また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2691370 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 栗駒・早池峰

中央分水嶺から高松岳に続く分水嶺 高松岳(虎毛山登山口から縦走し湯の又へ)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年10月31日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
 国道108号から湯ノ又に向かう車道に入り鎖のある湯ノ又林道起点に自転車をデポ.ここから赤倉橋の下に向かう細い車道に入り虎毛山登山口に駐車.縦走路を歩いてデポした自転車で約25分かけて登山口まで戻った.
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間15分
休憩
30分
合計
8時間45分
S虎毛山 赤倉沢登山口06:2206:38沢の渡渉地点06:47間違えて戻る.06:56沢の渡渉地点07:10虎毛山車道終点07:31赤倉沢渡渉点07:3608:06倒木のオブジェ08:0808:18夫婦桧08:2008:51虎毛山高松岳分岐(赤倉沢下降点)09:0312:14虎毛高松縦走線分岐 湯ノ又ガンジャ口方面13:00高松岳最高地点13:0413:11高松岳(避難小屋)13:17高松岳最高地点13:2214:39高松岳 湯ノ又ガンジャ口15:07湯ノ又林道起点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 虎毛山登山口からの林道は荒廃が進んでおり路肩の崩壊ややぶっぽい部分がある.途中,左側の南東側から合流する沢を渡渉する.林道は真っ直ぐ続いているので注意が必要.この先に路肩の崩壊で沢の中を通る部分がある.増水時は苦労しそう.赤倉沢渡渉点は丸太の橋がある.

 渡渉点からの登山道は整備され歩きやすい.所々,ベンチや山の案内の標識がある.赤倉沢下降点から湯ノ又分岐までは長くブナの樹林の中の似たような景色が続く.赤倉沢下降点までの登山道よりもやぶっぽい部分もあるが歩くには問題ない.緩い登り下りが多く最低鞍部は880mなのでかなり下る.途中,東側の展望が開ける場所がある.湯ノ又分岐から高松岳までは急で登るにつれて南から東側の展望が開ける.

 高松岳からの湯ノ又へは初めは展望の良い急な下りで次第に樹林の中に入る.途中から右の沢をめがけジグザグに下り後は緩い樹林の中の道になる.林道跡のような広い登山道になり林道に出る.林道は途中,路肩の崩壊があり修復工事をしていた.

 高松岳の山頂付近でも10cm以下だったが,標高約1000m以上には新雪があった.葉に雪は付いていなかったので少し前に降った雪だと思う.
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

6:17 虎毛山登山口の案内板.ここには広場があり10台くらいは駐車できる.
2020年10月31日 06:17撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:17 虎毛山登山口の案内板.ここには広場があり10台くらいは駐車できる.
6:55 沢の渡渉地点に指導標がある.
2020年10月31日 06:56撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:55 沢の渡渉地点に指導標がある.
6:55 沢の渡渉地点.昔は橋があったのだと思う.
2020年10月31日 06:55撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:55 沢の渡渉地点.昔は橋があったのだと思う.
7:01 ここは路肩が崩壊しており沢の中を歩く.
2020年10月31日 07:01撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:01 ここは路肩が崩壊しており沢の中を歩く.
7:03 この付近は 紅葉が残っている.
2020年10月31日 07:03撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:03 この付近は 紅葉が残っている.
7:06 水場.トラの滴.
2020年10月31日 07:06撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:06 水場.トラの滴.
7:32 赤倉沢渡渉点.丸太の橋がある.
2020年10月31日 07:32撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:32 赤倉沢渡渉点.丸太の橋がある.
7:33 登山道入口の案内板.
2020年10月31日 07:33撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:33 登山道入口の案内板.
8:00 急登を終え尾根に出ると苔むしたベンチがあった.
2020年10月31日 08:00撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:00 急登を終え尾根に出ると苔むしたベンチがあった.
8:06 ここは紅葉が綺麗.
2020年10月31日 08:06撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:06 ここは紅葉が綺麗.
1
8:07 ブナの紅葉はもうすぐ終わり.
2020年10月31日 08:07撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:07 ブナの紅葉はもうすぐ終わり.
1
8:18 夫婦桧.
2020年10月31日 08:18撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:18 夫婦桧.
8:55 赤倉沢下降点.新雪がある.ここまでは一人の先行者のトレースがあった.
2020年10月31日 08:55撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:55 赤倉沢下降点.新雪がある.ここまでは一人の先行者のトレースがあった.
9:10 高松岳に向かう登山道.こっちは少しやぶっぽくトレースはない.
2020年10月31日 09:10撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:10 高松岳に向かう登山道.こっちは少しやぶっぽくトレースはない.
9:43 1000m付近まで下ると雪はなくブナの中の歩きやすい落葉の道になった.
2020年10月31日 09:43撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:43 1000m付近まで下ると雪はなくブナの中の歩きやすい落葉の道になった.
10:00 北から東側の展望がある.高松岳が見えるが縦走路は長い.
2020年10月31日 10:00撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:00 北から東側の展望がある.高松岳が見えるが縦走路は長い.
10:01 望遠で高松岳.
2020年10月31日 10:01撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:01 望遠で高松岳.
1
10:20 最低鞍部の近くから紅葉と高松岳.この付近は紅葉が残っている.
2020年10月31日 10:20撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:20 最低鞍部の近くから紅葉と高松岳.この付近は紅葉が残っている.
10:20 望遠で高松岳.
2020年10月31日 10:20撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:20 望遠で高松岳.
10:23 最低鞍部付近.
2020年10月31日 10:23撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:23 最低鞍部付近.
10:44 虎毛山が見える.朝は雲に隠れていた.
2020年10月31日 10:44撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:44 虎毛山が見える.朝は雲に隠れていた.
10:47 紅葉の1037m峰.
2020年10月31日 10:47撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:47 紅葉の1037m峰.
2
11:06 綺麗に晴れてきた.栗駒山が見える.
2020年10月31日 11:06撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:06 綺麗に晴れてきた.栗駒山が見える.
1
11:06 望遠で栗駒山.
2020年10月31日 11:06撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:06 望遠で栗駒山.
1
11:06 虎毛山.手前の尖った山は前森山だと思う.
2020年10月31日 11:06撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:06 虎毛山.手前の尖った山は前森山だと思う.
11:18 気持ち良いブナの中の道が続く.
2020年10月31日 11:18撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:18 気持ち良いブナの中の道が続く.
12:14 ガンジャコース分岐.
2020年10月31日 12:14撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:14 ガンジャコース分岐.
12:22 ここから高松岳の登りだが急.
2020年10月31日 12:22撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:22 ここから高松岳の登りだが急.
12:38 急な登りだが展望は開ける.
2020年10月31日 12:38撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:38 急な登りだが展望は開ける.
1
12:38 虎毛山から歩いてきた稜線.
2020年10月31日 12:38撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:38 虎毛山から歩いてきた稜線.
1
12:48 もうすぐ高松岳.
2020年10月31日 12:48撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:48 もうすぐ高松岳.
13:01 高松岳の一角に着いた.
2020年10月31日 13:01撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:01 高松岳の一角に着いた.
1
13:11 避難小屋.
2020年10月31日 13:11撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:11 避難小屋.
13:11 山伏岳分岐.
2020年10月31日 13:11撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:11 山伏岳分岐.
13:20 高松岳山頂.
2020年10月31日 13:20撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:20 高松岳山頂.
1
13:20 避難小屋が見える.
2020年10月31日 13:20撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:20 避難小屋が見える.
13:20 栗駒山.
2020年10月31日 13:20撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:20 栗駒山.
13:20 望遠で栗駒山.
2020年10月31日 13:20撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:20 望遠で栗駒山.
13:20 虎毛山から続く歩いてきた稜線.
2020年10月31日 13:20撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:20 虎毛山から続く歩いてきた稜線.
13:20 望遠で虎毛山.
2020年10月31日 13:20撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:20 望遠で虎毛山.
13:21 神室連峰.
2020年10月31日 13:21撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:21 神室連峰.
13:21 高松岳山頂.
2020年10月31日 13:21撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:21 高松岳山頂.
1
13:21 高松岳山頂.展望が良い.
2020年10月31日 13:21撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:21 高松岳山頂.展望が良い.
13:23 山伏岳へ続く稜線.
2020年10月31日 13:23撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:23 山伏岳へ続く稜線.
13:34 湯ノ又に下る.最初は急.
2020年10月31日 13:34撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:34 湯ノ又に下る.最初は急.
14:04 紅葉が出てきた.
2020年10月31日 14:04撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:04 紅葉が出てきた.
14:06 沢を渡る.
2020年10月31日 14:06撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:06 沢を渡る.
14:07 ここは水飲み場とのことだが少ししか水はない.
2020年10月31日 14:07撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:07 ここは水飲み場とのことだが少ししか水はない.
14:17 紅葉の中を歩く.
2020年10月31日 14:17撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:17 紅葉の中を歩く.
14:22 苔むした橋.
2020年10月31日 14:22撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:22 苔むした橋.
1
14:34 ススキと林道.
2020年10月31日 14:34撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:34 ススキと林道.
14:39 ガンジャコース分岐.
2020年10月31日 14:39撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:39 ガンジャコース分岐.
14:42 林道は紅葉が綺麗.
2020年10月31日 14:42撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:42 林道は紅葉が綺麗.
14:44 綺麗な紅葉.
2020年10月31日 14:44撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:44 綺麗な紅葉.
1
15:00 林道の崩壊地点.この先では別の崩壊場所の工事をしていた.
2020年10月31日 15:00撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:00 林道の崩壊地点.この先では別の崩壊場所の工事をしていた.
15:14 湯ノ又林道起点.工事中でこの先の一般車は通行止.今朝来た時は鎖があった.
2020年10月31日 15:14撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:14 湯ノ又林道起点.工事中でこの先の一般車は通行止.今朝来た時は鎖があった.

感想/記録

 中央分水嶺から高松岳に続く稜線を歩くことにした.ここの稜線は短くいずれも雄物川水系なので小さな分水嶺と言える.

 登山口までに来る車道や下山した林道に「道は荒れており登山禁止」の案内板があった.虎毛山登山口からの林道や下山した林道には路肩の崩壊が何箇所かあったが注意して歩けば問題ないと思う.登山道も少しやぶっぽい部分もあるが特に危険な場所はなかった.

 前日の天気予報は晴れだったので期待して途中の道の駅で車中泊したが,早朝はどんよりした曇り空で目的の山の方は厚い雲で覆われていた.途中の沢の渡渉点で道を間違え少し時間を無駄にしたので予定より遅く虎毛山高松岳分岐(赤倉沢下降点)に登り着いた.そのため時間に余裕がなくなり,また虎毛山山頂が雲の中だったことや目的が稜線歩きなので山頂の往復は諦めた.虎毛山は約35年前にもここから往復し登っているが,南側の中央分水嶺から山頂まで繋げるために残雪期にまた来る予定.

 高松岳までの縦走路は長く目立った山もないがブナの中の落ち着いた登山道が続きなかなか良かった.最後は急登で高松岳に登り着き広大な展望が開けた.朝は曇り空で展望もあまりなかったが,山頂に着いた時はすっきり晴れて良かった.

 標高1000mくらいから新雪があった.虎毛山に向かうトレースや高松岳山頂付近にトレースがあったが,その他にはトレースはなく誰とも会わない山行だった.

 ここから南に続く分水嶺山行:
中央分水嶺から高松岳に続く分水嶺 虎毛山
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2550332.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:160人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ