また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2758640 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

きつかった!甲武信岳〜三宝山〜梓白岩周回縦走

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月23日(月) [日帰り]
メンバー
天候雲のち快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間44分
休憩
36分
合計
10時間20分
S毛木平05:4606:13大山衹神社06:1406:33慰霊碑06:3507:21なめ滝07:2208:15千曲川・信濃川水源地標08:1608:322353m地点08:51甲武信ヶ岳08:5709:27三宝岩09:35三宝山10:03尻岩10:0410:22武信白岩山10:2710:39武信白岩山北峰10:4211:13大山11:1411:36十文字小屋11:47十文字峠12:00十文字山12:0112:19のぞき岩12:2012:43弁慶岩12:4513:06梓白岩13:0713:44悪石13:4714:06三国峠14:1316:06毛木平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

甲武信岳山頂から三宝山
風強く寒〜い
2020年11月23日 08:52撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信岳山頂から三宝山
風強く寒〜い
甲武信岳山頂から富士山
どこから見てもいいね!
2020年11月23日 08:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信岳山頂から富士山
どこから見てもいいね!
1
三宝山山頂標識と三角点
明るくて広い山頂だ。
2020年11月23日 09:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三宝山山頂標識と三角点
明るくて広い山頂だ。
1
三宝山展望地から甲武信岳と富士
三角形の重なりがいい
2020年11月23日 09:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三宝山展望地から甲武信岳と富士
三角形の重なりがいい
1
武信白岩から三宝山
ぼてっとした感じ
2020年11月23日 10:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武信白岩から三宝山
ぼてっとした感じ
1
偶然見つけた武信白岩岳山頂標識
2020年11月23日 10:25撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
偶然見つけた武信白岩岳山頂標識
1
梓白岩と思います。
同じような岩が何度も出てきて分からなくなりました。
2020年11月23日 12:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梓白岩と思います。
同じような岩が何度も出てきて分からなくなりました。
こわ〜!
白岩の丸太巻道と鎖場
2020年11月23日 12:42撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こわ〜!
白岩の丸太巻道と鎖場
1
三国峠から八ヶ岳
初日に登った天狗山の尾根も一望だ
2020年11月23日 14:07撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国峠から八ヶ岳
初日に登った天狗山の尾根も一望だ
1
毛木平へ戻るロードから梓白岩と思う。
よく歩いたと満足感に浸る。
2020年11月23日 15:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛木平へ戻るロードから梓白岩と思う。
よく歩いたと満足感に浸る。
1
撮影機材:

感想/記録

 川上村遠征の最終日は、毛木平〜甲武信岳〜三宝山〜三国峠周回縦走である。メインは三宝山と北に延びて三国峠に至る尾根の縦走である。
 三宝山はぼてっとした山で、甲武信岳に登った時見かけていた。しかし地図を見ていて、一等三角点で甲武信岳より高いと知って興味が湧いた。更に埼玉県の最高峰と知り一度は登って見たくなったのだ。
 今日も欲張りロングコースを計画してしまった。タイムリミットを甲武信岳9:00、十文字峠12:00、三国峠14:00と設定した。12:00に十文字峠に到着できなければ、毛木平に向かって下山だ。本当はあわよくば三国山にも登りたい、と無謀な腹づもりがあった。
○毛木平P〜甲武信岳
 Pの休憩舎にテントを張って前泊。車中泊より伸び伸びできて快適だった。さすがに百名山甲武信岳の北の登山口だ。夜中でも車が入ってくる。
 千曲川沿いの林道を登り詰めていく。紅葉ならきれいな渓谷だろうが、今は枯れ木だ。緩やかだが距離がある。ハイペースで歩いたつもりが、千曲川源流地点ではCT通り。やはり無謀な計画だったか?十文字峠から降りるかと弱気な虫が…。稜線に出ると風が強く寒い。山頂では皆ウィンドブレーカーなどを羽織りだした。
○甲武信岳〜十文字峠
 今日も百名山はおまけの通過地点である。写真を1枚撮り出発。三宝山直下までは見晴らしはない。岩っぽい所で甲武信岳方向の見晴らしがよい所があった。三宝山山頂は明るくて広い。三角点の南に展望地があり、甲武信岳と後に富士山が見えた。
 武信白岩山は巻道なので注意していないと通り過ぎてしまう。見晴らしは全くない。大山の眺めは抜群だ。下りに鎖場があった。
○十文字峠〜三国峠
 十文字小屋にはタイムリミット20分前に到着。パンをかじって予定通り三国峠へ向かって出発した。疲れも溜まってきたが、最終日だ。もうひと踏ん張りだ。
 ここまでは登山客などにもすれ違ったが、ここからは誰とも会わなかった。寂しいが自分の好きな静かな山歩きが楽しめた。
 初っ端は十文字山の登りだ。疲れてきているので100mそこそこの登りだがキツイ(>_<)。弁慶岩から尾根に巨岩が立ちふさがるようになり、道は登ったり巻いたりするようになった。弁慶岩から梓白岩過ぎまでは危険地帯。一般道ならお助けロープがあるようなトラバースやザレの登りがあった。極めつけは梓白岩の丸太の巻道と鎖場だ。
 ここを過ぎれば明るい尾根歩きが続く。
○三国峠〜毛木平P
 峠にはタイムリミットを僅かにオーバー。時間よりも体力気力がなくなった。早く下山して、ゆっくり風呂に入って晩御飯が食べたくなった。
 地図では峠手前に黒い破線があり、SCできそうだった。そこで西側の谷に道がないか探しながら歩いたが、痕跡も見つからなかった。標高差200m程だが、自信がなかったので県道を下ることにした。SCしにくい道なので大半はロード。現在は通行止だが、工事をしていたので近いうちに通行できるようになりそうかな?
 毛木平へ戻る畑の道を歩いている時、夕日に照らされた梓白岩を見つけた。今日もよく歩いたと満足感に浸った。
※感想
 雪の心配をしたが、運よく積雪はなかった。ガスは出たものの三日間とも天気に恵まれ、クタクタになるほどよく歩けて満足。
 これも村営風呂と食堂のお陰!本当にお世話になりましたm(__)m。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:219人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ