また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2915610 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 丹沢

檜洞丸(初踏破のバリエーションルートを堪能!西丹沢VCから周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年02月11日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西丹沢ビジターセンター周辺の駐車スペースに車を停めました(無料)
ビジターセンター前の駐車場(10台)と手前駐車スペース合わせて40台くらい駐車可能(当方AM6:00頃到着時ビジターセンター前の駐車場は満車でした。手前駐車スペースは10台ほど先行者さんがいらっしゃいました。下山時は路上駐車の方多数)
西丹沢ビジターセンターには登山届ポスト(用紙・鉛筆あり)と水洗トイレがあります。
またビジターセンター手前100m程の所にも水洗トイレがあります。
尚、東名大井松田ICから西丹沢ビジターセンターまで凍結箇所はありませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道の状況は2021年2月11日(木)現在の状況です!
●小笄南西尾根(VR・通行の支障となる残雪なし)
尾根がそれほど広くなく赤ペイント多数ですので道迷いの心配は少ないと思います。
東沢林道を横断した後の急斜面(高さ15m位?)の登りはわずかな距離ですが足元ザレていますので注意が必要です。
小笄〜大笄間の稜線に乗り上げる手前急斜面(残雪・凍結なし)は蛭ヶ岳南陵とイメージが似ていますが急登区間が短いので意外とすぐに稜線に乗り上げることができると思います。急斜面の岩稜帯に慣れた方であれば問題なく通過できるでしょう。

●祠尾根(VR・残雪なし)
五右衛門沢左岸に沿って下る急斜面に花崗岩?のザレた部分が点在する為、スリップ・滑落要注意です!事前にストック等は収納して(自然を傷めない範囲で)掴める物は掴んで慎重に下る必要があります。簡易アイゼンなどの滑り止めを使用しても良いかもしれません?下りでの通過はお勧めできない印象を持ちました(^^ゞ
この尾根も赤ペイント多数で道迷いの心配は少ないと思います。(しかし考え事をしながら歩いている最中にペイントをいつの間にか見失い危うく違う方向に進みそうになりました(^^;)GPS軌跡参照)

●一般登山道の稜線上には残雪・再氷結のアイスバーンの部分が所々ありますが今日の時点では避けて通れば大丈夫でした。
その他周辺情報最終コンビニは東名高速道路「大井松田IC」から向かうと国道246号線「宮地(みやじ)」交差点手前にある「ファミリーマート 山北町店」が最後だったと思います。
昨今の情勢により寄り道を一切せずに直行直帰にて行動!
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) ライター 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ヘルメット カメラ
備考 残雪ありましたが滑り止めを装着しなくても通過できる範囲でしたので「無雪期ピークハント/縦走」に分類しました

Myアイテム  

hajime1106 重量:-kg

写真

つつじ新道入口から一登り!今回はつつじ新道と別れて左上の小笄南西尾根に取りつく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじ新道入口から一登り!今回はつつじ新道と別れて左上の小笄南西尾根に取りつく
1
序盤はすぐ下をつつじ新道が並行する(ここを通る登山者さんからは不思議そうな視線が…)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤はすぐ下をつつじ新道が並行する(ここを通る登山者さんからは不思議そうな視線が…)
1
日の出時刻を過ぎると畔ヶ丸が染まり始める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出時刻を過ぎると畔ヶ丸が染まり始める
1
序盤からそこそこの急登をガンバリ東沢林道を横断(カーブミラー正面のザレた急斜面を進みます)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤からそこそこの急登をガンバリ東沢林道を横断(カーブミラー正面のザレた急斜面を進みます)
目覚めた美林を一歩ずつ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目覚めた美林を一歩ずつ
2
ブナの巨木に寄生した苔の仲間も日差しの温もりを感じているようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの巨木に寄生した苔の仲間も日差しの温もりを感じているようだ
3
冬枯れの道から愛鷹山方面を遠望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬枯れの道から愛鷹山方面を遠望
2
樹々の間からは少し雪が減った印象の富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹々の間からは少し雪が減った印象の富士山
5
この後目指す小笄〜大笄間の稜線が近ずく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後目指す小笄〜大笄間の稜線が近ずく
3
ルートをイメージしながら登行の前にエネルギー補給と装備を整える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートをイメージしながら登行の前にエネルギー補給と装備を整える
2
丹沢山塊の中では蛭ヶ岳南陵と似たイメージか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山塊の中では蛭ヶ岳南陵と似たイメージか?
1
踵が浮く急登が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踵が浮く急登が続く
1
浮き石が多く手掛かり・ステップを慎重に見極めながら確実に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浮き石が多く手掛かり・ステップを慎重に見極めながら確実に
2
そこそこの高度感
転げ落ちないように注意しながら呼吸を整える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこの高度感
転げ落ちないように注意しながら呼吸を整える
2
振り返ると先ほど通過した1125mピークが視線より下に見えている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると先ほど通過した1125mピークが視線より下に見えている
6
核心部も終盤
目指す稜線が近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部も終盤
目指す稜線が近い
1
写真左側の踏み跡から登ってきた(右側に進むと小笄方面)
以前からこの踏み跡は気になっていたがようやく今回踏破する事ができた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真左側の踏み跡から登ってきた(右側に進むと小笄方面)
以前からこの踏み跡は気になっていたがようやく今回踏破する事ができた
2
小笄南西尾根初踏破の記念に1枚(実際は6枚目)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小笄南西尾根初踏破の記念に1枚(実際は6枚目)
5
辿って来た尾根を見下ろして一息
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辿って来た尾根を見下ろして一息
3
ここからしばらくは平和な道を行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからしばらくは平和な道を行く
2
大笄周辺はブナの巨木が多く生息する
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笄周辺はブナの巨木が多く生息する
4
良い枝ぶりの巨木が並んでいた
たまにはシルエットでも撮影してみよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い枝ぶりの巨木が並んでいた
たまにはシルエットでも撮影してみよう
2
大笄〜熊笹ノ峰鞍部の矢駄尾根分岐のベンチで早めのランチ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笄〜熊笹ノ峰鞍部の矢駄尾根分岐のベンチで早めのランチ
1
目の前にはこの絶景
山で食べるカップ麺の味は行列のできるラーメン店の味に迫る?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前にはこの絶景
山で食べるカップ麺の味は行列のできるラーメン店の味に迫る?
2
目指す頂は雪化粧でより神々しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す頂は雪化粧でより神々しい
2
丹沢最高峰の蛭ヶ岳
今日の好天、多くの登山者さんで賑わっているだろう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢最高峰の蛭ヶ岳
今日の好天、多くの登山者さんで賑わっているだろう
2
登山道には残雪が残っている所もあるのでスリップ注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道には残雪が残っている所もあるのでスリップ注意
1
北側斜面は特に残雪が多い
(稜線奥は箱根中央火口丘方面)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側斜面は特に残雪が多い
(稜線奥は箱根中央火口丘方面)
1
急登では励まされます!作成者に拍手
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登では励まされます!作成者に拍手
2
大室山の遥か先には八ヶ岳と金峰山
(昨今の情勢、この冬は訪れる事ができるのだろうか?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大室山の遥か先には八ヶ岳と金峰山
(昨今の情勢、この冬は訪れる事ができるのだろうか?)
2
西丹沢随一の絶景(だと思います)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢随一の絶景(だと思います)
3
聖〜赤石〜荒川〜塩見など
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖〜赤石〜荒川〜塩見など
3
農鳥〜間ノ岳〜北岳〜仙丈〜鳳凰〜甲斐駒
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥〜間ノ岳〜北岳〜仙丈〜鳳凰〜甲斐駒
3
スタートから4時間30分程で檜洞丸に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから4時間30分程で檜洞丸に到着
3
山頂直下に建つ青ヶ岳山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下に建つ青ヶ岳山荘
1
名物の木道を快適に進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物の木道を快適に進む
2
眼下には丹沢湖を遠望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下には丹沢湖を遠望
2
展望の良い所ではゆっくり景色を眺めて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望の良い所ではゆっくり景色を眺めて
2
立派なサルノコシカケ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なサルノコシカケ
3
ここは何度来ても開放的で気持ちの良い場所だ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは何度来ても開放的で気持ちの良い場所だ
2
今回はこれで見納め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はこれで見納め
1
ロープを跨いで祠尾根へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープを跨いで祠尾根へ
1
ザレた急斜面を下るのでゆっくり慎重に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレた急斜面を下るのでゆっくり慎重に
1
東沢の流れが大きく見えるようになるとビジターセンターは近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢の流れが大きく見えるようになるとビジターセンターは近い
1
祠の脇を通って無事下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の脇を通って無事下山
2
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:245人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/12/31
投稿数: 368
2021/2/15 10:29
 未踏バリ山行の参考にさせてくださいm(_ _)m
hajime1106さん、こんにちは!
 
 美林の中でのバリ山行、おつかれさまでした(^^)
 小笄へのルートは気になっていましたので、山行の参考資料として活用させてください。
 美林の尾根はウンウンと頷きながら拝読しました。上部のザレボロ感は「蛭ヶ岳南稜に似ている」との解説で、なんとなくイメージできる等、hajime1106さんのレポートはイマジネーションし易く、魅入ってしまいました。
 祠ルートは、丹沢名人たちのメインルートのようですね。私も、以前に丹沢を縦横無尽に歩くAYさんに教えていただき、お気に入りになりました。
 
 今後もバリルートの情報を活用させてください。
 私自身も歩いていますが、ヤマレコへのアップが遅く、未掲載も多数ですが、がんばって発信します。
 
 お願いばかりで、すみません。
 
登録日: 2013/4/28
投稿数: 356
2021/2/15 13:41
 Re: 未踏バリ山行の参考にさせてくださいm(_ _)m
oobantouさん 初めまして!コメントいただきありがとうございますm(__)m
どこが道だかわからない険しいルートは敷居が高く足を踏み入れることはできていませんが比較的尾根が狭くペイント多数(笑)のVRを選んでたまにではありますがより静かな空間を楽しんでいます!
両ルートともに下りではあまり使いたくない印象のルートでしたが登りで使う分には季節を変えてまた違う景色を眺めに訪れたいルートとなりました。小笄南西尾根については新緑・紅葉の時期がまた一層良さそうでした(^^♪
つたないレコですがoobantouさんの新たなルート開拓の参考にしていただければ幸いです。
これからもお互い安全山行でお山の魅力を存分に味わいましょう!
それでは〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ