また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2677580 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

【高尾】南高尾山稜

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間23分
休憩
19分
合計
6時間42分
S高尾駅06:1506:32金比羅山07:18四辻07:2007:55拓殖大西尾根分岐08:09草戸峠08:13境川源流08:1408:18草戸山08:1908:40榎窪山08:44三沢峠08:4508:59泰光寺山09:0009:04西山峠09:11東山09:15入沢山09:34中沢山09:3609:40中沢峠09:57コンピラ山10:07大洞山10:13赤馬分岐10:32大垂水峠10:3310:45大平林道大垂水分岐10:5311:17一丁平11:26大垂水峠(学習の歩道)分岐11:39もみじ台11:49高尾山12:13みやま橋12:18神変山12:23霞台園地12:2412:40二本松12:44二軒茶屋登山口12:4512:53高尾山・清滝駅12:57高尾山口駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大垂水峠でる直前が崖崩れで道が付け替えられていた。
大垂水から高尾山への学習の道はまだ通行止めだった。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

高尾駅に早朝到着。バス停が工事中で場所が変わっている。今回は駅から歩くので仮バス停を通り過ぎる。
2020年10月25日 06:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾駅に早朝到着。バス停が工事中で場所が変わっている。今回は駅から歩くので仮バス停を通り過ぎる。
子育て地蔵。
2020年10月25日 06:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子育て地蔵。
ここが登山口。
2020年10月25日 06:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが登山口。
2
金比羅神社。
2020年10月25日 06:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金比羅神社。
石段をくだる。
2020年10月25日 06:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石段をくだる。
高尾駅からの分岐につく。
2020年10月25日 06:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾駅からの分岐につく。
東京の高層ビル群。スカイツリーも見える。
2020年10月25日 07:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京の高層ビル群。スカイツリーも見える。
1
四辻。ここから先は初めて。
2020年10月25日 07:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四辻。ここから先は初めて。
ここはコナラのドングリが多い。クマにあげたい。
2020年10月25日 07:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはコナラのドングリが多い。クマにあげたい。
1
使ってない送電鉄塔。
2020年10月25日 07:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
使ってない送電鉄塔。
指導票が多く道迷いはないと思う。
2020年10月25日 07:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
指導票が多く道迷いはないと思う。
拓殖大私有地に囲いがあった。
2020年10月25日 07:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拓殖大私有地に囲いがあった。
草戸峠。青少年センターへの分岐。
2020年10月25日 08:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草戸峠。青少年センターへの分岐。
草戸山。社がある。
2020年10月25日 08:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草戸山。社がある。
右近くは橋本あたり、左奥は武蔵小杉あたりのビル群。
2020年10月25日 08:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右近くは橋本あたり、左奥は武蔵小杉あたりのビル群。
1
樹林の間から城山湖が見えている。
2020年10月25日 08:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の間から城山湖が見えている。
木段のアップダウンがつづく。
2020年10月25日 08:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木段のアップダウンがつづく。
真下に城山湖。
2020年10月25日 08:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真下に城山湖。
榎窪山。
2020年10月25日 08:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榎窪山。
樹林の中の道がつづく。
2020年10月25日 08:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の中の道がつづく。
峰の薬師の分岐。
2020年10月25日 08:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の薬師の分岐。
三沢峠。
2020年10月25日 08:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三沢峠。
枯れ木にふくろうが彫刻してある。
2020年10月25日 08:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ木にふくろうが彫刻してある。
緑のひかりがやわらかい。
2020年10月25日 09:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑のひかりがやわらかい。
見晴らし台から津久井湖。
2020年10月25日 09:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし台から津久井湖。
山の上に富士山がのぞいている。今日は雲がない。
2020年10月25日 09:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の上に富士山がのぞいている。今日は雲がない。
2
中沢峠。
2020年10月25日 09:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中沢峠。
大洞山。
2020年10月25日 10:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞山。
がけくずれを補修した道。
2020年10月25日 10:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
がけくずれを補修した道。
大垂水峠の橋。
2020年10月25日 10:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大垂水峠の橋。
橋をわたり高尾山に向かう。
2020年10月25日 10:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋をわたり高尾山に向かう。
林道に出た。学習の道を進むが通行止めなので戻って一丁平へ登る。
2020年10月25日 10:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出た。学習の道を進むが通行止めなので戻って一丁平へ登る。
一丁平。
2020年10月25日 11:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一丁平。
富士山が見える。
2020年10月25日 11:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が見える。
高尾山への石段を登る。
2020年10月25日 11:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山への石段を登る。
すぐに大勢の人。今日は富士山がよく見えるから。
2020年10月25日 11:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに大勢の人。今日は富士山がよく見えるから。
山頂は満員。
2020年10月25日 11:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は満員。
まともに歩けないので4号路に逃げる。
2020年10月25日 11:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まともに歩けないので4号路に逃げる。
少しは人が少ない。ケーブルカーを使わずに人の少ない高尾病院への道を降る。
2020年10月25日 12:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しは人が少ない。ケーブルカーを使わずに人の少ない高尾病院への道を降る。
ケーブルカー乗り場は長蛇の列だった。
2020年10月25日 12:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブルカー乗り場は長蛇の列だった。

感想/記録

 この土日は晴れなのでどこか軽く歩くことにした。まだ歩いていないところで南高尾山稜を歩くことにした。軽く歩くつもりなのでビスケットと水だけ持っていく。
 高尾駅も朝早いので登山者も少ない。仮設のバス停を横に見て金毘羅山への登山口に進む。ここから歩く人はほとんどいない。四辻までは誰にも会わなかった。四辻から先では高尾山口駅から走り始めたのだろう、トレランの人に多くであった。ここはアップダウンも少なく登山道もなだらかで走りやすいのだろう。
 樹林の中の道がつづく。見晴らしはあまりない。落葉樹が多いので春先に歩くといいかもしれない。コナラの木も多く、ドングリがたくさん落ちている。今年はドングリが不作みたいだがここは多い。クマに分けてあげたい。
 草戸山にやっとついた。以外に多くのハイカーが休んでいる。城山湖から遠くのビル群までよく見える。ふたたびじゅりんの中の道がつづく。途中で津久井湖が見える見晴らし台からは富士山もよく見えた。雲一つない、いい天気だ。大弛峠の手前で大きく道が崩れていて修復された道をとおる。道路を橋で渡り、高尾山への道を登る。林道に出て学習の歩道へと進むが高尾山に登るところで通行止めになっていた。戻って一丁平への登りに入る。
 一丁平に出ると人の列ができている。次から次へとハイカーが歩いてくる。高尾山に進む。ここまできたらと思い高尾山に登ったら満員の人だった。山頂もそこそこにくだる。登ってくる人は渋滞で列をなして歩いている。下りもそのうち渋滞になりそうなので4号路に逃げる。少しは歩きやすくなるが狭い道なので先へ行けないので前の人に続いて下る。1号路にでてから蛸杉、サル園とすぎ、琵琶滝分岐を病院へと下った。こっちは人が少ない。ケーブル駅は大勢のひとが乗車の列をつくっていた。今日はとろろそばもあきらめ高尾山口駅に向かい京王線準急で新宿にもどった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:256人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/12/22
投稿数: 2
2020/10/28 21:50
 taichin5です。
長いルートですね!せっかく高尾山口駅まで来たのに、クラシックの流れるそば屋に行かなかったんですね。私は大山ハイキングしてきましたよ!https://yamap.com/activities/8258416

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ