また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3074959 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

小金沢公園から大峰〜水無山〜尾越山〜金竜寺

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年04月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 自転車
小金沢公園に駐車。駐車無料。水洗トイレ完備。
帰路はバス・自転車併用。
金竜寺前→(バス)→上和田→(自転車)→小金沢公園
https://www.fujikyubus.co.jp/pdf/rosen/otsuki-kosugenoyu_202104.pdf
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち35%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間23分
休憩
1時間59分
合計
8時間22分
S小金沢公園08:0909:531200m圏10:1010:40大峰10:4711:10泣坂ノ頭11:1311:35大峰12:2312:39西沢ノ頭13:22東沢ノ頭13:2813:48尾越山14:0715:41NHK七保テレビ中継放送所16:0016:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特に無し。
過去天気図(気象庁) 2021年04月の天気図 [pdf]

写真

駐車場の片隅に在る貯水槽みたいな所から、背後の尾根に取り付く。
2021年04月11日 08:07撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の片隅に在る貯水槽みたいな所から、背後の尾根に取り付く。
10
旧道の橋脚が残ってるな。
2021年04月11日 08:08撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道の橋脚が残ってるな。
7
転げ落ちそうな急斜面をヒイヒイと登って行く。
2021年04月11日 08:15撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転げ落ちそうな急斜面をヒイヒイと登って行く。
19
横山さんのあの写真はこの辺から撮ったものと思うが、残念ながら今は檜林で同じ眺望は得られない。
2021年04月11日 08:58撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横山さんのあの写真はこの辺から撮ったものと思うが、残念ながら今は檜林で同じ眺望は得られない。
8
ミツバツツジは方々に咲いてる。
2021年04月11日 09:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジは方々に咲いてる。
38
防火帯が終わったら途端に踏み跡が怪しくなった。
2021年04月11日 09:40撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防火帯が終わったら途端に踏み跡が怪しくなった。
8
1200m圏は思った通り小ピークだった。大峰がすぐそこに見えてるけど、我慢できず休憩。
2021年04月11日 09:52撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200m圏は思った通り小ピークだった。大峰がすぐそこに見えてるけど、我慢できず休憩。
5
ここから少しの間岩っぽくなる。
2021年04月11日 10:14撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから少しの間岩っぽくなる。
5
反り返る山頂直下。登るほどキツくなる。
2021年04月11日 10:34撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反り返る山頂直下。登るほどキツくなる。
8
巻き道みたいな踏み跡が在った。泣坂ノ頭へピストンするつもりだったんで、鞍部に出るなら都合が良いと入る。
2021年04月11日 10:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道みたいな踏み跡が在った。泣坂ノ頭へピストンするつもりだったんで、鞍部に出るなら都合が良いと入る。
6
巻き道は途中で消えてしまい、結局隣の小尾根を登る事になった。
2021年04月11日 10:47撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道は途中で消えてしまい、結局隣の小尾根を登る事になった。
4
泣坂ノ頭がそこそこ遠く見える。地図上では5〜600mなんだけど。
2021年04月11日 10:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泣坂ノ頭がそこそこ遠く見える。地図上では5〜600mなんだけど。
5
なだらかで広い泣坂ノ頭の山頂部。
2021年04月11日 11:08撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかで広い泣坂ノ頭の山頂部。
8
古い地形図だとこっちが大峰になってる。
2021年04月11日 11:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い地形図だとこっちが大峰になってる。
7
富士山の頭が僅かに雲から覗いた。
2021年04月11日 11:31撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の頭が僅かに雲から覗いた。
20
大峰に戻り、ここでランチ。
2021年04月11日 11:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰に戻り、ここでランチ。
6
丁度良い腰掛があった。祠の台座っぽくも見えるが、気のせいだよな。
2021年04月11日 11:39撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁度良い腰掛があった。祠の台座っぽくも見えるが、気のせいだよな。
9
大峰は南側も急斜面だった。この辺まで下ると落ち着く。
2021年04月11日 12:29撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰は南側も急斜面だった。この辺まで下ると落ち着く。
6
西沢ノ頭の南面は伐採地だったみたい。この若木が邪魔だな。
2021年04月11日 12:40撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢ノ頭の南面は伐採地だったみたい。この若木が邪魔だな。
5
富士山があそこに在ることだけは分かるんだが。
2021年04月11日 12:42撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山があそこに在ることだけは分かるんだが。
9
暫くストレスの掛かる藪道が続く。
2021年04月11日 12:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫くストレスの掛かる藪道が続く。
5
大量の山桜が生えてた。植樹だろうか。自然発生とは思えない。
2021年04月11日 13:02撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大量の山桜が生えてた。植樹だろうか。自然発生とは思えない。
9
やたらに花付きの良いのが一本。
2021年04月11日 13:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やたらに花付きの良いのが一本。
18
東沢ノ頭。大月市の道標は水無山だった。
2021年04月11日 13:22撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢ノ頭。大月市の道標は水無山だった。
3
尾越山三角点。
2021年04月11日 13:48撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾越山三角点。
9
ヒッチって何?
2021年04月11日 13:48撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒッチって何?
7
全部ミツバツツジ。
2021年04月11日 14:13撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全部ミツバツツジ。
5
標高が下がり木々の緑も芽吹き始めた。
2021年04月11日 14:37撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が下がり木々の緑も芽吹き始めた。
9
こんな所にはっきりとした道が下ってた。どこに通じてるんだろか。
2021年04月11日 14:51撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所にはっきりとした道が下ってた。どこに通じてるんだろか。
12
ここにも。どちらも奈良子川側。
2021年04月11日 15:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも。どちらも奈良子川側。
4
テレビ中継放送所跡に到着。15時49分のバスには間に合わなかったので、ゆっくりと休憩する。
2021年04月11日 15:41撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テレビ中継放送所跡に到着。15時49分のバスには間に合わなかったので、ゆっくりと休憩する。
9
破線の道はこの辺り消滅してるらしいので、直接尾根を下って行く。
2021年04月11日 16:03撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破線の道はこの辺り消滅してるらしいので、直接尾根を下って行く。
4
ここで破線路に合流。
2021年04月11日 16:15撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで破線路に合流。
3
道型は残ってるが、あの倒木の向こうで崩落して見える。
2021年04月11日 16:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道型は残ってるが、あの倒木の向こうで崩落して見える。
6
グネグネ蛇行する旧道の横に、新しく道を通したみたい。
2021年04月11日 16:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グネグネ蛇行する旧道の横に、新しく道を通したみたい。
8
ここで笹薮に塞がれる。身長以上の藪だけど、何となく道の延長は分かる(藪が少し薄い)し、2〜30mで脱出できる。
2021年04月11日 16:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで笹薮に塞がれる。身長以上の藪だけど、何となく道の延長は分かる(藪が少し薄い)し、2〜30mで脱出できる。
11
金竜寺到着。16時57分のバスに乗るつもりだったが、いくら待ってもバスが来ない! 休日運休の便だった。ガックリ。結局17時54分まで長々と待たされたのだった。
2021年04月11日 16:29撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金竜寺到着。16時57分のバスに乗るつもりだったが、いくら待ってもバスが来ない! 休日運休の便だった。ガックリ。結局17時54分まで長々と待たされたのだった。
8
新しい家族ができました。と言っても2ヶ月以上経つんだけど。避妊手術したんで抜糸までの間服を着せているが、お気に召さない様子。
2021年04月12日 20:09撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しい家族ができました。と言っても2ヶ月以上経つんだけど。避妊手術したんで抜糸までの間服を着せているが、お気に召さない様子。
42
撮影機材:

感想/記録

http://yamatabi.info/yokoyamar49.html を見て、同じルートを歩いてみようと思い立ったのはかなり前の話。ぐずぐずしてる間にkinoeさん、hikeさんが似たようなルートを歩かれたので、参考にしつつも少し間を空けたのだった。芽吹き前の眺望の利く時期をと考えていたが、色々急な用事が入ってぎりぎりになってしまった。

バス運行表を確り見てなかったのは失敗だった。休日運休のダイヤ多すぎでしょ。各地での休憩時間を5分削り、ほんの少しペースアップしてたら予定通りのバスに乗れたのに。まあ、後の祭りだが。ただなあ、緩い下りの自然林とくりゃあ、のんびり歩きたくなるのが普通でしょ。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1008人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ