また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2948477 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

天狗岳 中山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年02月22日(月) ~ 2021年02月23日(火)
メンバー
天候22日:晴れ
23日:曇り時々雪のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
渋御殿湯に駐車させていただきました。(1000円/日)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間53分
休憩
1時間44分
合計
6時間37分
S渋御殿湯07:0408:07八方台方面・渋の湯方面分岐08:25渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐08:59黒百合ヒュッテ09:2609:32中山峠10:14天狗岳分岐10:1510:26天狗の鼻10:2810:30東天狗岳10:3910:55天狗岳11:2811:38天狗の鼻11:3911:44天狗岳分岐12:11中山峠12:1212:16見晴らし台12:30中山分岐12:4613:00中山13:1313:23中山分岐13:2413:32見晴らし台13:35中山峠13:41黒百合ヒュッテ
2日目
山行
1時間46分
休憩
11分
合計
1時間57分
黒百合ヒュッテ07:5808:29渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐08:3008:47八方台方面・渋の湯方面分岐08:5709:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ルート上に特に危険なところはありませんでした。
■渋御殿湯まで:FF+スタッドレスで問題ありませんでした。
■渋御殿湯〜黒百合ヒュッテ:気温−1℃で暖かい。無風。登山口からトレース明瞭で良く踏まれている。
ツボ足+Wストックで頑張ってみるも、八方台分岐手前の急登付近で耐えきれなくなりチェーンスパイクを履く。
■黒百合ヒュッテ〜東天狗岳:ヒュッテに宿泊用の装備とワカンをデポさせていただき、アイゼンに履き替え、ピッケル+シングルストックに持ち替えてスタート。
中山峠で風速10m/sくらいか。
岩場を越えて稜線に出る前でピッケルのみに変更。
稜線は15~20m/sくらいで問題なし。
■東天狗〜西天狗:積雪は少ないが、トレースは圧雪されていて明瞭。
西天狗は風弱く、のんびり休憩と遠望を楽しむ。
■西天狗〜中山峠:東天狗の西面をトラバースする。一部雪が柔らかく不安定な場所があるので注意。
■中山峠〜中山:トレース明瞭。圧雪状態良く、ニュウ方面もトレースあった。
■下山:朝起きると新雪が5~10冂度あり、チェーンスパイクで降りるつもりだったがアイゼンを履いて降りることにした。
その他周辺情報下山後、渋御殿湯の日帰り温泉を利用(1000円)
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アウタ−シェル ミッドシェル ミッドレイヤー ジップシャツ アンダ−ウエア タイツ ズボン 靴下 グローブ ウインドブレーカー オーバーパンツ 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション テルモス 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ ザブトン ビニ− バラクラバ ゴ−グル アイゼン チェーンスパイク

写真

渋御殿湯から入山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋御殿湯から入山
橋を渡って取り付く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って取り付く
トレース明瞭、良く踏まれているのでツボ足のまま頑張って登る!…が途中で断念。チェーンスパイク履く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレース明瞭、良く踏まれているのでツボ足のまま頑張って登る!…が途中で断念。チェーンスパイク履く。
今日は八ヶ岳ブルーになりそうだ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は八ヶ岳ブルーになりそうだ!
唐沢鉱泉分岐
唐沢からは夏道で入ったことがあるけど、雪だと景色が全く違う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉分岐
唐沢からは夏道で入ったことがあるけど、雪だと景色が全く違う。
黒百合ヒュッテ
宿泊装備やワカンをデポさせていただく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ
宿泊装備やワカンをデポさせていただく。
中山峠
先ずは天狗に向かい、その後ここまで戻って中山方面に行くつもり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠
先ずは天狗に向かい、その後ここまで戻って中山方面に行くつもり。
中山方面もトレースバッチリで問題なさそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山方面もトレースバッチリで問題なさそう。
中山峠先から見上げる天狗の鼻
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠先から見上げる天狗の鼻
東天狗と西天狗
北側から見るのは3年ぶりだろうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗と西天狗
北側から見るのは3年ぶりだろうか
岩場を通過
夏道と違うルートかもしれない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を通過
夏道と違うルートかもしれない
稜線を登る先行者
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を登る先行者
稜線上から振り返ると蓼科山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上から振り返ると蓼科山
眼下には八子が峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下には八子が峰
天狗の奥庭方面への分岐
奥庭へのトレースは飛んでる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭方面への分岐
奥庭へのトレースは飛んでる
西天狗が綺麗だ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗が綺麗だ!
1
登ってきたルート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきたルート
東天狗岳
風は15〜20m/sくらい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳
風は15〜20m/sくらい
1
南八ヶ岳オールスターズ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳オールスターズ!!
中央アルプス方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス方面
西天狗岳へ向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳へ向かいます
コルから見上げる西天狗
最高!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルから見上げる西天狗
最高!!
1
東天狗を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗を振り返る
1
赤岳〜中岳〜阿弥陀岳
右端は西岳かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳〜中岳〜阿弥陀岳
右端は西岳かな?
根石岳〜硫黄岳〜赤岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳〜硫黄岳〜赤岳
中山峠に戻りますが、東天狗の西面にトラバースがあるので、これをたどることにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠に戻りますが、東天狗の西面にトラバースがあるので、これをたどることにしました。
中山峠から中山方面に登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠から中山方面に登ります。
展望台から天狗岳!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から天狗岳!
誰かが踏み抜いた跡
けっこう深い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰かが踏み抜いた跡
けっこう深い
ニュウ分岐
どちら方面もトレース明瞭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニュウ分岐
どちら方面もトレース明瞭
つららが綺麗な森
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つららが綺麗な森
黒百合ヒュッテに戻って宿泊です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテに戻って宿泊です。
荷物部屋兼談話室
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷物部屋兼談話室
翌朝のヒュッテ前
昨晩の降雪で5~10僂らい積もったようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝のヒュッテ前
昨晩の降雪で5~10僂らい積もったようです。
気温は−8℃
山頂はかなり風が強そうな音です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は−8℃
山頂はかなり風が強そうな音です。
下山開始
先行者は1名
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始
先行者は1名
八方台に向かうルートを取りました。
先行者は動物だけ。狸かテンの足跡かなぁ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方台に向かうルートを取りました。
先行者は動物だけ。狸かテンの足跡かなぁ?
鹿も歩いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿も歩いていました。
渋御殿湯分岐まで遠回りしてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋御殿湯分岐まで遠回りしてきました。
下山口は渋御殿湯の駐車場より少し下のところでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山口は渋御殿湯の駐車場より少し下のところでした。

感想/記録

天狗岳へは桜平や唐沢鉱泉から入山したことはあるものの、渋御殿湯からのルートを踏んでいないことと、ニュウ分岐⇔中山峠⇔東天狗が未踏破ルートなので、これらを踏む計画にしました。
当初は23日朝に登頂を計画しましたが、強風の予報を避けて22日に登頂しヒュッテ泊してから下山に変更。
天気読みは当たって最高の八ヶ岳ブルーを堪能できました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:266人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/3/19
投稿数: 16
2021/2/27 16:56
 お疲れ様です
kawaharasさん今日は
天狗岳は風が強く無くてよかったですネ 相変わらずコース上の情報が細部に亘り記述されており感心!!
私なんかは覚えておらずいつも思いつくままの投稿です。
登録日: 2014/5/2
投稿数: 25
2021/2/28 16:34
 Re: お疲れ様です
holy27さん
コメントありがとうございます。
当日は風も気温もそこそこで楽しい山行でした。
何よりも心配だったのが、FFスタッドレスで渋御殿湯前の坂が登れるか?でしたが、腹を雪の塊に擦ったもののホイールスピン無くたどり着けたことで難関はほぼ突破した気分でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ