また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2939485 全員に公開 山滑走 谷川・武尊

前武尊山〜西俣林道〜家の串尾根〜荒砥沢往復

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年02月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴無風汗だく
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間8分
休憩
0分
合計
9時間8分
Sスタート地点06:3406:49武尊牧場スキー場駐車場15:35武尊牧場スキー場駐車場15:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
行動時間 9時間 久しぶりに疲れたよ
標高範囲 1000m〜2000m
気温 朝―8度 いい感じだけど 
 帰り4度 暑い
山で会った人 6人
積雪の様子 二日前に80僂らい
日帰り温泉 今日もささの湯
スマホカウント 16000歩
雰囲気 静か
トラブル 帰りの林道がモービル荒らされ げ
満足度 90%
観光 前日の深谷の渋沢記念館
G3 High ball /fatski 175cm/139mm/116mm/127mm
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

写真

今日も山の夜明けに出合う
2021年02月20日 07:06撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も山の夜明けに出合う
一本だけトレースのある林道付いていく
2021年02月20日 07:06撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本だけトレースのある林道付いていく
のどかな快晴
2021年02月20日 08:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のどかな快晴
見えてきました。左前武尊山、右剣が峰そのコルまで登れるか
2021年02月20日 08:49撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えてきました。左前武尊山、右剣が峰そのコルまで登れるか
今日はトレースない荒砥沢本流上がっていきますよ。
2021年02月20日 09:18撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はトレースない荒砥沢本流上がっていきますよ。
ゴルジュっぽいところも通過して
2021年02月20日 10:35撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュっぽいところも通過して
トレース跡に近づくと、道が登っている
2021年02月20日 12:03撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレース跡に近づくと、道が登っている
トレースや滑降跡に入って登るから、ラッセルなしで楽ちん
2021年02月20日 12:16撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースや滑降跡に入って登るから、ラッセルなしで楽ちん
かなり上がってきました
2021年02月20日 13:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり上がってきました
間もなく稜線
2021年02月20日 13:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなく稜線
ついに剣が峰の麓に
2021年02月20日 13:25撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに剣が峰の麓に
スキーヤー二人
2021年02月20日 13:25撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーヤー二人
そこで終了
2021年02月20日 13:25撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこで終了
逆光新雪ダウン一発
2021年02月20日 13:54撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光新雪ダウン一発
今日の日没真っ赤
2021年02月20日 17:18撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の日没真っ赤

感想/記録
by sptaka



サミッツ最終章 NO24
 前武尊山〜西俣沢林道〜家の串尾根〜荒砥沢から往復
 先週のリベンジで、稜線まで登ろう。水木曜とどっかり降って、後に春陽気。週末快晴の条件はいいのだが。
 オグナスキー場分岐を過ぎて休止の牧場(スキー場)方面にいって、西俣林道からスタート、何度か来たことはある。帰りにはモービルで散々な道になっていたが、朝は運よく先行一人の後を、のんびりついていく。ラッセルないが20僂らいぐっと潜る。
 林道進んで、凹状から家の串尾根目指してトレース上がっていった。合流直前に、迂回して先週の荒砥林道出合いから入ろうと思ったが、相当に遠回りになった。平らな尾根越えて林道下降して出合いに。スキー場からより時間がかかる。さて今日は誰もいなくて進むが、しかしラッセル模様だし、体調不良もあって、1時間で100mしか上がれない。2時間でようやくゴルジュ抜けたが、先週よりも苦労。適当に辞めようとは思いながらも、荒砥の台地というか、ここはもしかしてカール底になるのだろうと再認識したが、早くも滑り込んだボーダーは数人。登り返しの彼らのトレース元に行けば、ああ、ここから前武尊と剣が峰コル目指して上がっていくのだ。傾斜は荒砥本流よりも弱いし、どうやらこの谷こそが滑り込みの本命だったような。しかも登りも下りもトレースあって、楽になった。
 昼過ぎる時間になって、このべちゃ系雪が晴天でどうなってしまうか心配したが、しかしチャンスだからと諦めず、ついに13時半、剣が峰とのコルに登り上げた。おお、久しぶり。向こうはギタギタの谷で見る気もしなくて、こちらは燧ケ岳、至仏山、会津駒とか景鶴とか、限りない晴天。ボーダーすべて消えて、ピットテストやっているスキーヤー二人だけ、静かだ。どうもこの源流滑り込みも、朝イチの時間に多くて、昼前後では早くもクローズ。それを14時から滑るとは、樹林源流の案外緩斜面で、いまさら雪崩ない、大丈夫そうな判断だよね。
 ちょっと休んで、さあ下ろう。登った道だし、滑降トレース10人分くらいあって間違うはずもなく、しかも意外とパウダー系残っていて大満足。300m下った終了点から先週のように、本流荒砥どんどん下って林道手前まで。そからシールに履き替えて平行移動しながら、しかし林道が家の串尾根上台地まで伸びていて、それ越えた向こうに滑り込めば来た道というわけで、帰りは手際よかった。その日陰斜面は案外滑れて、少しで林道合流して、モービル遊びのトレース滑って終了。頂上から1000mの豪快ダウンヒル。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:310人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ