとっては)正に今しか味わうことのできない体験となった。

3年前の常念岳〜蝶ヶ岳の縦走では、槍ヶ岳〜穂高連峰の魅力に心打たれた。
昨年の烏帽子岳〜赤牛岳のU字縦走では、死ぬまで山行を続けても、これ以上の絶景には二度と出逢えないだろうと覚悟を決めた。

それでもまた、山はこうして異なる美しい姿を見せてくれる。まだ見ぬ絶景を求めて、歩き続けよう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:331人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ