また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2759898 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 磐梯・吾妻・安達太良

銚子ヶ滝〜安達太良山〜和尚山 周遊

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月24日(火) [日帰り]
メンバー
天候午前中曇り、1400mから上部は霧
午後から晴れ
午前中は強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
グリーンラインの駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間36分
休憩
25分
合計
8時間1分
S銚子ヶ滝駐車場08:0708:17銚子ヶ滝登山口11:50沼尻分岐11:5512:05安達太良山12:1413:48和尚山13:58三等三角点 前嶽14:25和尚山14:2615:21石莚川15:2215:27銚子ヶ滝15:3616:00銚子ヶ滝登山口16:08銚子ヶ滝駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
朝方、山頂部は霧の中だったが、11時位から晴れる。
船明神の祠で、沼ノ平に映るブロッケンに遭遇。
残念ながら、スマホが低体温症にかかり作動せず写真はなし。
和尚山の三角点はかなり離れているが、三角点手前の岩場の展望は良好。
コース状況/
危険箇所等
安達太良山から和尚塚山への道を探すのに登ったり降りたりで、道を探すのに30分程要した。
倒れた道標があるが、岩場に印がなく分かりづらい。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

グリーンラインの登山口。
2020年11月24日 08:03撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンラインの登山口。
1
グリーンラインからの接続道路(右手)は現在閉鎖されている。下の観光牧場からしか入ってこれない。
2020年11月24日 08:05撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンラインからの接続道路(右手)は現在閉鎖されている。下の観光牧場からしか入ってこれない。
牧場脇を行く。
2020年11月24日 08:32撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場脇を行く。
樹木は霧氷に覆わていた。
2020年11月24日 09:59撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹木は霧氷に覆わていた。
1
この登山道はつつじが多い。
2020年11月24日 10:22撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この登山道はつつじが多い。
1
やや霧が抜け出す。
2020年11月24日 10:34撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや霧が抜け出す。
1
霧氷と言うより、多分前夜降雪があったのでしょう。
2020年11月24日 10:37撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷と言うより、多分前夜降雪があったのでしょう。
1
対面の尾根(障子岩)が見えだす。
2020年11月24日 10:46撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対面の尾根(障子岩)が見えだす。
2
登ってきた尾根を振り返ると、下部は雲の中だが上部で霧が切れだす。
2020年11月24日 10:49撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根を振り返ると、下部は雲の中だが上部で霧が切れだす。
1
船明神への詰めの登り。
この後スマホが低体温症になり1時間ほどザックにしまい温める。
2020年11月24日 10:54撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船明神への詰めの登り。
この後スマホが低体温症になり1時間ほどザックにしまい温める。
2
スマホ復活。
安達太良山頂。
稜線は薄っすらと雪景色。
2020年11月24日 12:01撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スマホ復活。
安達太良山頂。
稜線は薄っすらと雪景色。
3
安達太良山頂から籠山と福島市内。
2020年11月24日 12:01撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良山頂から籠山と福島市内。
1
安達太良から和尚山。
2020年11月24日 12:09撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良から和尚山。
2
安達太良から船明神。
2020年11月24日 12:09撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良から船明神。
1
安達太良から鉄山。
2020年11月24日 12:10撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良から鉄山。
2
安達太良直下。
ヤブの中で。
2020年11月24日 12:30撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良直下。
ヤブの中で。
1
ようやく和尚山への正規の道を見つける。
2020年11月24日 12:51撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく和尚山への正規の道を見つける。
1
和尚山へ向かう途中振り返る。
安達太良、船明神。
2020年11月24日 13:23撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和尚山へ向かう途中振り返る。
安達太良、船明神。
1
和尚山の三角点へ向かう途中の展望台。
2020年11月24日 13:52撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和尚山の三角点へ向かう途中の展望台。
3
猪苗代湖。
2020年11月24日 13:53撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猪苗代湖。
1
展望台より、安達太良山。
2020年11月24日 13:54撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台より、安達太良山。
2
三角点まで足を伸ばす。
2020年11月24日 13:57撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点まで足を伸ばす。
1
和尚山直下。
磐梯山、右に飯豊。
2020年11月24日 14:27撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和尚山直下。
磐梯山、右に飯豊。
2
猪苗代湖。
2020年11月24日 14:27撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猪苗代湖。
2

感想/記録

安達太良山に関しては、ヤマテンの予報がないため飯豊、燧ヶ岳の予報から推測すると、北西の強風、朝方、夕方は霧で、一時正午前後に晴れ間が出るとなり、多分内陸で標高が低いのでこれよりは好転すると思った。
朝方グリーンラインの駐車場を出発する時は低く雲が垂れ下がり標高1400m前後からは霧の中に入る。前日の強風、そして降雪も若干あったのか霧氷が綺麗だが、船明神に近づくに従い風が強まり(風速15〜20m程度)、かなり寒さを感じ、ウエストベルトのサイドポケットに耐寒対応せずに装着していたスマホは耐寒温度の限界を超えた様で、バッテリー容量60%を残してたが使用不可となり、ここでログ・カメラとも機能を発揮しなくなる。この日は水戸の自家からの出発となったため、いつも使用しているカメラとナビウオッチを実家に忘れたので致し方ない。スマホはタオルに包みザックにしまい30分ほどで作動開始、改めてログを開始、これ以後ザックの中にしまう事で耐寒対策をする。改めて
、冬場の低温時・特に強風時におけるスマホの脆弱性を実感。
船明神到達時点では霧がまだ残り、道標が倒壊しておりまたスマホで現在地点を確認できない状況のため、引き返すことも視野に安達太良の稜線に向かうと、予報通り次第に霧が抜け出し見通しが効くようになり、きょうふうは相変わらずだが日差を感じる天候に好転し、安達太良山頂到着時には運良く快晴となり、その後下山時まで続く。
 安達太良山から和尚山への下り口は分かりづらく、なんどか上り下りそして藪こぎをして30分ほど頂上直下で右往左往。ようやく見つけて登山道ははっきりして迷うことはないが灌木帯のトンネルの様に上部が樹木に覆わている。
今回登山の見納めに名瀑100選銚子ヶ滝へ寄るが、🍁最盛期を過ぎてはいたが、見応え充分である。ここで初めて観光客2名に合う。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:227人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ