また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2839395 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 谷川・武尊

トマノ耳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年01月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り(樹林帯を抜けたらガス)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西黒はトレースがついていたが…上部はノートレースだった模様。
天神尾根は下山の際はノートレース
少しくだった所で、その日登ってこられた方達と出会い、その後トレースを使わせてもらった。
その他周辺情報鈴森の湯
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

写真

来た道を振り返って
2021年01月03日 09:51撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返って
やっとたどり着いたトマの耳
2021年01月03日 12:34撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとたどり着いたトマの耳
熊穴沢の非難小屋から振り返って
2021年01月03日 13:49撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴沢の非難小屋から振り返って

感想/記録

天神尾根は積雪期に何度か登っているので、初めて西黒尾根から挑戦することに。
トレースがなかったら、行ける所まで行って引き返すつもりでしたが、先行者の方達のおかげで、なんとかトマの耳までたどり着くことができました。2日はノートレースだったそうです。
 最初坪足で行こうと思いましたが、もぐるので、ワカン使用。斜面が急になってアイゼンとピッケルに代えましたが、ストックでよかったかも。
 上部にさしかかった所でその日登っている方達で代わる代わるのラッセルになりましたが、私などはなんのお役にも立てなくて、申し訳ない気持ちで一杯になりました。
 山頂に到着した時点で天神尾根からの登山者がなく、ノートレース。ガスっていたので視界もあまり無い状態。来た道を引き返すか迷いましたが、西黒尾根を登っている時に、天神尾根をあがってくる登山者の列が見えたので、途中絶対合流するだろうと。下り始めてしばらくすると、あがってこられた方達と合流。ホットしました。 
 下って行くとガスはとれましたが、山頂はまだガスの中でした。
 西黒尾根の先行者の方々には本当に感謝です。色々考えさせられる山行となりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:253人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/11/21
投稿数: 10
2021/1/4 18:45
 西黒尾根から登られたのですね!
我々はロープウェイを使って天神尾根を登りましたが、
ラッセルしている方々が難航していたので、天狗の留まり場辺りで引き返しました
自分はラッセル隊を眺めていただけなので、天狗の留まり場辺りまで進めたのは感謝です。

西黒尾根から登ることにちょっと考えたのですが、難しいだろうと最初から諦めましたが、山頂まで行かれて良かったですね〜
登録日: 2019/10/21
投稿数: 0
2021/1/4 19:29
 無題
コメント、ありがとうございます😊
登頂できたのは、先行者の方のトレースのおかげで、本当に感謝です。あの日は天神平から登ってこられた方も大変だったみたいですね。
私達が肩の小屋の近くを通った時に人の気配が全くなかったので、あれっ?と思いました。いつもなら人で賑わっているのに…

今回はもっと自分を鍛え直したい!と思わずにはいられない山行でした😔でも登頂できて感謝!です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ