また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2998982 全員に公開 ハイキング 奥秩父

大日向山旧道の探索と霧藻ヶ峰

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年03月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大血川林道のゲート近くに路駐。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間37分
休憩
1時間20分
合計
5時間57分
Sスタート地点09:3511:53大日向山12:3913:44地蔵峠13:4713:51霧藻ヶ峰13:5213:56霧藻ヶ峰休憩舎14:0914:13霧藻ヶ峰14:16地蔵峠14:46森林管理道大血川線休憩所15:0315:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
廃道以外は危険箇所無し。
過去天気図(気象庁) 2021年03月の天気図 [pdf]

写真

今昔マップを見たら、昨年12月に大日向山で見た道が載っていた。妙法ヶ岳と大陽寺を結ぶ旧道だった。
2021年03月14日 23:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今昔マップを見たら、昨年12月に大日向山で見た道が載っていた。妙法ヶ岳と大陽寺を結ぶ旧道だった。
10
大日向山〜霧藻ヶ峰が歩けず終いだったんで、旧道探索と合わせ歩いてみる。大血川林道はこの先通行止めなんで、ここに路駐してスタート。
2021年03月14日 09:36撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日向山〜霧藻ヶ峰が歩けず終いだったんで、旧道探索と合わせ歩いてみる。大血川林道はこの先通行止めなんで、ここに路駐してスタート。
15
ヘアピンカーブまで来た。左の擁壁を見てこりゃあダメかと思ったが…
2021年03月14日 09:55撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘアピンカーブまで来た。左の擁壁を見てこりゃあダメかと思ったが…
8
回り込んだ先にも切り通しが在って大丈夫だった。
2021年03月14日 09:56撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
回り込んだ先にも切り通しが在って大丈夫だった。
9
二重稜線になってるんで、この潰れ小屋から北側の尾根を登った。
2021年03月14日 10:00撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二重稜線になってるんで、この潰れ小屋から北側の尾根を登った。
5
けっこう急。
2021年03月14日 10:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう急。
6
超懐かしいバヤリースの空き缶発見。金具で飲み口と空気穴を開けるやつ。
2021年03月14日 10:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超懐かしいバヤリースの空き缶発見。金具で飲み口と空気穴を開けるやつ。
20
直ぐ上で旧道に出た。ここを歩いてた人が放り投げた缶だったんだろな。
2021年03月14日 10:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐ上で旧道に出た。ここを歩いてた人が放り投げた缶だったんだろな。
4
先ずは下り方向へ行ってみる。
2021年03月14日 10:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは下り方向へ行ってみる。
4
隣尾根の直前に潰れ小屋。
2021年03月14日 10:18撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣尾根の直前に潰れ小屋。
6
隣尾根はそのまま乗り越えるみたい。
2021年03月14日 10:19撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣尾根はそのまま乗り越えるみたい。
5
数回折り返して高度を下げる。
2021年03月14日 10:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数回折り返して高度を下げる。
4
沢筋で崩壊してるが何とか行けるか。
2021年03月14日 10:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢筋で崩壊してるが何とか行けるか。
7
ここで道消滅。林道で断ち切られた模様。
2021年03月14日 10:27撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで道消滅。林道で断ち切られた模様。
6
戻って反対方向へ行く。地形図から読み取れる沢地形は一箇所だが、実際は数箇所あり何れも崩落している。
2021年03月14日 10:44撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って反対方向へ行く。地形図から読み取れる沢地形は一箇所だが、実際は数箇所あり何れも崩落している。
6
12月に横切った場所へ到着。
2021年03月14日 10:59撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12月に横切った場所へ到着。
5
壁にしか見えない妙法ヶ岳。3ピークの左が標高点ピークで、右が奥宮ピーク。
2021年03月14日 11:00撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壁にしか見えない妙法ヶ岳。3ピークの左が標高点ピークで、右が奥宮ピーク。
23
妙法ヶ岳方向へ行ってみる。こっちでも崩落は同様。
2021年03月14日 11:03撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙法ヶ岳方向へ行ってみる。こっちでも崩落は同様。
5
1894年には既に存在していた道。大陽寺が鎌倉時代末期に開山との事なので、もしかしたら室町時代に開通かも?
2021年03月14日 11:05撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1894年には既に存在していた道。大陽寺が鎌倉時代末期に開山との事なので、もしかしたら室町時代に開通かも?
9
こんなの無理だから! 撤収! 廃道探索をライフワークにしてる樵路巡遊さんはやっぱり凄いんだね。真似出来ません。
2021年03月14日 11:08撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなの無理だから! 撤収! 廃道探索をライフワークにしてる樵路巡遊さんはやっぱり凄いんだね。真似出来ません。
22
北尾根に戻って大日向山へ登る。廃道探索はちょびっとしか出来なかったな。
2021年03月14日 11:18撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根に戻って大日向山へ登る。廃道探索はちょびっとしか出来なかったな。
6
ここ初めて登る人は、これを登り切れば大日向山と思うでしょね。でも違うんだなこれが。
2021年03月14日 11:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ初めて登る人は、これを登り切れば大日向山と思うでしょね。でも違うんだなこれが。
16
ここを登ると縦長の山頂の端っこ。実物はかなりの急登。
2021年03月14日 11:42撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登ると縦長の山頂の端っこ。実物はかなりの急登。
10
もふもふでふかふかの地面。
2021年03月14日 11:48撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もふもふでふかふかの地面。
10
和名倉山が白い。前日の雨がこっちでは雪だった様だ。
2021年03月14日 11:49撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和名倉山が白い。前日の雨がこっちでは雪だった様だ。
25
二度目に来てもやっぱりここが最高地点に思う。地理院地図で標高表示したら、この辺は1262.2mだった。
2021年03月14日 11:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二度目に来てもやっぱりここが最高地点に思う。地理院地図で標高表示したら、この辺は1262.2mだった。
11
地形図上の1260m圏。前写真より数m低いと思う。でもまあ、一応ここを山頂にして一休み。
2021年03月14日 11:53撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図上の1260m圏。前写真より数m低いと思う。でもまあ、一応ここを山頂にして一休み。
11
旧道はこの辺をかすめて下ってたと思うんだが…分からん。
2021年03月14日 11:58撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道はこの辺をかすめて下ってたと思うんだが…分からん。
4
霧藻ヶ峰へ向かう。一番登り易そうな所は鹿柵が占拠。
2021年03月14日 12:44撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧藻ヶ峰へ向かう。一番登り易そうな所は鹿柵が占拠。
5
ブナ、ナラ、ダケカンバの森。
2021年03月14日 13:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ、ナラ、ダケカンバの森。
13
一昔前はここもスズタケの藪だったんだろね。
2021年03月14日 13:22撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一昔前はここもスズタケの藪だったんだろね。
5
日陰に雪が残ってる。尾根道の痕跡はあまり感じられず。
2021年03月14日 13:37撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰に雪が残ってる。尾根道の痕跡はあまり感じられず。
5
ハイキングコースに合流。
2021年03月14日 13:42撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイキングコースに合流。
8
地蔵峠のお地蔵。過去記録見たらなんとまあ、11年振りだった。
2021年03月14日 13:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠のお地蔵。過去記録見たらなんとまあ、11年振りだった。
12
この大日向山旧道というのは、登って来た尾根を指しているのだろう。
2021年03月14日 13:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大日向山旧道というのは、登って来た尾根を指しているのだろう。
7
三角点からの眺め。
2021年03月14日 13:51撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点からの眺め。
24
両神、浅間アップ。
2021年03月14日 13:51撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神、浅間アップ。
32
1月に登った茂萩山南尾根。
2021年03月14日 13:52撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1月に登った茂萩山南尾根。
13
茶店のオヤジさんが薪を拵えてた。コロナで今は閉めてるそうだが、緊急事態宣言が解除されればまた開けるんじゃないかな。
2021年03月14日 13:57撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶店のオヤジさんが薪を拵えてた。コロナで今は閉めてるそうだが、緊急事態宣言が解除されればまた開けるんじゃないかな。
11
快適過ぎる。
2021年03月14日 14:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適過ぎる。
7
お清平からの道に合流。
2021年03月14日 14:39撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お清平からの道に合流。
6
ぬかるみが酷かった。3回位転びそうになった。耐えたけど。疲れたんで一服。
2021年03月14日 14:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぬかるみが酷かった。3回位転びそうになった。耐えたけど。疲れたんで一服。
4
旧道はこの辺を下って来る筈だけど、痕跡も見当たらない。
2021年03月14日 15:18撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道はこの辺を下って来る筈だけど、痕跡も見当たらない。
6
No.14の続きは林道に下りる直前に見られた。
2021年03月14日 15:26撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
No.14の続きは林道に下りる直前に見られた。
13
撮影機材:

感想/記録

昨年12月に大日向山で横切った道が旧道と知り、探索してみたくなり出掛けた。大日向山から霧藻ヶ峰にかけての尾根も旧道だった様だ。

まず先にトラバース道の方を歩いてみた。厳しい地形に道を通しているため崩落多数。僅かな区間しか歩けなかった。何故こんな厳しい場所に道を通したのか不思議に思ってしまうが、行楽目的の登山道ではないから省エネは大事なんだろね。

霧藻ヶ峰までの尾根にも古くは破線が描かれていた。歩いてみたが道の痕跡は殆んど感じられなかった。馬酔木が煩い所も多々ある。1982年まで地形図に載っていたんだから、その頃は現役の道で実際に歩いた人も居るんじゃと思うがどうだろう。

朝、車で秩父へ向かう時に富士山をはじめ遠くの山ががくっきり見えていた。どこか眺めの良い山に変更しようか迷ったが、霧藻ヶ峰も充分眺めが良いから良しとしよう。県外の山は憚られるし。何より、やりかけで中断したのが片付いてすっきりした。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:949人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ