また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2697603 全員に公開 ハイキング 北海道

乙部岳〜レーダーサイトの山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間34分
休憩
56分
合計
6時間30分
S尾根コース登山口07:0608:09連絡路分岐点09:28沢コース分岐点8合目09:49乙部岳10:0510:31沢コース分岐点8合目11:26連絡路分岐点12:0613:36沢コース登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースは笹刈りがされて歩き易く、特段危険箇所は有りませんが尾根コースから沢コースへの連絡路は、激下りで滑りやすいので気を付けて下さい。
その他周辺情報道道から国道に戻る手前に「ユリの里活性化センター」と言う町営の温泉が有り、日帰り300円で入浴可能です。
ボディーソープ&シャンプー・リンスは持ち込みで、火・木・土・日の営業です。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

P)尾根コース登山口、入山名簿の箱は空っぽでした。
2020年11月01日 07:05撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)尾根コース登山口、入山名簿の箱は空っぽでした。
3
P)なるほど、伝説の社のようです。
2020年11月01日 07:05撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)なるほど、伝説の社のようです。
4
P)登山道の案内。
2020年11月01日 07:06撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)登山道の案内。
3
P)ゴゼンタチバナの実かなぁ〜
2020年11月01日 07:16撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)ゴゼンタチバナの実かなぁ〜
3
k)いきなり急登が暫く続きます。
2020年11月01日 07:32撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)いきなり急登が暫く続きます。
4
P)急登を頑張ってるkawahiro氏。
2020年11月01日 07:33撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)急登を頑張ってるkawahiro氏。
5
k)振り返ると登ってきた斜面が急すぎて見えません。
2020年11月01日 07:44撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)振り返ると登ってきた斜面が急すぎて見えません。
1
k)突然の3合目
2020年11月01日 07:54撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)突然の3合目
1
k)尾根に乗ると、ニセピークに騙されました。
P)笹刈りされて歩き易い!
2020年11月01日 08:00撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)尾根に乗ると、ニセピークに騙されました。
P)笹刈りされて歩き易い!
2
P)ネジネジのブナの樹!
2020年11月01日 08:05撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)ネジネジのブナの樹!
2
k)連絡路との分岐、左に進みます。
2020年11月01日 08:08撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)連絡路との分岐、左に進みます。
1
k)そして、4合目
2020年11月01日 08:23撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)そして、4合目
1
P)4合目通過のkawahiro氏。
2020年11月01日 08:23撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)4合目通過のkawahiro氏。
3
k)ガスのかかった山頂が見えてました。ここの細尾根は慎重に。
2020年11月01日 08:44撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)ガスのかかった山頂が見えてました。ここの細尾根は慎重に。
4
k)振り返ると海岸線沿いの町並みがうっすらと。
2020年11月01日 09:09撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)振り返ると海岸線沿いの町並みがうっすらと。
1
k)稜線上の沢コースとの分岐点に到着です。
2020年11月01日 09:27撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)稜線上の沢コースとの分岐点に到着です。
1
k)ガス中、稜線を歩きます。稜線上の2箇所に比較的新しい親父さんの落とし物がありました。
P)一度、ガッチリ右足で踏みました!
2020年11月01日 09:29撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)ガス中、稜線を歩きます。稜線上の2箇所に比較的新しい親父さんの落とし物がありました。
P)一度、ガッチリ右足で踏みました!
1
k)ガスが勢いよく流れ、レーダーサイトが見え隠れします。
2020年11月01日 09:41撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)ガスが勢いよく流れ、レーダーサイトが見え隠れします。
1
k)やったー登頂です。約2時間45分かかりました。
2020年11月01日 09:53撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)やったー登頂です。約2時間45分かかりました。
10
P)ピンネシリに比べて小ぶりなレーダーサイト。
2020年11月01日 09:55撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)ピンネシリに比べて小ぶりなレーダーサイト。
3
k)この時点で眺望はまだありませんが、取り敢えずは記念撮影。
2020年11月01日 09:57撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)この時点で眺望はまだありませんが、取り敢えずは記念撮影。
10
P)何時もの相棒と撮影。
2020年11月01日 09:57撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)何時もの相棒と撮影。
12
P)立派な方位盤。
2020年11月01日 10:02撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)立派な方位盤。
3
k)稜線を引き返すと、次第に晴れ間が。
P)下山すると晴れる、の法則。
2020年11月01日 10:02撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)稜線を引き返すと、次第に晴れ間が。
P)下山すると晴れる、の法則。
3
k)分岐点への登リ返しの全容が見えた。
2020年11月01日 10:05撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)分岐点への登リ返しの全容が見えた。
6
k)登リ返しが大変そうに見えますが、それ程ではありません。
P)見た目、登り返しにガッカリしますが、確かにさほどじゃ有りません!
2020年11月01日 10:05撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)登リ返しが大変そうに見えますが、それ程ではありません。
P)見た目、登り返しにガッカリしますが、確かにさほどじゃ有りません!
4
P)下界の集落が見えます。
2020年11月01日 10:05撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)下界の集落が見えます。
2
k)南東方面に駒ヶ岳や函館山らしき山がうっすらと見えてました。
2020年11月01日 10:14撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)南東方面に駒ヶ岳や函館山らしき山がうっすらと見えてました。
2
k)昨日登った大千軒岳は、南方向にあるはずですが、雲の中のようです。
2020年11月01日 10:18撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)昨日登った大千軒岳は、南方向にあるはずですが、雲の中のようです。
3
k)振り返って乙部岳山頂方面
2020年11月01日 10:16撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)振り返って乙部岳山頂方面
3
P)山頂を背景に撮影。
2020年11月01日 10:26撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)山頂を背景に撮影。
8
k)沢コースとの分岐から折り返して、再度連絡路の分岐を目指します。
2020年11月01日 10:35撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)沢コースとの分岐から折り返して、再度連絡路の分岐を目指します。
1
P)レーダーサイトは、かなり手前から見えます。
2020年11月01日 10:56撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)レーダーサイトは、かなり手前から見えます。
1
k)ブナ林
2020年11月01日 11:12撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)ブナ林
1
k)ちょっとした笹藪
2020年11月01日 11:16撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)ちょっとした笹藪
1
k)連絡路の分岐点で昼食です。
P)何時もの山ラーを食してます!
2020年11月01日 11:45撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)連絡路の分岐点で昼食です。
P)何時もの山ラーを食してます!
7
k)沢コースへは激急斜面を慎重に下ります。
P)時々、尻滑りになりそうです。
2020年11月01日 12:29撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)沢コースへは激急斜面を慎重に下ります。
P)時々、尻滑りになりそうです。
1
P)下りてくると、紅葉がちらほら。
2020年11月01日 12:42撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)下りてくると、紅葉がちらほら。
2
P)沢コースと合流。
2020年11月01日 12:47撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)沢コースと合流。
1
P)綺麗な清流です。
2020年11月01日 12:50撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)綺麗な清流です。
4
P)苔も綺麗。
2020年11月01日 12:50撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)苔も綺麗。
2
k)小さな渡渉が数ヶ所あります。
2020年11月01日 12:51撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)小さな渡渉が数ヶ所あります。
2
P)大きな岩が・・・
2020年11月01日 13:00撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)大きな岩が・・・
1
P)なるほど、でもビバークはしたくないなぁ〜
2020年11月01日 13:01撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)なるほど、でもビバークはしたくないなぁ〜
4
k)沢コースは、きれいな紅葉が残っていました。
2020年11月01日 13:10撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)沢コースは、きれいな紅葉が残っていました。
2
P)オレンジと赤のなりかけが綺麗でした。
2020年11月01日 13:15撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)オレンジと赤のなりかけが綺麗でした。
7
k)杉林を進むと
2020年11月01日 13:31撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)杉林を進むと
2
k)間もなく登山口かな。
P)道南ならではの杉林。
2020年11月01日 13:32撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)間もなく登山口かな。
P)道南ならではの杉林。
1
無事に下山完了
2020年11月01日 13:35撮影 by V50 Pr, AKAS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に下山完了
4
P)沢コース登山口にも箱が有りましたが空っぽでした。
2020年11月01日 13:37撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)沢コース登山口にも箱が有りましたが空っぽでした。
2
P)登山口の立派な看板。
2020年11月01日 13:37撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)登山口の立派な看板。
1
P)登山口の前の紅葉も綺麗です。
2020年11月01日 13:37撮影 by SH-04L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P)登山口の前の紅葉も綺麗です。
5
k)下山後に乙部町富岡の道道1061から撮影、乙部岳、ありがとうございますした。
2020年11月01日 14:12撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
k)下山後に乙部町富岡の道道1061から撮影、乙部岳、ありがとうございますした。
8

感想/記録

本年の道南遠征第2回目の2日目は、前夜、乙部町内でpadkunさんと合流して、早朝に乙部岳へ。
登頂するまで、山頂付近にはガスが流れ込み、風も強く、急登にも心が折れそうになりましたが、元気なpadkunさんに引っ張られるように何とか登頂することが出来ました。
山頂では、相変わらずのガスと強い風、記念撮影後、直ぐに下山を始めることとしました。
その直後、次第にガスが抜け出して、道南の多くの山々を見渡すことが出来る(山座同定しても、道南の山はよく分かりませんが。)までに回復、何とか間に合ってくれた、という感じです。
今回の登頂で、仲良く2人揃っての北海道百名山70座目となりました。
登っている山は各々ですが、日高の山々を中心に難関の山が多く残っています。
padkunさん、また、宜しくお願いします。

感想/記録
by Padkun

道南の山々を制覇するため、とりあえず乙部岳に挑戦して来ました。
前日夜に元和台の道の駅で大千軒岳に登ってたkawahiro氏と合流し車中泊、翌朝に登山口に向かって出発、私の車を沢コース登山口に駐車させ、少し離れた尾根コースにkawahiro氏の車を置いて出発しました。
道南杉の林を抜けると急登が始まり、ブナの森をドンドンと登りやせ尾根を登り、またまた急登、8合目で沢コースと合流し稜線歩きとなり、ぼんやりとガスのかかったレーダーサイトの山頂が見え、テンションが上がります。
最後の登りを詰めて立派な方位盤が向かえてくれます、その先にレーダーサイトが設置されて舗装された管理道路も有りました。
少し風も有って寒いので、写真撮影を済ませ山頂ランチは諦めて風の弱い連絡路の分岐に下山することにし、下山を始めるとガスはみるみる流れてスッキリ・・・下山すると晴れるの法則がここでも!
晴れるとなかなか見晴らしのいい稜線、少しの間眺望を楽しみつつ連絡路分岐に戻りランチを済ませ、連絡路を沢コースに進むと激下りの連続で汗だくになりました。
沢コースで数回の渡渉をして登山口に戻ると駐車スペースは車でいっぱいでしたが、全く他の登山者とはスライドせず下山しました。
翌日に雄鉾岳も計画していたものの雨予報なので断念して札幌に戻りましたが、途中の雲石峠付近は凄まじい降雨で断念して正解でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:389人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/11/15
投稿数: 197
2020/11/3 20:31
 ㊗70座
Padkunさん、kawahiroさん登頂おめでとうございます。着々と目標をクリアされていますね。私が登ったことのない山ばかりなので、レコを拝見しながら、いつかは私も登りたいな、と夢を膨らませています。残りも怪我なく楽しい山行になりますよう願っています。
登録日: 2015/2/22
投稿数: 352
2020/11/3 20:40
 Re: ㊗70座
さすが百名山、難関が多くて、仲間が一緒でなければ登れない山が多くあります。これまでもpadkunさんが一緒だから登れた山が多くあります。
機会があれば、また一緒に登りましょう❗
登録日: 2015/10/31
投稿数: 460
2020/11/3 22:49
 Re: ㊗70座
minoricoさん、有り難うございます。
道南は、遊楽部岳・雄鉾岳は二人とも登ってません、私は大平山も未踏で来年のオオヒラウスユキソウの時期に登ろうと考えています。
是非、ご一緒に登りましょう!

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ