また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2748585 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 日光・那須・筑波

那須岳(茶臼岳、朝日岳、三本槍岳)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月21日(土) ~ 2020年11月22日(日)
メンバー
天候初日、最初は曇り空だったが、途中から雪が降り始め、頂上付近は爆風。二日目はうって変って気持ちの良い快晴だった。
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR新宿(4:43)⇒池袋⇒赤羽⇒宇都宮⇒(7:44)JR那須塩原(バス8:00)⇒那須湯本(9:17)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間8分
休憩
45分
合計
8時間53分
S那須温泉神社09:1209:21那須湯本温泉バス停09:2209:31那須温泉神社09:3811:41湯本・弁天温泉・牛ヶ首分岐13:29高雄口13:3013:52牛ヶ首山頂分岐13:5314:33山頂口14:3914:46那須岳14:5415:04山頂口15:1015:32牛ヶ首山頂分岐15:3915:58高雄口15:5916:06牛ヶ首16:0716:09姥ヶ坂16:1016:16無間地獄16:33硫黄鉱山跡16:36峰の茶屋跡避難小屋16:3717:04那須岳避難小屋17:0717:29延命水(水場)17:3017:39沼原分岐18:05三斗小屋温泉
2日目
山行
7時間10分
休憩
2時間29分
合計
9時間39分
三斗小屋温泉06:5708:23隠居倉08:3109:02熊見曽根09:0409:14朝日の肩09:20朝日岳09:2409:32朝日の肩09:48熊見曽根09:551900m峰09:5610:10清水平10:1110:22三本槍岳・中の大倉尾根・北温泉分岐10:2310:52三本槍岳11:0711:35三本槍岳・中の大倉尾根・北温泉分岐11:4211:54清水平12:111900m峰12:1512:19熊見曽根12:2512:34朝日の肩12:3612:57恵比寿大黒12:5813:12峰の茶屋跡避難小屋13:1313:16硫黄鉱山跡13:1713:38お釜口13:41山頂口13:51那須岳14:1114:15山頂口14:18お釜口14:2014:40硫黄鉱山跡14:4114:43峰の茶屋跡避難小屋14:4514:58中の茶屋跡14:5915:08登山指導所・登山ポスト15:12峠の茶屋駐車場15:4816:01那須ロープウェイ山麓駅16:3416:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
最初の温泉神社からの道がちょっとわかりづらかった。
山頂口⇒茶臼岳頂上、三斗小屋温泉⇒隠居倉が凍った雪道で、雪の苦手な私は6爪アイゼンを使ってしまった。
その他周辺情報三斗小屋温泉煙草館の混浴露天風呂は最高だが、夫婦で一時間入られると後から入りづらいので、結局、夜中の二時に入った。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 毛帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック アイゼン 行動食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ ポール テント テントマット シェラフ
備考 チェーンスパイクが必要だということに気が付き、後日、チェーンスパイクを買った。

写真

那須湯本のバス停で降りるとすぐに温泉神社があった。
2020年11月21日 09:07撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那須湯本のバス停で降りるとすぐに温泉神社があった。
牛ヶ首の方向へ進んでいく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛ヶ首の方向へ進んでいく。
濡れたベンチを通過。標識には前が牛ヶ首、後ろが殺生石、右がスキー場。…ということはここが休暇村分岐だったのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濡れたベンチを通過。標識には前が牛ヶ首、後ろが殺生石、右がスキー場。…ということはここが休暇村分岐だったのかな?
あの山登るのかなあ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの山登るのかなあ?
かなり高度が上がってきたところで金網に遭遇。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり高度が上がってきたところで金網に遭遇。
この辺が高雄口かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺が高雄口かな?
茶臼岳のすぐ前まで来て分岐を右折して歩いて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳のすぐ前まで来て分岐を右折して歩いて行く。
牛ヶ首山頂分岐に到着。「さあ、頂上目指すぞ」と意気が上がるが、雪と爆風がそれを妨げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛ヶ首山頂分岐に到着。「さあ、頂上目指すぞ」と意気が上がるが、雪と爆風がそれを妨げる。
ついに茶臼岳の山頂の鳥居らしきものが視界に現れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに茶臼岳の山頂の鳥居らしきものが視界に現れる。
茶臼岳の山頂の標識。暴風雨と雪にやられながらの登頂に妙にハイな気分になった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳の山頂の標識。暴風雨と雪にやられながらの登頂に妙にハイな気分になった。
頂上の祠に感謝の礼をもありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の祠に感謝の礼をもありました。
爆風と雪と闘いながら牛ヶ首に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆風と雪と闘いながら牛ヶ首に到着。
夕暮れが近づいてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れが近づいてきた。
峰の茶屋跡避難小屋。
中には入れないらしいのでスルーする。(※中には入れるが宿泊不可が正解でした。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋跡避難小屋。
中には入れないらしいのでスルーする。(※中には入れるが宿泊不可が正解でした。)
那須岳避難小屋。こちらは中に入れるようだが、先を急ぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那須岳避難小屋。こちらは中に入れるようだが、先を急ぐ。
18時過ぎにその日の宿泊地である三斗小屋温泉煙草屋旅館に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18時過ぎにその日の宿泊地である三斗小屋温泉煙草屋旅館に到着。
翌朝7時少し前に三斗小屋温泉を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝7時少し前に三斗小屋温泉を出発。
湯けむり漂う場所を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯けむり漂う場所を通過。
雪に弱いわたしは早くも6爪アイゼンを装着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に弱いわたしは早くも6爪アイゼンを装着。
アイゼンはすぐにいらなくなった。
とにかくいい天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンはすぐにいらなくなった。
とにかくいい天気。
隠居倉からの尾根歩きは天気が良いだけに快適だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隠居倉からの尾根歩きは天気が良いだけに快適だった。
熊見曽根分岐にザックを置いて朝日岳を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊見曽根分岐にザックを置いて朝日岳を目指す。
朝日岳の頂上直下。結構きびしい急登だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳の頂上直下。結構きびしい急登だ。
朝日岳から熊見曽根に戻り、更に1900m峰に登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳から熊見曽根に戻り、更に1900m峰に登る。
1900m峰から下っていくと平原に出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1900m峰から下っていくと平原に出る。
清水平。この一帯は地面がひどくぬかるんでいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水平。この一帯は地面がひどくぬかるんでいた。
三本槍岳が近づいてきた。三本槍っていうから三つのとがったピークがあると勝手に想像していたわたしが恥ずかしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍岳が近づいてきた。三本槍っていうから三つのとがったピークがあると勝手に想像していたわたしが恥ずかしい。
三本槍岳に登頂。結構人がいた。
2020年11月22日 11:00撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍岳に登頂。結構人がいた。
またも朝日岳の方向へ引き返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またも朝日岳の方向へ引き返す。
朝日岳分岐から茶臼岳を目指すことにした。当初の予定では北温泉へ下山する予定だったが、天気が良い日の茶臼岳も見たくなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳分岐から茶臼岳を目指すことにした。当初の予定では北温泉へ下山する予定だったが、天気が良い日の茶臼岳も見たくなった。
「えー、こんな厳しい鎖場あったの」と驚いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「えー、こんな厳しい鎖場あったの」と驚いた。
南アルプスの甲斐駒へ行く途中の黒戸尾根の『刃渡り』を思い出してしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの甲斐駒へ行く途中の黒戸尾根の『刃渡り』を思い出してしまった。
茶臼岳がだいぶ近くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳がだいぶ近くなってきた。
恵比寿大黒を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵比寿大黒を通過。
前日に続き、二度目の峰の茶屋跡避難小屋通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日に続き、二度目の峰の茶屋跡避難小屋通過。
風の強くない茶臼岳にかえって戸惑う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風の強くない茶臼岳にかえって戸惑う。
前日と全く違った雰囲気の茶臼岳山頂にビックリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日と全く違った雰囲気の茶臼岳山頂にビックリ。
雲海がかっこいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海がかっこいい。
前日と違って今回は峰の茶屋跡避難小屋経由で下山することにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日と違って今回は峰の茶屋跡避難小屋経由で下山することにする。
峰の茶屋跡避難小屋からの道のり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋跡避難小屋からの道のり。
塔の茶屋でカレーライスとあったかいそばを食べる。
後から三本槍の途中で追い抜いて行った若い女の子が来たが、
あえて話しかけず。後で後悔した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔の茶屋でカレーライスとあったかいそばを食べる。
後から三本槍の途中で追い抜いて行った若い女の子が来たが、
あえて話しかけず。後で後悔した。
最後はロープウェイ山麗駅からバスで那須塩原へ向かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はロープウェイ山麗駅からバスで那須塩原へ向かった。

感想/記録

雪と爆風の茶臼岳山頂と晴天のさわやかな茶臼岳山頂の二つを味わうことができ、子供の頃泊まった三斗小屋温泉にも泊まることができ、大変満足している。
また、初日にあきらめかけた朝日岳と三本槍岳も予定通り登頂できたのもうれしい限り。
欲を言えば深夜に入った露天風呂の明るい時の写真が欲しかったのと、茶臼岳の山頂を一周したかったが、次回にとっておくことにする。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:227人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ