また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3071451 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 東海

十枚山〜七面山〜身延山【静岡駅から】

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年04月09日(金) ~ 2021年04月11日(日)
メンバー
天候感想欄に記載
アクセス
利用交通機関
電車
スタートはJR静岡駅
ゴールはJR身延駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち35%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間8分
休憩
8分
合計
4時間16分
S静岡駅18:2618:58浅間山19:14賎機山19:32一本松20:03賎機タンク山20:24福成山20:42鯨ヶ池20:50ローソン20:5822:26トリカブトの段22:42宿泊地
2日目
山行
10時間47分
休憩
1時間24分
合計
12時間11分
宿泊地05:0305:48文珠岳06:0106:10竜爪山07:16富士見岳07:2108:12真富士山08:3408:58第二真富士山09:0210:18大平山10:24青笹山10:3412:15下十枚山12:30十枚峠12:43水場13:0113:17十枚峠13:34十枚山13:3515:01大光山15:0515:27奥大光山15:50大笹ノ頭15:5516:45バラの段16:4717:14八紘嶺登山口(安倍峠)
3日目
山行
10時間11分
休憩
1時間26分
合計
11時間37分
八紘嶺登山口(安倍峠)05:2205:51富士見台05:5206:41八紘嶺06:5608:291964m峰08:3009:15希望峰09:32七面山(山頂標柱場所)09:4610:05敬慎院10:0910:30奥の院10:50明浄坊11:0011:54七丁目休憩所11:5712:08七面山北参道登山口12:10角瀬登山口12:2412:51赤沢宿14:39身延山14:4415:29大光坊15:53身延山表参道(東コース)登山口15:5516:03久遠寺三門16:2016:31久遠寺総門16:57身延駅16:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

【1日目】夕方に静岡駅をスタート
2021年04月09日 18:23撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【1日目】夕方に静岡駅をスタート
2
神社の裏から山に入る
2021年04月09日 18:44撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の裏から山に入る
2
夜景が綺麗だった
2021年04月09日 21:24撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜景が綺麗だった
7
今日の宿泊場所
2021年04月09日 22:59撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の宿泊場所
3
【2日目】静岡の街方向
奥の半島は三保の松原かな
2021年04月10日 05:14撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【2日目】静岡の街方向
奥の半島は三保の松原かな
4
静岡の中心部方向
2021年04月10日 06:00撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静岡の中心部方向
3
案内標識も多かった
2021年04月10日 06:25撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内標識も多かった
1
歩いてきた尾根を振り返る
2021年04月10日 07:14撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた尾根を振り返る
2
分かりやすい案内板
2021年04月10日 07:28撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりやすい案内板
1
青笹山山頂までもう少し
2021年04月10日 10:18撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青笹山山頂までもう少し
1
富士山は雲が多め
2021年04月10日 10:38撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は雲が多め
5
十枚山手前の水場
2021年04月10日 12:44撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十枚山手前の水場
2
明日歩く七面山方向の尾根だと思う
2021年04月10日 16:22撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日歩く七面山方向の尾根だと思う
3
今日の宿泊場所は八紘嶺の登山口
麓からの道は通行止めだと思う
2021年04月10日 17:13撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の宿泊場所は八紘嶺の登山口
麓からの道は通行止めだと思う
3
【3日目】おはようございます
2021年04月11日 04:51撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【3日目】おはようございます
3
霧氷が輝いていた
2021年04月11日 06:37撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が輝いていた
8
八紘嶺山頂で記念撮影
2021年04月11日 06:44撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八紘嶺山頂で記念撮影
9
倒木地帯
跨いだり潜ったり
2021年04月11日 08:05撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木地帯
跨いだり潜ったり
1
南アルプス方向
稜線付近だけ雲
2021年04月11日 09:15撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス方向
稜線付近だけ雲
4
七面山の山頂
2021年04月11日 09:31撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七面山の山頂
7
敬慎院はシカが多数
2021年04月11日 10:05撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
敬慎院はシカが多数
1
富士山は山頂付近だけ
2021年04月11日 10:29撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は山頂付近だけ
3
明浄坊
今はやっていないと思う
2021年04月11日 10:49撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明浄坊
今はやっていないと思う
1
安住坊
ここもやっていないと思う
2021年04月11日 11:28撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安住坊
ここもやっていないと思う
1
登山口のバス停
2021年04月11日 12:24撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口のバス停
1
甲府の街方向
2021年04月11日 13:45撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲府の街方向
2
奥之院
観光客が多かった
2021年04月11日 14:41撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥之院
観光客が多かった
5
奥は白峰三山だと思う
2021年04月11日 14:46撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥は白峰三山だと思う
3
身延の街を見下ろす
2021年04月11日 14:57撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
身延の街を見下ろす
3
50丁目まであるらしい
2021年04月11日 15:01撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50丁目まであるらしい
1

感想/記録

静岡駅の北側から延びている尾根は地形図を見ると南アルプスまでずっと続いている。一部は南アルプスフロントトレイルと言うらしい。ぜひ歩いてみたい。全行程一気に歩きたいところだけど休みの関係でそれは厳しい。今回は行けるところまで歩いてみようという計画である。

【1日目】晴れ
静岡駅に到着したのは既に夕方。駅周辺で食料と水を調達。繁華街を抜けて浅間神社の裏から山へと入る。ヘッドライトをつけて暗闇の道を進んでいく。しばらくは遊歩道。少し進むと山道っぽくなる。左右の眼下に見える街明かりが綺麗だった。鯨ヶ池まで歩いたところで街?に下りてローソンに立ち寄る。コーラ1リットルをガブ飲みした。街が近いと何かと便利。

登山道は時々車道や林道と合流する。暗闇で分岐に気付かず林道を進んでいたら途中で道がなくなる。夏道はここから上の尾根にあるようだった。分岐まで戻るのが面倒だったので横の斜面を登り返すことにした。でもこれは大失敗だった。ツル系の植物が多くて体中に絡みつく。なかなか上がって行けなくてずいぶん難儀した。

送電線下の鉄塔まで来たところでまたルートをロスト。暗闇の中でこれ以上道を探すのが面倒になってきた。時間も既に22時40分。今日はここで泊まることにしよう。風を避けて樹林の中にツェルトを張る。目覚ましはかけずに寝た。

【2日目】曇り
昨夜は予想より寒かった。寒さで4時半頃に目が覚める。そのまま準備して5時頃に出発した。明るいとさすがに道をロストすることもなかった。黙々と登山道を進んでいく。風が冷たくて立ち止まると一気に体が冷えてくる。進行方向右側には時々富士山も見えた。

青笹山が近づくと名前の通り?ササが多くなってくる。青笹山では3人の方が休憩中だった。ここまで一人もスライドしなかったのに青笹山を過ぎると人が増えてくる。登山道も格段に良くなる。十枚山の手前で水を調達するため水場の方へ下りていく。そこそこ遠かった。十枚山を過ぎるとスライドする人もいなくなる。

今日は安倍峠の八紘嶺登山口で宿泊。トイレの裏にツェルトを張った。火気を持って来ていないため夜メシも行動食。寂しい。さっさと寝よう。標高1450mのこの場所はさすがにこの時期はまだ寒かった。あまりの寒さで手持ちのエマージェンシーシートを総動員した。夏用寝袋はまだ早すぎたか。それでもなんとか夜を過ごせた。

【3日目】晴れ
深夜にパラパラと雨が当たる音。外を見ると濃厚なガスだった。憂鬱な気分となる。4時前に起きてもまだ濃厚なガスだった。出発する気にならず二度寝。薄っすらと明るくなってきた頃にようやく重い腰を上げて準備を始めた。ビショビショになったツェルトや寝袋をザックに押し込む。出発する頃にはガスも晴れてくる。

八紘嶺までは急登が続く。上の方は霧氷が綺麗だった。足元は所々で薄っすら雪道。八紘嶺は樹林に囲まれていてあまり景色は良くない。朝飯後七面山へ向けて進む。標高1864m付近には超大規模な倒木地帯があり。通過は少し面倒だった。自然の力は恐ろしい。希望峰から見る南アルプスは山頂付近に雲がかかっていた。

七面山の山頂も特に展望はなし。日差しが暖かかったので濡れたツェルトを広げて乾かしてみた。でも時間が短かすぎてあまり意味はなかった。敬慎院まで下りるとシカがたくさんいた。敬慎院でお参りをして水も汲んでおく。奥之院を経由して北参道を下る。

七面山の登山口まで下りると暑かった。桜?も咲いていて春の陽気だった。ここからは夜叉神峠方向へ登っていく予定としていた。でもどう考えても時間が足りない。見積もりが甘かった。いや無理すれば行けそうだけどそんな気分にならなかったのだ。予定を変更して身延山を登ることにしよう。

身延山へ向けて車道を進む。どこまで舗装路が続いているのだろうと思っていたら山頂までだった…。身延山は観光客が多数。展望台からは南アルプスが良く見えた。身延山奥ノ院でもお参りをしておいた。急な参道を下る。

身延駅まで歩きながらこれからの予定を考える。身延駅の裏?にある三石山の山頂でツェルト泊して翌日の朝イチの電車かバスで東京まで戻ろうと考えていた。でも時効表を確認すると新宿までの最終直通バスにぎりぎり間に合いそうだった。間に合ったらそれに乗って帰ることにしよう。結果2分前ぐらいに身延駅に到着してしまう…。ということで身延駅を今回のゴールとした。

全体的に歩きやすい道で人も少なくて良いルートだった。次は続きから歩こうと思う。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:386人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/16
投稿数: 74
2021/4/13 14:23
 お見かけしました
こんにちは。安倍峠近くのトイレ脇にクロスオーバードームがあるのを見つけました。まさか同じようなルートだったとは(驚)
お疲れ様でした。
登録日: 2014/1/11
投稿数: 132
2021/4/13 21:53
 Re: お見かけしました
はじめまして、こんにちは!
あの時間に外から声が聞こえてきたので、どこから来てどこへ行くのか疑問に思っていました。僕と逆向きに徹夜で歩かれていたんですね。偶然です。初めての山域だったこともあって終始新鮮な気持ちで歩けました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ