また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2687346 全員に公開 ハイキング 丹沢

蛭ヶ岳 ダイヤモンド富士 ↑白馬尾根

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月31日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間58分
休憩
3時間55分
合計
12時間53分
S黍殻山登山口駐車場06:1706:32八丁坂ルート入口06:3307:13945m峰08:11八丁坂ノ頭08:1209:11榛ノ木丸10:11原小屋沢10:2011:43白馬尾根11:4412:15鬼ヶ岩ノ頭12:19鬼ヶ岩12:2112:25中ノ沢乗越12:40蛭ヶ岳山荘15:2815:49蛭ヶ岳16:3916:48小御岳17:01ポッチノ頭17:12地蔵平17:19地蔵平道標17:2017:26原小屋平17:39姫次17:4117:45東海自然歩道最高地点18:01八丁坂ノ頭18:34945m峰18:56八丁坂ルート入口19:09黍殻山登山口駐車場19:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 防寒着 雨具 帽子 ザックカバー 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック 軽アイゼン チェーンスパイク グローブ テムレス シングルバーナー ヘルメット スマートフォン 予備バッテリー

写真

朝一、八丁坂にて散弾銃の空薬きょうGETラッキー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝一、八丁坂にて散弾銃の空薬きょうGETラッキー
7
八丁坂コースも秋色です
2020年10月31日 07:38撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁坂コースも秋色です
5
八丁坂ノ頭直下、下草が枯れてレールが上のほうまで見通せるようになりました
2020年10月31日 07:59撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁坂ノ頭直下、下草が枯れてレールが上のほうまで見通せるようになりました
3
今日は「鳥屋造林組合管理地」標識から榛ノ木丸縦走ルートへ
2020年10月31日 08:38撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は「鳥屋造林組合管理地」標識から榛ノ木丸縦走ルートへ
2
鈴をリンリンと鳴らしながら、秋色を楽しみ歩きました
2020年10月31日 08:40撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴をリンリンと鳴らしながら、秋色を楽しみ歩きました
2
榛ノ木丸到着、ここでほぼスタートから3時間
2020年10月31日 09:11撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榛ノ木丸到着、ここでほぼスタートから3時間
4
ここから雷平へ下ります、例の怖い橋を通らないで雷平へ降りれるルートとして認識してましたが、初めて歩きます。最初は北西方面へ、尾根を捉えたら、左を意識しながら激下り
2020年10月31日 09:37撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから雷平へ下ります、例の怖い橋を通らないで雷平へ降りれるルートとして認識してましたが、初めて歩きます。最初は北西方面へ、尾根を捉えたら、左を意識しながら激下り
5
隣に尾根が見え、鹿柵が見えたら、標高980くらいまで降りてトラバースしました
2020年10月31日 09:49撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣に尾根が見え、鹿柵が見えたら、標高980くらいまで降りてトラバースしました
6
ちょっと降りたところ、鹿柵が崩れたところからIN、鹿柵の中へ入らず鹿柵に沿った上部にも踏み後(動物かな)もありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと降りたところ、鹿柵が崩れたところからIN、鹿柵の中へ入らず鹿柵に沿った上部にも踏み後(動物かな)もありました
2
鹿柵の中から撮影、ここからもう少し東方向へトラバース気味に歩いてから下降
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿柵の中から撮影、ここからもう少し東方向へトラバース気味に歩いてから下降
2
広い斜面で方角が分かりにくいですが、最後は鹿柵に追い込まれた鹿の気持ちになって、鹿柵の先端まで下降すると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い斜面で方角が分かりにくいですが、最後は鹿柵に追い込まれた鹿の気持ちになって、鹿柵の先端まで下降すると
2
下が破れてる、ザックをひっかけないように
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下が破れてる、ザックをひっかけないように
1
出てきたところを振り返って撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出てきたところを振り返って撮影
4
鹿柵を出て真正面、そのまま歩いて行ったら・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿柵を出て真正面、そのまま歩いて行ったら・・
2
標識がありました、この写真の標識の左奥から出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識がありました、この写真の標識の左奥から出てきました。
3
白馬尾根の取付きは対岸、川床が低くなってるような・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尾根の取付きは対岸、川床が低くなってるような・・
3
この時期、本来は雷平に通いたいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期、本来は雷平に通いたいです
8
市原新道も歩きたいです、雷滝も見たいけどグッとこらえて、今日は白馬尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市原新道も歩きたいです、雷滝も見たいけどグッとこらえて、今日は白馬尾根
7
渡渉は問題なしラクラク、水がキレイだこと
2020年10月31日 10:13撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉は問題なしラクラク、水がキレイだこと
8
「いらっしゃいませー、ようこそ白馬尾根へ」って聞こえる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「いらっしゃいませー、ようこそ白馬尾根へ」って聞こえる
4
序盤は、というか半分は植林帯を九十九折にあるきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤は、というか半分は植林帯を九十九折にあるきます
1
白馬尾根名物、アンティークな落とし物カメラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尾根名物、アンティークな落とし物カメラ
6
森林境界を越えてからが白馬尾根の醍醐味、市原新道の植林帯と双耳峰の榛ノ木丸、下ってきた稜線と・・あの植林帯を降りてきたのかな。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林境界を越えてからが白馬尾根の醍醐味、市原新道の植林帯と双耳峰の榛ノ木丸、下ってきた稜線と・・あの植林帯を降りてきたのかな。。
7
なかなか、なかなか、の急登が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか、なかなか、の急登が続きます
3
写真撮影はちょうどいい休憩です
2020年10月31日 11:34撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真撮影はちょうどいい休憩です
4
市原も歩きたいなー
2020年10月31日 11:34撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市原も歩きたいなー
4
写真が下手で申し訳ないです、白馬尾根、実際はもっとキレイです
2020年10月31日 11:39撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真が下手で申し訳ないです、白馬尾根、実際はもっとキレイです
3
ススキの野原到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキの野原到着
4
この草原は、他の尾根からも目立ちますよね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この草原は、他の尾根からも目立ちますよね
6
白馬尾根といえばこの草原帯とこの後のブナ林
2020年10月31日 11:41撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尾根といえばこの草原帯とこの後のブナ林
8
鹿のフンはたくさんですが、ヒルなし、ダニも付きませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿のフンはたくさんですが、ヒルなし、ダニも付きませんでした
6
何枚写真撮ったことか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何枚写真撮ったことか
4
雪の白馬さぞ美しいでしょうねー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の白馬さぞ美しいでしょうねー
7
市原にもありますねー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市原にもありますねー
2
久しぶりの白馬尾根を満喫、魚止橋から市原新道で登って白馬尾根で下山とか。。叶う日はくるのでしょうか(泣)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの白馬尾根を満喫、魚止橋から市原新道で登って白馬尾根で下山とか。。叶う日はくるのでしょうか(泣)
9
主脈合流、出口にヘリの荷物がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主脈合流、出口にヘリの荷物がありました
3
「ダイヤモンド富士」最高のコンデイションを確信
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ダイヤモンド富士」最高のコンデイションを確信
6
去年の今頃はまだ富士山登れたのに、静岡側は雪ほとんどないし(泣)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年の今頃はまだ富士山登れたのに、静岡側は雪ほとんどないし(泣)
9
6時間半かけて蛭ヶ岳到着
2020年10月31日 12:46撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時間半かけて蛭ヶ岳到着
17
おなかペコペコぺー、ゴロゴロノンビリ体力回復タイム満喫
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おなかペコペコぺー、ゴロゴロノンビリ体力回復タイム満喫
11
バッチコイ・・バッチコイ・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バッチコイ・・バッチコイ・・
9
タッチダウン(お〜っ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タッチダウン(お〜っ)
14
今日は、正確には1日前ということですが美しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、正確には1日前ということですが美しい
20
さようならーありがとございまーす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さようならーありがとございまーす
10
終劇、拍手喝采・・余韻に浸りつつも装備を整え下山開始
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終劇、拍手喝采・・余韻に浸りつつも装備を整え下山開始
10
この感じも美しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この感じも美しい
7
姫次からナイトモードで撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次からナイトモードで撮影
10
肉眼では月がもっと大きく見えました、ナイトハイクでブルームーンと夜景のお土産付
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肉眼では月がもっと大きく見えました、ナイトハイクでブルームーンと夜景のお土産付
11
本日も無事下山、ありがとうございました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日も無事下山、ありがとうございました!
17

感想/記録

11/2に蛭ヶ岳山荘へ泊まる予定でしたが、その日だけ天気悪くキャンセル(泣)
なんとか職場皆さんのご理解を得て、月末の土曜日に休みを取り、先日断念した「榛ノ木丸〜雷平〜白馬尾根」で山頂へ向かいました。
今日はダイヤモンド富士になる日没まで山頂待機になるので、ゆっくり向かうことを意識したとはいえ、青根をスタートして雷平に付いた時には4時間経過してました(うーん)
久しぶりの白馬尾根、上部の草原地帯は相変わらず清々しい空間、藪は回避できましたが、なかなかの急斜面で「こんなだっけなー・・」とブツブツ言いながら歩きました。
気候は最高、多少汗をかいてもすぐに汗が引くくらいで、自分には丁度いいです。
雲一つない快晴の夕暮れ、ダイヤモンド富士は感動でした、日没後のナイトハイクはブルームーンに夜景のお土産付き、yasuさんと楽しく下山しました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:374人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/9/7
投稿数: 248
2020/11/2 12:31
 お疲れ様でした
この日は私も黍殻山Pから姫次〜ガータゴヤの滝〜市原新道で蛭ヶ岳を目指しましたが、体力不足からの脚の不調で断念しました。
しかもtoramonさんが歩かれたはルート榛ノ木丸〜雷平〜白馬尾根ですか
健脚が羨ましいです。

蛭ヶ岳からのダイヤモンド富士、堪能して良かったですね。
登録日: 2016/11/2
投稿数: 99
2020/11/2 13:09
 Re: お疲れ様でした
またまた数分のニアミスでしょうか、いつかご挨拶できればと楽しみにしております。
脚の不調・・残念でした(泣)自分もよくあります、全然健脚じゃないですよー😄
ガータゴヤの写真にはとても癒されました、僕のフォルダの中にいるガータゴヤとは別物のように美しかったです(笑)😊

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ