また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2939137 全員に公開 ハイキング 甲信越

文台山、ハガケ山、御正体山〜三輪神社から周回

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年02月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三輪神社北側の菅野林道に入ってすぐの路肩の広い場所に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間12分
休憩
1時間0分
合計
7時間12分
S菅野林道路肩07:4007:45細野バス停07:50文台山御嶽神社登山口08:12細野峠(小野・細野分岐点)08:19矢花山08:2508:30細野峠(小野・細野分岐点)08:50・99309:20文台山東峰09:22文台山09:3209:34文台山東峰11:01ハガケ山11:0512:05文台山分岐12:4012:55峰宮跡13:17御正体山13:2113:39峰宮跡14:14菅野林道終点14:36菅野林道ゲート14:3714:52菅野林道路肩G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
文台山分岐の道標に文台山方面歩道不明瞭と書かれている通り、文台山から文台山分岐間は歩かないことを御薦めします。理由は3つ。
1.文台山とP1225間は林道が開削工事が進み、稜線への取り付きがありません。今回はモルタルコンクリートが吹きつけられてない法面を無理矢理上がりルートに戻れたが、単に運が良かっただけでしょう。今後もここから上がれる保証はありません。
2.ハガケ山とP1328の中間点の隠れピークのP1328側が切れ落ちて、鞍部への降り口が特定できず。降りやすそうなところを無理矢理降りたが、鞍部から振り返ったらまったく違う場所にピンクテープがあった。
3.全体に道が不明瞭で、道標はなく目印も少ない。笹竹の最盛期には、ますます困難になる思われる。
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

写真

菅野林道の路肩の広くなった場所に駐車。
県道24号線から80mほど入ったところ。
2021年02月20日 07:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅野林道の路肩の広くなった場所に駐車。
県道24号線から80mほど入ったところ。
文台山登山口を入る。
2021年02月20日 07:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文台山登山口を入る。
御嶽神社で登山の安全を祈願する。
2021年02月20日 07:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽神社で登山の安全を祈願する。
御嶽神社の右から登山道に入る。
2021年02月20日 07:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽神社の右から登山道に入る。
何度か林道を横切る。
2021年02月20日 07:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か林道を横切る。
稜線に飛び出した。文台山への道標があるだけ。右の矢花山へ向かう。
2021年02月20日 08:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に飛び出した。文台山への道標があるだけ。右の矢花山へ向かう。
矢花山山頂。何もない😞。
枝陰に滝子山、大蔵高丸、小金沢山、雁ヶ腹摺山など大菩薩連嶺が見えている。
2021年02月20日 08:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢花山山頂。何もない😞。
枝陰に滝子山、大蔵高丸、小金沢山、雁ヶ腹摺山など大菩薩連嶺が見えている。
文台山まで80分か〜〜〜。60分で行くぞ!!って行けるか!?
2021年02月20日 08:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文台山まで80分か〜〜〜。60分で行くぞ!!って行けるか!?
P993を越える。
2021年02月20日 08:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P993を越える。
文台山東峰。ここには道標はない。
2021年02月20日 09:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文台山東峰。ここには道標はない。
1
文台山山頂に到着。小広い山頂だが、林に囲まれ展望はない。枝の合間に鹿留山に隠れるように富士山が何とか見える。
2021年02月20日 09:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文台山山頂に到着。小広い山頂だが、林に囲まれ展望はない。枝の合間に鹿留山に隠れるように富士山が何とか見える。
1
登山道分岐は尾根の分岐でもある。道標はないが、ピンクテープが付けられている南側の尾根に乗る。
2021年02月20日 09:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道分岐は尾根の分岐でもある。道標はないが、ピンクテープが付けられている南側の尾根に乗る。
開削中の林道に出たら丸太の柵沿いに右に降り、林道をゆるやかに下る。
2021年02月20日 09:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開削中の林道に出たら丸太の柵沿いに右に降り、林道をゆるやかに下る。
予定していた尾根の法面はモルタルコンクリートが吹きつけられて登れず。地形図で当たりを付けたここが唯一登れそうな場所だった。
2021年02月20日 09:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定していた尾根の法面はモルタルコンクリートが吹きつけられて登れず。地形図で当たりを付けたここが唯一登れそうな場所だった。
上がるとすぐに稜線が見え、安堵。
2021年02月20日 10:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上がるとすぐに稜線が見え、安堵。
P1225に向けて登る。
2021年02月20日 10:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1225に向けて登る。
途中にあった八岐大蛇のような赤松。
2021年02月20日 10:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にあった八岐大蛇のような赤松。
P1225まで上がらず、途中でショートカットを試みる。奥には目的の主稜線がハッキリ見える。
2021年02月20日 10:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1225まで上がらず、途中でショートカットを試みる。奥には目的の主稜線がハッキリ見える。
無事主稜線に乗れた。
2021年02月20日 10:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事主稜線に乗れた。
笹竹が煩い。しかも踏み跡がほとんどない。
2021年02月20日 10:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹竹が煩い。しかも踏み跡がほとんどない。
ハガケ山山頂。
2021年02月20日 11:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハガケ山山頂。
山頂標識はなく、テープに手書きだった。
2021年02月20日 11:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識はなく、テープに手書きだった。
ハガケ山とP1328の中間点の隠れピークから鞍部に降りたいのだが。。。P1328側は完全に断崖状態。唯一ここからなら何とか降りられそうだった。断崖感が写真では伝わらないかも。。。
2021年02月20日 11:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハガケ山とP1328の中間点の隠れピークから鞍部に降りたいのだが。。。P1328側は完全に断崖状態。唯一ここからなら何とか降りられそうだった。断崖感が写真では伝わらないかも。。。
鞍部から振り返る。ピンクテープが見えた(写真では見えない)。こうやって見ると、上がって行けそうな気がするが。。。
2021年02月20日 11:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から振り返る。ピンクテープが見えた(写真では見えない)。こうやって見ると、上がって行けそうな気がするが。。。
潅木の中の急登が続く。
2021年02月20日 11:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
潅木の中の急登が続く。
文台山分岐に到着。
ベンチや道標があり、ちょっと山頂っぽい。実は展望も良かった。
2021年02月20日 12:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文台山分岐に到着。
ベンチや道標があり、ちょっと山頂っぽい。実は展望も良かった。
雲一つない富士山。
2021年02月20日 12:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲一つない富士山。
1
赤石岳、荒川岳、塩見岳、農鳥岳、間ノ岳、北岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳。
2021年02月20日 12:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳、荒川岳、塩見岳、農鳥岳、間ノ岳、北岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳。
1
三ッ峠山。
2021年02月20日 12:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ峠山。
1
八ヶ岳。
2021年02月20日 12:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳。
1
金峰山、小川山、国師ヶ岳。
2021年02月20日 12:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山、小川山、国師ヶ岳。
1
ブナの巨木からひと登りで。。。
2021年02月20日 12:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの巨木からひと登りで。。。
御正体山との分岐に登り着く。
2021年02月20日 12:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御正体山との分岐に登り着く。
すぐ先の峰神社。いい感じ。
2021年02月20日 12:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ先の峰神社。いい感じ。
御正体山山頂に到着。2009年以来。雰囲気に大きな違いはなさそう。展望がないのが唯一残念なところ。
2021年02月20日 13:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御正体山山頂に到着。2009年以来。雰囲気に大きな違いはなさそう。展望がないのが唯一残念なところ。
1
分岐まで戻り細野(三輪神社)方面へ下る。
2021年02月20日 13:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐まで戻り細野(三輪神社)方面へ下る。
ロープ場あり。
2021年02月20日 13:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ場あり。
菅野林道に降り立つ。
2021年02月20日 14:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅野林道に降り立つ。
菅野林道のゲートに到着。
2021年02月20日 14:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅野林道のゲートに到着。
左に見える踏み跡に入る。
2021年02月20日 14:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に見える踏み跡に入る。
10分足らずで菅野林道に戻った。ショートカットできたのか?
2021年02月20日 14:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分足らずで菅野林道に戻った。ショートカットできたのか?
駐車した路肩に到着。危うい(?)場面があったが、今日も無事でした。御嶽神社で祈願したお陰でしょう。
2021年02月20日 14:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車した路肩に到着。危うい(?)場面があったが、今日も無事でした。御嶽神社で祈願したお陰でしょう。

感想/記録
by ka_zu1

御正体山は一度登っているので文台山とハガケ山の周回のつもりが、時間と体力に余裕があったので、立ち寄ってみた。
林道の開削工事で尾根が寸断されているのは分っていて、事前に上り口を特定していたが、状況はかなり違っていた。予定の場所はすっかりモルタルコンクリートで固められ、登るどころではなかった。地形図で当たりを付けて、そこがダメなら引き返すつもりでいたが、何とか上がれてルートに戻れた。
林道完成後は先正式な登り口が作られるのだろうか?多分無理だろうな。。。文台山分岐までのルートは廃道になってしまうのかも。。。
今回の山行でうれしい誤算だったのが文台山分岐の展望。富士山から南アルプス、御坂山地、八ヶ岳、奥秩父山塊を一望できた。ベンチもあり、時間的にも良い昼食タイムになった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:236人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ