ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 270488 全員に公開 山滑走甲信越

白い雪山、日白山。どか雪1人ラッセルでまたもや途中まで

日程 2013年02月18日(月) [日帰り]
メンバー
天候雪とガス、のち快晴。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三国峠を抜けた苗場の先に、二居・宿場の湯。
登山者用駐車場が早朝から除雪されている。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

都内・西多摩の自宅 着 5時42分

二居・宿場の湯 8時38分(819m)

地王堂川の渡渉地点(1042m) 10時02分

対岸の枝沢を上がりきる(1076m)10時52分

稜線から2段下のブナ樹林(1210m)13時01分

地王堂川の渡渉で林道へ(1042m) 14時06分

二居・宿場の湯 (819m)14時54分

関越道渋滞
都内・西多摩の自宅 着 19時15分
コース状況/
危険箇所等
地王堂川の渡渉地点は冬は水流は雪の下で渡りやすい。
林道の先端がが右手の沢に下るように伸びたところで終点。
そこから薮と木立のなかを沢に降り対岸へ。
対岸の段丘が、一か所だけ沢型で落ち込んでいるところ上がる。
他に一帯で対岸に上がれる場所はない。
しかし、対岸の斜面に上がるのに、雪が深い場合は崩れやすくて時間がかかる。
この日はこの地点でスキーを脱ぐと両足が完全に股まで没した。
過去天気図(気象庁) 2013年02月の天気図 [pdf]

写真

これは前回2年前の2月の日白山方面。
稜線から2段ある樹林の中間の疎林・開けた場所。
今回はこの2段の樹林の1段目で撤退。
2011年02月19日 13:40撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは前回2年前の2月の日白山方面。
稜線から2段ある樹林の中間の疎林・開けた場所。
今回はこの2段の樹林の1段目で撤退。
二居・宿場の湯の、道路の反対側に
登山者用駐車場。
「車を止めさせて」と頼んだら、「勝手に止める人が多いんだ。ことわって止めてほしい」、とのことでした。
2013年02月18日 07:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二居・宿場の湯の、道路の反対側に
登山者用駐車場。
「車を止めさせて」と頼んだら、「勝手に止める人が多いんだ。ことわって止めてほしい」、とのことでした。
林道をめざして上がる。道路に止めた車の屋根に、どっさり新雪。
雪かきしていた男性の話では「50センチは積もった」と。
2013年02月17日 08:49撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道をめざして上がる。道路に止めた車の屋根に、どっさり新雪。
雪かきしていた男性の話では「50センチは積もった」と。
1
林道の開始点は、早朝の除雪の終了点。
胸までの高さの壁を乗り越えるのに一苦労。
2013年02月17日 09:04撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の開始点は、早朝の除雪の終了点。
胸までの高さの壁を乗り越えるのに一苦労。
3
「僕の後ろに道はできる」などとこのあたりは雪がまだほどほどで快調。
2013年02月17日 09:11撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「僕の後ろに道はできる」などとこのあたりは雪がまだほどほどで快調。
2
ここから100mほど先で、古いトレースも完全に消えだす。前方の尾根末端が、地王堂川の渡渉地点。
ここからは膝までのスキーラッセルに移行する。
で、この写真を最後に、カメラのバッテリーがなくなり、替えバッテリーを車に忘れてきたことに気付いた。
2013年02月17日 09:34撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから100mほど先で、古いトレースも完全に消えだす。前方の尾根末端が、地王堂川の渡渉地点。
ここからは膝までのスキーラッセルに移行する。
で、この写真を最後に、カメラのバッテリーがなくなり、替えバッテリーを車に忘れてきたことに気付いた。
3

感想/記録

 替えバッテリーを忘れて写真が入り口でおしまいになってしまいました。
 すみません。

 頸椎と腕の疾患からちょうど1年。
 久しぶりの山スキーでした。
 腕がどこまで利いてきれるか、試しに入りました。

 二居の登山口に着くまでは、ちょうどいい新雪だったと予想していた。
 ところがたいへんなどか雪。
 林道を上がっていよいよ2日前当たりの先行のラッセルもないところまで進むと、膝までのラッセルに。

 地王堂川の渡渉地点(1042m)では対岸の枝沢の沢型を前回は楽に行動できたが、今回は雪が深くて上がるのに50分も時間をかけてしまった。わずか100mほどの距離なのに。

 対岸の台地状斜面は、ペースが上がるところ。
 ところが緩斜面でも深雪が崩れて、電光形に大きくジグザグを切って登らされる。

 稜線から2段下のブナの斜面で、前回はまったく苦にしなかったやや斜度のある斜面にでると、スキーのラッセルでも股が雪面に触れる。
 新雪はやや湿っていたが、ふんわりとつもって、足場が沈む。
 60センチ程度の新雪だろうか。
 スキーが雪の中から出て来なくて、手で掘り出して前へ進む。

 稜線までまだ標高差250mはある地点で、13時の引き返し時刻になってしまった。
 前回は新雪が薄く、ラッセルに苦労したけれそ、稜線直下までスノーシューで行けた。

 くらべて、今回は表層の深い新雪がかなり手ごわい。
 スキーだから今回の条件でも、1人ラッセルでここまで来れたのかなと思う。

 日白山は、青空に映えて美しかった。
 条件を変えて、冬にかならず登り切りたい。
 腕はちょっと違和感が出てきたくらいだが、左足がかなり参ってしまった。


 スキーは帰りは楽。
 二居・宿場の湯に着くと、登山者の5台の車が止まっていたのに、早い時刻にすべて消えていた。
 登山者は通常は、稜線を東谷山から回り込んで、日白山経由で、私が上がったコースで下降してくる。
 現地でも、ふつうだと12時ごろには降りてくるスキーと交差する。
 今回は皆無だった。
 この猛烈なラッセルで、稜線コースもかなり早めに退却したのだろうか。
 
 前回程度に雪が適度に締まっていれば、行けそうと思う。
訪問者数:1528人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/1
投稿数: 846
2013/2/18 9:18
 RE: 白い雪山、日白山。どか雪1人ラッセルでまたもや途中まで
お疲れ様でした!

私はこの山が好きで、今年もそろそろ行ってみようかと思ってたところでしたので、レポが参考になります。

ありがとうございます(^o^)

まだひとりではラッセルきつそうですね(^_^;)

もう少し雪が落ち着いてから、の〜んびり東谷山あたりのブナの林で泊まることにします(^o^)
登録日: 2007/7/19
投稿数: 2983
2013/2/18 12:26
 マイナーな地味な山だけど気になる
 bunacoさんも魅かれてるんですね、この山に。
 雪の条件によっては、なかなか遠い山です。
 このルートからだと、トレースはまずない。
 今回は、一番雪が深くなる稜線下の樹林までいけず、その下で撤退でした。
 2、3人でラッセルできれば、まるで違いますが。
 やはり安定しない表層の雪が深く乗っていると、斜面はスキーでも立ちこみが苦労します。

 でも楽しかったです。

 前回の記録はここにあります。
 真っ白で引かれる山です。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-100078.html
白い雪山・日白山(にっぱくさん)、稜線直下までスノーシュー

 東谷山から稜線をたどる方が攻め方はいいようです。しかし、こちらも深い新雪があると、早出のパーティーは苦労すると思います。

 もしかしたら今回は、稜線ルートも登山者はほとんどいなかったのではと推察してます。
登録日: 2010/1/25
投稿数: 805
2013/2/19 0:46
 お疲れさま〜
一人ラッセル大変だったでしょ、お疲れ様でした。

リハビリは順調にいってそうに見えますが、あまり無理をなさらずに。




と、人に言えるような私ではないですね・・・・すみません
登録日: 2007/7/19
投稿数: 2983
2013/2/19 6:17
 頸椎と右腕
 ライチさん、ちょうど1年前の今日が、四阿山にスキーで上がった日で、それから職場の筋トレ・ルームで無理をし、頸椎が傷みました。

 右腕は握力が40%まで落ちましたが。昨秋の時点で6割までの回復です。
 スキーは登高で両腕に負荷がかかるので、今回は、13時で登りを終了するのを原則にして上がりました。

 でも、このドカ雪がなければ、かなり行けたはずなんですが。
 稜線下の最後のブナの樹林は、さらに雪が深いところで、このルートは条件がそろわないと、ソロではきびしいと思いました。

 腕は昨日も今日も、いつもより違和感があり、手の指の麻痺が少し感じられます。

 ライチさんが雪国で毎回頑張っているのを励みに、私も良い条件を選んで通いたいです。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ