また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2994212 全員に公開 雪山ハイキング 志賀・草津・四阿山・浅間

根子岳 スノーハイク使いこなせず

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年03月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奥ダボススノーパーク駐車場(無料、300台)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間37分
休憩
41分
合計
4時間18分
S第1リフトゲレンデトップ09:1810:01根子岳避難小屋10:0411:12小根子岳分岐11:1311:40根子岳12:1712:40小根子岳分岐13:13根子岳避難小屋13:36第1リフトゲレンデトップG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし。
過去天気図(気象庁) 2021年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 雨具 ゲイター ネックウォーマー 着替え ブーツ ザック 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ ビンディング スキー板

写真

前日は上田市に前泊し、上田城見学。
2021年03月13日 12:52撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日は上田市に前泊し、上田城見学。
上田駅前の真田幸村の像。
2021年03月13日 16:06撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上田駅前の真田幸村の像。
上田駅の並びにある、武士(もののふ)というラーメン屋の信玄焼肉定食で栄養補給。
2021年03月13日 16:54撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上田駅の並びにある、武士(もののふ)というラーメン屋の信玄焼肉定食で栄養補給。
当日の朝、奥ダボススキーハパークで1回券購入。500円で使用後に返すと保証金100円戻る。
2021年03月14日 08:48撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当日の朝、奥ダボススキーハパークで1回券購入。500円で使用後に返すと保証金100円戻る。
本日、BCスキー初体験。しかも、スキーセットではなく、どんな靴にも装着可能なビンディングが着いた、スノーハイクというお手軽スキー。BCスキーとスノーシューの特徴が合わさったものらしく、スキー裏は鱗状になっていて、シールはなし。
2021年03月14日 08:48撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日、BCスキー初体験。しかも、スキーセットではなく、どんな靴にも装着可能なビンディングが着いた、スノーハイクというお手軽スキー。BCスキーとスノーシューの特徴が合わさったものらしく、スキー裏は鱗状になっていて、シールはなし。
1
普通の登山靴にはじめて装着。
2021年03月14日 09:04撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普通の登山靴にはじめて装着。
1
第一リフトから登山口へ。
2021年03月14日 09:04撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一リフトから登山口へ。
ここから、バックカントリー、スタート。
2021年03月14日 09:19撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、バックカントリー、スタート。
リスト下は晴れていたが、登山口から上は曇りで風が強い。予報通り。
2021年03月14日 09:32撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リスト下は晴れていたが、登山口から上は曇りで風が強い。予報通り。
今回使用したスノーハイクは、裏にシールがついていないため、後ろへの制動力が弱い。また、雪が締まっていて、アイスバーンに近いことも良くなかった。頂上までの1/3ぐらいまで行ったところで、急坂には耐えきれず、アイゼンに変更。
2021年03月14日 10:26撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回使用したスノーハイクは、裏にシールがついていないため、後ろへの制動力が弱い。また、雪が締まっていて、アイスバーンに近いことも良くなかった。頂上までの1/3ぐらいまで行ったところで、急坂には耐えきれず、アイゼンに変更。
1
根子岳頂上の祠
2021年03月14日 11:38撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子岳頂上の祠
北アルプス方面
2021年03月14日 12:01撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス方面
山頂で本日のおやつタイム。桜もちとチョコシュー。
2021年03月14日 12:06撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で本日のおやつタイム。桜もちとチョコシュー。
スノーハイクでの下山は軽快なものになるはずだったが、BCスキーのテレマークの認識もなく、アルペンスキーと同じ滑り方をしたために、制動がきかず、山滑走を断念。
2021年03月14日 12:28撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーハイクでの下山は軽快なものになるはずだったが、BCスキーのテレマークの認識もなく、アルペンスキーと同じ滑り方をしたために、制動がきかず、山滑走を断念。
下山での滑走で危険を感じて、登りと同様に途中からアイゼンによるツボ足で下りた。ここは、スキー場頂上の真田幸村の写真撮影用の張りぼて。
2021年03月14日 13:38撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山での滑走で危険を感じて、登りと同様に途中からアイゼンによるツボ足で下りた。ここは、スキー場頂上の真田幸村の写真撮影用の張りぼて。
根子岳頂上方面を振り返る。
2021年03月14日 13:38撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子岳頂上方面を振り返る。
スキー場内は、ツボ足だとまずいので、制動が効かないスノーハイクでボーゲン滑走。何度尻もちをついたか。また、足をふんばり過ぎて内またが痛くなった。
2021年03月14日 13:45撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場内は、ツボ足だとまずいので、制動が効かないスノーハイクでボーゲン滑走。何度尻もちをついたか。また、足をふんばり過ぎて内またが痛くなった。
真田幸村風の甲冑衣装を着た集団がいた。
2021年03月14日 13:46撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真田幸村風の甲冑衣装を着た集団がいた。
リフト下までやっと到着。
2021年03月14日 14:04撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト下までやっと到着。
スキー場の駐車場はほぼ、満車状態。
2021年03月14日 14:32撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場の駐車場はほぼ、満車状態。

感想/記録
by eita5

天気は予想通りはじめは曇りで風が強かったが、だんだん晴れてきて、気持ちが良かった。
本日は、BCスキーのデビューのつもりで、お手軽なスノーハイクという商品を購入して、BCスキーの練習場として有名な根子岳に来た。BCスキーについての予備知識がない自分としては、まったく認識不足で反省している。登りは、今回がアイスバーンに近い圧雪だったこともあるが、シールなしである程度の勾配を登ることは不可能だった。一応、スキー板裏が鱗状になっていて制動が効く仕様にはなっているが、限界がある。下りについては、アルペンスキーとは全く異なる軽いスキーで、ビンディングもどんな靴にも合うような簡易なつくりで、しかもアルペンと同じ体重移動で滑ったため制動が効かず、何度も尻もちで止まる痛々しい結果になった。スキーの長さも一般的なBCスキーよりも短めで、さらに制動が困難になり、より高度な技術が必要だったと思われる。
次回、このスキーでテレマークを練習して、どこまで下りに使えるようになるかで、お払い箱入りになるかを判断する。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:233人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ