また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2744364 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

赤岳  

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間14分
休憩
26分
合計
5時間40分
S赤岳山荘03:0003:04美濃戸03:0404:00中ノ行者小屋跡04:0004:49行者小屋04:58阿弥陀岳分岐04:5905:56文三郎尾根分岐05:5806:04キレット分岐06:1806:26竜頭峰分岐06:2706:31赤岳06:3206:36赤岳頂上山荘06:3906:42赤岳06:4306:47竜頭峰分岐06:4806:53キレット分岐06:5306:59文三郎尾根分岐07:0407:33阿弥陀岳分岐07:3307:38行者小屋07:3808:07中ノ行者小屋跡08:0708:40美濃戸山荘08:4008:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

山頂行く前の気温
そして強風 体感温度はいったい…
2020年11月21日 06:09撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂行く前の気温
そして強風 体感温度はいったい…
4
強風であおられる
2020年11月21日 06:15撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風であおられる
4
ここから山頂を見るが怖い
初体験はやめて下山を考えた
2020年11月21日 06:15撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山頂を見るが怖い
初体験はやめて下山を考えた
4
赤、横、硫黄周回する予定で3時出発
文三郎尾根を行くが、ここまで来たら怖くなって
先ずは中央岩で身を隠す
凄い強風
2020年11月21日 06:15撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤、横、硫黄周回する予定で3時出発
文三郎尾根を行くが、ここまで来たら怖くなって
先ずは中央岩で身を隠す
凄い強風
3
下に降り始めたらルートがずれている事に気がついた
2020年11月21日 06:16撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に降り始めたらルートがずれている事に気がついた
3
これなら行けそう
切り替えて登ってみよう
2020年11月21日 06:17撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これなら行けそう
切り替えて登ってみよう
4
立ってられない
赤岳の標識はエビの尻尾状態
初だが喜べない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ってられない
赤岳の標識はエビの尻尾状態
初だが喜べない
13
途中写真を撮る余裕はない
山頂到着
2020年11月21日 06:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中写真を撮る余裕はない
山頂到着
8
山頂から赤岳頂上山荘が見えない
10m程だか危険を感じたが3点確保で
山荘まで行ってみる。
2020年11月21日 06:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から赤岳頂上山荘が見えない
10m程だか危険を感じたが3点確保で
山荘まで行ってみる。
4
とても周回は危険
2020年11月21日 06:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても周回は危険
3
文三郎看板初めて見た
2020年11月21日 06:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎看板初めて見た
2
山荘の様子を見て私の来るところではない
危機感を受けた
2020年11月21日 06:35撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘の様子を見て私の来るところではない
危機感を受けた
2
3時に出てきてるから誰も居ない
ご来光どころでは無い
身の危険を感じ下山
2020年11月21日 06:35撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3時に出てきてるから誰も居ない
ご来光どころでは無い
身の危険を感じ下山
4
頂上山荘
2020年11月21日 06:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上山荘
2
携帯も寒さで電源がすぐに落ちてしまう
2020年11月21日 06:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
携帯も寒さで電源がすぐに落ちてしまう
5
全くあかるなる気配はない
ハイマツもこの時期を耐えるんだ
2020年11月21日 07:11撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全くあかるなる気配はない
ハイマツもこの時期を耐えるんだ
5
マムートを撮ってる余裕もなく
丁度あった感じ
文三郎尾根階段
2020年11月21日 07:27撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムートを撮ってる余裕もなく
丁度あった感じ
文三郎尾根階段
7
ここまで降りればもう安心
だが周りは何も見えない
2020年11月21日 07:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで降りればもう安心
だが周りは何も見えない
4
静かな行者小屋
2020年11月21日 07:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな行者小屋
3
テント場は右側
今は誰もいない
その後20人位のテント泊の方と次々にすれ違った
2020年11月21日 07:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場は右側
今は誰もいない
その後20人位のテント泊の方と次々にすれ違った
3
上空に青空が見えてきた
無事下山出来て良かった
2020年11月21日 08:39撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上空に青空が見えてきた
無事下山出来て良かった
10

感想/記録

下界の天気は晴れ☀️
という事で赤岳、横岳、硫黄岳周回
そして、横岳から赤岳を見る
ご来光で染まってくるのが楽しみ
いつもと同じナイトハイクで始まる

直ぐに霧の中へ。道も分かりにくく
迷いながら進んでいく
まだ真っ暗で霧の中
主峰は全く目えないがどんどん進んで行く

文三郎尾根に入ると風が強く半袖、長袖シャツでは危険、防寒着を羽織る
更に登って行くと周りは白くなって強風
直下の鎖場に着く前にルートがわからなくなり
立ち往生。岩場で身を隠す
ここは、私のくるところでは無いと判断して下山する事にする。
降り始めると赤岳の標識があった。
ルートを間違えていた
そのまま登ろうとしていたら滑落事故になって死に至っただろう
鎖場が見えたので登る事にする。
恐怖を感じながらだが3点支持を守り登って行く。山頂が見えた
登頂!
しかし下山するのも怖い横岳に向かう?
頂上山荘が見えない。直ぐそこにあるはず
強風で飛ばされそうだが、3点支持で行ってみる
 
とても私が来るところではなかった
全く先は見えない
ピストンする事に。
携帯写真を撮る為に手袋をはずしてみる
手がおかしくなりそうだった
電源が寒さで落ちてしまう。
2度と来ることはない。
と言うか、無事下山出来るか心配に
3点支持、脚元を確認しながら一歩一歩確実に下って行く
マムートの看板が出てきて一安心
階段も一歩一歩確認しながら下る

行者小屋も過ぎ無事下山となった。
強風の予報も出ていたが、下界の晴れマーク☀️
を見て行けると判断をした大きなミスをしてしまった。無事に行ってくることは出来たが
もっと真剣に考えて行動しないと反省の山だった

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:416人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ