また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3034053 全員に公開 ハイキング 北陸

2021年春の能登半島『猿山』パート(掘法狙祿篩陲硫屬聾飽きません〜

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年04月01日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
___【 タイトルについて 】___

2021年春の能登半島『猿山』パート(掘法狙祿篩陲硫屬聾飽きません〜

 今春、雪割草レポートの第三弾です。

↓↓ 2週前の記録も見て下さい! 猿山へのアクセスや登山ルートなどの情報を載せてあります。 ↓↓

● 2021年春の能登半島『猿山』パート(供法狙祿篩陲硫屬真っ盛り〜
https://yamare.co/2989930

↓↓ 4週前の記録も見て下さい! 猿山へのアクセスや登山ルートなどの情報を載せてあります。 ↓↓

● 2021年春の能登半島『猿山』パート(機法狙祿篩陲硫屬魑瓩瓩董
https://yamare.co/2952509
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間25分
休憩
37分
合計
4時間2分
S深見09:0510:50欣求峠10:5611:02猿山11:0611:16娑婆捨峠11:2811:33猿山岬灯台11:4312:01欣求峠12:0513:06深見13:0713:07深見漁港G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
___【 今回のコース 】___

 案内図では、通過ポイントは、A〜Jの記号で表記されています。深見からの往復コースは、往復7.5km(所要時間は3〜5時間)ほどになります。

(開始):J地点(深見)⇒白崎の谷(群生地)⇒I地点(群生地)⇒長崎の谷⇒休憩舎⇒F地点(欣求峠)⇒G地点⇒H地点(山頂)⇒群生地(A地点への下り坂)⇒A地点(娑婆捨峠)⇒逢瀬橋⇒B地点(猿山岬灯台)⇒C地点(群生地の入口)⇒D地点(群生地)⇒E地点(群生地の入口)⇒F地点(欣求峠)⇒< 復路 >⇒J地点(深見):(帰投)

※:「白崎の谷」と「長崎の谷」は、[J地点−F地点]間にある2つの谷間のことです。谷の名称は、私のオリジナルです(勝手につけた名前です)。
過去天気図(気象庁) 2021年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 小型ザック キャップ 軍手 膝当て(ニーパット) 一眼レフ(レンズは100mmのマクロ) ローアングルファインダー コンデジ ビデオライト スマートホン GPS機能付きウォッチ 予備電池 タオル2本 サンドイッチとおにぎり 水0.5L

写真

< 猿山のルートマップ >
〜を作ってみました。3年ほど前から新ルートが拓かれていますが、通行止めのままにされています。現ルート(猿山自然歩道)の所々にある[桟道の橋]が壊れて通行できなくなった時の[バックアップルート]のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 猿山のルートマップ >
〜を作ってみました。3年ほど前から新ルートが拓かれていますが、通行止めのままにされています。現ルート(猿山自然歩道)の所々にある[桟道の橋]が壊れて通行できなくなった時の[バックアップルート]のようです。
< 深見漁港 >
〜にマイカーを停めます。公衆トイレの横が駐車場になっています。
2021年04月01日 09:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 深見漁港 >
〜にマイカーを停めます。公衆トイレの横が駐車場になっています。
< 戯れるカモメたち >
のどかな「春の港」です。
2021年04月01日 09:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 戯れるカモメたち >
のどかな「春の港」です。
< 深見の登山口 >
登山口から最初の330mほどはかなりの急登になっています。

※:急登は330mほどの道のりで高度が約120m上昇しています。
2021年04月01日 09:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 深見の登山口 >
登山口から最初の330mほどはかなりの急登になっています。

※:急登は330mほどの道のりで高度が約120m上昇しています。
< ハマハタザオ(浜旗竿) >
アブラナ科ヤマハタザオ属。急登を登り始めた所で、この花に出会いました。
2021年04月01日 09:13撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ハマハタザオ(浜旗竿) >
アブラナ科ヤマハタザオ属。急登を登り始めた所で、この花に出会いました。
< 4枚の花びら >
〜が[アブラナ科の花]の特徴です。同じアブラナ科の「タネツケバナ」や「ハタザオ」と感じが似ています(私見)。
2021年04月01日 09:13撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 4枚の花びら >
〜が[アブラナ科の花]の特徴です。同じアブラナ科の「タネツケバナ」や「ハタザオ」と感じが似ています(私見)。
< 小さな花 >
〜をアップでみました。
2021年04月01日 09:13撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 小さな花 >
〜をアップでみました。
< キジムシロ(雉筵) >
バラ科キジムシロ属。この急登の坂道では、2種類の黄色い花が、競い合うかのように咲いていました(キジムシロ×ウマノアシガタ)。
2021年04月01日 09:16撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< キジムシロ(雉筵) >
バラ科キジムシロ属。この急登の坂道では、2種類の黄色い花が、競い合うかのように咲いていました(キジムシロ×ウマノアシガタ)。
< 地面から葉っぱ >
〜が生えています。いわゆる「根出葉」で、葉柄は根の近くから伸びています。その「根出葉」が地面を這うように広がっているため、雉(キジ)が羽を休めるような筵(むしろ)〜というイメージから雉筵(きじむしろ)の名が付けられたと云います。
2021年04月01日 09:16撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 地面から葉っぱ >
〜が生えています。いわゆる「根出葉」で、葉柄は根の近くから伸びています。その「根出葉」が地面を這うように広がっているため、雉(キジ)が羽を休めるような筵(むしろ)〜というイメージから雉筵(きじむしろ)の名が付けられたと云います。
< ウマノアシガタ(馬の脚形) >
キンポウゲ科キンポウゲ属。キジムシロの花と似た感じがする花です。
2021年04月01日 09:16撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ウマノアシガタ(馬の脚形) >
キンポウゲ科キンポウゲ属。キジムシロの花と似た感じがする花です。
< 2種類の葉っぱ >
〜があります。ウマノアシガタの葉には、根から生える「根出葉」と茎の途中から対生して生える「小葉」の2通りあります。
2021年04月01日 09:17撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 2種類の葉っぱ >
〜があります。ウマノアシガタの葉には、根から生える「根出葉」と茎の途中から対生して生える「小葉」の2通りあります。
< クサイチゴ(草苺) >
バラ科キイチゴ属。田舎の道ばたや山野でよく見かける「キイチゴ属」です。この花は「草苺」と書きますが、れっきとした樹(落葉小低木)です。キイチゴ属の「キイチゴ」は、『木苺』と書きます。キイチゴでも『黄苺』と表されている物は、同じくキイチゴ属の「モミジイチゴ(紅葉苺)」の異名になります。
2021年04月01日 09:18撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< クサイチゴ(草苺) >
バラ科キイチゴ属。田舎の道ばたや山野でよく見かける「キイチゴ属」です。この花は「草苺」と書きますが、れっきとした樹(落葉小低木)です。キイチゴ属の「キイチゴ」は、『木苺』と書きます。キイチゴでも『黄苺』と表されている物は、同じくキイチゴ属の「モミジイチゴ(紅葉苺)」の異名になります。
< トキワイカリソウ(常盤碇草) >
メギ科イカリソウ属。2週間前の猿山と比べると、今は、この「トキワイカリソウ」と「タチツボスミレ」の花が全盛期を迎えています。
2021年04月01日 09:20撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< トキワイカリソウ(常盤碇草) >
メギ科イカリソウ属。2週間前の猿山と比べると、今は、この「トキワイカリソウ」と「タチツボスミレ」の花が全盛期を迎えています。
< ヤマザクラ(山桜) >
バラ科サクラ属。急登の中間地点あたりで、桜の花見ができました。
2021年04月01日 09:24撮影 by KASHMIR3D/9.370, KASHMIR3D.COM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ヤマザクラ(山桜) >
バラ科サクラ属。急登の中間地点あたりで、桜の花見ができました。
< 花と葉っぱ >
〜が同時に咲き/芽吹きます。なので、花一色の「ソメイヨシノの花」とは違い、山桜の花は、[葉っぱ付きの桜の花]になります。
2021年04月01日 09:25撮影 by KASHMIR3D/9.370, KASHMIR3D.COM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 花と葉っぱ >
〜が同時に咲き/芽吹きます。なので、花一色の「ソメイヨシノの花」とは違い、山桜の花は、[葉っぱ付きの桜の花]になります。
< ヒメカンスゲ(姫寒菅) >
カヤツリグサ科スゲ属。ヒメカンスゲの花は独特です。
2021年04月01日 09:29撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ヒメカンスゲ(姫寒菅) >
カヤツリグサ科スゲ属。ヒメカンスゲの花は独特です。
< 雄花が主役 >
〜です。ヒメカンスゲの花には、花びらがありません。「雄花」の[雄しべ]が、花のように開きます。「雄花」の下の方にある糸くずの様な花が、「雌花」です。
2021年04月01日 09:29撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 雄花が主役 >
〜です。ヒメカンスゲの花には、花びらがありません。「雄花」の[雄しべ]が、花のように開きます。「雄花」の下の方にある糸くずの様な花が、「雌花」です。
< シシウド属の若葉 >
おそらく、シシウド(猪独活)セリ科シシウド属の幼株(若葉)だと思います(同属の他種の可能性あり)。4週前は、「新芽」の状態でした。

※:私は、ここ猿山には、3月4日と3月18日にも訪れています。
2021年04月01日 09:29撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< シシウド属の若葉 >
おそらく、シシウド(猪独活)セリ科シシウド属の幼株(若葉)だと思います(同属の他種の可能性あり)。4週前は、「新芽」の状態でした。

※:私は、ここ猿山には、3月4日と3月18日にも訪れています。
< 坂の途中にあるベンチ >
上り坂で、息が切れました。ここで、遠くに見える能登富士こと「高爪山」を眺め、呼吸を整えました。
2021年04月01日 09:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 坂の途中にあるベンチ >
上り坂で、息が切れました。ここで、遠くに見える能登富士こと「高爪山」を眺め、呼吸を整えました。
< タチツボスミレ(立坪菫) >
スミレ科スミレ属。4週前に訪問した際は、殆ど咲いていませんでした。今回、場所によっては「スミレの花」が、「雪割草の花」を凌駕しています。
2021年04月01日 09:33撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< タチツボスミレ(立坪菫) >
スミレ科スミレ属。4週前に訪問した際は、殆ど咲いていませんでした。今回、場所によっては「スミレの花」が、「雪割草の花」を凌駕しています。
< 白い花たち >
〜が、散策路(猿山自然歩道)の脇の斜面に生育しています。今、雪割草の群生地の一つである[I地点]に向かっているところですが、途中の道々にも、それなりに、「雪割草の花」が群れていました。
2021年04月01日 09:38撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 白い花たち >
〜が、散策路(猿山自然歩道)の脇の斜面に生育しています。今、雪割草の群生地の一つである[I地点]に向かっているところですが、途中の道々にも、それなりに、「雪割草の花」が群れていました。
< 白の雪割草 >
〜のひょろ長花茎が横方向にも伸びていて、面白いです。
2021年04月01日 09:39撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 白の雪割草 >
〜のひょろ長花茎が横方向にも伸びていて、面白いです。
< 白の菊咲一華 >
キクザキイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属)。[I地点]側の「キクザキイチゲの花」は、だいぶ終盤を迎えていましたが、山頂(H地点)の北側に群生していた「キクザキイチゲの花」は最盛期のようでした(後出)。
2021年04月01日 09:43撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 白の菊咲一華 >
キクザキイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属)。[I地点]側の「キクザキイチゲの花」は、だいぶ終盤を迎えていましたが、山頂(H地点)の北側に群生していた「キクザキイチゲの花」は最盛期のようでした(後出)。
< 芝の中から >
〜「こんにちは」していました。ここの草むら(芝)は、ヒメカンスゲ(姫寒菅)の葉っぱだと思います。
2021年04月01日 09:44撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 芝の中から >
〜「こんにちは」していました。ここの草むら(芝)は、ヒメカンスゲ(姫寒菅)の葉っぱだと思います。
< ピンクの覆輪(ピコティ) >
〜と、白い筋模様のある花です。

※:中央左寄りの一輪が、花びらが散り、ガク(萼片)だけの花になっています。
2021年04月01日 09:44撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ピンクの覆輪(ピコティ) >
〜と、白い筋模様のある花です。

※:中央左寄りの一輪が、花びらが散り、ガク(萼片)だけの花になっています。
< 薄ピンクの花 >
鋸歯のある腎形の葉っぱの植物は、カニコウモリ(蟹蝙蝠)キク科コウモリソウ属の若い株です。
2021年04月01日 09:45撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 薄ピンクの花 >
鋸歯のある腎形の葉っぱの植物は、カニコウモリ(蟹蝙蝠)キク科コウモリソウ属の若い株です。
< 大小の花 >
〜が咲き並んでいます。雪割草の花は、小さな花ほど、花の色が濃くなる傾向にあります〜というよりは、花が大きく成長するに従い、色素の濃度が薄まり、「濃い紅から薄いピンク色」に変わるのだと思います(私見)。
2021年04月01日 09:45撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 大小の花 >
〜が咲き並んでいます。雪割草の花は、小さな花ほど、花の色が濃くなる傾向にあります〜というよりは、花が大きく成長するに従い、色素の濃度が薄まり、「濃い紅から薄いピンク色」に変わるのだと思います(私見)。
< 清楚な白の花 >
〜を咲かせている雪割草の株です。
2021年04月01日 09:46撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 清楚な白の花 >
〜を咲かせている雪割草の株です。
< 紅色の葯(雄しべ) >
〜がチャームポイントの花。
2021年04月01日 09:46撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 紅色の葯(雄しべ) >
〜がチャームポイントの花。
< 白色の葯 >
〜で花がピンク色。
2021年04月01日 09:46撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 白色の葯 >
〜で花がピンク色。
< 萼片(がくへん) >
〜が露わに。
2021年04月01日 09:47撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 萼片(がくへん) >
〜が露わに。
< 下から見上げて >
〜見ました。雪割草の花は、上から見下ろすことが常なので、「萼片」を意識することは殆どありません。

※:ローアングルファインダーを使用しましたので、わりと上手く写せました。
2021年04月01日 09:49撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 下から見上げて >
〜見ました。雪割草の花は、上から見下ろすことが常なので、「萼片」を意識することは殆どありません。

※:ローアングルファインダーを使用しましたので、わりと上手く写せました。
< ミヤマカタバミ(深山片喰) >
カタバミ科カタバミ属。ミヤマカタバミの花は白です。日中はすぼんだままで、午後に遅くなってから開花することが多いと思います(私見)。

※:道ばたで見かける事の多い同属の「カタバミ」の花は黄色です。また、葉っぱは、ミヤマカタバミの葉ほどは大きくありません。
2021年04月01日 09:53撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ミヤマカタバミ(深山片喰) >
カタバミ科カタバミ属。ミヤマカタバミの花は白です。日中はすぼんだままで、午後に遅くなってから開花することが多いと思います(私見)。

※:道ばたで見かける事の多い同属の「カタバミ」の花は黄色です。また、葉っぱは、ミヤマカタバミの葉ほどは大きくありません。
< [白い花]の雪割草 >
〜と、[黄色い花]のキジムシロ(雉筵)が、競演しています。
2021年04月01日 09:56撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< [白い花]の雪割草 >
〜と、[黄色い花]のキジムシロ(雉筵)が、競演しています。
< 可憐な黄色い花 >
〜の「キジムシロ」は、同じく黄色の花を咲かせる「ウマノアシガタ(馬の脚形)」よりも、山奥側に自生しています(私見)。
2021年04月01日 09:56撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 可憐な黄色い花 >
〜の「キジムシロ」は、同じく黄色の花を咲かせる「ウマノアシガタ(馬の脚形)」よりも、山奥側に自生しています(私見)。
< 三角草の葉っぱ >
猿山の雪割草は、「オオミスミソウ(大三角草)キンポウゲ科ミスミソウ属」です。4週前に、早咲きしていた[雪割草の株]ですが、今は花後になっていました。
2021年04月01日 09:58撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 三角草の葉っぱ >
猿山の雪割草は、「オオミスミソウ(大三角草)キンポウゲ科ミスミソウ属」です。4週前に、早咲きしていた[雪割草の株]ですが、今は花後になっていました。
< I地点に到着 >
〜しました。この時、私はここの群生を独り占め出来ました。今回、案内図にある群生地のエリアの[雪割草の花]は、終盤を迎えつつありました。しかし、エリア間の道々には、まだまだ、元気な花が多く咲いていました。
2021年04月01日 09:58撮影 by KASHMIR3D/9.370, KASHMIR3D.COM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< I地点に到着 >
〜しました。この時、私はここの群生を独り占め出来ました。今回、案内図にある群生地のエリアの[雪割草の花]は、終盤を迎えつつありました。しかし、エリア間の道々には、まだまだ、元気な花が多く咲いていました。
< 元気な紅い花 >
〜を咲かせています。
2021年04月01日 09:59撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 元気な紅い花 >
〜を咲かせています。
< もっと紅い花 >
2021年04月01日 09:59撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< もっと紅い花 >
< 筋模様にある花 >
2021年04月01日 09:59撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 筋模様にある花 >
< 紅白の花たち >
2021年04月01日 10:00撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 紅白の花たち >
< トキワイカリソウ >
この時期、最盛期を迎えつつある花です。

※:トキワイカリソウの花期は、4〜5月とされています。
2021年04月01日 10:00撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< トキワイカリソウ >
この時期、最盛期を迎えつつある花です。

※:トキワイカリソウの花期は、4〜5月とされています。
< キクバオウレンの実 >
〜です。2週前、ここを訪問した時は、「キクバオウレン(菊葉黄蓮)キンポウゲ科オウレン属」の花が咲いていました。今は、[両性花]の雌しべの子房が実のり、車輪状に開いています。
2021年04月01日 10:01撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< キクバオウレンの実 >
〜です。2週前、ここを訪問した時は、「キクバオウレン(菊葉黄蓮)キンポウゲ科オウレン属」の花が咲いていました。今は、[両性花]の雌しべの子房が実のり、車輪状に開いています。
< 花びらの表面 >
〜が、[光の当たったシルク]のように輝いています。
2021年04月01日 10:03撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 花びらの表面 >
〜が、[光の当たったシルク]のように輝いています。
< 花びらが痩せて >
〜いました。花が散りかけているようですが、花の美しさを最後まで保っています。
2021年04月01日 10:03撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 花びらが痩せて >
〜いました。花が散りかけているようですが、花の美しさを最後まで保っています。
< 若々しい花 >
〜もいらっしゃいました。
2021年04月01日 10:04撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 若々しい花 >
〜もいらっしゃいました。
< まだまだ健在 >
〜です。
2021年04月01日 10:04撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< まだまだ健在 >
〜です。
< 茎の長い花 >
〜は、縁起物です?
2021年04月01日 10:05撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 茎の長い花 >
〜は、縁起物です?
< 花と草むら >
〜は、「月とすっぽん」に同じ?
2021年04月01日 10:05撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 花と草むら >
〜は、「月とすっぽん」に同じ?
< エンレイソウ(延齢草) >
シュロソウ科エンレイソウ属。エンレイソウは、有毒植物です。実は、夏になると、熟した実は、食べることが出来ます。「ヤマソバ」と呼んで食している地域もあるとか。
2021年04月01日 10:13撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< エンレイソウ(延齢草) >
シュロソウ科エンレイソウ属。エンレイソウは、有毒植物です。実は、夏になると、熟した実は、食べることが出来ます。「ヤマソバ」と呼んで食している地域もあるとか。
< エンレイソウの花 >
〜をズームしました。花びらのように見える3枚は、[外花被片]というものです。中央には、先端が雌しべになった[子房]があり、その回りを6本の雄しべが取り囲んでいます。
2021年04月01日 10:13撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< エンレイソウの花 >
〜をズームしました。花びらのように見える3枚は、[外花被片]というものです。中央には、先端が雌しべになった[子房]があり、その回りを6本の雄しべが取り囲んでいます。
< ヒメアオキ(姫青木) >
ガリア科アオキ属〜の実です。この実は、昨年の夏に付けた実を今春に持ち越したものです。
2021年04月01日 10:16撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ヒメアオキ(姫青木) >
ガリア科アオキ属〜の実です。この実は、昨年の夏に付けた実を今春に持ち越したものです。
< 雌雄異株(しゆういしゅ) >
〜の花です。上の写真が、ヒメアオキの雌花。下が、雄花(雄しべ4本あり)です。
2021年04月01日 10:17撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 雌雄異株(しゆういしゅ) >
〜の花です。上の写真が、ヒメアオキの雌花。下が、雄花(雄しべ4本あり)です。
< ナチュラルな感じ >
〜のする「菊咲一華」さんです。
2021年04月01日 10:19撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ナチュラルな感じ >
〜のする「菊咲一華」さんです。
< コツクバネウツギ >
(小衝羽根空木)スイカズラ科ツクバネウツギ属〜の花です。一対の花(二輪の花がペアに)が、1本の[共通花柄]でつながっています。
2021年04月01日 10:25撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< コツクバネウツギ >
(小衝羽根空木)スイカズラ科ツクバネウツギ属〜の花です。一対の花(二輪の花がペアに)が、1本の[共通花柄]でつながっています。
< エゾタンポポ(蝦夷蒲公英) >
キク科タンポポ属。普段、道ばたで見かける「西洋タンポポ」とは、似て非なるものです。花頭の花びらの数が、セイヨウタンポポよりやや疎ら(少ない)になっていて、清楚な感じがします。また、花茎には白い生毛が生えています。
2021年04月01日 10:31撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< エゾタンポポ(蝦夷蒲公英) >
キク科タンポポ属。普段、道ばたで見かける「西洋タンポポ」とは、似て非なるものです。花頭の花びらの数が、セイヨウタンポポよりやや疎ら(少ない)になっていて、清楚な感じがします。また、花茎には白い生毛が生えています。
< 外総苞片 >
〜が、鱗(うろこ)のよう付いています。「エゾタンポポ」の典型的な特徴です。在来種のタンポポ(総称して日本タンポポ)には、「エゾタンポポ」の他、「カンサイタンポポ」、「カントウタンポポ」、「シロバナタンポポ」〜などがあります。私の経験では、能登地方では、この「エゾタンポポ」と「シロバナタンポポ」しか見たことはありません。
2021年04月01日 10:32撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 外総苞片 >
〜が、鱗(うろこ)のよう付いています。「エゾタンポポ」の典型的な特徴です。在来種のタンポポ(総称して日本タンポポ)には、「エゾタンポポ」の他、「カンサイタンポポ」、「カントウタンポポ」、「シロバナタンポポ」〜などがあります。私の経験では、能登地方では、この「エゾタンポポ」と「シロバナタンポポ」しか見たことはありません。
< ヤマエンゴサク(山延胡草) >
ケシ科ケマン属。2週前は咲いていなかった花です。この花の色にはバリエーションがあり、水色から青紫色/薄ピンクから赤紫色〜などの変化に富みます。
2021年04月01日 10:48撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ヤマエンゴサク(山延胡草) >
ケシ科ケマン属。2週前は咲いていなかった花です。この花の色にはバリエーションがあり、水色から青紫色/薄ピンクから赤紫色〜などの変化に富みます。
< 特徴のある花 >
〜です。唇状の花びら(花弁)と袋状の筒(距)からなる奇妙な形をしています。また、ケシ科なので、塊茎部分に有毒成分があります。ちなみに、同属の「チョウセンエンゴサク」の塊茎から『延胡索』という(鎮痛・鎮痙作用のある)生薬が作られています。
2021年04月01日 10:49撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 特徴のある花 >
〜です。唇状の花びら(花弁)と袋状の筒(距)からなる奇妙な形をしています。また、ケシ科なので、塊茎部分に有毒成分があります。ちなみに、同属の「チョウセンエンゴサク」の塊茎から『延胡索』という(鎮痛・鎮痙作用のある)生薬が作られています。
< イタドリの新芽(幼株) >
〜が芽生えてきていました。夏になり、大きく成長すると(大きな株になると)、我々人間に雑草あつかいされるようになってしまいます。
2021年04月01日 11:02撮影 by KASHMIR3D/9.370, KASHMIR3D.COM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< イタドリの新芽(幼株) >
〜が芽生えてきていました。夏になり、大きく成長すると(大きな株になると)、我々人間に雑草あつかいされるようになってしまいます。
< 山頂に参上 >
〜しました。倒れかけた「欅の木」が、頑張っています。
2021年04月01日 11:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 山頂に参上 >
〜しました。倒れかけた「欅の木」が、頑張っています。
< 薄紫のキクザキイチゲ >
〜が山頂の北側で群生していました。キクザキイチゲの花の基本色は白ですが、[I地点]の南側とここ[H地点](山頂)の北側に薄紫色の花が分布しています。こちら側のキクザキイチゲの花は、[I地点]側のものよりも、遅く咲くみたいです(私見)。
2021年04月01日 11:07撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 薄紫のキクザキイチゲ >
〜が山頂の北側で群生していました。キクザキイチゲの花の基本色は白ですが、[I地点]の南側とここ[H地点](山頂)の北側に薄紫色の花が分布しています。こちら側のキクザキイチゲの花は、[I地点]側のものよりも、遅く咲くみたいです(私見)。
< そばかすのような >
〜斑点状の色あせが、でていました。でも、まだ現役です。花の終わりには、雄しべ先端の葯(やく)が開裂してしまいますが、この花たちの葯はまだ割れていませんでした。
2021年04月01日 11:09撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< そばかすのような >
〜斑点状の色あせが、でていました。でも、まだ現役です。花の終わりには、雄しべ先端の葯(やく)が開裂してしまいますが、この花たちの葯はまだ割れていませんでした。
< 髭の玉? >
ジャノヒゲ(蛇の髭)キジカクシ科ジャノヒゲ属〜の実です(昨年から持ち越した実)。この実は、「猫玉」とも呼ばれています。
2021年04月01日 11:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 髭の玉? >
ジャノヒゲ(蛇の髭)キジカクシ科ジャノヒゲ属〜の実です(昨年から持ち越した実)。この実は、「猫玉」とも呼ばれています。
< 元気な花 >
〜ですが、三角形の葉が、上側に丸まるようなかんじに変形してきています。この[雪割草の株]が、老いてきた証拠です。
2021年04月01日 11:16撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 元気な花 >
〜ですが、三角形の葉が、上側に丸まるようなかんじに変形してきています。この[雪割草の株]が、老いてきた証拠です。
< 素朴なようで >
〜も、気品のある(エレガントな)花です。
2021年04月01日 11:17撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 素朴なようで >
〜も、気品のある(エレガントな)花です。
< チアガールたち >
〜のように団結しています?
2021年04月01日 11:18撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< チアガールたち >
〜のように団結しています?
< ステージに立った >
〜舞姫たち。
2021年04月01日 11:19撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ステージに立った >
〜舞姫たち。
< すましたお顔 >
〜の舞姫たち。
2021年04月01日 11:22撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< すましたお顔 >
〜の舞姫たち。
< 蕗(ふき)の花 >
フキ(蕗)フキ科フキ属〜の[雌株]の花頭です。[雌株]の花頭は、雌花と両性花で構成されています。

※:娑婆捨峠(A地点)の付近には、フキ(蕗)が群生しています。
2021年04月01日 11:23撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 蕗(ふき)の花 >
フキ(蕗)フキ科フキ属〜の[雌株]の花頭です。[雌株]の花頭は、雌花と両性花で構成されています。

※:娑婆捨峠(A地点)の付近には、フキ(蕗)が群生しています。
< [雄株]の花頭 >
〜です。[雄株]は、両性花のみで構成されていて、実のることはありません。
2021年04月01日 11:24撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< [雄株]の花頭 >
〜です。[雄株]は、両性花のみで構成されていて、実のることはありません。
< 歩道から見下ろし >
〜ました。急な斜面(崖)にたくさんのスイセンが植えられています。

※:山頂(H地点)から、娑婆捨峠(A地点)に下り、猿山岬灯台(B地点)に進んでいるところです。
2021年04月01日 11:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 歩道から見下ろし >
〜ました。急な斜面(崖)にたくさんのスイセンが植えられています。

※:山頂(H地点)から、娑婆捨峠(A地点)に下り、猿山岬灯台(B地点)に進んでいるところです。
< ラッパスイセン(喇叭水仙) >
ヒガンバナ科スイセン属〜です。「西洋スイセン」の範疇に入ります。実は、猿山岬灯台のそばには、「日本スイセン」が植えられていますが、ほぼ、花の時期が終わっていました。
2021年04月01日 11:28撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ラッパスイセン(喇叭水仙) >
ヒガンバナ科スイセン属〜です。「西洋スイセン」の範疇に入ります。実は、猿山岬灯台のそばには、「日本スイセン」が植えられていますが、ほぼ、花の時期が終わっていました。
< 筒状(カップ状) >
〜の「副花冠」が、ラッパみたいに長くなっているので、ラッパスイセン(喇叭水仙)と呼ばれています。

※:「西洋スイセン」には、花の形状によって〜ラッパ水仙、大杯水仙、房咲き水仙〜というように呼び分けられています。厳密には、呼び方のそれぞれは、分類の為の名称であって、種の名前ではありません。
2021年04月01日 11:28撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 筒状(カップ状) >
〜の「副花冠」が、ラッパみたいに長くなっているので、ラッパスイセン(喇叭水仙)と呼ばれています。

※:「西洋スイセン」には、花の形状によって〜ラッパ水仙、大杯水仙、房咲き水仙〜というように呼び分けられています。厳密には、呼び方のそれぞれは、分類の為の名称であって、種の名前ではありません。
< 大杯水仙(タイハイスイセン) >
薄黄色の「副花冠」が、大きな杯の様に広がっているので、大杯スイセンになりました。ちなみに、「副花冠」が小さな杯のように見える物を「小杯スイセン」と呼ばれています。
2021年04月01日 11:28撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 大杯水仙(タイハイスイセン) >
薄黄色の「副花冠」が、大きな杯の様に広がっているので、大杯スイセンになりました。ちなみに、「副花冠」が小さな杯のように見える物を「小杯スイセン」と呼ばれています。
< 猿山岬灯台 >
〜に来ました。そばにある「ソメイヨシノの花」が咲き始めていました。今は、金沢の兼六園あたりでは、ちょうど桜の花が満開を迎えている頃です。
2021年04月01日 11:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 猿山岬灯台 >
〜に来ました。そばにある「ソメイヨシノの花」が咲き始めていました。今は、金沢の兼六園あたりでは、ちょうど桜の花が満開を迎えている頃です。
< おしゃれな白い花 >
〜が、灯台の上の方で待っていてくれました。

※:灯台(B地点)から[C地点]・[D地点]に移動しています。
2021年04月01日 11:37撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< おしゃれな白い花 >
〜が、灯台の上の方で待っていてくれました。

※:灯台(B地点)から[C地点]・[D地点]に移動しています。
< 微妙にピンク >
〜が混ざった白い花です。
2021年04月01日 11:37撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 微妙にピンク >
〜が混ざった白い花です。
< 基本の白の花 >
2021年04月01日 11:45撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 基本の白の花 >
< たくさんの白い花 >
[D地点]の周囲が、最密集の群生地です。
2021年04月01日 11:45撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< たくさんの白い花 >
[D地点]の周囲が、最密集の群生地です。
< お日様の方向 >
〜に花が向こうとしますが、あさっての方角を向いてしまう花もあります。
2021年04月01日 11:46撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< お日様の方向 >
〜に花が向こうとしますが、あさっての方角を向いてしまう花もあります。
< 陽の光に輝いて >
〜いる花たちです。

※:地べたに這って、ローアングルになるようにして、撮影しました。
2021年04月01日 11:47撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 陽の光に輝いて >
〜いる花たちです。

※:地べたに這って、ローアングルになるようにして、撮影しました。
< 木漏れ日 >
〜の中で生育しています。
2021年04月01日 11:47撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 木漏れ日 >
〜の中で生育しています。
< 花が成長して >
〜花びらが細長く伸びてしまうと、後ろにある緑の萼片が、花びらの隙間から覗けるようになります。
2021年04月01日 11:47撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 花が成長して >
〜花びらが細長く伸びてしまうと、後ろにある緑の萼片が、花びらの隙間から覗けるようになります。
< 若々しい花 >
〜もあります。
2021年04月01日 11:48撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 若々しい花 >
〜もあります。
< しみの目立つ花 >
〜もあります。
2021年04月01日 11:48撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< しみの目立つ花 >
〜もあります。
< 小さな花 >
〜もあります。紅い色素が濃い花たちです。
2021年04月01日 11:51撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 小さな花 >
〜もあります。紅い色素が濃い花たちです。
< こちらを向いて >
〜いる花たちがポーズをとってくれています。
2021年04月01日 11:53撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< こちらを向いて >
〜いる花たちがポーズをとってくれています。
< 深見漁港に帰投 >
〜しました。1本の飛行機雲が、私のオペレーションクリアー(お花見登山を完遂)〜を祝福しているかのようでした。

※:小松基地からスクランブル発進した「F15」が残した航跡雲だと思います(推測です)。
2021年04月01日 13:06撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 深見漁港に帰投 >
〜しました。1本の飛行機雲が、私のオペレーションクリアー(お花見登山を完遂)〜を祝福しているかのようでした。

※:小松基地からスクランブル発進した「F15」が残した航跡雲だと思います(推測です)。
< 猿山岬と猿山崎 >
〜を振り返りました。深見漁港を出て、1.3km程の所で路駐(鹿磯漁港の手前付近)して撮影しました。

〜これにておしまい〜ですが、付録の写真を以下に付けたしました。
2021年04月01日 13:13撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 猿山岬と猿山崎 >
〜を振り返りました。深見漁港を出て、1.3km程の所で路駐(鹿磯漁港の手前付近)して撮影しました。

〜これにておしまい〜ですが、付録の写真を以下に付けたしました。
< おまけの写真集 >
先日、金沢でお花見してきました。例年だと、雪割草の花だ終わりかけた頃に、桜の花が満開になるのですが、今年の桜の開花が早くなり、両方の花の時期がかぶってしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< おまけの写真集 >
先日、金沢でお花見してきました。例年だと、雪割草の花だ終わりかけた頃に、桜の花が満開になるのですが、今年の桜の開花が早くなり、両方の花の時期がかぶってしまいました。
< 東茶屋街の枝垂桜 >
東茶屋街にある公園(東山河岸緑地)の「シダレザクラ」です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 東茶屋街の枝垂桜 >
東茶屋街にある公園(東山河岸緑地)の「シダレザクラ」です。
< 宇多須神社 >
〜にお参りします。(うたすじんじゃ)と読みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 宇多須神社 >
〜にお参りします。(うたすじんじゃ)と読みます。
< 拝殿+本殿 >
本殿の後方の「卯辰山」に登ると、中腹あたりに宇多須神社の『奥宮』があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 拝殿+本殿 >
本殿の後方の「卯辰山」に登ると、中腹あたりに宇多須神社の『奥宮』があります。
< ピンクの桜の花 >
〜は「八重桜」です。
2021年03月27日 16:29撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< ピンクの桜の花 >
〜は「八重桜」です。
< 菊桜 >
〜とも呼ばれています。ちなみに、八重桜(菊桜)は、八重咲きになるサクラの総称です。私は、この桜の品種名については存じません〜あしからず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 菊桜 >
〜とも呼ばれています。ちなみに、八重桜(菊桜)は、八重咲きになるサクラの総称です。私は、この桜の品種名については存じません〜あしからず。
< 染井吉野 >
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 染井吉野 >
< 満開の桜 >
〜です。この時は、場所によってはまだ満開でない桜の木もありました。例えば、この神社のすぐ裏手の「卯辰山」の上では、咲き始めの桜の木もありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 満開の桜 >
〜です。この時は、場所によってはまだ満開でない桜の木もありました。例えば、この神社のすぐ裏手の「卯辰山」の上では、咲き始めの桜の木もありました。
< 卯辰山の中腹にある >
〜宇多須神社の[奥宮]にもお参りしました。この後、卯辰山の山頂(標高141m)にも歩いて登って来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 卯辰山の中腹にある >
〜宇多須神社の[奥宮]にもお参りしました。この後、卯辰山の山頂(標高141m)にも歩いて登って来ました。
< 浅野川大橋から >
〜上流を眺めました。木造の「梅の橋」とその後方に、鉄骨造の「天神橋」が見えています。また、画面の下側に見える川面の小さな輝きは、「みなもにうかぶ月」です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 浅野川大橋から >
〜上流を眺めました。木造の「梅の橋」とその後方に、鉄骨造の「天神橋」が見えています。また、画面の下側に見える川面の小さな輝きは、「みなもにうかぶ月」です。
< 川縁の「ぼんぼり」 >
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 川縁の「ぼんぼり」 >
< 夜の東茶屋街 >
まだ、午後7時半頃でしたが、自粛ムードなのか開いているお店は殆どありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 夜の東茶屋街 >
まだ、午後7時半頃でしたが、自粛ムードなのか開いているお店は殆どありませんでした。
< 夜桜 >
コンデジでの手持ち撮影でしたが、何とか見れるほどの写真になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 夜桜 >
コンデジでの手持ち撮影でしたが、何とか見れるほどの写真になりました。
< 梅の橋 >
ライトアップされていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 梅の橋 >
ライトアップされていました。
< 橋の上から >
〜下流側を眺めました。浅野川大橋が、眩しいほどにライトアップされていました。
2021年03月29日 07:14撮影 by KASHMIR3D/9.370, KASHMIR3D.COM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 橋の上から >
〜下流側を眺めました。浅野川大橋が、眩しいほどにライトアップされていました。
< 兼六園の桂坂口 >
この時、朝6時ちょうどでした。早朝の無料開放は、朝:5時から6時45分まで(時期により時間帯が違います)となっています。また、「観桜期における兼六園の無料開園」が設けられています。2021年の場合は、3月27日(土)から4月2日(金)までの7日間です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 兼六園の桂坂口 >
この時、朝6時ちょうどでした。早朝の無料開放は、朝:5時から6時45分まで(時期により時間帯が違います)となっています。また、「観桜期における兼六園の無料開園」が設けられています。2021年の場合は、3月27日(土)から4月2日(金)までの7日間です。
< 茶店通り >
〜を進み「蓮池門口」から入園します。

※:早朝入園は「蓮池門口」と「随身坂口」の2ヶ所のみが出入口になっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 茶店通り >
〜を進み「蓮池門口」から入園します。

※:早朝入園は「蓮池門口」と「随身坂口」の2ヶ所のみが出入口になっています。
< 石川門の方向 >
〜を振り返りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 石川門の方向 >
〜を振り返りました。
< 石川櫓と石川門 >
〜ズーム。門の入口は、桜の花の影に隠れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 石川櫓と石川門 >
〜ズーム。門の入口は、桜の花の影に隠れています。
< 霞ヶ池と徽軫灯籠 >
徽軫(ことじ)灯籠は脚が二股になっていて、琴の糸を支える[琴柱]に似ているのでその名が付いたと云います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 霞ヶ池と徽軫灯籠 >
徽軫(ことじ)灯籠は脚が二股になっていて、琴の糸を支える[琴柱]に似ているのでその名が付いたと云います。
< 医王山 >
〜が、眺望台から見通せました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 医王山 >
〜が、眺望台から見通せました。
< 卯辰山 >
浅野川を挟んで、向こう側に見えます。昨日私は、卯辰山の麓にある「東茶屋街」周辺を散策(徘徊)していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 卯辰山 >
浅野川を挟んで、向こう側に見えます。昨日私は、卯辰山の麓にある「東茶屋街」周辺を散策(徘徊)していました。
< 桜と曲水 >
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 桜と曲水 >
< 曲水と桜の花 >
5月になると、この曲水には、「カキツバタ(杜若)アヤメ科アヤメ属」が咲き誇ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 曲水と桜の花 >
5月になると、この曲水には、「カキツバタ(杜若)アヤメ科アヤメ属」が咲き誇ります。
< 梅園の梅の花 >
梅の花の時期は終わっていますが、少しだけ残花(名残の花)がありました。

〜以上です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
< 梅園の梅の花 >
梅の花の時期は終わっていますが、少しだけ残花(名残の花)がありました。

〜以上です。

感想/記録

___【 良かったこと 】___

● 最盛期の雪割草の花を堪能できた。
● よい写真が撮れた。

___【 悪かったこと 】___

● 部分的に、花の時期が過ぎていた雪割草もあった。

___【 最後に 】___

 今期の私は、何度も猿山を訪れることが出来ました。雪割草を堪能し尽くした感があり満足です。雪割草の花の時期は終盤を迎えつつありますが、予定通り、今年(2021年)の「雪割草まつり」は、4月3日(土)と4日(日)に開催されます。昨年は、「雪割草まつり」が中止になっただけに、コロナ禍からの回復基調が感じられてよかったです。

___【 6月の花の記録のリンク 】___

 今から2ヶ月先になりますが、6月になると、別の「花々追い求める旅」を予定しています。昨年は「水無月の花々」をたっぷり楽しみました。

● 加賀金沢『水無月の花々』を愛でる〜花の名所を歩いて回る/梅雨の花々「紫陽花・花菖蒲・薔薇」〜
                2020年6月21日
https://yamare.co/2394969
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:338人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ