また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2780031 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 東北

会津若松の最高峰へ「小雪舞う大戸岳」

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年12月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り一時雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●登山用駐車場を利用
・駐車場は大宮神社の道路を挟んだ対面にある(標識もある)
・駐車スペースは30台程度
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間36分
休憩
28分
合計
4時間4分
S大戸岳登山者駐車場05:1305:29登山口05:3107:24大戸岳07:5009:01登山口09:17大戸岳登山者駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
歩行ペース(標準CTの60〜70%程度)
コース状況/
危険箇所等
★登山道整備度:3(良5・4・3・2・1悪)階段や木道、鎖等の整備度
★体力難易度 :2.5(難5・4・3・2・1易)歩行距離、累積標高差、急登等
★技術難易度 :2(難5・4・3・2・1易)鎖場、アイゼン等の頻度や時間等
★登山道の眺望:2.5(良5・4・3・2・1悪)
★山頂の眺望 :4(良5・4・3・2・1悪)


【すれ違った登山者の数:0人】


◆ルートの状況
・標高400mの駐車場から標高510mの登山口まで車道歩き。標識等も多く分かりやすい。
・登山口から標高1050m付近までは樹林帯を緩やかに登っていく。
・標高1050mから標高1200m付近まではトラバースとなる。特に難しいところはないが、積雪があると歩き難い。また、急登区間はロープが設置されている。
・標高1250mまで登ると山頂稜線となる。そこから明瞭な尾根に沿って山頂を目指すが、風の又三郎と呼ばれる痩せた岩稜があり、北斜面は切れ落ちているので注意が必要。ロープのある南側を慎重に進んでいこう。
・山頂は北側が大きく開けており、眼下には広大に広がる猪苗代湖をはじめ、背後には磐梯山から安達太良山までよく見渡せる。
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

登山用駐車場に車を止めて出発!
2020年12月05日 05:15撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山用駐車場に車を止めて出発!
ほ〜、会津若松市で一番高い山なんだね〜
2020年12月05日 05:15撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほ〜、会津若松市で一番高い山なんだね〜
駐車場から約1.5km車道を歩き、標高510mの登山口に到着。
2020年12月05日 05:29撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から約1.5km車道を歩き、標高510mの登山口に到着。
では、登っていこう!
2020年12月05日 05:39撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、登っていこう!
樹木に食べられた標識。
2020年12月05日 05:50撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹木に食べられた標識。
1
標高750mを越えると雪が積もりだし、更に、小雪も降りだした。
2020年12月05日 06:02撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高750mを越えると雪が積もりだし、更に、小雪も降りだした。
標高840mの5合目を通過。
2020年12月05日 06:08撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高840mの5合目を通過。
日の出時刻が近づき、ヘッドライトがなくても歩ける明るさになった。
2020年12月05日 06:23撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出時刻が近づき、ヘッドライトがなくても歩ける明るさになった。
積雪量も増え、これからトラバースになるので念のためチェーンアイゼンを装着。
2020年12月05日 06:38撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪量も増え、これからトラバースになるので念のためチェーンアイゼンを装着。
標高1050mを越えるとトラバースになってくる。
2020年12月05日 06:34撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1050mを越えるとトラバースになってくる。
短い距離だが急登もありロープが設置されていた。
2020年12月05日 06:48撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短い距離だが急登もありロープが設置されていた。
更に15cmほど積もったノートレースのトラバースが続く。
2020年12月05日 06:53撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に15cmほど積もったノートレースのトラバースが続く。
標高1250mまで登ると、山頂稜線に到着。
2020年12月05日 07:04撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1250mまで登ると、山頂稜線に到着。
笹に積もった雪を払いながら進んでいく。
2020年12月05日 07:09撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹に積もった雪を払いながら進んでいく。
山頂に近づくと荒々しい岩場になってきた。
2020年12月05日 07:14撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に近づくと荒々しい岩場になってきた。
1
右側(北斜面)が切れ落ちた痩せ尾根を登っていく。
ロープが見える左側を歩けば難しくはない。
2020年12月05日 07:15撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側(北斜面)が切れ落ちた痩せ尾根を登っていく。
ロープが見える左側を歩けば難しくはない。
1
岩場を通過すると山頂の頂が見えてきた。
2020年12月05日 07:17撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を通過すると山頂の頂が見えてきた。
3
山頂周辺の木々は真っ白な霧氷がついて美しい。
2020年12月05日 07:22撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂周辺の木々は真っ白な霧氷がついて美しい。
3
山頂に到着。
2020年12月05日 07:25撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。
4
一等三角点にタッチ!
2020年12月05日 07:43撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点にタッチ!
3
山頂の北側は開けており猪苗代湖が一望できる。
2020年12月05日 07:40撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の北側は開けており猪苗代湖が一望できる。
磐梯山から猫魔ヶ岳。
2020年12月05日 07:42撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山から猫魔ヶ岳。
6
磐梯山のアップ。
2020年12月05日 07:41撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山のアップ。
6
吾妻連峰の白くなってきたね〜
2020年12月05日 07:46撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻連峰の白くなってきたね〜
1
安達太良山と箕輪山の稜線。
2020年12月05日 07:16撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良山と箕輪山の稜線。
4
山頂から会津若松市街は良く見えない。
2020年12月05日 07:43撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から会津若松市街は良く見えない。
1
山頂の東側の稜線には風力発電が沢山ある。
2020年12月05日 07:41撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の東側の稜線には風力発電が沢山ある。
1
南側の二岐山方面は天候が悪く視界不良だ。
2020年12月05日 07:51撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側の二岐山方面は天候が悪く視界不良だ。
1
では、下山しよう!
2020年12月05日 07:51撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、下山しよう!
1
痩せた岩稜は、注意して下る。
2020年12月05日 07:56撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せた岩稜は、注意して下る。
2
再び樹林帯に入り、
2020年12月05日 08:07撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び樹林帯に入り、
5合目までチェーンアイゼンを装着して下山した。
2020年12月05日 08:33撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目までチェーンアイゼンを装着して下山した。
往路は真っ暗だった登山道を下り、
2020年12月05日 08:49撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路は真っ暗だった登山道を下り、
砂防ダムのある登山口に到着。
2020年12月05日 09:00撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防ダムのある登山口に到着。
1
再び林道を15分ほど歩く。
2020年12月05日 09:13撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び林道を15分ほど歩く。
最後は、駐車場の目の前にある大宮神社を参拝。
2020年12月05日 09:16撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は、駐車場の目の前にある大宮神社を参拝。
1
お疲れさまでした!
2020年12月05日 09:18撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れさまでした!
1

感想/記録

本日は、会津若松市の最高峰となる大戸岳に登ってみました。
天気予報に反し、小雪が舞う中の登山となりましたが、山頂からは福島県を代表する磐梯山や吾妻山、安達太良山一望でき、雪景色に変わった名峰を見渡すことができました。

登山道は林道歩きから始まり、樹林帯やトラバース、痩せ尾根等、変化に富んで誰でも楽しめる山かと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:289人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ